海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ローマ特派員ブログ > ローマのパスクワ (復活祭)

イタリア/ローマ特派員ブログ 旧特派員 福田 敦子

イタリア・ローマ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年4月 8日

ローマのパスクワ (復活祭)


ローマのパスクワ (復活祭)

本日は、パスクワ(復活祭、英語ではイースター)です!

キリストの復活を祝うこの宗教祝日は、春分の日の後の最初の満月の次の日曜日、と決められています。そのため年によって日付が異なる移動祝日です。

今年は4月8日がパスクワ。クリスマスと並んで重要な宗教行事であり、教会ではミサも行われ、家族や友人が集まって食事をする日でもあります。


というわけで、本日の我が家の料理コーナーです。


まずは食前酒の発泡性ワイン、スプマンテで乾杯。前菜は、ピッツァ・ディ・パスクワ(パスクワのピッツァ)と呼ばれる伝統パンと、やはりパスクワに恒例のサラミ。

パスクワの朝にこれらのパンやサラミ、ゆで卵などを揃えた豪華な朝食を採るのが伝統だそうです。


SANY0239.JPG


ピッツァと言っても、ドーム型のブリオッシュ生地のパンで、チーズを練りこんだ塩味タイプと、シナモンやアニスなどのスパイスが効いた甘口タイプと2種類あります。

これは、イタリアでもローマのあるラツィオ州およびアブルッツォ州、マルケ州、モリーゼ州の中部の伝統だそうです。実際、北イタリアや南イタリア出身の友人に聞いても、知っている人はいませんでした。


そして2皿目のパスタには、先月チョコレート祭で購入したカカオ入りパスタを、羊肉をじっくり煮込んだトマトソースで和えました(ダンナ様が)。隠し味にミントやレモンを加えて、羊肉の独特な臭みもさっぱり。

SANY0243 (4).JPG SANY0245 (2).JPGのサムネール画像


カカオの味は思ったほど強くなく、後味にほんのり苦味がある感じで美味しかったです。



メインディッシュは、これもイタリアのパスクワの定番料理、子羊のオーブン焼きとカルチョーフィのソテーを用意しました(やっぱりダンナ様が)。
カルチョーフィは、ローマ風と言われる、たっぷりのオリーブオイルとニンニク、ミントを入れて煮込む調理方法で作ったものです。
SANY0247.JPG
SANY0248.JPG

子羊はイタリア語で普通Agnello(アニェッロ)ですが、特にローマ周辺ではAbbacchio(アッバッキオ)と呼ばれます。ちなみに、ローマ方言でとっても太った人のことをAbbacchioとも言うそうです!


そしてデザートには、コロンバと呼ばれるパンケーキと、いわゆるチョコレートのイースターエッグです。
コロンバ(Colomba)とは、聖霊の象徴である鳩の意味で、まさにその名の通り、鳩の形をしています。しっとりしたブリオッシュ生地にオレンジピールが練りこまれ、表面にアーモンドシュガーのコーティングがしてあるのが定番。既に解体済みの鳩と、後ろの包みは大きなチョコレートの卵です。


2012-04-08_11-45-27_66.jpg SANY0250.JPG

イタリアでは、イースターエッグのチョコレートは中が空洞で、おもちゃなどのビックリおまけが付いています。子どもたちが、そのチョコレート(大概ビッグサイズ)を思いっきり叩き割って、中のおまけをどきどきしながら開けて楽しむというわけです。


最後に、街のレストランで見かけた可愛いディスプレイの写真をどうぞ。
2012-04-08_11-30-00_668.jpg

Buona Pasqua!!


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材 文化・芸術・美術 生活・習慣・マナー
2012年4月 8日
« 前の記事「オスティア 春のチョコレート祭」へ
»次の記事「ローマ中心街のおすすめポスター屋台」 へ
ローマ特派員 新着記事
オミクロン株!ローマ市、屋外でのマスク着用義務化へ
バチカン市国クリスマスツリーの飾り付けが始まった!
ローマに観光客が戻って来た!!
コロナ禍でも変わらぬ美しさ ローマの夕暮れ
京王線事件 海外在住者が電車で気をつけていること
フォトジェニックなローマのもふもふの場所 4選
イタリアマンマの味 型で焼く簡単ふわふわピザパン!
筆者も被害に!注意イタリアiPhone窃盗団が横行中!

イタリア ツアー最安値


2021/3/31更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ローマ特派員

    ローマ特派員
    福田 敦子
    学生時代よりイタリアに魅せられ、卒業後はイタリア食材輸入商社に勤務。2006年渡伊、サンレモの語学学校で秘書兼日本語教師を務め、2008年にローマ郊外の港町オスティアに移住。ローマっ子のダンナと息子くんを中心に、家族や友人に支えられ、翻訳業と育児とを両立中。お勧めスポットや時事ネタ、日常生活あれこれ&イタリア働く子育て事情をお送り致します!

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集