海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ローマ特派員ブログ > FOODEX 2010 イタリア特集

イタリア/ローマ特派員ブログ 旧特派員 青木 真理子

イタリア・ローマ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年3月10日

FOODEX 2010 イタリア特集


FOODEX 2010 イタリア特集

IMG_0298.JPG (上)イタリア展示で最大の日欧商事のブースは、ぎっしりワインが積まれています。 (取材、撮影許可を得ております。) また、「FOODEX JAPANは、商談を目的とした業界関係者向けの専門展示会です。一般の方、16歳未満の方、お子様連れの方の入場はできません。」と、表記することになっているため、このように書かせて頂きます。 3月2日〜5日まで、千葉県内の幕張メッセにて、第35回国際食品・飲料展FOODEX 2010 が開かれました。 さて、今年は、どんな、イタリアの美味しいモノがお目見えするのでしょうか! 楽しみに幕張メッセまでやってきました。 開場は驚きの広さ、なんと世界60カ国、地域から2100社を超える食品メーカーが出店し、 アジア最大級の食品、飲料専門のバイヤー向け展示会とのことです。 国際食品展の中でも最大規模を誇っているのが「食の国、イタリア」です。 イタリア各地で生産される、ワイン、オリーブオイル、チーズ、そして、イタリアでも注目度が高まっている BIO(ビオとイタリア語で呼ばれる、オーガニック製品)の展示もされていました。 イタリアの中でも一番大きい展示は、今年も、JET(日欧商事) さん。 数え切れないのワインなどに取り囲まれた商談スペースは、小売、レストランなどの業界の人たちで大賑わいです。 試飲をさせて頂いたサルデーニャ島のヴェルメンティーノ種の白ワイン カピケーラ(CAPICHERA) は、麦藁色で輝きがあり、豊かな香り♪ バナナ、オレンジの花、アーモンドのアロマがしっかりとしてフルーティです。 サルデーニャ島の、強い日差しをたっぷり浴びた、糖度の高い葡萄で作られ、 アルコール度数も14%と高めの、しっかりとした白ワインです。 ああ、このワインと、アクアパッツァを合わせて頂いたら格別だろうなあ、、。 と、次へ。 IMG_0305.JPG (上)プーリアから空輸された野菜は美味しかったな〜 こちらは、プーリア州の野菜を紹介するコーナーです。 空輸されたプーリア産のアーティチョーク、ロメインレタス、フィノッキオ、チーマ・ディ・ラーパが振る舞われ、 オリーブオイルをつけた、ピンツィモニオとして振る舞われています。 試食に、イタリア人たちも、ワラワラとやってきて、 「う〜ん、おいし〜〜!」と、食べていました。 イタリアの野菜はとっても味が濃くて、苦み、エグミ、辛味などがしっかりしていて、土壌の匂いを感じます。 IMG_0316.JPG (上)プーリア特産の大きなかさを持つキノコ、カルドンチェッロ こちらもプーリア州産。生のカルドンチェッロ(Cardoncello)という名前のキノコです。 空輸されたこのカルドンチェッロは、ムルジェッロ(Murgello®)という商標がつけられています。 ムルジェッロのオリーブオイル漬けを頂きましたが、 いつか、生のカルドンチェッロも味わってみたいものです♪ Andrea L'Abbate社 は、日本の代理店を探しています。ご興味あれば連絡してみてください。 イタリア貿易振興会(ICE)プーリア、バジリカータ州支部長のジュゼッペ・ラマッキャ(Giuseppe Lamacchia)氏が、 熱くプーリア産の農産物を説明してくれましたので、こちらでちょっとご紹介。 昨年2009年より、イタリア貿易振興会とプーリア州政府は、 「PRODOTTI DI PUGLIA®」 (イタリア語で「プーリア産の製品」の意味)の登録商標で、 世界中でプーリアの農産物をプロモーションをしています。 プーリア州は、農業が非常に盛ん。 *オリーブオイル生産量、イタリア1位、国内生産量の37% *ワイン生産量、イタリア1位、国内生産量の17% *テーブル用の葡萄生産量、イタリア1位、国内生産の75% *青果物の生産量は、国内生産の25% IGP認定を受けている農産物は5種 Clementine del Golfo di Taranto Limone Femminello del Gargano Arancia del Gargano Uva di Puglia Cilliegia di Terra di Bari 美味しい野菜がいっぱいありそうなプーリアです。 Prodotti di Puglia®について詳しくは、http://tipicipuglia.it/test/index.html IMG_0312.JPG (上)遠心分離せず上澄みを掬った昔ならではの製法のオリーブオイルを紹介するラファエレさん そして、次は、プーリア州のオリーブオイル生産者Terra d'Oranto社のカッツェッタ(Cazzetta)農園 のオーナー ラファエレ・カッツェッタ(Raffaele Cazzetta)氏。 長靴型のイタリア半島のかかとの部分に位置するプーリア州は、 赤茶色の乾いた土壌はオリーブの栽培にとても適していて、 イタリア国内生産量の37%を占める一大オリーブ生産地です。 トスカーナなど、オリーブオイルの生産地としてのブランド力の強い中部イタリアに 原料として出荷されることの多いプーリアのオリーブオイルですが、 近年、クオリティーの高いエキストラヴァージン・オリーブオイル生産を 目指している農園が増えているのです。 その中の一つが、このカッツェッタ農園。 4代目になるオーナーのラファエレさんは、「Spontaneoスポンターネオ(自然な)」という名前をつけた、Terre d'Oranto DOP(原産地呼称)の認定を受けた、高品質なプーリア産オリーブオイルを生産しています。 オリーブの実にも、ワインの葡萄のように品種があり、 プーリアの土着品種2種、チェッチーナ(Cellina)種とオリアローラ(Ogliarola)種をブレンド 。 前者ははっきりとした苦み、そして後者はフルーティという性質が丁度よい感じにブレンドされています。 スポンタネオは、伝統的な製法で、圧搾したオリーブを、遠心分離機を使用せず、自然に浮かんでくるオイルをくみ取った、まさに「自然な」方法で得られたオイルです。 アーモンドや松の実のナッツ類のいい香りで、口にすると、ピリッとスパイシー、 とっても美味しいエキストラヴァージンオイルでした♪ これは、プーリア州の郷土パスタ、オレッキエッテ・コン・チーマ・ディ・ラーパに合わせたら最高だろうなあ、、、、。 Cazzetta農園のオリーブオイルのお取り扱い、お問合せは、島商株式会社 さんへ。 IMG_0303.JPG (上)自慢のコトニャータを手にするジョヴァンニ・カルロさん そして、こちらもプーリア州からで、 イチジク、ブドウ、マルメロのコンフェットゥーラを作っているソランディラ(Solandia)社 技術担当のジョヴァンニ・カルロ・クリスクオーリ氏のイチオシは 手に持っている、マルメロのジャム、コトニャータ(Cotognata)です。 ねっとりとして、奥行きのある自然な甘みが口に広がります♪ FOODEX会場で、スペインの出展者と物々交換をしたという、 熟成したチーズとぴったりの相性でした♪ IMG_0297.JPG (上)モンテフェルトロ地区のワイン造りを、100年の眠りから目覚めさせた、新進気鋭のワイナリー、Valturio社 そして、こちらのワインは、マルケ州のワイナリー、ヴァルトゥリオ(Valturio)社 の Valturio 2007。ガンベロロッソ「ヴィーニ・ディタリア2010年度版」でトレビッキエーリ にも選出された、 サンジョヴェーゼ100%の赤ワイン Valturioです。 ルビー色。