海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ローマ特派員ブログ > 【イタリア中部地震】10月30日の地震M.6.5に...

イタリア/ローマ特派員ブログ 阿部 美寿穂

イタリア・ローマ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年11月 4日

【イタリア中部地震】10月30日の地震M.6.5に伴う被害と、現在のイタリアの状況について


【イタリア中部地震】10月30日の地震M.6.5に伴う被害と、現在のイタリアの状況について

イタリア中部では、2016年8月24日、10月26日、10月30日に大きな地震がありました。10月30日早朝に起きたマグニチュード6.5の地震は、1980年以来イタリアで起きた最も大きい規模の地震となりました。地震から4日が経過した現在の状況をお届けしたいと思います。
* 8月24日以降、マグニチュード6クラスの大きな地震が続きましたが、死亡者300名という最も大きな被害を出した8月24日(水)の地震についてはこちらにまとめてあります。

8月24日の地震について詳細:
2016年8月25日号 【イタリア中部地震】8月24日の地震M.6.2に伴う被害について(加筆9月3日13時50分)こちら
2016年8月31日号 【イタリア中部地震】M.6.2地震発生直後の現地の様子と現在のイタリアの状況について こちら


イタリアには州は全部で20州ありますが、これら3回の大きな地震が発生したのは、丁度4つの州の州境辺りです。

↑ マグニチュード6.2を記録した8月24日の地震は、ウンブリア州ペルージャ県ノルチャの南東方向にある3つの市(アックーモリ Accumoli 、アマトリーチェ Amatrice、アルクアータ・デル・トロント Arquata del Tronto)に特に被害が集中しました。ローマとこれらの地震の震源とされる地方には約150キロの距離があります。(* 前述の二つの記事に、イタリア中部の地理と震源地のより詳しい説明があります)


イタリア中部で8月24日以降に起きた大きな規模の地震は、次は10月26日(水)のものでした。この日は2回大きな地震がありました。1回目の地震が起きたのは19時11分頃です。家の前で19時30分に人と待ち合わせをしていたので、丁度出掛ける準備をしていました。すると突然窓がガタガタといい始めたので、おかしいなぁと思っていたところ、すぐに天井と壁が小刻みに震え始めました。窓の外から悲鳴が聞こえます。個人的には、8月24日未明に起きた地震よりも強く感じました。すぐに震度を確かめようとパソコンからインターネットの地震サイトにアクセスしたのですが、全く繋がりません。5~6サイト試したのですが全滅でした。そこでスマートフォンから自分のツイッターのタイムラインに入ると、イタリアのニュースサイトが出す地震情報のツイートが続々と入って来ました。地震直後はツイッターでの情報収集が一番早かったです。1回目の地震はM.5.4ということが判明しました。待ち合わせの為、家の前に出ると、地震に驚いたたくさんの人が歩道に出ていてびっくりしました。近所の人もいましたし、たまたまバールなどでお茶を飲んでいた別のゾーンに住む人なども皆、お店の中から歩道に出ていました。2回目はその2時間後の21時18分頃です。こちらはM.5.9と更に大きな地震でした。


そして、最も強い揺れの地震があったのは、今から4日前の10月30日(日)の7時41分です。冒頭でもお伝えした通り、1980年以来イタリアで起きた最も大きい規模の地震となりました。マグニチュードは6.5です。当初はM.7.1とニュースで流れていましたが、後に政府から修正が入りました。これはかなり揺れました。筆者が今までイタリアで体験した地震の中で最大級のものである!ということには疑いの余地はありません。寝ていたのですが、部屋全体(360度)が音を立てるので、なんだろう?と思い目を覚ましました。揺れるので目が覚めたというよりも、窓や家具の軋む音で起こされたといった方が正確です。天井を見ると、シャンデリアが左右にぶらんぶらんと大きく揺れ、がっしりした石の壁も動いている様(?)です。地震のエネルギーはすごい、と呆気に取られていました。
8月24日の一つ目の記事にも書きましたが、この時も窓の外でカモメが激しく興奮していました。ギャアギャアと鳴きながら回っています。
震源地は8月24日の地震とほぼ同じ場所でしたので、付近にいらした皆さんは既に最初の地震の時に安全な場所に避難されています。地震による被害状況ですが、死者は0名、負傷者は20名程です。これらの一連の地震で、住んでいる家から離れなければならなくなった人は3万人に上ります。


WP_20161103_001.jpg

↑ 10月30日の地震はローマでも被害がありました。写真はローマの映画館ですが、入口部分に損傷が見られ、建築材料が歩道に落ちていました。
例えば、サン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂では壁にひびが入ったり、内部の装飾が床に落ちたことから、点検の為に一時閉まりました。ボロミーニが携わったことで有名な、美しいバロック建築のサンティーヴォ・アッラ・サピエンツァ教会のクーポラ(ドーム)にも亀裂が入りました。コロッセオは専門家が内部の点検をしましたが、安全上には問題はありません。ローマでは、道路やトンネルの検査が続いている為、交通渋滞が多く見られます。特に昨日の夕方はローマ大環状線(G.R.A.)を点検の為に一部の区間で一車線に絞っていたので、車の流れが悪かったです。
個人宅では、やはり壁に亀裂が入ったり、マンションのエレベーターが落ちた所もある様です。


