海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ローマ特派員ブログ > ネロ帝の黄金宮殿 "ドムス・アウレア&q...

イタリア/ローマ特派員ブログ 阿部 美寿穂

イタリア・ローマ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年11月 2日

ネロ帝の黄金宮殿 "ドムス・アウレア"。約10年ぶり、いよいよ開きます!入場情報編。


ネロ帝の黄金宮殿 "ドムス・アウレア"。約10年ぶり、いよいよ開きます!入場情報編。

前回より、10月26日より、約10年ぶりに一般公開となったネロ帝の黄金宮殿 "ドムス・アウレア" (Domus Aurea) の情報をお届けしています。

観光ガイドブックなどにも、ローマの見所として必ず、"ドムス・アウレア"は載っているので、名前をご存知の方は多いと思います。ところが長い間閉まっていた為、この観光施設の情報がほとんどないか、古いものであることに気付きました。そこで前回は、"ドムス・アウレアって何ですか?"と題し、ドムス・アウレアについてQ&A方式でご紹介しました。こちら

本日は具体的な入場情報をお伝えしたいと思います。


Domu 4.jpg

↑ お部屋の一つ、八角形の部屋です。

as.jpg

↑ こちらが、内部の一般公開部分(水色の線部分)です。
入場は全員、かわいらしいヒヨコの様な真っ黄色のヘルメット着用で、内部の15の区間を考古学専門のガイドさんと75分かけてじっくり廻ります。余談ですが、ヒヨコヘルメット着用時に記念撮影をしておくと、後で楽しい思い出になります(?)。


g.jpg

↑ ヒヨコヘルメット着用状態(イメージ写真)。
これは以前に、別の遺跡(スキピオ家の墓地)を見学しに行った時の様子です。一般的に遺跡内は狭く、壁もごつごつしており、頭をぶつけたりすると危ないので安全の為にヘルメットは欠かせません。参加者は皆、お互いに知らないもの同士でしたが、ヘルメットを気に入ってしまった(?)私達は、1時間の見学終了後に皆で記念撮影をしました。年齢・性別・国籍に関係なく、誰とでもすぐに打ち解けてしまうところは、イタリア人の良いところです。


見学順路:
* ドムス・アウレアでのガイドの言語はイタリア語、英語、スペイン語から選べます。
こちらに、主な通過ポイントをまとめたものを日本語で記します。ご興味のある方はご覧下さい。


入場は、XVIII(18番)と書いてある、ギャラリーからです。
マップ上の赤線で模られている部分は、後にトライアヌス帝がトライアヌス帝の浴場を造った部分の遺構です。(トライアヌス帝は104年頃に、ネロ帝の黄金宮殿の基礎部分を一部、使い回して建てました。要は経費削減にも良い、リサイクルです。)
この辺りの壁の修復は、ネロ帝時代の壁に見せる様に、古代風にレンガを薪火で手焼きしたものを使って修してあるそうです。
                        ↓

続いて、35番、36番に入ります。ネロ帝の宮殿部分に入って来ました。
                        ↓

45番は噴水のある"オデュッセウスとポリュペーモスの中庭(二人はギリシア神話の人物)"です。天井部分の装飾は完璧に残っています。
                        ↓

行程から見える41番と42番は、真上にある市民公園(オッピオ公園)にまともにダメージをくらってしまった区域です。(詳細は前号 こちら
41番のお部屋は、公園の樹木の根が天井を貫通し、天井がいつ崩落するかという、かなり危ない状態でした。(天井は地上より12メートルあり、もし上の公園に人がいたら宮殿内にずぼっと落ちて怪我をするかもしれません。)
貫通した根と共に透水もする為、内部の湿度は90%以上と高く、保存の為に内部のこの部屋のフレスコ画は全て外しました。
                        ↓

65番から68番の部分は、今まで一度も一般公開したことのない部分です。
                        ↓
80番は、"黄金の天井の部屋" といわれるお部屋です。
このお部屋は1500年代にピントゥリッキオなどの画家が訪れた際にコピー(スケッチ)をした様で、宮殿の別のお部屋の天井にアーティストのサインが残されていました。
                        ↓

続いて92番はマップで見ても分かるように、大きな地下歩廊で、デコレーションがとても美しく残っています。(この部分は未だに市民公園から漏れてくる水の問題が解決していません)
                        ↓

続いて、119番のアキレウスのお部屋です。

dom2.jpg

↑ アキレウスのお部屋のフレスコ画。

                        ↓

続いて、今まで一般公開したことがない部分の33番から23番を見学します。
33番は"赤い天井のお部屋"です。31番は"黄色の天井"といわれるお部屋です。(写真下部)


