海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イタリア/ローマ特派員ブログ

イタリア/ローマ特派員ブログ 阿部 美寿穂

イタリア・ローマ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

皆さんこんにちは!
イタリアでは昨日2020年10月25日、新型コロナウイルスの1日の感染数が2万1273人を記録し、ウイルスが2月下旬に流行し始めてから、最悪の結果となりました。イタリアで新型コロナウイルスの感染が爆発し、ロックダウン(全土封鎖)に入ったばかりの3月20日前後で、1日当たりの新規感染者数が6600人程度でしたので、現在はとても深刻な状況です。
最後に記事を書いたのは、7月13日ですが、その間も、イタリアではコロナウイルスはなくなった訳ではなく、1日の新規感染者数が7月14日の114人と、数字的にはやや落ち着いた状況ながらも存在はしておりました。イタリアでは、3月から5月にかけて、非常に厳しいロックダウンを行いましたので、その後は、一人ひとりの努力や自覚もあり、国内では比較的長い間、感染を抑えるためのコントロールができていたと言えます。


Firenze 25 oct 2020 2.jpg

↑ 先日、感染爆発寸前に滑り込みセーフで、花の都フィレンツェに行って来ました。こちらは、高台にあるバルディーニ庭園の藤棚からフィレンツェの町のパノラマを撮影したものです。美しいルネサンスの古都が、ローマからの旅人(当方)を迎えてくれましたが、大聖堂(ドゥオーモ)の大きなクーポラが、「危ないからそろそろ早く帰りなさい!」と言っているようにも聞こえました。


ということで、新型コロナウイルスが再び猛威を振るうイタリアから、本日より、現地のレポートを再開したいと思います。第二波の情報です。
1ヵ月で爆発的に感染者数が増えてしまう怖ろしさを、3月には現地で身をもって体験しています。その時の、最初にイタリアに新型コロナウイルスが拡大した時の状況は、過去のブログに書き留めておりますので、どうぞご覧下さい。
再開第1回目は、怖いお話ではなく、先日訪れたフィレンツェの写真を織り交ぜながらお届けします。

Firenze 25 oct 2020 3.JPG

↑ こちらも、バルディーニ庭園の藤棚の下からのフィレンツェの眺めです。写真の中央あたりを左から右に横切るように茶色の細いものが見えていると思いますが、こちらはフィレンツェを流れるアルノ川です。前日まで大雨が続いていた為、茶色の濁流となっていました。丘に囲まれた盆地のフィレンツェは静寂のなかにたたずみ、信じられない美しさを見せてくれます。教会の、時を知らせる鐘の音がはるか遠くから聞こえて来ます。

Firenze 25 oct 2020 4.JPG

↑ 大聖堂(ドゥオーモ)が見えて来ました。手前が洗礼堂、その奥に見えるのがジョットの鐘楼です。いつものフィレンツェに比べると、コロナウイルスの影響で観光の方はとても少ないです。聞こえてくるのはイタリア語ばかりです。

IMG_6984.JPG

↑ 筆者は、よその町に行くとまず最初にすることは、バール(カフェのようなところ)に入ることです。カプチーノを飲むと、だいたい町の雰囲気がつかめます。また、味がおいしいかどうかなど(?)で、今日この町と相性が良いかも分かります。帰りに、動かない犬に出会いました。フィレンツェの名物である素敵な革製品がたくさん並んでいます。



⇒続きを読む"イタリア コロナ感染者数過去最悪 再びロックダウンはあるか!"

2020年10月26日

ローマからこんにちは!
皆さまご存じのように、イタリアは新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、2020年3月10日よりイタリア全土で移動制限が適用されることとなりました。その日から、家からも出ることもままならない状態が約3ヵ月続き、筆者もまるまると3.5kg太ってしまいましたが、何とか生き延びております。

イタリアは、コンテ首相が、1月末に6ヵ月間の非常事態宣言を発令しましたので、いまだ7月31日までは緊急事態下に置かれていますが、7月に入り夏の陽気がもたらす気分の解放感とともに、ようやく罪の意識をあまり感じずに外を歩けるようになりました。とはいっても、ローマはたびたびクラスターが発生している状態で、油断できる状況ではありません。

