海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ローマ特派員ブログ > オベリスク、立てるのは大変なの!ローマの13本のリ...

イタリア/ローマ特派員ブログ 阿部 美寿穂

イタリア・ローマ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年11月23日

オベリスク、立てるのは大変なの!ローマの13本のリアルなエジプトのオベリスク。


オベリスク、立てるのは大変なの!ローマの13本のリアルなエジプトのオベリスク。

世界に古代のオベリスクが27本現存しているのですが、そのうち13本はなんとローマに立ってます。
7本はご本家エジプトにまだあるので、13本とはずいぶんたくさん持って来ちゃいましたねぇ。
今日は13本の中で一番背が高くて(高さは世界一!)、しかも一番古いオベリスクをご紹介したいと思います。

DSCN2871.JPG

ローマの13本のオベリスクは、ローマ皇帝アウグストゥス帝の時代(紀元前10年)からコンスタンティウス2世 (357年)の間にせっせとローマに運ばれてきました。
そのうち7本は確実にエジプトで掘り出したものです。
ローマが征服したエジプトからの戦利品とも言えますが、この頃、空前のエジプトブーム(?)で、エジプトおたくが帝国内の上層部にいっぱいいたので、素敵だな~と思って持ってきたというわけです。(ローマはエジプトを征服したけれど、文化はエジプトに征服されたと言われることに・・・)
13本のうち、残りの6本は古代ローマ人が真似して作ってみました。(けっこう上手)
戦地エジプトで初めて見るオベリスクが、古代ローマ人にはとっても魅力的なものに見えたのかもしれません。
さて、どうやってローマまで持ってきたのでしょうか?
1本の長さは20メートル前後、石なので重量は何百トンもあります。 アフリカの象の背中に乗せて歩かせた説、大きなクジラを何匹もつなげてその背中に乗せて泳いでもらった説など色々あります。(クジラも溺れるほど重いと思います)
エジプトからだと海を渡るのですが、オベリスクを分断せずに丸ごと持ってこれるように、オベリスク専用の巨大舟を作ったそうです。 イタリア半島に上陸するとオベリスクは横にしてひきずってローマまで持ってきたのはいいのですが、これを立てるのがとても難しいのです。とっても重いですから。
中にはエジプトから運んでくる長旅の途中にぶつけてヒビが入ったり欠けたりして、途中で駄目になって見捨てられたものもたくさんあったようで、後世に結構な数が土の中に埋まっているところを発見されました。


DSCN9278.JPG

この13本のうち4本はローマ教皇シクストゥス5世が1586~1589年の間 "ローマの町をきれいに整備しよう計画"の中で、主要な大聖堂や広場に目印の為に立てられました。
今日皆さんが観光して主要な広場で見られるものは彼が立てたものです。
いずれも頂点のところにキリスト教のシンボルとして、十字架などがとりつけられています。エジプトのものそのまま(異教)というわけにはいかないですものね~。
彼が立てた有名なものに、ヴァティカン市国にあるサン・ピエトロ寺院の前の広場の1本があります。当時、立てるのがどんなに大変だったかこんな面白い話があります。


