海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ローマ特派員ブログ > 家の近所のクリスマスのイルミネーション。

イタリア/ローマ特派員ブログ 阿部 美寿穂

イタリア・ローマ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年12月11日

家の近所のクリスマスのイルミネーション。


家の近所のクリスマスのイルミネーション。

こんにちは。日本はもうクリスマスの飾り付けは始まっていますでしょうか?
毎年12月に入るとすぐに、家の前の道路(ローマ中心部)に真っ白い大きな星や垂れ下がるすだれ状(川をイメージしたもの?)のクリスマスのイルミネーションが道沿いに何百メートルと飾り付けされるのですが、今年は未だに何もありません。
どうしてしまったのでしょうか?


マンションの入口にも巨大ツリー(ヴァテイカン市国が用意するツリー程ではありませんが)がもう出る頃なのですが、今年はないのでおかしいなぁ~と思っていた矢先、何といつも巨大ツリーが出るはずの場所に、大きなポインセチアの鉢がポツンと置いてありました。
ポインセチアも巨大といってみれば巨大です。巨大ツリーが巨大ポインセチアにすり替わったようです。一応、巨大な前例にあわせるよう気を使ってくれたのかもしれません。


管理人さんに聞いたところによると経済危機などの影響もあり、電気の無駄遣いはもったいない(一晩中点滅していますので)という意見がかなりの数あったそうで、巨大ツリーはクリスマスの日直前にでるそうです。
国内に原子力発電所を持たず電気代が高いイタリアでは(チェルノブイリ原発事故の時に即刻国民投票が行われ、国内の原発の全機を停止。高くてもよそから買う、安全性から国として持たないと脱原発宣言しました)、電気はなるべく使わない、またはこまめに切る傾向があります。


今から10年以上前に当時住んでいたペルージャでは、夏は暑くても冷房がない家がほとんどだったので、これだけの人が夏に電気を使わないでいてくれたら、これは地球に優しいわとよく思ったものでした。
今年の夏に再び訪れましたが、冷房はまだ普及していませんでした。夏は暑ければ扇風機か、プールかシャワーで涼むという対策をとっているようです。

電気は枯渇資源なので、電気をなるべく使わないようにするというこの事自体は大賛成です。
怖いのは、イタリア人で電気を節約する人は、電気をつけずに真っ暗闇で何かごそごそやっていることです。人がいないと思っていたりする所に突然いたりするので、かなりびっくりします。


そこで、おそらく家の前の道路のイルミネーションも資源の節減の為ではないかと思います。(本当の理由はわかりません)
ところが、商店街としての共同のイルミネーションがないかわりに、今年は各商店・個人店が去年よりも早くクリスマスの飾り付けを始めました。


DSCN1565.JPG

↑ 家の近所の酒屋さんの飾り付け。

DSCN1573.JPG

↑ 不動産屋さんの飾り付け。ここは11月からもう行っていました。白熊がたくさんいます。


ヨーロッパはクリスマスの飾り付けが美しいイメージですよね。
ローマはイルミネーションよりも、24日のディナーと25日のランチにおいしい食べ物をたらふく食べることでの対決の方(?)に住民の皆さんの神経が集中している気がします。




ローマから日常生活やイタリア旅行のヒントなどを気ままにツイートしています (*˘︶˘*).。.:*♡(毎日更新)
@RomaMizuho

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 夜遊び・クラブ・お酒 文化・芸術・美術
2013年12月11日
« 前の記事「がっつり世界遺産 from Tivoli。数百の噴水の競演!マイナスイオンたっぷりのエステ家の別荘。その...」へ
»次の記事「ハンニバルを破ったスキピオ家のお墓!」 へ
ローマ特派員 新着記事
バチカン市国クリスマスツリーの飾り付けが始まった!
ローマに観光客が戻って来た!!
コロナ禍でも変わらぬ美しさ ローマの夕暮れ
京王線事件 海外在住者が電車で気をつけていること
フォトジェニックなローマのもふもふの場所 4選
イタリアマンマの味 型で焼く簡単ふわふわピザパン!
筆者も被害に!注意イタリアiPhone窃盗団が横行中!
ローマっ子の憩いの場!ポポロ広場とサンタ・マリア・デル・ポポロ教会
1年前の同じ月に投稿された記事
風邪っぴきクリスマス
ヴェローナのお勧めベッド&ブレックファースト
Veronaに行ってきました!

イタリア ツアー最安値


2021/3/31更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ローマ特派員

    ローマ特派員
    阿部 美寿穂
    神奈川県出身。イタリア政府公認観光通訳、ツアーコンダクター(伊⇔英、日)。ローマ大学卒(文学哲学部文化遺産学専攻)、国立ペルージャ外国人大学修了。日本の公的機関で企画及び広報業務に6年間携わった後、渡伊。ご質問・ご相談などの各種お問い合わせはどなた様もお気軽にこちらまでどうぞ。また下記のSNSでは、イタリアの日常生活や旅行ヒントなどを毎日お送りしています!
    イタリア便り 阿部美寿穂(Twitter)
    romamizuho(Instagram) DISQUS ID @disqus_TzPr9NzFTw

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集