Domu 3.jpg

↑ "黄色の天井"といわれるお部屋。ドムス・アウレアは、ルネサンス時代の画家達を大いに魅了しました。彼らは遺跡の壁などにサインやデッサンを残しました。デッサンは赤土色の線です。(サングイーニョ Sanguigno といわれる赤土色のデッサン用のパステル)

Domu 5.jpg

↑ 32番の"黒い天井の部屋"です。ちょっと怖いです。
                        ↓


続いて、29番の"フクロウの天井の部屋"に入ります。

Domu 2.jpg

↑ フクロウの天井の部屋は透水による影響が強く見られ、フレスコ画の表面には塩分が浮き上がっています。

                         ↓

最後はXXIV(24番)のギャラリーの見学で終了です。
このネロ帝の黄金宮殿 "ドムス・アウレア" の内部の様子のプロモーションビデオ(文化財・文化活動と観光省)がありました。何故かミステリアスな感じ(?)に仕上がっているビデオですが、古代のネロ帝の時代(在位:54~68年)にタイムスリップしたかの様な気持ちにさせてくれます。(多少不安感あり)
ビデオの長さ1分47秒 こちら

                                         

インフォメーション:

名称     Domus Aurea (ドムス・アウレア)

住所        Via della Domus Aurea, 1

一般公開日     2014年10月26日(日)から毎週末 (土・日曜日のみ)

オープン時間   9時15分~15時45分

予約     予約は必須。予約方法はこちら のサイト(英語)より。

行程     1回につき最大25名でガイド(ガイド言語はイタリア語、英語、スペイン語から選べる)と共に15分ごとに出発。ヘルメット着用。内部の15の区間を75分をかけて廻ります。

入場料金      お一人様10ユーロ(+ 事前予約料及びガイド代として 2ユーロ)

インフォメーション用電話番号   +39-06-39967700 (月~金曜日 9~18時、土曜日 9~14時)




ローマから日常生活やイタリア旅行のヒントなどを気ままにツイートしています (*˘︶˘*).。.:*♡(毎日更新)
@RomaMizuho

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ イベント・行事・お祭り 文化・芸術・美術 旅行・ツアー・ホテル 生活・習慣・マナー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2014年11月 2日
« 前の記事「"ローマで一番小さな家" といわれている かわいい家。」へ
»次の記事「【ユーロ通貨圏】新しいデザインの10ユーロ紙幣が流通し始めています!(9月23日より流通開始)」 へ
ローマ特派員 新着記事
イタリアのマクドナルドはスイーツがいっぱい!
【特集】ローマのクリスマスイルミネーション スペイン階段の周辺編
オミクロン株!ローマ市、屋外でのマスク着用義務化へ
バチカン市国クリスマスツリーの飾り付けが始まった!
ローマに観光客が戻って来た!
コロナ禍でも変わらぬ美しさ ローマの夕暮れ
京王線事件 海外在住者が電車で気をつけていること
フォトジェニックなローマのもふもふの場所 4選
1年前の同じ月に投稿された記事
大統領官邸、クイリナーレ宮は一般開放あり。
美しい中庭を持つローマの聖堂を訪れてみよう!
クラッシックコンサートなど手軽なローマのオペラ座!
オベリスク、立てるのは大変なの!ローマの13本のリアルなエジプトのオベリスク。
ギネス認定!イタリア・サルデーニャ島の世界最長寿9人兄弟。
着物を着た聖母マリア様がいる教会。日本と縁の深い町チヴィタヴェッキア。その3
石畳のヨーロッパ観光で疲れをためないコツ
知っておくとよいイタリアのおもしろ迷信 その1 黒猫は?
【教会No.3】ローマの日本人の殉教者に捧げた礼拝堂のある教会。

イタリア ツアー最安値


2021/3/31更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ローマ特派員

    ローマ特派員
    阿部 美寿穂
    神奈川県出身。イタリア政府公認観光通訳、ツアーコンダクター(伊⇔英、日)。ローマ大学卒(文学哲学部文化遺産学専攻)、国立ペルージャ外国人大学修了。日本の公的機関で企画及び広報業務に6年間携わった後、渡伊。ご質問・ご相談などの各種お問い合わせはどなた様もお気軽にこちらまでどうぞ。また下記のSNSでは、イタリアの日常生活や旅行ヒントなどを毎日お送りしています!
    イタリア便り 阿部美寿穂(Twitter)
    romamizuho(Instagram) DISQUS ID @disqus_TzPr9NzFTw

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集