海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ローマ特派員ブログ > バチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂のクーポラにのぼ...

イタリア/ローマ特派員ブログ 阿部 美寿穂

イタリア・ローマ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年1月30日

バチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂のクーポラにのぼろう!


バチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂のクーポラにのぼろう!

世界一大きな大聖堂、ローマのサン・ピエトロ大聖堂。
初めて入った時、本当にびっくりしました。こんなに美しく大きな教会があるのかと・・・。


どれくらい大きいかというと、内部は普通の大きさの教会が何個もすっぽりと入ってしまう程の大きさなのです。
昔の建設者達も皆、キリスト教世界において最大級の教会を作りたい!そして驚かせたい!という明確な意思をしっかりと持っていた様です。
最初の教会が建立されたのは300年代の前半(日本は弥生時代が終わった頃)ですから、長い歴史を持っています。


さて、ここのクーポラ(丸い形のドーム)にのぼれることをご存知でしたか?
ここからローマが一望でき、美しいパノラマを楽しむことができます。そして普段は入れない、バチカン市国の領地も上からこっそり盗み見できます。


SPP 1.JPG

↑ ここに到達できます。


クーポラの登り方は階段コースエレベーターコースがあります。
朝一番にのぼると頂上にまだ誰もいないので、景色もゆっくり、ばっちり見えますのでお奨めです。午後は毎日混雑しています。
見終わって下りて来た時に大聖堂の内部に出てくるので、その後内部の見学をされると効率が良いと思います。それではクーポラからのパノラマです。


SP 2.JPG

↑ 大聖堂に面するサン・ピエトロ広場。このローマ法王のクリスマスツリーも高さ25メートルあります。どれほど大聖堂とその広場が大きいのかということが良く分かります。

SP 3.JPG

↑ ちょっとアップで。広場奥に出来ているのは、大聖堂に入場する人の列。人がとても小さいのがわかります。


SP 4.JPG

SP 5.JPG

↑ 手前の建物はバチカン博物館です。バチカン博物館も内部の行程は7キロメートルと、大きい博物館です。一度は訪れたいスポットです!

SP 6.JPG

↑ バチカン市国の庭園。緑色が美しいですね。歴代法王が手を入れているお庭です。

SP 7.JPG

SP 8.JPG


SP 10.JPG

↑途中、踊り場の様な所に出ます。さらにこの真上に登って行きます。もう〇〇回以上は入場しているかと思いますが、毎回すごいと思う内部の絢爛さです。


クーポラの登り方:

入場口  サン・ピエトロ広場で各人セキュリティチェックを済ませた後、サン・ピエトロ大聖堂の正面入口まで進んでいきます。すると、入口の所に"大聖堂内部へはこちら"、"クーポラに登る人の入口はこちら" などの看板が立っています。クーポラに登る人の入口は大聖堂正面の右横からとなります。


オープン時間  2014年3月31日までは午前8~午後5時まで。4月1日から9月30日までは午前8~午後6時まで。


コースと料金  階段でのぼるコース 一人5ユーロ (階段551段)
         エレベーターでのぼるコース 一人7ユーロ (階段320段)


*ご注意 エレベーターコースはほぼゴール近くまでエレベーターで楽に行くことができます。エレベーターの最終到着地で降りて待っていると、下から階段コースでやってきた人達と合流することになります。ここからはエレベーターコースであっても、階段のみで頂上まで行くことになります。


トイレ  頂上まで登る際のルートにはありませんが、頂上まで行ってから下ってくる人達のルートにトイレと水飲場があります。トイレの近くにはお土産物屋さんもあります。




ローマから日常生活やイタリア旅行のヒントなどを気ままにツイートしています (*˘︶˘*).。.:*♡(毎日更新)
@RomaMizuho

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー 文化・芸術・美術 旅行・ツアー・ホテル 生活・習慣・マナー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2014年1月30日
« 前の記事「人生の一大イベント、ローマ大学の卒業式に参加!」へ
»次の記事「みんな大好き!ローマの代表的なアーティチョーク料理!」 へ
ローマ特派員 新着記事
バチカン市国クリスマスツリーの飾り付けが始まった!
ローマに観光客が戻って来た!!
コロナ禍でも変わらぬ美しさ ローマの夕暮れ
京王線事件 海外在住者が電車で気をつけていること
フォトジェニックなローマのもふもふの場所 4選
イタリアマンマの味 型で焼く簡単ふわふわピザパン!
筆者も被害に!注意イタリアiPhone窃盗団が横行中!
ローマっ子の憩いの場!ポポロ広場とサンタ・マリア・デル・ポポロ教会
1年前の同じ月に投稿された記事
2013年のカルネバーレは1月末~2月12日まで!
大好きな絵本
小さいながら珠玉の美術品満載、サンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会
謹賀新年 ベファーナのマーケット

イタリア ツアー最安値


2021/3/31更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ローマ特派員

    ローマ特派員
    阿部 美寿穂
    神奈川県出身。イタリア政府公認観光通訳、ツアーコンダクター(伊⇔英、日)。ローマ大学卒(文学哲学部文化遺産学専攻)、国立ペルージャ外国人大学修了。日本の公的機関で企画及び広報業務に6年間携わった後、渡伊。ご質問・ご相談などの各種お問い合わせはどなた様もお気軽にこちらまでどうぞ。また下記のSNSでは、イタリアの日常生活や旅行ヒントなどを毎日お送りしています!
    イタリア便り 阿部美寿穂(Twitter)
    romamizuho(Instagram) DISQUS ID @disqus_TzPr9NzFTw

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集