海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ローマ特派員ブログ > ローマに来たなら一度は近くで見てみたい、迫力のロー...

イタリア/ローマ特派員ブログ 阿部 美寿穂

イタリア・ローマ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年11月 4日

ローマに来たなら一度は近くで見てみたい、迫力のローマ水道!(公園の行き方最新情報)


ローマに来たなら一度は近くで見てみたい、迫力のローマ水道!(公園の行き方最新情報)

週末はお天気が良かった為、ローマ水道を見に水道橋公園(パルコ・デッリ・アックエドッティ Parco degli Acquedotti)へ行って来ました。
ローマ水道とは、名前そのままですが、紀元前312年~3世紀前半にかけて古代ローマで住民においしい水を運ぶ為に建設された水道です。


Immaginek.jpg

↑ 水道橋公園の航空写真です。写真左側にローマ水道が見えます。
手前には羊の群れが見えるので、田舎で随分郊外に来てしまったのかと思ってしまいますが、実はまだ地下鉄A線の運行区間内にあります。


CARTANEW.jpgのサムネール画像

↑ 水道橋公園は、大きなアッピア街道州立公園(Parco Regionale dell'Appia Antica)の一部です。水道橋公園内には、ローマ水道11本のうち6本が公園内を通過しています。ずっと後の16世紀に、ローマ教皇シクストゥス5世が建設したフェリクス水道を加えれば7本もあります。


claudia.jpg

↑ ローマ水道は全部で11本、建設されました。古代ローマ人はコンクリートを発明したことでも有名で、非常に高度な建築技術を持っていました。それらは帝国内の領土のあちらこちらに建てた、橋や水道橋などに存分に活かされています。 
驚くことに、11本の中の一つ、ヴィルゴ水道は2000年近く経った今でも使えています。
今日は、水道橋公園で最も美しい形で見ることができる、クラウディア水道(ラテン語:Aqua Claudia)への行き方をご紹介したいと思います。行き方も最も簡単で近いルートをご紹介します。
地図上で赤い線が、クラウディア水道が建設されたルートです。クラウディア水道は、ローマ帝国の第3代皇帝カリグラが38年に着手し、52年に第4代皇帝クラウディウスが52年に完成させた水道で、全長69kmあります。
古代といえども、約14年で完成するとは全くたまげたものです。アニエーネ川の高い谷部分から、きれいな水を引いて来ました。


↑ 行き方は簡単です。
地下鉄A線のスバウグスタ駅(Subaugusta)で下車し、ひたすら真っ直ぐ歩き、徒歩約10分で水道橋公園の入口に着きます。スバウグスタ駅では、"Via T.Labieno(ティート・ラビエーノ通り)"と書いてある地上出口から出ます。出口を上がるとバールが真右(道の角)にあります。
そのまま地下鉄の出口を背にして、ひたすら突き当りまで歩くと、そこは公園内へ入る入口です。
水道橋公園近くまでは、バスの557番、451番、503番、552番、558番、559番、590番、650番、654番も行きますが、バスの場合はかなり慣れていないと降車の停留所が分かりづらいと思いますので、地下鉄のスバウグスタ駅で降りる方法がよろしいかと思います。


Acq 4.JPG

↑ 公園内に入ると、左側に子供達が遊ぶ遊具や、右側にサッカーをするスペースがある広場がありますが、依然地下鉄の出口を背にした形で公園の中をぐんぐん突き抜けて行きます。(一つ前のマップをご参考下さい)
途中、コンクリートの小さな土手がありますが、土手を越える小さな階段が付いているのでそれを利用して更に進みます。マリアーナ(もしくはマラーナ Acqua Mariana、もしくはAcqua Marana)という人口の小川も橋を渡って越えます。(上の写真)
小川(マリアーナ水道)を越えるとすぐに、きちんとした道が出てきます。
この時点で右斜め前方向に、もういくつかの水道橋の残骸が見えると思いますが(マップの黄色の矢印部分)、この道を右ではなく、更に左に進みます。
少し行くと、左側に建物(カサーレ・ディ・ローマ・ヴェッキアという13世紀に建てられた塔の家 Casale di Roma Vecchia)が見えてきます。この建物を通り過ぎて道なりに右方向に曲がると、壮大なクラウディア水道が見えてきます!
(公園の入口からここまでの所要時間:約8~10分)


Acq 3.JPG

Acq 6.JPG

↑ 土曜日の午後3時頃なので、親子連れなど子供達もたくさん遊んでいました。写真の右側がクラウディア水道です。


Acq 7.JPG

Acq 8.JPG

Acq 9.JPG

↑ 凧揚げをしている人がいました。子供が揚げているのかと思いきや、全員、お喋りに夢中になって凧を揚げているおじさんでした。


Acq 10.JPG

↑ こちらがイタリアの凧です。

Acq 11.JPG

↑ 今度は大きい凧が来た!と思ったら飛行機でした。
ヨーロッパの各都市を結ぶ、格安航空会社のライアンエアー(Ryanair アイルランド国籍の格安エアライン)です。実はこの公園の南方向約5kmにローマ・チャンピーノ空港があるので着陸態勢に入っていて、もうフラップと車輪がおりています。タイムテーブルを調べてみると、おそらくロンドンのスタンステッド空港から来た飛行機の様です。こんなに晴れていると、きっと空から水道橋も見えますね!"いらっしゃ~い!" と手を振りました。