サン・ピエトロ寺院の前にも、オベリスクを立てることにしたシクストゥス 5世は、当時一番の腕利きとされた建築家フォンターナに頼みました。
このオベリスクは長さが25メートル、重さは350トンもあり、横になっているものを縦にするのには思った以上に難航していました。 建築家は色々計算を巡らすと、オベリスクにロープをかけて、どうやら800人と140匹の馬でひっぱればなんとか立て起こせそうです。
起こす途中、オベリスクは一歩間違えば弾みで向こう側に倒れてしまうこともあり、また突然ロープが切れたりして下敷きになって即死する事故も多発していて、予断も許されない状況にありました。
この時、周りで見物する人が"あっ!"と一言叫ぶと死刑(絞首刑)ということでしたので、近くを通る人も工事の邪魔をしないようにと、息もできないくらいの緊張です。
さて、そろりそろりとオベリスクが立ちはじめ、あと少しで真っ直ぐに立つという時、結んでいたロープがゆるみはじめました。大変です!ロープはつるつるとした石の表面を滑って、オベリスクがまたゆっくりと地面に叩きつけられつつある、危機的な状況になりました。
"あ~これじゃ駄目だ倒れるぞ、逃げろ!"と引っぱっていた作業員さんもみんな思っていたと思います。
(恐怖と緊張のあまり)し~んと静まり返っていたところに、(死刑も覚悟で)ジェノヴァ方言で一人の男が怒鳴ります。"な~にやってんだ~縄に水をかけろぉ!"と。
建築家フォンターナは訳もわからず、地面に倒れそうになっているオベリスクを縛っているロープめがけて水を放ちます。 するとなんと緩みかけていたロープがきゅっとしまったのです。そして、オベリスクを再度真っ直ぐに立て直すことに成功、難しい作業はうまくいったのでした。
この男は実は船長で、ジェノヴァ付近で漁業に携わっており、自身の経験から麻縄は水をぶっかけるとしまることを知っていたのでした。
この後、男はすぐに逮捕されましたが、シクストゥス5世によって恩赦となったのでした。
この"水をかけろぉ!"という言葉は、今日でも、どうしようもない程難しい問題に直面した時に、勇気を出させる為にも使われます。

DSCN1117.JPG

↑ ローマで一番高いオベリスクで約32メートルあります。(世界一の高さ)
びっくりするのはその古さで、紀元前15世紀の古代エジプトのファラオ、トトメス3世時代にエジプトで作られたものです。サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂前にあります。これもシクストゥス 5世とフォンターナのコンビが立てたもの。きちんと台座の上にのってます。台座には建築家フォンターナのサインもあり。

DSCN9275.JPG

↑ 美しい象形文字がまさにエジプト的。綺麗なままで残っています。エジプトまで行かなくても見れます。

DSCN9279.JPG


↑ 実はエジプト文化も楽しめるローマです。それではまた!




ローマから日常生活やイタリア旅行のヒントなどを気ままにツイートしています (*˘︶˘*).。.:*♡(毎日更新)
@RomaMizuho

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2013年11月23日
« 前の記事「ギネス認定!イタリア・サルデーニャ島の世界最長寿9人兄弟。」へ
»次の記事「クラッシックコンサートなど手軽なローマのオペラ座!」 へ
ローマ特派員 新着記事
バチカン市国クリスマスツリーの飾り付けが始まった!
ローマに観光客が戻って来た!!
コロナ禍でも変わらぬ美しさ ローマの夕暮れ
京王線事件 海外在住者が電車で気をつけていること
フォトジェニックなローマのもふもふの場所 4選
イタリアマンマの味 型で焼く簡単ふわふわピザパン!
筆者も被害に!注意イタリアiPhone窃盗団が横行中!
ローマっ子の憩いの場!ポポロ広場とサンタ・マリア・デル・ポポロ教会
1年前の同じ月に投稿された記事
Bolognaに行ってきました!
イタリアン幼児食
イタリアン離乳食

イタリア ツアー最安値


2021/3/31更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ローマ特派員

    ローマ特派員
    阿部 美寿穂
    神奈川県出身。イタリア政府公認観光通訳、ツアーコンダクター(伊⇔英、日)。ローマ大学卒(文学哲学部文化遺産学専攻)、国立ペルージャ外国人大学修了。日本の公的機関で企画及び広報業務に6年間携わった後、渡伊。ご質問・ご相談などの各種お問い合わせはどなた様もお気軽にこちらまでどうぞ。また下記のSNSでは、イタリアの日常生活や旅行ヒントなどを毎日お送りしています!
    イタリア便り 阿部美寿穂(Twitter)
    romamizuho(Instagram) DISQUS ID @disqus_TzPr9NzFTw

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集