海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ローマ特派員ブログ > 【ホテルガイド-No.1 コルベ ホテル】中心部で...

イタリア/ローマ特派員ブログ 阿部 美寿穂

イタリア・ローマ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年4月24日

【ホテルガイド-No.1 コルベ ホテル】中心部で観光に便利かつ窓から遺跡に手が届きそうなユニークなホテル!


【ホテルガイド-No.1 コルベ ホテル】中心部で観光に便利かつ窓から遺跡に手が届きそうなユニークなホテ...

今までホテルのご紹介をしたことはありませんでしたが、今後は "おススメホテルガイド" と称し、お奨めのホテル、気になったホテルを取り上げて行きたいと思います。皆さんのローマ観光の手助けになれば幸いです。
さて、第一回目のおススメホテルは、ローマ市内中心部に位置しローマ観光に便利なロケーションの4つ星ホテル、コルベ ホテル ローマ(Kolbe Hotel Rome)です。


皆さんは、真実の口(イタリア語でボッカ・デッラ・ヴェリタ)をご存知ですか?
「ローマの休日」という映画では、新聞記者(グレゴリー・ぺック)が真実の口に手を入れたところ噛み切られた為、それを見たアン王女扮するオードリー・ヘプバーンは恐怖のあまりに泣き叫んでしまうシーンが有名です。
このコルベ ホテル ローマは真実の口から徒歩すぐ、コロッセオまで徒歩10分とローマ観光には最高のロケーションが自慢です。

Ko 20.jpg

↑ 特に日本人に大人気の真実の口。1日を通して入場の為の列が出来ています。
最近は長くて30分待ち程度で入れています。オープン時間は9時30分~17時50分まで。(2015年4月の情報)


Ko 1.JPG

↑ コルベ ホテル ローマは、フォロ・ロマーノとパラティーノの丘の遺跡のすぐ隣にあります。
ローマ市庁舎のあるカンピドーリオ、ヴェネツィア広場からも徒歩圏内です。ホテルの近く(800メートル)には、地下鉄B線のチルコ・マッシモ駅があります。

Ko 2.JPG

↑ 受付のお姉さん。
日本語を話すスタッフはいませんが、Emailであれば日本語でのお問い合わせは可能です。(日本語のホームページあり)

Ko 3.jpg

↑ 72室ある客室のうちパノラマが楽しめる客室からは、お部屋の窓からパラティーノの丘の遺跡を眺めることができます!

Ko 4.JPG

↑ パラティーノの丘の遺跡。歴史や遺跡が好きな方にはたまらない眺めですね。


Ko 5.jpg

↑ ガーデンビュー(ホテルの中庭に面した部屋)のお部屋。
パノラマが楽しめるダブルルーム(眺望あり)には、パラティーノの丘の遺跡を眺められるお部屋以外にホテルの中庭の眺めを楽しめるお部屋があります。


Ko 6.JPG

↑ 見せてもらったお部屋はバスタブ付きでした。
入浴は旅の疲れを癒してくれるのでお奨めです。予約時にバスタブ付きのお部屋をリクエストと一言伝えておくと良いでしょう。


Ko 7.JPG

↑ 歴史ある地区(旧市街)にありながらも改築したばかりの為、建物内部は新しく、快適な設備が整っています。全てのお部屋にはプラズマ衛星テレビ、Wi-Fi(無料)、ハイドロマッサージシャワーなどを備えており、観光にも、またビジネスでの滞在でも快適に過ごせます。


Ko 8.jpg

↑ 屋根裏部屋があるお部屋です。上と下に分かれて4名での宿泊が可能です。


Ko 9.jpg


Ko 10 bis.jpg

↑ デラックスタイプのお部屋には、バスルームに大型のジャグジー付き丸型バスタブ(定員2名)の設備があります。


Ko 11.JPG

Ko 12.jpg

↑ ホテル専用の庭園(中庭)に面したガーデンレストラン "パラティーノの丘で(Al Palatino)" ではモダンにアレンジしたローマ料理を味わうことができます。
ガーデンレストランなので、お庭の屋外席でのお食事が楽しめます。(写真はレストラン内部)
営業時間:ランチ:12:30 ~15:00  ディナー: 19:00 ~22:00  バー: 11:00 ~24:00


Ko 13.JPG

↑ 柑橘類や花々が咲き乱れるホテルのガーデン。
すぐ隣がパラティーノの丘などの遺跡ということもあり、ローマ中心部にありながらも街の喧騒から完全に隔離されゆったりと過ごせます。


Ko 14.JPG

↑ お庭のオリーブの木。


Ko 15.JPG

↑ お庭にあるイタリアの守護聖人、聖フランチェスコの像。
イタリア中部ウンブリア州のアッシジに生まれ、アッシジにあるフランチェスコ聖堂と関連修道施設群はユネスコの世界遺産となっています。イタリアの緑の心臓と呼ばれるウンブリア州。アッシジは景色がとても素晴らしいのでお奨めです。

Ko 17.JPG

↑ 展望テラスも開放されています。
ホテルでは、お庭と展望テラス、ガーデンレストランを利用しての貸切ウェディングも可能です。(写真は結婚式が入っていた日のもの)


Ko 18.jpg

↑ ホテル内部には客室だけではなく、博物館、教会、19の会議室を備えています。
会議室は、ビジネスでのミーティングや晩餐会に利用することができます。


Ko 19.jpg

さて、最後に "コルベ ホテル(Kolbe Hotel)" の名前の由来についてご紹介したいと思います。
コルベ(Kolbe)とは、宣教の為、1930年から日本にも滞在したマキシミリアノ・コルベ神父から来ています。
ポーランド出身のコルベ神父は、アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所で餓死刑に選ばれた囚人の身代わりに自らなり、47歳で命を落としました。コルベ神父はカトリック教会では聖人とされています。以下、コルベ神父の最期について、ウィキペディアより抜粋します。


