海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ローマ特派員ブログ > ハンニバルを破ったスキピオ家のお墓!

イタリア/ローマ特派員ブログ 阿部 美寿穂

イタリア・ローマ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年12月18日

ハンニバルを破ったスキピオ家のお墓!


ハンニバルを破ったスキピオ家のお墓!

少しマイナーな観光場所もあるということで、"お墓見学ツアー"についてお届けしたいと思います。


ローマには地下にカタコンベ(catacombe)という名の共同墓地や、有名人・著名人(昔のです)の墓地がまるで、蜘蛛の巣のように広がっており、一般の観光客の方でも見学することができます。
個人的にはローマは、地上にあるモニュメント見学よりも、地下の方が面白いと思っているくらいです。


catas.jpg

↑ サンタ・アニェーゼ教会の地下にあるカタコンベです。遺体の一部もまだ残っているところもあります。

catas2.jpg

↑ 同じくサンタ・アニェーゼのカタコンベ。迷路の様な地下墓地を見学しながら歩きます。


さて、今回訪ねたお墓は、スキピオ家のお墓(Sepolcro degli Scipioni)といいます。
このお墓は、紀元前3世紀頃のもので、スキピオ家の数人のお墓の集合体です。
お墓は長いこと誰にも知られずにいましたが、1616年に突然発見され大きな話題となりました。なぜならスキピオ家といえば、泣く子も黙る、古代ローマの名門中の名門だからです。
この家は多くの人材を輩出しました。特に、ポエニ戦争(紀元前264-146年)という第三次まで続いたローマ対カルタゴ(現チュニジア)の戦争では、スキピオ家の大スキピオが第二次戦争でハンニバルを破り、第三次戦争では、小スキピオは指揮官としてローマを勝利に導きました。こうしてカルタゴは滅亡したのです。歴史が好きな人にとっては、このお墓見学は興奮してしまうかもしれません。

tom1.jpg

↑ このお墓見学では、ヘルメットをかぶって迷路の様な洞窟の中に入り、古代の人はどのようなお墓を作っていたのかなどをつぶさに見学することができます。棺などもありますよ。
棺の前面には碑文が丹念に彫られ、亡くなった死者を称えています。今も昔も同じですね。

DSCN2888.JPG

↑ 地上部にあるお墓へ入る入口にも、壁画が描いてあったりして装飾が施されています。ヘルメット着用がお気に入りの参加者達は、見学後、お墓の前で記念撮影をしていました。昔の人が見たら、何だ!と思うでしょうね~。

この様なお墓を公開している場所は、ローマにはたくさんあります。
少し変わった観光がしてみたい方には、とても面白いのではないのでしょうか?
それではまた!


インフォメーション:

住所:   Via di Porta San Sebastiano 9, Roma
開館時間: 火~日曜日。午前9時~午後2時。
入場料:  4ユーロ
休館日:  月曜日
*入場予約は電話番号06-0608 まで。毎日午前9時~午後9時まで受付。

行き方: ローマ地下鉄A線 サン・ジョヴァンニで下車し、サン・セバスティアーノ門の方角に向かって歩きます。ゆっくり歩いて徒歩20分。




ローマから日常生活やイタリア旅行のヒントなどを気ままにツイートしています (*˘︶˘*).。.:*♡(毎日更新)
@RomaMizuho

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 文化・芸術・美術 旅行・ツアー・ホテル 生活・習慣・マナー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2013年12月18日
« 前の記事「家の近所のクリスマスのイルミネーション。」へ
»次の記事「爆撃により地中からひょっこり神殿 古都パレストリーナ、日本人が知らない町 その2」 へ
ローマ特派員 新着記事
バチカン市国クリスマスツリーの飾り付けが始まった!
ローマに観光客が戻って来た!!
コロナ禍でも変わらぬ美しさ ローマの夕暮れ
京王線事件 海外在住者が電車で気をつけていること
フォトジェニックなローマのもふもふの場所 4選
イタリアマンマの味 型で焼く簡単ふわふわピザパン!
筆者も被害に!注意イタリアiPhone窃盗団が横行中!
ローマっ子の憩いの場!ポポロ広場とサンタ・マリア・デル・ポポロ教会
1年前の同じ月に投稿された記事
風邪っぴきクリスマス
ヴェローナのお勧めベッド&ブレックファースト
Veronaに行ってきました!

イタリア ツアー最安値


2021/3/31更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ローマ特派員

    ローマ特派員
    阿部 美寿穂
    神奈川県出身。イタリア政府公認観光通訳、ツアーコンダクター(伊⇔英、日)。ローマ大学卒(文学哲学部文化遺産学専攻)、国立ペルージャ外国人大学修了。日本の公的機関で企画及び広報業務に6年間携わった後、渡伊。ご質問・ご相談などの各種お問い合わせはどなた様もお気軽にこちらまでどうぞ。また下記のSNSでは、イタリアの日常生活や旅行ヒントなどを毎日お送りしています!
    イタリア便り 阿部美寿穂(Twitter)
    romamizuho(Instagram) DISQUS ID @disqus_TzPr9NzFTw

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集