海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イタリア/ローマ特派員ブログ

イタリア/ローマ特派員ブログ 阿部 美寿穂

イタリア・ローマ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


ローマ近郊の街、ボマルツォ。この街を有名にしているのは、聖なる森の中に四十あまりの巨像が散らばる、魔訶不思議な怪物公園の存在ではないでしょうか!先日、怪物公園のアイドル、オーガちゃんに会いに行って来ました。それでは、オーガちゃんと怪物公園の仲間達をご紹介します!

Bomarzo 1.jpg

↑ 怪物公園のアイドル、人食い鬼のオーガちゃんです!怖くはない鬼で、お口の中を見ていただくと、テーブルもありますし、自由にくつろがせてくれる鬼です!オーガちゃんは、数年前に上野樹里さん出演のサントリーの飲料水「やさすい」のコマーシャルにも登場しました。真ん丸の唇には、"いかなる思考も飛び立つ"という格言が彫られています。


Bomarzo 2.JPG

↑ 怪物公園は、ローマの北のヴィテルボ県のボマルツォという人口二千人弱の小さな町にあります。写真は、怪物公園のすぐ近くにあるオルシーニ家のお城です。約五百年前に公園の着想と造園に関わった、ローマ貴族のヴィチーノ・オルシーニ。ヴィチーノがどんな考えでこの庭園を造ったのかははっきりと分かっていませんが、亡き妻ジュリア・ファルネーゼへの哀悼の意を込めて、または、この世の不可思議な魔物などを表現する為など、諸説があります。お城の小窓から、今でも大切な公園を静かに覗くヴィチーノの亡霊が見えるかのようです。


Bomarzo 3.JPG

↑ 入場して最初に出迎えてくれたのは、ギリシア神話の海の神様プロテウス・グラウコス様です。当時の貴族としてのオルシーニ家の権力を誇示するかのように、頭の上にのせた地球の上にオルシーニ城を据えています。かわいい感じの彫像です。

Bomarzo 4.JPG

↑ 松ぼっくりとどんぐりがポイントの松の実の広場という場所です。遠くに何か動物がいるので、行ってみましょう!


Bomarzo 5.JPG

↑ 熊でした!ずらりと並んだ熊は、親分の一匹はオルシーニ家の紋章を持ち、残りの熊達はローマのバラの花を抱えていました。
怪物公園の大きさは3ヘクタール程(東京ドームの広さは4.7ヘクタール)で、とても小さい面積の公園ですが、中には沢なども流れています。針葉樹と広葉樹の美しい森の間に果樹やバラなどの花卉類が植栽されていて、森林浴を兼ねた散歩にもぴったりです。

Bomarzo 6.JPG

↑ ヴィチーノが亡くなった愛する妻、ジューリア・ファルネーゼに捧げた丸屋根を持つ神殿です。
16世紀のヴィチーノの良く練られたフィロソフィーを持つちょっぴり不思議で奇怪な庭園は、同時代のイタリアのルネッサンス様式の庭園とは全く異なるものですが、ヴィテルボの周辺では、マニエリスムのヴィッラのモデルとして多くの貴族に取り入れられました!
怪物公園は、設計分野は建築家ヴィニョーラが、彫像などは同じく建築家のピーロ・リゴリオ、アンマナーティなどが携わっています。


⇒続きを読む"ボマルツォの怪物公園のアイドル オーガちゃんに会いに行こう!"

2019年12月 7日

秋晴れの日に、友人とローマの北のサビーナ地方にある、知る人ぞ知る古物屋さんを訪れて来ました。その名も「イル・リガッティエーレ Il Rigattiere」、イタリア語では古物商とか、親しみを込めて”がらくた屋さん”という意味です。


Rigattiere 2.JPG

↑ 古物屋さんは、ローマの北のリエーティ県の緑豊かな丘陵地帯にあります。車でないと行くには少々不便な場所なのですが、友人がどうしても一週間に一度は覗かないと落ち着かない生活になっているので、やって来ました。所狭しと並べられた様々なタイプの道具や雑貨、アンティーク品が、早速入口からわくわくさせてくれます!


Rigattiere 1.JPG

↑ この本当に何でもありそうな古物屋さんには熱狂的なファンがいるそうで、面白そうなものを探しに遠くからやって来るマニアもいます。また、イタリアの昔の電話、ラジオやテレビなどの電気製品、お皿などの陶器類、家具、服飾品なども多く揃う為、舞台や映画の小道具・大道具を求める関係者がしばしば訪れるそうです。


⇒続きを読む"見るだけで楽しいイタリアの古物屋さん in リエーティ"

2019年12月 4日

筆者は仕事でイタリアのあちこちの都市に赴きますが、最近も10月・11月とヴェネツィアに行きました。よって、普段から仕事の隙間時間、もしくは終了後のプライベートな時間などの少ない空き時間を利用して、効率良くその町の見どころを廻って来る習慣があります。もちろん、食べ物のチェックも忘れません(←というより、一番先にやります)。今回は、ヴェネツィアに滞在する時間が少なくても訪れることができ、また楽しめるスポットをご紹介したいと思います!