身代わりの死

"1941年7月末、収容所から脱走者が出たことで、無作為に選ばれる10人が餓死刑に処せられることになった。
囚人たちは番号で呼ばれていったが、フランツェク・ガイオニチェクというポーランド人軍曹が「私には妻子がいる」と泣き叫びだした。
この声を聞いたとき、そこにいたコルベは「私が彼の身代わりになります、私はカトリック司祭で妻も子もいませんから」と申し出た。
責任者であったルドルフ・フェルディナント・ヘスは、この申し出を許可した。コルベと9人の囚人が地下牢の餓死室に押し込められた。

通常、餓死刑に処せられるとその牢内において受刑者たちは飢えと渇きによって錯乱状態で死ぬのが普通であったが、コルベは全く毅然としており、他の囚人を励ましていた。
時折牢内の様子を見に来た通訳のブルーノ・ボルゴヴィツは、牢内から聞こえる祈りと歌声によって餓死室は聖堂のように感じられた、と証言している。
2週間後、当局はコルベを含む4人はまだ息があったため、病院付の元犯罪者であるボスを呼び寄せてフェノールを注射して殺害した。


ボルゴヴィツはこのときのことを以下のように証言している。


マキシミリアノ神父は祈りながら、自分で腕を差し伸べました。私は見るに見かねて、用事があると口実を設けて外へ飛び出しました。
監視兵とボフが出て行くと、もう一度地下に降りました。マキシミリアノ神父は壁にもたれてすわり、目を開け、頭を左へ傾けていました。その顔は穏やかで、美しく輝いていました。"


実は、コルベ神父は、この建物がコルベホテルになるずっと以前、ここに滞在していました。
館内にはコルベ神父が勉学に励み月日を過ごしたお部屋がそのまま残されています。その他にはコルベ博物館、教会を備えていて、見学が可能です。
中規模ホテル(客室72室+会議室19室)ながらもホテル全体がゆったりとした暖かい雰囲気に包まれているのは、コルベ神父の愛が浸透しているからかもしれません。

日本語での問い合わせも可能な、日本人も安心して過ごせるホテルです。
ホテル ホームページ(日本語あり) こちら

追記:2015年11月、コルベ ホテル ローマは世界で最も素晴らしいホテルの一つとして "2015 World Luxury Hotel Awards (ワールド・ラグジュアリー・ホテル・アワード)" を受賞しました。
2015年11月23日:コルベ ホテル ローマ(Kolbe Hotel Rome)がホテル界のオスカー受賞!(2015 World Luxury Hotel Awards) こちら




ローマから日常生活やイタリア旅行のヒントなどを気ままにツイートしています (*˘︶˘*).。.:*♡(毎日更新)
@RomaMizuho

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 旅行・ツアー・ホテル 生活・習慣・マナー 自然・風景
2015年4月24日
« 前の記事「ボルゲーゼ美術館の入場無料日(毎月第一日曜日)の予約方法について。」へ
»次の記事「【バールで朝食】黒いクロワッサン "カリメロ"(イカ墨ではなくカーボン入り)。」 へ
ローマ特派員 新着記事
【特集】ローマのクリスマスイルミネーション スペイン階段の周辺編
オミクロン株!ローマ市、屋外でのマスク着用義務化へ
バチカン市国クリスマスツリーの飾り付けが始まった!
ローマに観光客が戻って来た!!
コロナ禍でも変わらぬ美しさ ローマの夕暮れ
京王線事件 海外在住者が電車で気をつけていること
フォトジェニックなローマのもふもふの場所 4選
イタリアマンマの味 型で焼く簡単ふわふわピザパン!
1年前の同じ月に投稿された記事
イタリア人女医さんの美の秘訣!
マンマに教わるシリーズ 今日はアーティチョークの煮物です!
イースーター当日の海辺の散歩。海の魅力について。
イタリア人の朝ごはん スウィーツてんこ盛り 美食の国の朝ごはん その3 イースター当日の朝ごはんは?
マンマがちゃちゃっと作ってくれた、簡単!魚介類のおかず。
限定200万枚。スペシャル・エディションパパさま切符発売中!
旅行者の口コミ評価で選ばれた世界の人気観光都市2014にローマが!
ローマのバスの乗り方。テルミニ駅五百人広場のバスターミナル編。
イタリア語コースが1ユーロ in ローマ!
ローマ国立博物館:大迫力の美しいポルトナッチョの石棺!!
お知らせ:4月27日に異例のローマ法王2人同時列聖となります。
やっぱりすごいなベルニーニ。バロック美術巨匠の傑作、天使の矢が聖女の胸を射抜く瞬間。
アトリエ・ミュージアムが楽しいローマのカフェ「カノヴァ・タドリーニ」

イタリア ツアー最安値


2021/3/31更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ローマ特派員

    ローマ特派員
    阿部 美寿穂
    神奈川県出身。イタリア政府公認観光通訳、ツアーコンダクター(伊⇔英、日)。ローマ大学卒(文学哲学部文化遺産学専攻)、国立ペルージャ外国人大学修了。日本の公的機関で企画及び広報業務に6年間携わった後、渡伊。ご質問・ご相談などの各種お問い合わせはどなた様もお気軽にこちらまでどうぞ。また下記のSNSでは、イタリアの日常生活や旅行ヒントなどを毎日お送りしています!
    イタリア便り 阿部美寿穂(Twitter)
    romamizuho(Instagram) DISQUS ID @disqus_TzPr9NzFTw

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集