海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ローマ特派員ブログ > (上級者編)ローマをもう一歩進んで観光するには?

イタリア/ローマ特派員ブログ 阿部 美寿穂

イタリア・ローマ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年1月19日

(上級者編)ローマをもう一歩進んで観光するには?


(上級者編)ローマをもう一歩進んで観光するには?

今日は観光上級者/マニア向けに、ローマの町を更にもう一歩進んで楽しむ方法について少し書いてみたいと思います。
イタリアは世界一の世界遺産登録数をもつ国です。
こういうものを見たり、感じたりするのが好きな人は、楽しくて楽しくてたまらない国だろうなぁと思います。
町全体がまるで美術館か博物館の様で、見るものが多過ぎて "知的文化観光" だけでも1ヶ月は軽く過ぎ去っていく国・・・。
イタリアを旅行する際には、駆け足でなく、できれば一都市に最低10日間は滞在してその文化や雰囲気を噛み締めて欲しいと思います。とっても独自なものがある国です。

DSCN1998.JPG

↑ ローマを高いところから見る!ヴァティカン市国のサン・ピエトロ大聖堂のクーポラから。クリスマスの巨大ツリーが見えます。
もう既にローマを観光されたことがある方はご存知かもしれませんが、観光スポットにはイタリア語ではなく、ラテン語がいっぱい~! そう、ラテン語はイタリアの中部のラティウム地方(ローマを中心とした地域。現在でもラツィオ州として存在)生まれなんです。だからここがお膝元。 ラテン語は簡単にいえば、後々生まれてくる、イタリア語・フランス語・スペイン語・ポルトガル語・ルーマニア語などの言語のお母さんとなりました。だからこれらのどれか一つを知っていれば、他の言語も"こんな意味だよね?"と想像でかなり理解できるのが嬉しい特典!

pan 1.JPG

↑ ラテン語表記の例。ローマのパンテオン。


sancta.JPG

↑ ラテン語表記の例。ローマのスカラ・サンタ(聖なる階段)。
ラテン語は古代はそれはそれは重要な言葉でした。ローマ帝国の公用語だったからです。公用語になったことによって、帝国の領地や植民地などに広まっていったという訳です。
ローマ(イタリア)では遺跡などを訪れるとまず100%、ラテン語の表記がでてきます。読めるようになると、より一歩進んだ観光ができること間違いなし!! "はじめてのラテン語"などの入門本を読んで勉強してみるのも面白いかと思います。


libro.jpg

↑ 考古学や美術史などを勉強している者にとっては、ラテン語と古代ギリシャ語の知識は欠かせません。(特にラテン語) これは昔勉強を始める前に読んでいた本です。入門者用なので軽めの内容が良い感じ。

IMG_4527.JPG

↑ ファルネーゼのヘラクレス。3世紀作。ナポリ国立考古学博物館蔵。

IMG_4550.JPG

↑ この大理石の像を造った作者のお名前が書いてあります。(古代ギリシャ語)

DSCN2077.JPG

↑ ちょっと恥ずかしいですが、これは数年前の大学の授業のプリント古代ギリシャ語で書かれた聖書(ルカ福音書)。
プリントの上段が、古代ギリシャ語(原文)で下段がイタリア語訳。筆者の汚いメモは先生の説明。授業初日に、"皆さん、聖書は原文とイタリア語訳は厳密に一致していないので、作者の意図を本当に知りたいなら古代ギリシャ語で読んだ方が正確ですよ!"-と先生は軽く言うのでした。
古代ギリシャ語も知っていると便利な言葉です。ローマの博物館や美術館などに行くと、石碑の碑文などに良くでてきます。
ということで今回はマニア向け(?)になりましたが、観光もガイドブックを持ってただ前を通り過ぎるだけの通り一遍のものではなく、見方次第で簡単にも難しくも(より深く)もなるということがいえるのではないでしょうか?
イタリアに旅行する前にカルチャーセンターなどでイタリアの歴史などを勉強したり、テレビ番組を注意してみるだけでも随分違うのではと思います!




ローマから日常生活やイタリア旅行のヒントなどを気ままにツイートしています (*˘︶˘*).。.:*♡(毎日更新)
@RomaMizuho

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2014年1月19日
« 前の記事「ナポリの観光で見たもの!その6 おいしいナポリのピザ。」へ
»次の記事「ナポリの観光で見たもの!その7 ナポリ菓子。」 へ
ローマ特派員 新着記事
イタリアのマクドナルドはスイーツがいっぱい!
【特集】ローマのクリスマスイルミネーション スペイン階段の周辺編
オミクロン株!ローマ市、屋外でのマスク着用義務化へ
バチカン市国クリスマスツリーの飾り付けが始まった!
ローマに観光客が戻って来た!
コロナ禍でも変わらぬ美しさ ローマの夕暮れ
京王線事件 海外在住者が電車で気をつけていること
フォトジェニックなローマのもふもふの場所 4選
1年前の同じ月に投稿された記事
2013年のカルネバーレは1月末~2月12日まで!
大好きな絵本
小さいながら珠玉の美術品満載、サンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会
謹賀新年 ベファーナのマーケット

イタリア ツアー最安値


2021/3/31更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ローマ特派員

    ローマ特派員
    阿部 美寿穂
    神奈川県出身。イタリア政府公認観光通訳、ツアーコンダクター(伊⇔英、日)。ローマ大学卒(文学哲学部文化遺産学専攻)、国立ペルージャ外国人大学修了。日本の公的機関で企画及び広報業務に6年間携わった後、渡伊。ご質問・ご相談などの各種お問い合わせはどなた様もお気軽にこちらまでどうぞ。また下記のSNSでは、イタリアの日常生活や旅行ヒントなどを毎日お送りしています!
    イタリア便り 阿部美寿穂(Twitter)
    romamizuho(Instagram) DISQUS ID @disqus_TzPr9NzFTw

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集