海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ローマ特派員ブログ > やっぱりすごいなベルニーニ。バロック美術巨匠の傑作...

イタリア/ローマ特派員ブログ 阿部 美寿穂

イタリア・ローマ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年4月 2日

やっぱりすごいなベルニーニ。バロック美術巨匠の傑作、天使の矢が聖女の胸を射抜く瞬間。


やっぱりすごいなベルニーニ。バロック美術巨匠の傑作、天使の矢が聖女の胸を射抜く瞬間。

今日は、恍惚の表情に目を奪われるジャン・ロレンツォ・ベルニーニの最高傑作のひとつ、"聖テレザの法悦"(Estasi di Santa Teresa)をご紹介します。


SMV 1.JPG


この教会は、ダン・ブラウンの小説「天使と悪魔」に登場した為、ますます訪れる人が増えています。

まずは、ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ(Gian Lorenzo Bernini)をご存知でない方の為に!2分で背景が解る様にまとめます!


ベルニーニは1598年にイタリアに生まれたバロック美術の巨匠(最後の万能の人とも)で、ローマで50年以上の長きに渡り、建築、モニュメント、彫刻作品など様々な分野で多くの傑作を残しました。ローマでは、その名作の多くが無料で鑑賞できます。(教会内、広場、噴水など)


バロック美術とは17世紀に開花した美術様式で、ダイナミックな動き、強烈なコントラスト、装飾過多(これでもかという位ゴテゴテした感じ)などを特徴としています。例えば、建築物は曲線的でうねうねしています。
好きか嫌いかの好みははっきり分かれると思いますが、この様式は視覚的に劇的な効果が狙える表現方法といえると思います。彫刻に彫られた人の表情や動きなどがかなり大袈裟なので、見る人の感情に訴えかけます。


まとめ: この時代、ベルニーニなどの凄腕の芸術家達がローマで活躍したので、ローマがバロックの舞台(バロックの都)となりました。


この"聖テレザの法悦" は、聖母マリアに捧げたサンタ・マリア・デッラ・ヴィットリア教会(Chiesa di Santa Maria della Vittoria)の祭壇に向かって左手にある、コルナーロ礼拝堂の中にあります。
ほとんどの人がこれを見にやって来るといっても過言ではありません。

SMV 2.JPG

↑ 教会内部。写真をご覧下さい。この教会は、バロック建築装飾の典型的な例です。天井や壁にたくさんの天使(石膏で造った)が貼り付いているのが見えますでしょうか?
内部はカラフルな色大理石をふんだんに使い、ゴテゴテ系の美しさであります。

SMV 3.JPG

↑ こちらです!コルナーロ枢機卿が、家族の為の礼拝堂としてベルニーニに依頼しました。ベルニーニが48歳の時の作品です。結構、精神的に失意の時期だったんですよ。


SMV 4.JPG

↑ 背後に金メッキの青銅の神秘的な光が射し、神の愛に心を射抜かれたアビラの聖女テレザが恍惚の表情を浮かべる瞬間を表現しています。衣服のしわ、投げ出された手足の表情などをご覧下さい!
この像は、真四角の大理石から掘り出した(彫り出した)ということを忘れさせてくれる様な柔らかさです。


神の愛に突き通され、恍惚状態の聖女テレザ。
ベルニーニが表現したこの一瞬はどういう事が起こったのか、引用したいと思います。


ある日、たいそう美しい天使が私の前に現れた。
手には長い黄金の槍を持ち、穂先には炎が灯っている様だった。それは私の胸に深く打ち込まれ、あまりに深いので私の身体を付き通したかの様だった。
そして天使が槍を引き抜いた様に感じられた時、私は神の大いなる愛の炎に包まれた。傷口の痛みはとても激しく、うめき声を上げる程だったが、この痛みが呼び覚ます喜びは大きく、心は安静になり、止めて欲しいとは思わなかった。
私の魂はまさしく神そのもので満たされていたからである。痛みはとても大きかったが、それは肉体的なものではなく、精神的なものであった。私の魂と神との間に繰り広げられる優美な純愛であり、私を疑う人々にも、このお恵みをもたらして下さる様祈願する。」 (アビラの聖女テレザ、自叙伝、第29章13節より)


SMV 5.JPG

↑ 向かって右側の窓からそんな様子を見ているコルナーロ関係者。皆を巻き込んでしまって臨場感あります!礼拝堂の建築・設計など全てベルニーニが行いました。
聖女の頭上から自然光が入るように設計されており、午後に訪れると素晴らしいです。

SMV 6.JPG

↑ 教会は、バロックの粋を集めた装飾です。
天井を覆うフレスコ画の"異端に勝利する聖母"や、クーポラの"聖母被昇天"も大変美しいです。天使が!

SMV 7.JPG

頑張りましたが、写真ですと素晴らしさが上手に伝わらないかもしれませんね。
実物でないのでやはり限界があります、皆さんすみません!
ご自身の目で見られると、美しさに感動されてしまうと思います。それではまた!


インフォメーション:


住所  Via XX Settembre, 17

電話    0039-06-42740571

オープン時間   午前7時~午後12時まで、午後15時30分~午後19時まで。
*ご注意 オープン時間は都合により、予告なしに変更になることがあります。

休日   なし




ローマから日常生活やイタリア旅行のヒントなどを気ままにツイートしています (*˘︶˘*).。.:*♡(毎日更新)
@RomaMizuho

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 旅行・ツアー・ホテル 生活・習慣・マナー 見所・観光・定番スポット
2014年4月 2日
« 前の記事「アトリエ・ミュージアムが楽しいローマのカフェ「カノヴァ・タドリーニ」」へ
»次の記事「お知らせ:4月27日に異例のローマ法王2人同時列聖となります。」 へ
ローマ特派員 新着記事
オミクロン株!ローマ市、屋外でのマスク着用義務化へ
バチカン市国クリスマスツリーの飾り付けが始まった!
ローマに観光客が戻って来た!!
コロナ禍でも変わらぬ美しさ ローマの夕暮れ
京王線事件 海外在住者が電車で気をつけていること
フォトジェニックなローマのもふもふの場所 4選
イタリアマンマの味 型で焼く簡単ふわふわピザパン!
筆者も被害に!注意イタリアiPhone窃盗団が横行中!

イタリア ツアー最安値


2021/3/31更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ローマ特派員

    ローマ特派員
    阿部 美寿穂
    神奈川県出身。イタリア政府公認観光通訳、ツアーコンダクター(伊⇔英、日)。ローマ大学卒(文学哲学部文化遺産学専攻)、国立ペルージャ外国人大学修了。日本の公的機関で企画及び広報業務に6年間携わった後、渡伊。ご質問・ご相談などの各種お問い合わせはどなた様もお気軽にこちらまでどうぞ。また下記のSNSでは、イタリアの日常生活や旅行ヒントなどを毎日お送りしています!
    イタリア便り 阿部美寿穂(Twitter)
    romamizuho(Instagram) DISQUS ID @disqus_TzPr9NzFTw

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集