黒胡椒、丁子、八角のような、スパイス香に、ローストしたコーヒー豆、そしてベリー系の香りが続く、余韻も長く、エレガントさも感じられる素晴らしいサンジョヴェーゼでした♪ なんと、このヴァルトゥリオ社の設立は、2002年と、わずか8年前! マルケ州モンテフェルトロ(Montefeltro)地区は 100ほど前にワイン造りが途絶えてしたっまのですが、 もう一度この地方のワイン造りを復活させようとする情熱から アドリアーノ・ガッリと妻のイザベラ・サンタレッリが設立したワイナリーだそうです。 日本で、飲めるようになるのが楽しみですね。 IMG_0306.JPG そして、カフェで一息。バンコでごった返すお客さんの様子はまるでイタリア。 IMG_0291.JPG (上)南の男はイケメン?サレルノのトマト屋さん。 そして、次は、カンパーニャ州サレルノからやってきた、 トマトの会社Erregi 社のFrancesco Santeさん。 ポモドリーニ・ディコッリーナ(Pomodorini di Collina)をたずさえてやってきました。 小粒のサレルノ産のポモドリーニは、甘味と旨味がたっぷりです。 日本にも糖度の高いトマトはありますが、イタリアのトマトは旨味の凝縮感がとても高いと思います。 こちらは、株式会社左勇 さんが取り扱いされています。 IMG_0289.JPG (上)シチリアで活躍中のオリーブオイル農園のオーナー、テイスター、アルベルトさん そして、こちらは、シチリア島のオリーブオイルTorre di Mezzo農園 の オーナーでオリーブオイルテイスターのアルベルト・ガッルッフォ氏。 最新鋭の機械を使い、酸度が低く、香りがつまったオリーブをつくる アルベルトさんは、オリーブオイルのボトルに顔写真とコメントが貼られています♪ IMG_0287.JPG (上)シチリアでアンチョヴィ造りをする、スカリアさん そして、隣にいらっしゃったのは、シチリア・シャッカのアンチョヴィの生産者 スカリア(SCALIA)社 の副社長Baldo Scaliaさん。 「おいしいよ〜、ほらほら食べな。」と、差し出してくれたアンチョヴィ。 カタクチイワシの旨味と、海のミネラル感がしっかりと詰まっていました。 イタリアは、他の国の展示に比べて、ワイン、オリーブオイル、チーズなど、 土壌の力強さを感じる食品が主流。 大量生産型の食品が、市場のグローバル化によってイタリアにも押し寄せ、 不況も重なり、どの生産者もなかなか大変なようですが、 自分たちの製品に誇りを持ち、真っ直ぐに作り続けている姿勢に尊敬の念を覚え、 試食ですっかりお腹も一杯になり、FOODEXをあとにしました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り レストラン・料理・食材
2010年3月10日
« 前の記事「秘密のバール」へ
»次の記事「Vinitaly 2010」 へ
ローマ特派員 新着記事
【特集】ローマのクリスマスイルミネーション スペイン階段の周辺編
オミクロン株!ローマ市、屋外でのマスク着用義務化へ
バチカン市国クリスマスツリーの飾り付けが始まった!
ローマに観光客が戻って来た!!
コロナ禍でも変わらぬ美しさ ローマの夕暮れ
京王線事件 海外在住者が電車で気をつけていること
フォトジェニックなローマのもふもふの場所 4選
イタリアマンマの味 型で焼く簡単ふわふわピザパン!

イタリア ツアー最安値


2021/3/31更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ローマ特派員

    ローマ特派員
    青木 真理子
    2006年よりダンナさんを日本においてイタリア料理留学中。レストラン、ワインガイドのガンベロロッソの調理製菓プロコースのデュプロマを取得し、ローマの星付リストランテで料理修業。イタリアの食事情を綴ったブログ「イタリア料理紀行dal ガンベロロッソ」が好評。過去には、アマルフィ海岸サレルノ、シエナ、キャンティ等田舎に暮らす。イタリアワインソムリエ、オリーブオイルソムリエ。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集