海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ローマ特派員ブログ > 【5月のお題】イタリアの「モテル男性」とは?

イタリア/ローマ特派員ブログ 旧特派員 青木 真理子

イタリア・ローマ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年5月12日

【5月のお題】イタリアの「モテル男性」とは?


【5月のお題】イタリアの「モテル男性」とは?

みなさん、こんにちは〜。まだまだ寒い北イタリアにおります。さて、4月のお題「見た目どんな女性がモテル? 」に引き続き、5月のお題は「モテル男性」。早速、イタリアの友人たちに、聞きとり調査を開始してみました!


 モテル女性の条件を聞いたとき、ほぼ第一声に返ってきた答え「金髪・青い目の女性」と同格で、モテルイタリア男性として上がったのは、プロ・サッカー選手♪イタリアでは、サッカーを応援することが生活の中心、というサッカー応援に熱中する男性が、どの世代、職業を見ても多く、他のスポーツが決して追随できない人気ぶり。若いイタリア女子からも、サッカー選手は憧れの的のようです。サッカーに打つこむ真剣な姿、鍛えられた肉体、洗練されたファッション、超リッチ生活を約束してくれる「玉の輿」相手ナンバーワン、といえば、サッカー選手なのです。


 でも、サッカー選手というのは一職業であって決して一般的ではありません。一体どんな男がモテルのか、しつこく尋ねてみると、


◎背が高く肩幅が広い人
◎リッチな人
◎特別な能力・才能がある人
この、条件の男は「ひとつでも当てはまれ「絶対にモテル」
とのこと!やっぱり、全部サッカー選手に当てはまります。「日本昔の3高」とさほど変わりませんが、こういう友人はやはりモテモテで、たいていは彼女か奥さんがいます。


 ところが、「モテル条件の男は自分でモテルと思っているのが鼻につくし、女をはべらしていてイヤダ。」という声も。若い女性との浮気で、高額な慰謝料で離婚が合意したともいわれるイタリアのベルルスコーニ首相を彷彿とさせます。


 上の絶対にモテル男の条件以外には、

◎セクシーであること
このセクシーとは、男性的なセックスアピールがあるということ。ご自慢の胸毛を見せるために、第2ボタンだけでなく、第3、第4まであけて、女子にアピる男性は沢山います。さらに、若い世代になると、日本で問題になった「腰パン」どころか、わざとズボンをずりおろし、パンツの半分、さらにはお尻の割れ目の毛まで見せるファッションが流行っているので、お年頃(?)の筆者は、いつも目のやり場に困ってしまいます。

 さらに、少数意見ながらチラホラ聞こえてくる意外な意見がありました。


それは、

◎おなかがでている。

と、というもの。やせ細っているより、「おなかが出ている方が、器が大きそうでイイ。」とのこと。腹が出ているのは、経済的にも精神的にも余裕のある証拠とみられるようです。イタリア語で「マニリエ・デラモーレ(Maniglie dell’amore)」といって、「恋人の取っ手」の意味の横っ腹のニクは、掴むのに丁度よく、年齢を問わず女子からナカナカの人気のようです。


そして、もうひとつ意外な意見は、

◎ちょっと禿げている。
と、いう30歳以上の女性限定の意見。「禿げている方が、男らしくてイイ。」とのこと。ラテン系・イタリア人男性は、男性ホルモンが多いのでしょうか、20代のうちから毛が薄くなっていき、思い切ってスキンヘッドにする人がとても多いのですが、毛が抜けることは「ツヨイ・オトコの象徴」とも捉えられている模様デス(笑)


 「腹が出ていても、薄毛でも、男らしいくてステキ♪」と、意外と女子から好評の「イタリアのモテル男」。「種の保存」を本能的に感じているのでしょうか。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー 美容・健康・病院
2010年5月12日
« 前の記事「Vinitaly2010 オリーブオイル展示会SOL IMPERO」へ
»次の記事「ブレーシャ(BRESCIA)!」 へ
ローマ特派員 新着記事
オミクロン株!ローマ市、屋外でのマスク着用義務化へ
バチカン市国クリスマスツリーの飾り付けが始まった!
ローマに観光客が戻って来た!!
コロナ禍でも変わらぬ美しさ ローマの夕暮れ
京王線事件 海外在住者が電車で気をつけていること
フォトジェニックなローマのもふもふの場所 4選
イタリアマンマの味 型で焼く簡単ふわふわピザパン!
筆者も被害に!注意イタリアiPhone窃盗団が横行中!

イタリア ツアー最安値


2021/3/31更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ローマ特派員

    ローマ特派員
    青木 真理子
    2006年よりダンナさんを日本においてイタリア料理留学中。レストラン、ワインガイドのガンベロロッソの調理製菓プロコースのデュプロマを取得し、ローマの星付リストランテで料理修業。イタリアの食事情を綴ったブログ「イタリア料理紀行dal ガンベロロッソ」が好評。過去には、アマルフィ海岸サレルノ、シエナ、キャンティ等田舎に暮らす。イタリアワインソムリエ、オリーブオイルソムリエ。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集