海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ローマ特派員ブログ > Vinitaly2010 ルネッサンス期からのスー...

イタリア/ローマ特派員ブログ 旧特派員 青木 真理子

イタリア・ローマ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年5月10日

Vinitaly2010 ルネッサンス期からのスーパートスカーナTenuta di Capezzana


Vinitaly2010 ルネッサンス期からのスーパートスカーナTenuta di Capezzana

DSCN0286.JPG

カルミニャーノを代表するワイナリーCapezzana社のベアトリーチェさんとレオーネさん

 Vinitaly2010 の会場で道に迷って尋ねた人が、偶然、イタリアトスカーナ州プラート県カルミニャーノの名門ワイナリー、テヌータ・ディ・カペッツァーナ(Tenuta di Capezzana)の方でした。一緒に目的地を探してもらっても見つからず、「ウチのワインを試飲していっていったら?」と、目的地につくのをあきらめ、憧れのCapezzanaで試飲をさせて頂くことになりました♪

Capezzanaはカルミニャーノ(Carmignano DOCG)のリーディングカンパニーで、白いラベルのVilla di Capezzana DOCGで有名ですが、とある素晴らしいワインに巡り会ってしまいました!

DSCN0289.JPG

 その名は、GHIAIE DELLA FURBA (ギアーレ・デラ・フルバ)。ギアーレとは、「小石」を意味しますが、小石の多い水はけのよいトスカーナ、カルミニャーノの大地で葡萄栽培されています。カベルネソーヴィニオン種(60%)、メルロー種(30%)、シラー種(10%)混成の濃いルビー色の液体からは、ベリー類、熟したチェリー、バニラ、タバコなどの豊かな香りがたち、長い余韻に包まれる素晴らしいワイン!


「お・お・お、これは、すごい。」と真剣に感動していたら、「じゃあ、一緒にDegustazione verticale(垂直試飲)をしよう!」ということになり、Tenuta di CapezzanaのContini Bonacossi 伯爵家のLeoneさんが、もう閉店間際のところ(Vinitalyに限らず、イタリア関係の展示会は閉館1時間前には片付けに入ります(^^))、二人分のメモとペンを持ってきてくれて、GHIAIE DELLA FURBAの新しいビンテージから、徐々に古いヴィンテージを試飲させて頂きました。


 まずは2003からのスタート。現在、市場に一番多く出回っているヴィンテージだそうです。

その後、1999

1988

そして

1983へと。


ワインの色は濃いルビー色から、徐々に淡いオレンジがかった色に変わっていきます。そして、古いヴィンテージになればなるほど、旨味が押し寄せてきて!!ひゃあ、たすけて〜というほど、旨い!!!

 レオーネさんが、カペッツァーナとカミニャーノの歴史について語ってくれましたが、これがとても興味深い。カルミニャーノの地には3000年以上前から葡萄栽培始まっていたことが、エトルリア人の地下墓地の壁画から分かっていて、ルネッサンス期の1716年、メディチ家出身のトスカーナ大公コジモ3世によって、(Bando)という現在でいう原産地呼称が4地区が選ばれた際に、その内の一つとしてカルミニャーノが選ばれたそうです。ルネッサンス期にはは、メディチ家のカテリーナがフランス王朝に嫁いだことから、フランスとイタリアとの交流が盛んになり、フランスからは、カベルネが持ち込まれていたそうなのです。

 つまり、カルミニャーノでは、イタリアの土着品種サンジョベーゼとカベルネ・ソーヴィニヨンをブレンドしたワインを、ルネッサンス期から栽培していたということなのです!

 1963年のDOC法で、カルミニャーノ地区は、キャンティ・モンタルバーノ地区に入れられてしまったのを、1975年にカルミニャーノDOCとしてメディチ家が作った呼称の復活に成功。その後の1979年に、ボルドータイプのGhiaie dell Furbaを造り始めたということ。

とても興味深いお話でした!(ちょっとマニアックな話で失礼いたしました。)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り レストラン・料理・食材
2010年5月10日
« 前の記事「Vinitaly2010 イタリアのB級グルメ★ポルケッタをかぶりつく。」へ
»次の記事「Vinitaly2010 オリーブオイル展示会SOL IMPERO」 へ
ローマ特派員 新着記事
バチカン市国クリスマスツリーの飾り付けが始まった!
ローマに観光客が戻って来た!!
コロナ禍でも変わらぬ美しさ ローマの夕暮れ
京王線事件 海外在住者が電車で気をつけていること
フォトジェニックなローマのもふもふの場所 4選
イタリアマンマの味 型で焼く簡単ふわふわピザパン!
筆者も被害に!注意イタリアiPhone窃盗団が横行中!
ローマっ子の憩いの場!ポポロ広場とサンタ・マリア・デル・ポポロ教会

イタリア ツアー最安値


2021/3/31更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ローマ特派員

    ローマ特派員
    青木 真理子
    2006年よりダンナさんを日本においてイタリア料理留学中。レストラン、ワインガイドのガンベロロッソの調理製菓プロコースのデュプロマを取得し、ローマの星付リストランテで料理修業。イタリアの食事情を綴ったブログ「イタリア料理紀行dal ガンベロロッソ」が好評。過去には、アマルフィ海岸サレルノ、シエナ、キャンティ等田舎に暮らす。イタリアワインソムリエ、オリーブオイルソムリエ。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集