海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ローマ特派員ブログ > ローマ遺跡の中にある野良猫・捨て猫保護センター

イタリア/ローマ特派員ブログ 旧特派員 福田 敦子

イタリア・ローマ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年9月 1日

ローマ遺跡の中にある野良猫・捨て猫保護センター


ローマ遺跡の中にある野良猫・捨て猫保護センター

ローマ旧市街中心の遺跡、トッレ・アルジェンティーナ広場(Largo di Torre Argentina)。


共和制ローマ(BC509~BC27)時代の神殿が4つもあったという聖なる場所で、巨大なポンペイウス劇場(Theatrum Pompeium)の一部もこの地にありました。
大部分が破壊され、他の建築物の資材として持ち去られてしまい、その他の部分は今もローマの地下に眠っているというこのポンペイウス劇場ですが、あのユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)が暗殺された場所とされる、舞台後方の列柱廊がこの広場で発掘されています。


さて、このトッレ・アルジェンティーナ広場。実は、野良猫のパラダイスとなっています。
遺跡の真っ只中に、誰もが訪れることができる野良猫・捨て猫保護センターがあるのです。

2012-06-15_17-09-47_233.jpg


1930年代頃から本格的に発掘調査が始まったこの聖なる場所にもともと住み着いていた猫たち。1994年に、ボランティアで野良猫救済を始めたスタッフにより、野良猫・捨て猫センターが開かれ、現在は常時約250匹の猫たちが保護され、もらわれていくのを待っています。

2012-06-15_17-10-19_386.jpg


スタッフは世界各国の有志の方々。イタリアはもちろん、主にヨーロッパ各国から猫の「養子縁組」の問い合わせがあるそうです。
養子縁組には、里親となる人は氏名はもちろん、職業や家庭環境など書類の記入が必要です。
スタッフの方と、猫を飼うために必要な出費や心がけの理解度、既に家猫がいるかどうかなど話し合いも行われます。


健康な子猫はわりとすぐに里親が見つかるそうですが、大きくなって捨てられここに来た子や、成長してしまった猫たち、目が見えなかったり、足が悪かったりする子猫たち(野良の母猫から生まれる子猫は多々そういう場合がある)、その子たちはなかなか引き取ってくれる人が見つからないというお話でした。

2012-06-15_17-12-24_162(1).jpg




ちなみに、遠距離で里親をすることもできます(1匹につきひと月15ユーロの寄付)。

ローマと猫は有名な組み合わせで、ローマ遺跡を背景にした猫の写真はカレンダーやポストカードになっているほか、さまざまなローマ猫グッズも販売されています。
もちろん売上はこの野良猫センターの運営に用いられます。

2012-06-15_17-10-30_687.jpg


また、銀行振り込みやPaypalで寄付を送ることも可能です。
http://www.gattidiroma.com/come%20aiutarci.html


もちろん、寄付は強制ではありません。こういう場所を訪れること、その存在を広めて、野良猫・捨て猫を失くすことが最大の目的。


大通りのヴィットリオ・エマヌエーレ2世通りの反対側にあたるフロリダ通りと、トラムが発着するトッレ・アルジェンティーナ通りとの角に、遺跡の中へ降りる階段があり、木々と遺跡に覆われた地下部分にセンター入り口があります。


時間がある方は、一度行ってみてください!

2012-06-15_17-09-19_84.jpg


Ass.ne Colonia Felina Torre Argentina
12時~18時まで

+39 0645425240

e.mail: info@gattidiroma.com

イタリア語サイト
http://www.gattidiroma.com/prima.html

英語サイト
http://www.romancats.com/index_eng.php

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 生活・習慣・マナー 見所・観光・定番スポット
2012年9月 1日
« 前の記事「オスティアの夏祭り」へ
»次の記事「新しい食材発見!その名も「海のアスパラガス」」 へ
ローマ特派員 新着記事
ボマルツォの怪物公園のアイドル オーガちゃんに会いに行こう!
見るだけで楽しいイタリアの古物屋さん in リエーティ
ヴェネツィアの絶景が楽しめる小さな島:サン・ジョルジョ・マッジョーレ聖堂
ヴェネツィアの高潮チェックアプリをインストールしよう!
カプリ島・青の洞窟に入る前の心構えについて!
会えたらラッキー! フォトジェニックなシャボン玉のローマ
ご注意!8月一部利用不可:ローマ地下鉄A線リニューアル工事(工事区間カレンダーと詳細情報)
街角にあふれるカラフルな夏のフルーツ!

イタリア ツアー最安値


2020/1/22更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ローマ特派員

    ローマ特派員
    福田 敦子
    学生時代よりイタリアに魅せられ、卒業後はイタリア食材輸入商社に勤務。2006年渡伊、サンレモの語学学校で秘書兼日本語教師を務め、2008年にローマ郊外の港町オスティアに移住。ローマっ子のダンナと息子くんを中心に、家族や友人に支えられ、翻訳業と育児とを両立中。お勧めスポットや時事ネタ、日常生活あれこれ&イタリア働く子育て事情をお送り致します!

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集