海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イタリア/ローマ2特派員ブログ

イタリア/ローマ2特派員ブログ 田澤 龍太郎

イタリア・ローマ2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

新型コロナウイルス大流行による影響で長らく都市封鎖(ロックダウン)を受けたイタリアも段階的な緩和により少しずつ人の移動が見られるようになってきていますが、ここローマは、暑い日々が続いています。そこで今回の特派員ブログでは、ローマの人たちが涼を求めに訪れる「モンテ・ジェラートの滝(伊語:Cascate di Monte Gelato)」をお届けしたいと思います。


IMG_20200629_135627.jpg


ローマ市内から北東へ約45Kmの場所に位置するこの滝は、"モンテ(Monte/山)"と"ジェラート(Gelato/アイスクリーム)"という名前から「アイスクリーム山」と解してしまうことから何かと涼しそうなイメージがあります。実際に訪れてみるとラツィオ州立トレジャ渓谷公園(伊語:Parco regionale Valle Del Treja)という緑豊かな公園の中にあり、涼しそうな水の音とともに訪れるものを惹きつける散歩道が心穏やかな気持ちにさせてくれます。まさに名前負けしていない印象を受けます。


IMG_20200629_135410.jpg


今回は、新型コロナウイルス流行中の最中に訪れたため、この公園内では係員が見張り、地元警察も待機していました。また、公園内でのマスク着用は義務となっているだけではなく、公園内に入園するための人数制限があり、係員が人数をカウントしています。さすがにこの暑い季節でマスクを着用し続けるのはとても息苦しく感じるため、ソーシャルディスタンス(社会的距離)を保ちながら新鮮な空気を取り入れようと一時的にマスクを外す人もいました。


IMG_20200629_144134.jpg
※家族やグループの場合は、ソーシャルディスタンス(社会的距離)は保っておりませんが、奥で見張っているのが公園の係員です。



⇒続きを読む"ローマで心地いい涼を感じる場所"モンテ・ジェラートの滝""

2020年7月 9日

新型コロナウイルスにより壊滅的な影響を受けた観光大国のイタリアもようやくここにきて、欧州外からの旅行客の受け入れが2020年7月1日より解禁される見込みです(2020年6月29日現在)。それも日本や韓国のように新型コロナウイルスの感染者が比較的落ち着いている国に限定されており、従来の自由な旅行とはまだほど遠い状況です。それでも国内の国内総生産(GDP)の約13%が観光業となっているこの国では、経済復興の足掛けとなるひとつのステップです。今日、再開させていただくローマ2特派員ブログでは、現在の永遠の都「ローマ」の状況をお届けします。


IMG_20200626_154446.jpg


現在のローマの町では、欧州内からの観光客も少しずつ訪れてきていますが、これまでのにぎわいとはまた違う静けさも感じられます。人込みであふれたあのスペイン広場(伊語:Piazza di Spagna)も写真に収めるには独占できるほどの余裕があります。


IMG_20200617_125652.jpg


また、ローマでもよく知られるブランド街のコンドッティ通り(伊語:Via dei Condotti)もやはり、かつてのような賑わいが見られません。それでもそれぞれのブランド店は、体温チェック、消毒液やマスク着用などでできる限り徹底した防染対策が実施されており、新型コロナウイルスと共生しながらも買い物自体は楽しむことはできます。


IMG_20200523_111659.jpg


郵便局やスーパーなどでは入場できる人数の制限もあり、その際に並ぶときも人と人の間の距離を取るソーシャルディスタンス(伊語:Distanziamento sociale)が人々の間で浸透しており、この時世のなかでのできる限りの防染対策がなされています。


IMG_20200427_115944.jpg



⇒続きを読む"新型コロナウイルスと永遠の都"ローマ""

2020年6月30日

永遠の都に眠る古代ローマの遺構のなかには、世界でも最古のショッピングモールではないかと考えられ、古代ローマ人の生活を感じられる巨大な半円形の遺構があります。特に古代ローマの歴史に興味がある人にとっては、トラヤヌス帝の市場(伊語:Mercati di Traiano)は、数あるローマ建築のなかでもぜひとも訪れてみたい場所であることは間違いないです。


Mercati di Traiano_28.jpg


西暦100年~110年に建設されたとされるトラヤヌス帝の市場は、トラヤヌス帝に仕えていたダマスカス(現在のシリアの首都)の建築家アポロドーロス(伊語:Apollodoro di Damasco)によって建てられたとされています。中世の頃には、階層が増築され、13世紀頃には、防御用の要素を含んだ兵士の塔(伊語:Torre delle Milizie)が増築されたといわれています。


Torre delle Milizie_Mercati di Traiano.jpg


このトラヤヌス帝の市場は、2007年頃から皇帝のフォルム博物館(伊語:Musei dei Fori Imperiali)が併設され、一般公開されています。このフォルムとは、古代ローマの公共広場を意味します。この博物館の入口となるグランデ・アウラ(伊語:Grande Aula)は、現在は博物館として各フォルムのジオラマや世界に広がる古代ローマの遺構のモデルが展示されていますが、この場所に広がる空間が現在のショッピングセンターの構造と変わらないことに驚きを覚えます。


Mercati di Traiano_39.jpg



⇒続きを読む"古代ローマの歴史ロマンを感じる最古のショッピングモール"

2020年2月21日
2020年2月 2日
2020年1月25日
2019年11月11日
2019年10月25日
⇒すべての記事を見る

イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ローマ2特派員

    ローマ2特派員
    田澤 龍太郎
    2012年よりイタリアの協同組合の仕組みや障がい児教育の研修のため永遠の都ローマへ。ローマ娘のイタリア人と出会い、結婚をきっかけに勉学や仕事でイタリア各地を転々としながらも最終的に愛すべき街ローマへ戻る。現在は、現地でサッカーを中心にしたスポーツ留学サポートや旅行アシスタントやコーディネーター等と現地在住の強みを活かした仕事をしながらどっぷりと濃いローマライフを満喫中。ご連絡はこちらまで是非! DISQUS ID @disqus_gTeWNI2iMi

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集