WP_20160826_070.jpg

↑ この写真は、ウンブリア州ペルージャ県ノルチャ(Norcia)の市庁舎の右隣にあるサン・ベネデット教会を8月24日の大地震のすぐ後に撮影したものです。この時の地震で、このサン・ベネデット教会の右側の尖塔がぐるりと回りました。(写真参照)ノルチャは震源地から最も近い町の一つでありながら死者0名、負傷者0名でした。(ノルチャの状況については、8月24日の二つ目の記事で詳しくご紹介してあります。こちら
教会の内部は物が倒れるなどしたので、地震後は教会は閉められていましたが、建物自体が崩れる様なことはありませんでした。しかし、今回の10月30日の地震でほぼ全壊してしまいました。実際に自分の目で見ただけに、とても悲しく今でも信じられません。


101736129-22b988cc-3f5d-4cbf-b520-c07f89168dcd.jpg

↑ ノルチャのサン・ベネデット教会は、10月26日の地震で衝撃を受けた後、今回10月30日の強い地震で完全に崩れてしまいました。(写真:Repubblica.it / Terremoto di 6.5 tra Norcia e Preci. E' il più forte in Italia dal 1980.より借用 リンク


4日前の地震(10月30日)が起きた時に、イタリア人の友人が震源となった場所から近いホテルに泊まっていたので心配になり電話をしました。家族でホテルの朝食会場で朝ごはんを摂っていたそうですが、地震でテーブルの上のタルトが飛び、それを目にした子供達は号泣、初めての怖い地震体験ですっかりトラウマになってしまったそうです。(翌日予定を切り上げローマへ帰宅)
イタリア中部では、依然余震が続いています。10月30日の最後の大地震から、今日まで200回以上ありました。今日の未明にもM.4.8の大きな地震があり、ローマでも感じられました。これからイタリア中部を訪問する予定の方は、いつでもニュースにアクセス出来る環境を整えられて下さい。以上、今回はレポート形式で長くなりましたが、宜しくお願い致します。




ローマから日常生活やイタリア旅行のヒントなどを気ままにツイートしています (*˘︶˘*).。.:*♡(毎日更新)
@RomaMizuho

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 交通・鉄道・航空 天気・気候・気温 文化・芸術・美術 旅行・ツアー・ホテル 治安・渡航安全情報 生活・習慣・マナー 自然・風景 見所・観光・定番スポット 通信・携帯・インターネット
2016年11月 4日
« 前の記事「自然いっぱい!ローマのサンクチュアリ(聖地)、ディヴィーノ・アモーレ。その1」へ
»次の記事「世界最古のローマ・カピトリーニ美術館が5回に渡り土曜の夜の入場料を1ユーロにします!!」 へ
ローマ特派員 新着記事
オミクロン株!ローマ市、屋外でのマスク着用義務化へ
バチカン市国クリスマスツリーの飾り付けが始まった!
ローマに観光客が戻って来た!!
コロナ禍でも変わらぬ美しさ ローマの夕暮れ
京王線事件 海外在住者が電車で気をつけていること
フォトジェニックなローマのもふもふの場所 4選
イタリアマンマの味 型で焼く簡単ふわふわピザパン!
筆者も被害に!注意イタリアiPhone窃盗団が横行中!
1年前の同じ月に投稿された記事
ローマのロマンティックな美しい夕暮れに胸がキュン・・・。
コルベ ホテル ローマ(Kolbe Hotel Rome)がホテル界のオスカー受賞!(2015 World Luxury Hotel Awards)
【重要!】イタリアの空港でのセキュリティチェック強化に伴うチェックイン時間について
【深夜2時まで】11月21日は入場料1ユーロで美術館のコンサートが楽しめる日!
イタリア土産はココ!イタリア食材のデパート、イータリー(Eataly)のローマ本店。
【バイクピクニック】 ライダー達と行く、ローマ近郊のオリーブオイルの大産地、美しきサビーナ地方! その1

イタリア ツアー最安値


2021/3/31更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ローマ特派員

    ローマ特派員
    阿部 美寿穂
    神奈川県出身。イタリア政府公認観光通訳、ツアーコンダクター(伊⇔英、日)。ローマ大学卒(文学哲学部文化遺産学専攻)、国立ペルージャ外国人大学修了。日本の公的機関で企画及び広報業務に6年間携わった後、渡伊。ご質問・ご相談などの各種お問い合わせはどなた様もお気軽にこちらまでどうぞ。また下記のSNSでは、イタリアの日常生活や旅行ヒントなどを毎日お送りしています!
    イタリア便り 阿部美寿穂(Twitter)
    romamizuho(Instagram) DISQUS ID @disqus_TzPr9NzFTw

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集