海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ローマ特派員ブログ > 大晦日の夜は赤いぱんつで!

イタリア/ローマ特派員ブログ 旧特派員 福田 敦子

イタリア・ローマ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年12月31日

大晦日の夜は赤いぱんつで!


大晦日の夜は赤いぱんつで!

みなさん、いよいよ2011年も最後の12月31日となりました。
日本での大晦日は、除夜の鐘を聞きながら、過ぎゆく一年を振り返り、新たな一年を思って厳かな気持ちで新年を迎えていました。


ここイタリアでは、大晦日は友達や恋人と楽しく騒いで過ごすお祭りです。

カウントダウンと同時に爆竹が鳴り、花火が打ち上げられ、新年の幕開けとなるのですが、ほかに私がびっくりした習慣があります。それは、大晦日の夜に、真新しい赤色の下着をプレゼントし合うこと。赤い下着を身につけて年越しをすると幸運がやってくると言われているからです。

クリスマスに続き、恋人同士、友達同士でも贈り合うのか、ショーウィンドウには真っ赤なぱんつが並びます。

intimo rosso2.jpg


この習慣、ダンナも義父も生粋のローマ育ちの叔母も、みんな知ってはいるものの、その起源は?となると誰も知りませんでした。
「開運だから」と言われても、「じゃあなんで赤色?なぜに下着なの?」と追求する私。
調べてみました。


すると、その起源は紀元前30年頃、初代ローマ皇帝のアウグストゥス帝(紀元前63~紀元14年)の時代にまで遡るそうです!
その当時、赤は権力と富、精神、健康の象徴であり、従って良運をもたらすと信じられていました。権力者たちのマントが赤色に染められていたのもそのためなんだそうです。そして、一般の人々の間でも一年の終わりに、衣服の下にこっそり赤いものを身につける習慣が出来ていったとか。

原典がどこかは見つけられなかったので、学術的に正しいかどうかは分かりませんが、俗説としては説得力があって面白いと思います。


・・・にしても、セクシーである必要はないはずなのに、やたらスースーしそうなデザインのものが多いのにもびっくりです。

intimo rosso1.jpg


冗談はさておき、皆が健康で良い一年を送れるよう祈る気持ちはいずこも同じだと思います。

日本はイタリアより8時間進んでいるので、新年も早く訪れますね。

皆様、良いお年を!

そして2012年がひとりひとりにとって少しでも素敵な一年になりますように。

Felice Nuovo Anno per tutti!!!!


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り ショッピング・雑貨・お土産 文化・芸術・美術 生活・習慣・マナー
2011年12月31日
« 前の記事「クリスマスにプレセーぺの飾り」へ
»次の記事「謹賀新年 1月6日のエピファニアとべファーナの靴下」 へ
ローマ特派員 新着記事
バチカン市国クリスマスツリーの飾り付けが始まった!
ローマに観光客が戻って来た!!
コロナ禍でも変わらぬ美しさ ローマの夕暮れ
京王線事件 海外在住者が電車で気をつけていること
フォトジェニックなローマのもふもふの場所 4選
イタリアマンマの味 型で焼く簡単ふわふわピザパン!
筆者も被害に!注意イタリアiPhone窃盗団が横行中!
ローマっ子の憩いの場!ポポロ広場とサンタ・マリア・デル・ポポロ教会

イタリア ツアー最安値


2021/3/31更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ローマ特派員

    ローマ特派員
    福田 敦子
    学生時代よりイタリアに魅せられ、卒業後はイタリア食材輸入商社に勤務。2006年渡伊、サンレモの語学学校で秘書兼日本語教師を務め、2008年にローマ郊外の港町オスティアに移住。ローマっ子のダンナと息子くんを中心に、家族や友人に支えられ、翻訳業と育児とを両立中。お勧めスポットや時事ネタ、日常生活あれこれ&イタリア働く子育て事情をお送り致します!

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集