海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ローマ特派員ブログ > イタリアのお魚料理:外で食べるお魚料理(レストラン...

イタリア/ローマ特派員ブログ 阿部 美寿穂

イタリア・ローマ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年5月14日

イタリアのお魚料理:外で食べるお魚料理(レストラン編)その1


イタリアのお魚料理:外で食べるお魚料理(レストラン編)その1

日本にはおいしいお魚料理がたくさんありますね!
しかし、日本と同様にぐるりと海に囲まれたイタリアもおいしいお魚料理では負けていませんよ!
地球の歩き方・現地特派員には毎月 "お題" というものがあり、5月のテーマは "(現地の)お魚料理" です。
そこでこの度は、今まで筆者が集めて来たお魚料理の写真をカテゴリー別にまとめてご紹介したいと思います。
新鮮な情報をご提供する為、写真は全て3年以内に撮影したものを厳格に選びました。ですので、多少レストランの所在場所が偏ってしまったかもしれませんが、その点はご勘弁下さい!
また、お料理の名前とレストランの名称・場所等は出来る限り記載する様に心掛けました。お店選びなどのご参考にどうぞ。
カテゴリーは以下の通りです。
今月のお題 "お魚料理"は、写真を見ているだけでも楽しんでいただけるかと思います!!


1.外で食べるお魚料理
※①のレストラン編は写真の枚数が多くなってしまった為、下記の通りその1、その2、その3(最終回)にざっくり分けました。


①大衆食堂から少しおしゃれなレストランまで(レストラン編)
イタリアのお魚料理:外で食べるお魚料理(レストラン編)その1 ※前菜、付け合わせなど
イタリアのお魚料理:外で食べるお魚料理(レストラン編)その2 ※プリモ・ピアット こちら
イタリアのお魚料理:外で食べるお魚料理(レストラン編)その3(最終回) ※プリモ・ピアット、セコンド・ピアット、その他 こちら
②少しグレードアップした場合のお魚料理(ホテルのレストラン編)
イタリアのお魚料理:外で食べるお魚料理(ホテル編) こちら


2.家庭で食べるお魚料理
イタリアのお魚料理:家庭で食べるお魚料理 こちら
それでは早速、お魚を使った前菜(アンティパスト)から行ってみましょう!


Anti 1.JPG

↑ アンティパスト(前菜)です。
サーモンやイワシのマリネなどが入っています。アンティパストは冷菜が多いですが、素材の味を活かしたイタリアらしい雰囲気の料理がいっぱいでお店によって趣向の違いが良く出ていると思います。いつも別の土地へ行ったら何か一皿アンティパストを試してみたいなと思います。(場所:ローマ郊外のレストラン)

Anti 2.jpg

↑ こちらはレストランではなく、バールで行っているアペリティーヴォ(Aperitivo 食前酒という意味)サービスを利用してお魚料理をいただいたものです。
イタリアでは、夕食前に軽く食前酒を飲みながらちょっとしたものをつまみ、食前酒によって食欲を増進させ、夕食までの時間をつなぐ文化があります。大食漢の彼らにとっては夕食前のウォーミングアップといったところですが、私達日本人にとっては本当の夕食のようになってしまいます。バールやカフェなどでは夕食前の17~22時頃までアペリティーヴォサービスを展開していて、料金は安いお店でお一人様4ユーロ位からです。
この「お魚づくしのアペリティーヴォ」は8ユーロでパン、前菜、お魚の料理、飲み物(写真右上に貼り付けました。筆者が頼んだのはカンパリ)が付いてきます。黄色く見える調味料はオリーブオイル、手前の焼きナスのソースはバルサミコ酢です。
アペリテーヴォサービスを利用してお食事とされる節約旅行中の方もいらっしゃるかと思いますが、毎日ではやはり栄養のバランスが崩れてしまいますので、レストランや大衆食堂な様なところでしっかりお食事を摂る日を作ることも大切だと思います!(場所:ローマ中心部のバール)

Ris 4.JPG

↑ レストランのアンティパストです。イカ墨とポレンタを練り上げたものにグアンチャーレと海老を添えたものです。(Biscotto di polenta al nero di seppia lardellata al guanciale con gamberi saltati、英語表記:Black cuttlefish cornmeal mush with pork cheek and shrimps)
ポレンタとは北イタリアで良く食べられる料理でトウモロコシの粉に水やスープを加えて火にかけて練り上げたものですが、これはポレンタがイカ墨の黒で染められて、ゴマせんべいの様になっています!グアンチャーレ(Guanciale)は豚のほお肉の脂身の塩漬けでカルボナーラなどに入っているお肉です。
(場所:アイ・フィエナローリ Ai Fienaroli、ローマのVia Sardegna, 135-137。ヴェネト通りから東方向に徒歩約10分)


Anti 4.JPG

↑ こちらは近所の店長&スタッフ一同、熱狂的なローマファン(サッカー)のピザレストランです。
店内にはテレビが二台設置してあり、試合の日には狂信的なサポーターが集まりものすごい騒ぎとなります。もちろんその様な日は恐ろしいので周辺には近づきません。
ピザを食べる前にハムとモッツアレッラチーズの盛り合わせ(写真奥)やブルスケッタの盛り合わせ(写真手前)を注文しました。ブルスケッタには色々な種類がありますが、右奥に見えるのは花ズッキーニ、モッツァレッラチーズとアンチョビをのせたものです。この組み合わせは良くローマで食べられるアンティパストの"ローマ風揚げもの Fritto Misto alla Romana"の中の一つ、花ズッキーニのフライとして登場します。花ズッキーニのフライもとてもおいしいですので、機会があれば是非お試し下さい。(場所:ローマ中心部のピザレストラン)


