海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ローマ特派員ブログ > 【教会No.1】イエス・キリストの足跡が残る教会 ...

イタリア/ローマ特派員ブログ 阿部 美寿穂

イタリア・ローマ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年8月22日

【教会No.1】イエス・キリストの足跡が残る教会 ドミネ・クオ・ヴァディス教会


【教会No.1】イエス・キリストの足跡が残る教会 ドミネ・クオ・ヴァディス教会

今回から教会、遺跡、美術館などのローマの見所を、ガイドブックに載っていない裏話を毎回5~6割混ぜながら放出していきたい!と思います。


さて、第一号となる教会は、「主よ、どこへ行かれるのですか教会」という、面白い名前の教会です。教会はとても小さく、内部は絵画で飾られていてかわいいですが、何よりもこの教会を有名にしているものといったら、キリストの足跡です。


Domine 1.JPG

↑こちらが有名なキリストの足跡です!


ところで教会にはどうしてこんな面白い名前がついているのでしょう?
この教会は1982年に"空飛ぶ教皇"との異名を持つ前ローマ法王、ヨハネ・パウロ2世(1978-2005)により、"ローマの歴史とキリスト教会の歴史にとって特別な重要性を持つ場所"と定められた程、実は重要な教会なのです。

Domine 2.JPG

↑現在の教会は1600年代に改修されたものです。見かけも内部も小さいです。


そもそも教会名の"ドミネ・クオ・ヴァディス"とは、ラテン語で Domine quo vadis? と書き、「主よ、どこへ行かれるのですか?」という意味です。

伝説では、この場所でキリストとペテロ(12人の弟子のうちの一人)が最後に出会った場所です。
当時、ローマ帝国内で少数派であったキリスト教徒への迫害は日に日に激しくなっていき、信者を見つけると、油を塗って松明の代わりにして燃やして殺したり、コロッセオの中ではライオンや猛獣がうじゃうじゃいる中に網に入れたまま置き去りにして、観衆が熱狂する中、ライオンにずたずたに引き裂かれ餌にされたりしました。
女性の信者の場合は目玉と乳房を切り取ってゆっくり殺すこともよくありました。

キリスト教は公式な宗教とまだ認められていなかったので、見つかると大変なことになったのです。これから250年後の313年にようやくローマ帝国の公式な宗教と認められます。

例えば、もしキリスト教信者の女性が男性にプロポーズされた場合、最初は夫にも信者であることを隠して結婚しますが、一緒に生活していれば、聖書を読んでいる所が見つかったりしていつの間にかばれてしまいます。夫から当局への裏切り告発もとても多かったのです。
女性達の信仰は固く、牢屋に入れられた後、身分の高い女性であればある程、皆への見せしめの為にできるだけひどい方法で殺されました。
そういった者の死ぬまで信仰をつらぬいた日記や手記が相当数残っているので、興味がある人は読んで見て下さい。古代の人の揺れ動く感情が描写されていて、涙なしには読めません。(古ギリシャ語からイタリア語、英語に訳したものがでています)

話がそれてしまいましたが、ペテロはこういう状況の中、皆から危ないので逃げろと説得され、ローマ皇帝ネロの行うキリスト教徒への迫害から逃れるために、ローマを脱出しようとします。

ペテロが夜中にこっそりローマを脱出し歩いていると、明け方頃、この場所で目の前にキリストが現れます。ペテロは「Domine, quo vadis?」(主よ、どこへ行かれるのですか?)と尋ねると、イエスは「Eo Romam iterum crucifigi.」(再びローマへ戻り、十字架に架かりに行くためだ。)と答えました。
この答えを聞きペテロは恥じ全てを悟り、元来た道を迷うことなくローマへ引き返します。すぐに捕らえられ、十字架にかかり殉教しました。これが暴君ネロ帝治世下の64年のことです。


イエスの弟子、ペテロ(ピエトロ、ペトロ、ピーターとも)はもともとは漁師さんで、12人の弟子のうち一番最初にキリストにリクルートされた人物です!
ある日ペテロは、ガリラヤ湖(現イスラエル)で魚をとるため、弟のアンデレと網を湖に打っていました。そこへイエスが通りかかり、「私について来なさい。人間をとる漁師にしてあげよう。」と声をかけられスカウトされます。その時、イエスのこの深い言葉の意味が解ったかどうかはわかりませんが、兄弟はすぐに漁師を辞めてキリストについていきます。

