海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ローマ特派員ブログ > Bolognaに行ってきました!

イタリア/ローマ特派員ブログ 旧特派員 福田 敦子

イタリア・ローマ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年11月29日

Bolognaに行ってきました!


Bolognaに行ってきました!

ローマから特急電車で北に2時間、ボローニャに行ってきました!

エミリア・ロマーニャ州の州都で、ヨーロッパ最古の大学が誕生した学問発祥の地としても知られ、工業や産業が盛んでイタリア国内でも有数の豊かな都市です。

今回は、お友だちを訪ねて、さらに北のヴェローナに行く途中の寄り道でした。

滞在時間6時間、ランチをはさんでの半日ボローニャ観光。

写真でお送りします。



・ネットゥーノ広場と奥のマッジョーレ広場

待ち合わせはここで。町の中心地です。

20121123_134331.jpg  20121123_134205.jpg



・ボローニャ大学発祥の地
1088年に、いわゆる寺子屋のような形で生徒を集めて教鞭をとったのがはじまり。
ペトラルカ、ダンテ・アリギエーリ、ガリレオ・ガリレイ、コペルニクスなどの歴史的にも重要な思想家、学者を輩出している名門大学です。
ここは、1562~63年に建設され、1803年までボローニャ大学の本部が置かれていたアルキジンナージオ宮。現在は市立図書館になっています。



20121123_135051.jpg
20121123_134954.jpg
20121123_135207.jpg

このおびただしい数の紋章は、世界中から留学にやってきた良家の子息たちが残していったもの。6000以上もあるそうです。

アルキジンナージオ宮の公式HP:
http://www.archiginnasio.it/storia_palazzo/visitaguidatapalazzo.htm

・特徴的なポルティコ(柱廊) 

ボローニャの街並みといえば、このポルティコ。屋根付きの歩道というべきか、雨が降っても便利!


マッジョーレ通りには、木製のポルティコが残っています!16世紀になってから石造りのポルティコが義務付けられたそうで、それまでは全て木製だったとか。なんと上部は今も普通に人が住んでいるそうです~~。
20121123_132245 (1).jpg



・お茶をしたカフェ。 Colazione da Bianca (ビアンカさんの朝ごはん)という名前です。

20121123_130827.jpg

20121123_130443.jpg

子連れにも優しいスロープの入り口やトイレのベビー用着替え台など、ローマではめったにお目にかかれない設備が整っていて、びっくりでした。



http://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g187801-d1931485-Reviews-Colazione_da_Bianca-Bologna_Province_of_Bologna_Emilia_Romagna.html

Colazione da  Bianca

Via S. Stefano, 1, 40125 Bologna, Italia

+39 051 5884425

このほか、七つの教会が合わさってひとつの聖堂になっている聖ステファノ聖堂や、二つの塔など、旧市街は見所が凝縮されています。

ローマから来て受けた大きな印象は、町がほんとにきれいということ!
少なくとも旧市街の中心地は、ごみも無ければ落書きもありません。
在住のお友だちによると、ごみや落書きは、そもそも汚されること自体が少ないし、されたとしても翌日には清掃車が来てキレイにしていってくれるとのこと。
移民や浮浪者も少なく、道路事情にしても、みんなちゃんと信号を守っているし、自転車で簡単に行き来できる環境が整えられていて、すばらしい。
お店のサービスにしても、丁寧で上品な感じがしました。

そんなボローニャとはいえ、実際は就職先がなかなか見つからない、不況の影響で物価はあがるばかり、、、など現在イタリアが抱えている経済的・社会的問題は残念ながらここにもあるそうですが、観光客として「外から」見る限り、生活水準が高いという評判を保っているように思います。

・・・ローマはまあ、よく言えばほがらかで鷹揚というか、カオスなところが魅力でもあるんでしょうが、やっぱりボローニャは北イタリアだなぁ、と短時間でもその違いを実感する滞在となりました。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空 文化・芸術・美術 旅行・ツアー・ホテル 生活・習慣・マナー 見所・観光・定番スポット
2012年11月29日
« 前の記事「イタリアン幼児食」へ
»次の記事「Veronaに行ってきました!」 へ
ローマ特派員 新着記事
【特集】ローマのクリスマスイルミネーション スペイン階段の周辺編
オミクロン株!ローマ市、屋外でのマスク着用義務化へ
バチカン市国クリスマスツリーの飾り付けが始まった!
ローマに観光客が戻って来た!!
コロナ禍でも変わらぬ美しさ ローマの夕暮れ
京王線事件 海外在住者が電車で気をつけていること
フォトジェニックなローマのもふもふの場所 4選
イタリアマンマの味 型で焼く簡単ふわふわピザパン!

イタリア ツアー最安値


2021/3/31更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ローマ特派員

    ローマ特派員
    福田 敦子
    学生時代よりイタリアに魅せられ、卒業後はイタリア食材輸入商社に勤務。2006年渡伊、サンレモの語学学校で秘書兼日本語教師を務め、2008年にローマ郊外の港町オスティアに移住。ローマっ子のダンナと息子くんを中心に、家族や友人に支えられ、翻訳業と育児とを両立中。お勧めスポットや時事ネタ、日常生活あれこれ&イタリア働く子育て事情をお送り致します!

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集