Anti 5.jpg

↑ 同じくブルスケッタです。少し前のバールでの「お魚づくしのアペリティーヴォ」に含まれるトマトとアンチョビのブルスケッタです。ルッコラ(ロケット)の葉が添えてあります。日本にいた時は、良くルッコラなどのハーブの種を蒔いて育てていました。ルッコラは日本で育てていた時は特別おいしいハーブだとは思っていませんでしたが、イタリアで食べるルッコラは味が全然違いますね!イタリアのパワフルな太陽とおいしい水、空気がそうさせるのでしょうか。(場所:ローマ中心部のバール)

Anti 6.jpg

↑ ツナのサラダです。
ツナ缶もイタリアのツナは基本的にオリーブオイル漬けになっているのでおいしいと感じます。カロリーが低めなオリーブオイル漬けでないツナ缶(水煮など)もありますが、イタリア人が好むのはエキストラバージンなどを使ったオリーブオイル漬けの方です。
(場所:サラダの専門店 インサラータ・リッカ Insalata ricca、ローマのPiazza Albania, 3。地下鉄B線 チルコ・マッシモ駅や国連 - 国際連合食糧農業機関 FAOから徒歩7~8分)


Anti 7.JPG

↑ アラゴスタ(伊勢海老)のサラダ。
野菜サラダをベースに、ルッコラ、キノコ、コーン、チコリに甘いドレッシングがかかっています。
(場所:サラダの専門店 インサラータ・リッカ Insalata ricca、ローマのPiazza Albania, 3。地下鉄B線 チルコ・マッシモ駅や国連 - 国際連合食糧農業機関 FAOから徒歩7~8分)

Fritti 1.JPG

↑ 日替わりのお魚のミックスフライ。
レモンと塩でいただきます!
(場所:イータリー/オスティエンセ駅店 Eataly Roma Ostiense、ローマのPiazzale XII Ottobre, 1492。最寄り駅は地下鉄B線のピラミデ駅。イータリーはオスティエンセ駅にくっついています) 

Fritti 2.JPG


Anti 8.JPG

↑ お次は場所が飛んで、"帰れソレントへ"のナポリ民謡で知られているソレントのレストランです。このレストラン"ラ・バジリカ"は、すぐお隣にあるソレント料理が楽しめる有名ミュージアムレストラン "カルーソ Caruso" の姉妹店です。

104.JPG

↑ 右側の茶色く見えるものはマグロです。南イタリアではやはりアンティパストの魚介類はおいしいですね!
(場所:ラ・バジリカ La Basilica、ソレントのVia Sant'Antonino, 28, Sorrento)

以上、写真の枚数が多くなってしまった関係で今回はここまでとし、次回その2 は、最も目が楽しめるイタリアらしいカラフルなパスタやリゾット類などのプリモ・ピアット(第一皿目)をお届けします!

5月お題"魚料理"




ローマから日常生活やイタリア旅行のヒントなどを気ままにツイートしています (*˘︶˘*).。.:*♡(毎日更新)
@RomaMizuho

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材 文化・芸術・美術 旅行・ツアー・ホテル 生活・習慣・マナー 美容・健康・病院
2016年5月14日
« 前の記事「そろそろ生ザクロジュースがスッキリ爽やかな季節です!」へ
»次の記事「イタリアのお魚料理:外で食べるお魚料理(レストラン編)その2」 へ
ローマ特派員 新着記事
バチカン市国クリスマスツリーの飾り付けが始まった!
ローマに観光客が戻って来た!!
コロナ禍でも変わらぬ美しさ ローマの夕暮れ
京王線事件 海外在住者が電車で気をつけていること
フォトジェニックなローマのもふもふの場所 4選
イタリアマンマの味 型で焼く簡単ふわふわピザパン!
筆者も被害に!注意イタリアiPhone窃盗団が横行中!
ローマっ子の憩いの場!ポポロ広場とサンタ・マリア・デル・ポポロ教会
1年前の同じ月に投稿された記事
国立ヴェネツィア宮殿博物館、現在、諸事情により展示室の一部が見学できません。
イタリアの巡回オモシロ市場を訪ねてみよう in ペルージャ!
パンテオン近くのおいしいコーヒー店、ラ・カーザ・デル・カフェ "タッツァ・ドーロ"。
聖フランチェスコが瞑想した場所に建つ、世界遺産 アッシジ・カルチェリの庵。
欧州連合(EU)の"ヨーロッパ・デー"のお祝い in ローマ。
【バールで朝食】黒いクロワッサン "カリメロ"(イカ墨ではなくカーボン入り)。

イタリア ツアー最安値


2021/3/31更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ローマ特派員

    ローマ特派員
    阿部 美寿穂
    神奈川県出身。イタリア政府公認観光通訳、ツアーコンダクター(伊⇔英、日)。ローマ大学卒(文学哲学部文化遺産学専攻)、国立ペルージャ外国人大学修了。日本の公的機関で企画及び広報業務に6年間携わった後、渡伊。ご質問・ご相談などの各種お問い合わせはどなた様もお気軽にこちらまでどうぞ。また下記のSNSでは、イタリアの日常生活や旅行ヒントなどを毎日お送りしています!
    イタリア便り 阿部美寿穂(Twitter)
    romamizuho(Instagram) DISQUS ID @disqus_TzPr9NzFTw

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集