文献を読むと、短気で熱血漢なイメージのぺテロですが、後にキリストの弟子の中で最も大役を司る天国への鍵を受け取り、初代ローマ教皇となったのでした。
殉教するときも、「キリストと同じ様に(頭を上にして)十字架にかかるのは、自分にはたいそうもない事だから、どうか自分の頭を下にしてくれ。」と頼み、頭を下にして十字架にかかったのでした。これがペテロの逆さ十字です。

ぺテロは魚屋さん、漁師さん、サンダル屋、鍵屋さん、時計屋さん、アパートの門番(管理人さん)を護る、守護聖人となっています。ローマで殉教したので、ローマ市の守護聖人ともなっている頼もしいペテロです。


domine 3.JPG

↑教会の中にはペテロの十字架にかかるシーンや(写真の左側の壁に逆さ十字架の絵が見えます)、キリストとペテロとの出会いの場面のフレスコ画が飾られています。


domine 4.JPG

↑マリア様です。


いよいよです。これがキリストの足跡です!
教会を入るとすぐのところの床に、キリストがこの教会のすぐ横を通る、ローマ街道アッピア街道の敷石の一つに残したといわれる足跡が残っています。これはイエスによる奇跡の聖遺物とされますが、実はこの教会のものは大理石にとられたコピーでオリジナルは近くのサン・セバスティアーノ聖堂に飾られています。でもしっかりくっきり残っています!
実際にはローマ時代にこの道を通ってお参りへ行く旅行者が、旅の安全などの為に奉納した"願"ではないかと思われています。

一度は訪れてみたい小さな教会です。ローマのお奨め教会の一つに推薦します!皆さん是非行ってみてくださいね!

domine 5.JPG

足のサイズは27.5cmで、昔の人にしてはとても大きいとのこと!筆者の靴と比べてみました。


インフォメーション:

この教会の正式名称は別にあって、Chiesa di Santa Maria in Palmisというのですが、ドミネ・クオ・ヴァディス教会の方でも良く知られています。タクシーの運転手さんにもドミネ教会で通じます。

住所  Via Appia Antica 51, Roma (アッピア街道51番地)
電話番号 +39-06-5120441
E-mail  casmadrid@tiscalinet.it
オープン時間 毎日8~18時(夏は19時まで)

*ミサの時間 火曜日を除く毎日 平日は18時から(夏の平日は19時から)、日曜祝日は9時、11時、18時(夏は19時に)

*行き方は教会はサンセバスティアーノ門から800mのところにあります。徒歩10分くらいです。アッピア旧街道は一日中交通が激しいですので、車には充分ご注意を。




ローマから日常生活やイタリア旅行のヒントなどを気ままにツイートしています (*˘︶˘*).。.:*♡(毎日更新)
@RomaMizuho

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2013年8月22日
« 前の記事「イタリアで日本人の名前は人気です!イタリア名字ランキング トップ30も。」へ
»次の記事「安くておいしいローマの郷土菓子みやげ!コーリのチャンベッリーネ」 へ
ローマ特派員 新着記事
イタリアのマクドナルドはスイーツがいっぱい!
【特集】ローマのクリスマスイルミネーション スペイン階段の周辺編
オミクロン株!ローマ市、屋外でのマスク着用義務化へ
バチカン市国クリスマスツリーの飾り付けが始まった!
ローマに観光客が戻って来た!
コロナ禍でも変わらぬ美しさ ローマの夕暮れ
京王線事件 海外在住者が電車で気をつけていること
フォトジェニックなローマのもふもふの場所 4選
1年前の同じ月に投稿された記事
オスティアの夏祭り
8月15日は何の日?
ローマ中心で涼むなら・・・教会の中!

イタリア ツアー最安値


2021/3/31更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ローマ特派員

    ローマ特派員
    阿部 美寿穂
    神奈川県出身。イタリア政府公認観光通訳、ツアーコンダクター(伊⇔英、日)。ローマ大学卒(文学哲学部文化遺産学専攻)、国立ペルージャ外国人大学修了。日本の公的機関で企画及び広報業務に6年間携わった後、渡伊。ご質問・ご相談などの各種お問い合わせはどなた様もお気軽にこちらまでどうぞ。また下記のSNSでは、イタリアの日常生活や旅行ヒントなどを毎日お送りしています!
    イタリア便り 阿部美寿穂(Twitter)
    romamizuho(Instagram) DISQUS ID @disqus_TzPr9NzFTw

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集