海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ローマ特派員ブログ > イタリアの確定申告・・・

イタリア/ローマ特派員ブログ 旧特派員 福田 敦子

イタリア・ローマ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年6月12日

イタリアの確定申告・・・


イタリアの確定申告・・・

先日、確定申告に行ってまいりました。
今年は6月半ばが締切だとか。

イタリア語では、Dichiarazione dei redditi (所得申請)。毎年毎年、よく分からないままそれでも期限までにやらなきゃ・・・という焦燥感に追われ、コピーやら書類やらたくさん用意しなくてはいけないので頭がいっぱいになる、しちめんどくさい手続です。

日本でさえ確定申告なんてよく分からないのに、このイタリアで!
何事も日本の倍以上時間と手間がかかるこのイタリアで!

ただの被雇用者ならそこまで複雑ではないのかもしれませんが、土地持ちや自営業の人、副収入が一定額を越える人は大変そうです。

私の場合、昨年は出産にかかった検査費用や医薬品の支出が多かったので、医療費の分が免税になり、お金が戻ってくるであろうと予想されたのでがんばりました。

注)このブログで、イタリアの確定申告の仕組みや手続方法など、具体的に有意義な情報はお伝えできませんのであしからず・・・だって未だに自分でも良く分かっていないんだもの!すみません!


さて、そういうわけで自分で書類に記入なんて分からなさ過ぎてできないので、その名もCAF(Centro Assistenza Fiscale、税務アシスタントセンター)というところで、指定書類の記入・・・というか、パソコンに直接打ち込んでもらいに行きました。


2012-06-11_12-15-30_713.jpg

このCAF(税務アシスタントセンター)、普段は全然目に付かないのにこの時期はやたらあちこちで見かけます。前を通るたびに、「確定申告しろー」といわれているみたい。
連日、順番待ちしている人が外にもあふれています。なーんだ、やっぱりイタリア人だって分からないんだよね。


2012-06-13_15-44-22_318.jpg

昨年度の給料明細やら医療費の領収書やら身分証明書やらをコピーして、どっかり持っていき、3時間待ちの挙句、ようやく順番が回ってきました。担当のおじさん、一枚一枚丁寧に確かめながら、金額を打ち込んで指定書類に入力していってくれます。


不足書類があるんじゃないか、絶対一回でうまく行きっこない~、また別の日に出直して、長蛇の列に並びなおしだ~という恐れも杞憂に終わり、無事に終了。もちろん有料です。


さて、このイタリアの確定申告で面白いことを知りました。
それは、5‰ (つまり0.5%) という制度。
各自が納税する金額の、0.5%を、自分が指定する非営利団体、ボランティア団体や社会福祉、環境保護、文化財管理団体などに寄付することができるんです。
指定するには、寄付先となる団体のイタリア商業税番号を控えておいて、確定申告時に入力しなければいけません。これを指定しないと、自動的にカソリック教会への寄付金となるそうです。
ちょっと前までは、強制的にすべて教会へ寄付(・・・というか徴収?)されていたとか。


ちなみにドイツでは、住民登録の宗教の欄に「カトリック」と記載した人は、源泉徴収で、所得税の8~9%が給料天引き、教会に寄付されるそうです。廃止の方向で検討されているようですが。


我が家は無宗教・・・というか今の世の中の教会制度には、イタリア人であるダンナもおおいなる疑問を抱いているので、私たちは、寄付先としてSave the Childrenという子どもたちのための国際援助団体にしました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お金・通貨・両替 文化・芸術・美術 生活・習慣・マナー
2012年6月12日
« 前の記事「町の落書き・・・」へ
»次の記事「ローマのお勧めスポット Palatium(パラティウム)」 へ
ローマ特派員 新着記事
バチカン市国クリスマスツリーの飾り付けが始まった!
ローマに観光客が戻って来た!!
コロナ禍でも変わらぬ美しさ ローマの夕暮れ
京王線事件 海外在住者が電車で気をつけていること
フォトジェニックなローマのもふもふの場所 4選
イタリアマンマの味 型で焼く簡単ふわふわピザパン!
筆者も被害に!注意イタリアiPhone窃盗団が横行中!
ローマっ子の憩いの場!ポポロ広場とサンタ・マリア・デル・ポポロ教会

イタリア ツアー最安値


2021/3/31更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ローマ特派員

    ローマ特派員
    福田 敦子
    学生時代よりイタリアに魅せられ、卒業後はイタリア食材輸入商社に勤務。2006年渡伊、サンレモの語学学校で秘書兼日本語教師を務め、2008年にローマ郊外の港町オスティアに移住。ローマっ子のダンナと息子くんを中心に、家族や友人に支えられ、翻訳業と育児とを両立中。お勧めスポットや時事ネタ、日常生活あれこれ&イタリア働く子育て事情をお送り致します!

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集