また、前回の記事でヴェネツィアのこの季節の異常潮位現象、アクア・アルタ(Acqua alta)について記しました。二度目の11月の滞在からローマに戻って来て2日後、1923年以来、観測史上2位の最悪の高潮となり、非常事態宣言が出されました。ヴェネツィア訪問前に、スマホにインストールしておきたいおすすめ潮位チェックアプリがありますので、是非ご一読ください。
2019年12月2日号 ヴェネツィアの高潮チェックアプリをインストールしよう!こちら


S.Giorgio 1.JPG

↑ 今回のおすすめは、ヴェネツィア本島から遠くないのに、ヴァポレット(水上バス)の”島旅感”たっぷりで、素晴らしいラグーンの眺望を楽しめるサン・ジョルジョ・マッジョーレ島です。
船で本島から2分で着く距離なので、時間がない時でも気軽に行くことが出来ます。筆者も、仕事が終わった後の夕方からのんびりと訪れた場所の一つです。
島に渡ったら、サン・ジョルジョ・マッジョーレ聖堂を訪れてみましょう。こちらはこの教会の鐘楼からの写真です。やや左手に見えるのが、サン・マルコ広場のサン・マルコ大聖堂。対岸から見ると壮大な姿が美しいです。

S.Giorgio 2.JPG

↑ ヴェネツィア本島のサン・マルコ小広場より、遠くに小さくてかわいいサン・ジョルジョ・マッジョーレ島が見えます。聖堂の左側に建つ、あの高い鐘楼に上って来ましょう!


S.Giorgio 3.jpg

↑ 行き方はとても簡単です。ヴェネツィアで最も有名な観光スポット、サン・マルコ広場近くにあるヴァポレット乗り場、サン・ザッカリーア(San Zaccaria)からこの素敵な乗り物、すいすい進む水上バスのヴァポレットに乗ります。窓口でサン・ジョルジョ・マッジョーレ行きと告げ、切符を購入します。ヴァポレットの切符は、普通に1回券(一人一枚7.5ユーロ)でご利用の場合、ここで帰りの分も購入しておくと安心です。
*ヴァポレット等のヴェネツィアの公共交通機関の切符の種類、乗り方は記事が長くなってしまう為、今回は割愛致します!本日の記事は、ヴェネツィアでの滞在時間が少なくても行くことができ、かつ安全で、文化的にも楽しめる場所にスポットを当てています。


S.Giorgio 4.jpg

↑ サン・ジョルジョ・マッジョーレ聖堂に到着しました。本島からあっという間です。ルネサンス後期の建築家、アンドレア・パラーディオによる美しい教会建築にどうぞご注目下さい。パラーディオは、イタリアの子供達が習う西洋美術史の教科書にも大きくページが割かれている、主に北イタリアで活躍したパドヴァ生まれの建築家です。


S.Giorgio 5.JPG

↑ 教会の主祭壇には、ティントレットなどのヴェネツィア派の絵画が楽しめます。写真は、1594年頃完成の「最後の晩餐」です。
ヴェネツィア派と、その大御所についての参考記事:
2013年6月9日号 色彩の魔術師 〇色を識別するゴッドアイ、ティツィアーノ展 こちら



⇒続きを読む"ヴェネツィアの絶景が楽しめる小さな島:サン・ジョルジョ・マッジョーレ聖堂"

2019年12月 3日
2019年12月 2日
2019年11月29日
2019年11月26日
2019年8月 2日
⇒すべての記事を見る

イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ローマ特派員

    ローマ特派員
    阿部 美寿穂
    神奈川県出身。イタリア政府公認観光通訳、ツアーコンダクター(伊⇔英、日)。ローマ大学卒(文学哲学部文化遺産学専攻)、国立ペルージャ外国人大学修了。日本の公的機関で企画及び広報業務に6年間携わった後、渡伊。ご質問・ご相談などの各種お問い合わせはどなた様もお気軽にこちらまでどうぞ。また下記のSNSでは、イタリアの日常生活や旅行ヒントなどを毎日お送りしています!
    イタリア便り 阿部美寿穂(Twitter)
    romamizuho(Instagram) DISQUS ID @disqus_TzPr9NzFTw

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集