つい数日前は、筆者の親しい友人がコロナウイルスに感染の疑いがあるということで、PCR検査を受けてきました。近所の病院に腰の痛みで行った際に、診てくれたお医者さんがコロナウイルスに感染したことが判明し、該当するであろう週に診察した患者さん全員に電話連絡をして来た為、友人もその日に大急ぎで検査に行ったとのことでした。結果は陰性でしたが、筆者も念の為、友人の感染の有無がわかるまで自宅から出ないように指示がありました。実際、自分の身の近くに迫って来るとこうなってしまったことに対する諦めもありますが、不安はあるものです。
といった理由から、全ての方が安心して滞在できると分かるまでは、観光目的でのイタリア訪問はおすすめしないのですが、本日は、少し前にローマの町をやっと歩くことができるようになりましたので、その時に撮影した写真を紹介します!

ローマの今1.JPG

↑ 外出禁止で長い間歩いていなかった為、脚が他の人の脚のような感覚になっていましたが、ただ歩くのも嬉しく、暑さも気にせずに世界遺産のコロッセオに行って来ました。観光目的の方はまだ入れない状態ですので、地元民しかいません。地元民しかいませんと書いていますが、地元民すらいません。ご覧のとおり、コロッセオ前で人間に会うことはありませんでした。こんなに寂しそうなコロッセオを見たのは初めてです。
今日現在のイタリアのコロナウイルス感染者は24万3000人、1日当たりの新規感染者数はイタリア全土で200人前後出ています。


ローマの今2.JPG

↑ 続いて、スペイン広場です。スペイン階段も、いつもは世界中からの観光客が集まり、様々な言語が聞こえてくる場所ですが、この通り、蛍光色のベストを着たお巡りさんとローマっ子が数人いるだけです。首の後ろが焼けましたが、それでもいいと思っています。厳しいロックダウンで3ヵ月近く外に出られず、初めて長く外出をして、これほど日の光を浴びることができて嬉しいと思ったことはありませんでした。いつか歳を重ね、この肉体が朽ち果てて行く時に、人間として、動物として、もっと太陽に当たっておけば良かったなあときっと思うはずだと心から感じたのです。コロナウイルス拡散前は、日焼けなどにも多少気を遣っていましたが、今はあまり気にしません。本当に大切なことがクリアに見えるようになって来ました。


ローマの今3.JPG

↑ 暑くなると、こちらのバロックの巨匠ベルニーニのバルカッチャの噴水の周りにはいつも大勢の人が座っていますが、誰もいません。いかにローマは観光客であふれていたかが分かります。


ローマの今4.JPG

↑ こちらはパンテオンです。パンテオンの周りのレストランは開けているところが多いですが、観光客がおらず、したがって入るお客さんは誰もいない為、何軒かは普段はお店の中にいるウエイターさん達が店の外に出てお喋りをしています。この広場も、歩く人は地元の人ばかりで、とても悲しくなりました。



⇒続きを読む"新型コロナウイルスと戦うローマの今の様子です!"

2020年7月13日

新型コロナウイルスが猛威を振るうイタリアから、2020年3月9日より現地の状況を見たままお届けしています!
イタリアでは一昨日(3月27日)、新型コロナウイルスによる1日の死者数がほぼ1000名に達し、ウイルスが流行し始めてから1日当たりの最多の死者数を記録しました。これでイタリアの新型ウイルスによる犠牲者数は合計で1万名を超えたことになります。ちょうど1ヶ月前は、イタリア全体の感染者数は200名程度でしたが、今日現在の感染者数は7万4000人となっています。1ヶ月でこのように爆発的に感染者数が増えてしまう怖ろしさを、現地で身をもって感じています。

Corona 29 marzo 2.JPG

↑ 販売活動におけるルールがより厳しくなった先週は、遂にお店の入口に遮断棒が出現しました! 地面の足元にもシールが貼られています。人と人との接触を完全にシャットアウトすることが目的であり、こんな形で買い物をしています。感染拡大防止の為、この小さなお店(食料品店)の中にお客さんは入店することができず、店の外から商品を選んで伝えないといけません。


これまでの、イタリア政府が発出した新型コロナウイルス感染拡大防止措置に関する法令の流れを簡潔にまとめてみたいと思います。法令の一つひとつの詳細と、その時点の最新の状況については、過去の記事をご覧下さい。


