海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イタリア/ローマ特派員ブログ

イタリア/ローマ特派員ブログ 阿部 美寿穂

イタリア・ローマ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


今回は、2000年にラツィオ州により天然記念物に指定され、世界でも最も美しい庭園の一つとして知られるニンファの庭園の最終回をお届けします!


Ninfa 21.jpg

↑ ローマ近郊にあるニンファの庭園は、日刊紙ニューヨーク・タイムズにより”世界で最も美しくロマンチックな庭園”と評価された美しいプライベートガーデンです。説明は前回(その2)の続きからですが、こちらのニンファ川は、最近、イタリアのファッションブランドのグッチ(Gucci)により、”グッチ・ギフト2016”のプロモーションビデオに登場したことから更に広く世に知られることとなりました。
澄んだ川には、”ニンファのマス”と呼ばれるサケ科の魚が住んでいて、時折、水草の間から出て来て泳いでいるのを見掛けることが出来ました。


Ninfa 22.JPG

↑ 大きな葉を持つオニブキが生えています。この辺り一帯は冬も気候が温暖であることから、トロピカルフルーツであるバナナや、こちらの南米原産のオニブキなども大きく育っています。

Ninfa 23.jpg

↑ ニンファの庭園の入場は1時間ごとの40名の定員制になっており、広い庭園は個人ではなく、専門のガイドさんと廻ります。川の見学の後は、筆者も含むツアーは東洋のタケが植栽されているゾーンにやって来ました。

Ninfa 24.jpg

↑ 林の中にひっそりと見えるアジサイも何だか絵になり、感動しました。

Ninfa 25.JPG


⇒続きを読む"ニンファの庭園:世界で最も美しくロマンチックな庭園!最終回"

2018年7月10日

前回(その1)より、日刊紙ニューヨーク・タイムズにより”世界で最も美しくロマンチックな庭園”と評価されたローマ近郊のニンファの庭園についてお届けしています。お庭は新緑が美しい今の季節ならではの見どころです!


Ninfa 11.jpg

↑ お庭に溢れる木々の緑色が心と体をリラックスさせてくれます!庭園ガイドさんは、一回につき40名程の参加者を連れてお庭を案内します。
ニンファの庭園(Giardino di Ninfa)は、2000年にラツィオ州により天然記念物に指定され、世界でも最も美しい庭園の一つとして知られています。ローマ近郊の町、チステルナ・ディ・ラティーナ(Cisterna di Latina)にあるこのお庭は、自然環境のバランスを崩さない様に、一般公開日は年間数日のみとなっています。


Ninfa 12.JPG

↑ 今では消滅してしまった中世の町ニンファに1900年代前半に造られたニンファの庭園では、各所からオリーブ畑の丘や、丘の上にそびえる近隣の小さな町の美しい眺めも楽しめます。お城の遺構の向こうに、オリーブ畑の丘の上に広がるノルマ(Norma)の町が見えて来ました。


Ninfa 13.JPG

↑ 庭園の見学ツアーの中盤では、典型的なイングリッシュガーデンが現れます。


Ninfa 14.jpg

↑ 参加者は長い間このイングリッシュガーデンのお花を堪能していました。ツアーでは各スポットに立ち止まってお時間を取ってくれますので、少しなら周辺も散策してみることが出来ます。(その際、すぐ近くでツアーを行っている他のグループについて行かない様にご注意下さい!)

Ninfa 15.jpg


⇒続きを読む"ニンファの庭園:世界で最も美しくロマンチックな庭園!その2"

2018年7月 2日

2014年に日刊紙ニューヨーク・タイムズにより”世界で最も美しくロマンチックな庭園”と評価されたニンファの庭園は、花々が咲き乱れる今の季節ならではのローマ近郊の見どころです。写真を中心に3回に渡りお届けします!


Ninfa 1.jpg

↑ ニンファの庭園の中にあるイングリッシュガーデン。様々なお花が咲き乱れます。


ニンファの庭園(Giardino di Ninfa)は、2000年にラツィオ州により天然記念物に指定され、世界でも最も美しい庭園の一つとして知られています。ローマ近郊のチステルナ・ディ・ラティーナ(Cisterna di Latina)と言う小さな町にある庭園は、自然環境のバランスを崩さない様に、一般公開日は年間数日のみとなっています。その為、公開日のかなり前から入場予約でいっぱいになってしまうイタリアでも指折りの人気の庭園ですが、今年は筆者の訪問希望日のチケットを見事に購入することが出来ました。


Ninfa 2.JPG

↑ ニンファの庭園は、地図上ではローマの南東に位置します。ローマからは列車と、最寄りの鉄道駅から出ている庭園までのシャトルバスによりアクセスが可能です。この写真のラティーナ駅(Latina)から庭園行きのシャトルバスが一日4本出ています。(詳しい行き方はこのページ下部のインフォメーションをご参照下さい)
左側に写る緑色の服の女性が、駅の北側にある写真のこの広場からニンファの庭園までのシャトルバスの切符を販売している女性です。女性の左側にある看板が、このシャトルバスを運営している団体 Coop Il Sentiero についてです。この方から片道または往復の切符を購入し、バスがやって来るのを待ちます。(2018年6月現在の情報)

Ninfa 3.JPG

↑ 地図にもある様に、ニンファの庭園はシャトルバスに乗りすぐの場所にあります!


Ninfa 4.jpg

↑ 庭園の前でシャトルバスから降りると、予約した回の庭園ガイドさんが迎えに来てくれました。早速、ツアーが始まります。入場は1時間ごとの40名の定員制になっており、広い庭園は個人ではなく、ガイドさんと廻ります。今では消滅してしまった中世の町ニンファの上に、ジェラシオ・カエターニによって1900年代前半に造られたニンファの庭園は、2018年現在では、4~11月の間の限られた日のみ一般公開がされています。


Ninfa 5.jpg

↑ お庭の散策がとても楽しいです。筆者はいつもグループの一番最後について行きました。


⇒続きを読む"ニンファの庭園:世界で最も美しくロマンチックな庭園!その1"

2018年6月30日
2018年6月25日
2018年6月19日
2018年6月15日
2018年5月31日
⇒すべての記事を見る

イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ローマ特派員

    ローマ特派員
    阿部 美寿穂
    神奈川県出身。イタリア政府公認観光通訳、ツアーコンダクター(伊⇔英、日)。ローマ大学卒(文学哲学部文化遺産学専攻)、国立ペルージャ外国人大学修了。日本の公的機関で企画及び広報業務に6年間携わった後、渡伊。ご質問・ご相談などの各種お問い合わせはどなた様もお気軽にこちらまでどうぞ。また下記のSNSでは、イタリアの日常生活や旅行ヒントなどを毎日お送りしています!
    イタリア便り 阿部美寿穂(Twitter)
    romamizuho(Instagram) DISQUS ID @disqus_TzPr9NzFTw

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集