Acq 12.JPG


Acq 13.JPG

↑ ローマのシンボルともいえる松の木は、傘を開いたような樹形をしているのでイタリアカサマツ(イタリア笠松 学名:Pinus pinea L.)といいます。水道橋と青い空と絵になります。


Acq 14.JPG

↑ 水道橋のすぐ脇に道があり、散歩をする人、サイクリングをする人、ジョギングをする人がたくさんいます。この道のすぐ隣はゴルフ場の為、フェンスが張ってあり入れません。
このゴルフ場、アルキ・ディ・クラウディオ・ゴルフクラブといいますが、ゴルフ場のプロモーションビデオは空中からの撮影であり、脇にあるこの水道橋のイメージがとても良く分かります。ご興味のある方はこちら  (ビデオの長さ:6分9秒)


Acq 15.JPG


Acq 16.JPG

Acq 17.JPG


Acq 18.JPG


Acq 19.JPG

↑ 水道橋が切れているところからは内部の構造(水管部)が分かります。
ここを水が通っていたのですね。水に圧力をかけずに(自然に)流すには微妙な勾配が必要ですが、ローマ水道は非常に厳密に計算された上に精巧に作られており、通常規格と呼ばれるものでは1kmあたり、僅か34センチの傾斜だそうです。
例えば、紀元前144年前後に建てられた、マルキア水道は古代ローマ水道の中で一番長く、全長が91km以上ありますが、そんなに遠いところから水を引っぱって来ようと考え、そしてそれを完璧に実行した方々には本当にすごいといわざるを得ません。この水道の水は、カラカラ浴場などへ給水していました。お風呂も楽しめます!

Acq 20.JPG

↑ ぽつぽつと遺構が残っています。夕日の中では、何だか物悲しい水道橋です。古代の夢の跡です。


Acq 21.jpg

↑ 水道橋公園は夕暮れ時には人影も少なくなるので、遅い時間の訪問は避けた方が良いです。一番訪問者の多い日は、家族連れが多い土・日曜日ですので、これらの日の昼間に訪れると安心して楽しめると思います。私も、もうそろそろ家に帰ります。


Acq 22.JPG


ローマから日常生活やイタリア旅行のヒントなどを気ままにツイートしています (*˘︶˘*).。.:*♡(毎日更新)
@RomaMizuho

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2014年11月 4日
« 前の記事「【ユーロ通貨圏】新しいデザインの10ユーロ紙幣が流通し始めています!(9月23日より流通開始)」へ
»次の記事「洗練されたイタリアン(ローマ料理)をサービスする、魚介類が得意なレストラン - エレガントなヴェネト通り...」 へ
おすすめ記事
    ローマ特派員 新着記事
    点灯式は12月7日!バチカン/サン・ピエトロ広場の巨大クリスマスツリー
    【深夜2時まで】12月1日は入場料1ユーロで美術館のコンサートが楽しめる日!
    綺麗に撮れる!フォトジェニックなローマの大きなお帽子、サン・ピエトロ大聖堂 その2
    綺麗に撮れる!フォトジェニックなローマの大きなお帽子、サン・ピエトロ大聖堂 その1
    スイーツいっぱい!イタリアのマクドナルド
    ローマで見たいフォトジェニックな夕暮れのコロッセオ!
    ローマの空を飛ぶ野生のインコ、オキナインコ
    ローマで一番大きな市民公園:ヴィッラ・ドーリア・パンフィーリ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    大統領官邸、クイリナーレ宮は一般開放あり。
    教会の観光はかわいい中庭もお奨めです!
    クラッシックコンサートなど手軽なローマのオペラ座!
    オベリスク、立てるのは大変なの!ローマの13本のリアルなエジプトのオベリスク。
    ギネス認定!イタリア・サルデーニャ島の世界最長寿9人兄弟。
    着物を着た聖母マリア様がいる教会。日本と縁の深い町チヴィタヴェッキア。その3
    石畳のヨーロッパ観光で疲れをためないコツ
    知っておくとよいイタリアのおもしろ迷信 その1 黒猫は?
    【教会No.3】ローマの日本人の殉教者に捧げた礼拝堂のある教会。

    イタリア ツアー最安値


    2018/12/10更新

    イタリア 航空券情報


    イタリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ローマ特派員

      ローマ特派員
      阿部 美寿穂
      神奈川県出身。イタリア政府公認観光通訳、ツアーコンダクター(伊⇔英、日)。ローマ大学卒(文学哲学部文化遺産学専攻)、国立ペルージャ外国人大学修了。日本の公的機関で企画及び広報業務に6年間携わった後、渡伊。ご質問・ご相談などの各種お問い合わせはどなた様もお気軽にこちらまでどうぞ。また下記のSNSでは、イタリアの日常生活や旅行ヒントなどを毎日お送りしています!
      イタリア便り 阿部美寿穂(Twitter)
      romamizuho(Instagram) DISQUS ID @disqus_TzPr9NzFTw

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集