イタリアで最初に新型コロナウイルスの感染者数が多く出たのは、おもにイタリア北部のロンバルディア州(全体)、エミリア=ロマーニャ州(こちらの5県:モデナ県、パルマ県、ピアチェンツァ県、リミニ県、レッジョ・エミリア県)、マルケ州(1県:ペーザロ=ウルビーノ県)、ピエモンテ州(5県:アレッサンドリア県、アスティ県、ノヴァーラ県、ヴェルヴァーノ・クシオ・オッソーラ県、ヴェルチェッリ県)、ヴェネト州(3県:べネチア県、パドヴァ県、トレヴィーゾ県)です。

ですが、北部から徐々にイタリア全土に拡大していることもあり、2020年3月9日の夜にイタリア政府は、今まで上記の地域のみに適用されていた移動制限を、10日の朝からイタリア全土に適用すると発表しました。この首相令により住民は、基本的には外出してはいけないことになりました。ただし、職務上や、健康を理由とした移動などの必要性がある場合は除きます。


そしてその2日後、コンテ首相は、「新型コロナウイルス感染拡大を防止する為、3月12日から3月25日まで、イタリア全土で生活必需品の販売店、薬局、ドラッグストアを除くすべての商業および小売り販売活動の休止措置を取る」という声明を発表しました。生活必需品の販売店の中には、食料品店、スーパーマーケットなどが含まれます。また、公益に資するサービス、銀行、郵便、金融、保険サービスなどの生活に不可欠な公共サービスは休業することなく営業を保証されています。


しかし、25日の期限が切れる3日前の22日になっても、一向に感染者数の増加は衰える気配が見られなかったため、コンテ首相は上記の「販売活動の休止措置」を23日より、さらに厳しく、狭いカテゴリーの職種(お店)にしぼって営業可能としました。期間も25日までではなく、4月3日までに延長となっています。ですので、本来でしたら、26日からはイタリア国内のお店は営業開始の予定でしたが、現在のところ商業施設はまだ閉まっており、ゴーストタウン化しています。


また、22日の首相令では、3月8日発出の首相令第1条1項 a)で規定されていた「自らの住所、住居、居住地への帰還は許可される」という規定が廃止となりましたので、自治体間の移動が禁止となりました。ただし、航空券と有効な旅券を所持して、イタリアから日本に帰国される方の空港への移動、出国については制限されることはありません。イタリア旅行を目的とした国内の移動は絶対に避けねばならず、すでに旅行中であるイタリア人および外国人は、帰宅の為の移動であれば行うことが可能です。

Corona 29 marzo 1.JPG

↑ 筆者の前でスプレーなどの商品を買うお客さん。遮断棒の下でお札を差し出し、何だか怪しい取引のように見えます。今朝は、こちらのお店でクッキーを買おうと思ったのですが、お店の人に何度伝えても、筆者の伝えている商品名が間違っているようで(?)、「これ?」「いや違う!」「これのこと?」「その隣!」「この四角いの?」「それじゃない!」「じゃ、こっちでしょ?」「近い!」「これだな?」「惜しい!」の繰り返しで、新型コロナウイルスによる規制でなければ、どう見てもお兄さんとふたりでコントをやっているみたいでした。うしろの列に並ぶ皆さんに、笑いをご提供できたのが、せめてもの救いです!


⇒続きを読む"「各種制限15日延長の可能性も」イタリアの新型コロナウイルス最新情報"

2020年3月30日
2020年3月27日
2020年3月23日
2020年3月21日
2020年3月17日
⇒すべての記事を見る

イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ローマ特派員

    ローマ特派員
    阿部 美寿穂
    神奈川県出身。イタリア政府公認観光通訳、ツアーコンダクター(伊⇔英、日)。ローマ大学卒(文学哲学部文化遺産学専攻)、国立ペルージャ外国人大学修了。日本の公的機関で企画及び広報業務に6年間携わった後、渡伊。ご質問・ご相談などの各種お問い合わせはどなた様もお気軽にこちらまでどうぞ。また下記のSNSでは、イタリアの日常生活や旅行ヒントなどを毎日お送りしています!
    イタリア便り 阿部美寿穂(Twitter)
    romamizuho(Instagram) DISQUS ID @disqus_TzPr9NzFTw

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集