海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イタリア/ローマ2特派員ブログ

イタリア/ローマ2特派員ブログ 田澤 龍太郎

イタリア・ローマ2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


ここローマには中世のだまし絵が見られる聖イグナチオ・ロヨラ教会(伊語:Chiesa di Sant'Ignazio di Loyola)があります。このバロック様式の教会は、日本でも馴染みのあるフランシスコ・ザビエル(伊語:Francesco Saverio)が布教したイエズス会(伊語:Compagnia di Gesù)の創立メンバーであり、初代総長でもあったイグナチオ・デ・ロヨラ(伊語:Ignazio di Loyola)のために17世紀頃(1626年)に創られたものです。

Chiesa di Sant'Ignazio di Loyola_1.jpg


教皇への絶対的服従というカトリック教会の男子修道会であるイエズス会は、世界布教活動の一環により日本に初めてカトリックをもたらしています。そして、スペインのバスク地方出身のイグナチオ・デ・ロヨラが初代総長として、欧州各地に一般学校や神学校を創立させることで名を馳せ、会憲では、軍隊出身のイグナチオらしく軍隊的な表現を用いている。1540年頃、当時の教皇パウルス3世により許可されたこの修道会は、今や会員数が20,000人を誇り、112ヶ国に及ぶ世界で2番目に大きいカトリックの男子修道会になっています。


Chiesa di Sant'Ignazio di Loyola_2.jpg


当時の反宗教改革の発展に貢献したとされるイエズス会の初代総長イグナチオ・デ・ロヨラは、1556年にローマで死去し、教皇のグレゴリウス15世(伊語:Papa Gregorio XV)が1622年頃に聖人として列聖させています。そして、その彼に捧げられた教会がこの聖イグナチオ・ロヨラ教会です。


Chiesa di Sant'Ignazio di Loyola_3.jpg


教会内部の見事な身廊天井画は、イタリア人の画家でもあり、建築家でもあったアンドレア・ポッツォ(伊語:Andrea Pozzo)による最高傑作とされております。彼もまた、イエズス会の修道士として知られています。


Chiesa di Sant'Ignazio di Loyola_4.jpg
※ドームの内側が見える。


壮大なフレスコ画は、クアドレトゥーラという遠近法による天井画で人間の視覚を利用して惑わすイリュージョニスティックな技法を使っています。この聖イグナチオ・ロヨラ教会では、当初計画されていたドームの完成が資金不足等で中止になり、ポッツォが応急措置として遠近法によるこのだまし絵的なドームを作ったとされています。


Chiesa di Sant'Ignazio di Loyola_5.jpg
※前の写真ではしっかりドームがあるように見えますが、実際にはドームはありません。



⇒続きを読む"ローマ旧市街の教会にある中世のだまし絵"

2019年5月21日

ヴァチカン市国にあるキリスト教最大級の建造物のサン・ピエトロ大聖堂(伊語:Basilica di San Pietro)は信仰心がなくとも圧倒される素晴らしい教会建築ですが、主祭壇の上に聳えるドームつまり、クーポラ(伊語:Cupola)の上では、ローマを見渡せる最高の眺望が約束できる場所で知られます。


San Pietro.jpg
※夜もまた美しい姿を見せるサン・ピエトロ大聖堂


このミケランジェロの傑作と言われる美しいクーポラは、119mの高さを誇ります。


Cupola_1.jpg


美しいローマの街を眺められる絶景を求めるべくクーポラに登るためには、サン・ピエトロ大聖堂の右側にある入口から入ることになりますが、エレベーター又は、階段の二つを選ぶことができます。階段で頂上まで登る場合、551段の階段を登らなければなりませんが、エレベーターでも中間までしか行けず、残る320段を自分で登ることになります。


Cupola.jpg


入場料は2019年5月8日現在で、エレベーター利用で10ユーロとなり、階段利用の場合は、8ユーロとなっています。


Cupola_10.jpg


エレベーター利用や階段でテラスのような場所に辿り着くと、間近で壮大なクーポラを見ることができます。さらにそこからクーポラ内部に入るとサン・ピエトロ大聖堂の主祭壇を見下ろすことができ、改めてその明媚さに感動し、その大理石の床の美しさもまた感じることができます。


Cupola_3.jpg



⇒続きを読む"サン・ピエトロ大聖堂の頂きからローマの眺望を眺めよう!"

2019年5月 9日

火山があるイタリアもまた日本と同じように温泉大国で知られています。歴史的にも古代ローマ人は温泉好きで、社交の場としても活用されていたことが、数ある遺跡の中に浴場跡があることが実際に証明されています。今回は、中世の頃からローマ教皇に献上された伝統的な温泉水が飲める町と知られ、ローマから東へ約61kmの場所にあるフィウッジ(伊語:Fiuggi)をご紹介します。


IMG_20190418_161350.jpg


車で約1時間弱のフィウッジという町自体は、人口が約11,000人規模で、当地の名物である温泉は紀元前より発見されたと言われています。フィウッジの町にあるボニフィティウス8世の源泉(伊語:Fonte Bonifcacio VIII)は、日本であるような温泉という入浴施設はなく、施設内で温泉が出る蛇口が並ぶ公園となっています。


IMG_20190418_163127.jpg


公園内には椅子があちこち並べられ、飲泉セミナーが開催されるスペース、緑に囲まれた広大な空間で身も心もリラックスできる有料公園(入場料:2ユーロ)になっています。


IMG_20190418_164341.jpg


このフィウッジの水は、ローマのスーパーマーケットでも見かけることができるが、その泉質は腎臓結石や痛風等に良いとされています。実際にその効果を体感するには、医師の指示を仰ぎながら何日かかけて滞在して飲泉する必要があるようです。そのため現在のイタリアでは、日本のようにリラックスして温泉に浸かるよりも医療的な要素が大きいとされます。


IMG_20190418_164328.jpg



⇒続きを読む"ローマ郊外にある温泉水が湧き出る町"フィウッジ""

2019年4月29日
2019年4月26日
2019年3月27日
2019年3月22日
2019年3月18日
⇒すべての記事を見る

イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ローマ2特派員

    ローマ2特派員
    田澤 龍太郎
    2012年よりイタリアの協同組合の仕組みや障がい児教育の研修のため永遠の都ローマへ。ローマ娘のイタリア人と出会い、結婚をきっかけに勉学や仕事でイタリア各地を転々としながらも最終的に愛すべき街ローマへ戻る。現在は、現地でサッカーを中心にしたスポーツ留学サポートや旅行アシスタントやコーディネーター等と現地在住の強みを活かした仕事をしながらどっぷりと濃いローマライフを満喫中。ご連絡はこちらまで是非! DISQUS ID @disqus_gTeWNI2iMi

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集