海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イタリア/ローマ2特派員ブログ

イタリア/ローマ2特派員ブログ 田澤 龍太郎

イタリア・ローマ2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

首都ローマには、欧州でも屈指の歴史を誇り、在籍している学生の数でも西ヨーロッパ最大規模のローマ・ラ・サピエンツァ大学(伊語:Università degli studi di Roma"La Sapienza")があります。その学生数は、10万人以上とされ、学部数は21学部とローマだけではなく、イタリアでももっとも権威のある大学で、その卒業生たちは一目置かれています。


Uni1_6.jpg


起源はなんと中世の1303年頃でざっと700年以上の歴史があります。学術や文化の保護者で知られた教皇のボニファティウス8世(伊語:Bonifatius VIII)によって設立された当時は、聖職者のための教育機関であり、STUDIUM URBISという神学校がローマ市内に設立されたのが、この大学の前身とされます。


Uni1_1.jpg


そして、1807年頃には教皇領が廃止されたことに伴い、教皇庁の管轄として国公立大学となりました。1935年にはムッソリーニによって現在の場所に移動されたこのラ・サピエンツァ大学は、省略してローマ大学と呼ばれることがあるが、第2次世界大戦後に2つの国公立大学が設立されたことにより、ラ・サピエンツァと区別されています。なお、戦後に設立された国公立大学は、トル・ヴェルガータ大学(伊語:Università degli studi di Roma "Tor Vergata")、ローマ・トレ大学(Università degli Studi di Roma Tre-Rettorato)とされ、サピエンツァ大学が第1大学、トル・ヴェルガータ大学が第2大学、ローマ・トレ大学が第3大学と呼称されることもあります。


Uni3-2.jpg

【注意】写真は、ローマ市内のオスティエンセ付近にあるローマ・トレ大学です。


⇒続きを読む"欧州屈指の歴史を誇るイタリアの首都ローマの大学"

2021年9月23日

ここローマは、永遠の都と言われるだけあって思いのままに町を歩けば、相変わらずのように思いがけない古代遺跡に巡り会えます。その古代遺跡のひとつがトッレ・アルジェンティーナ広場(伊語:Largo di Torre Argentina)です。この古代遺跡は、4つの神殿が建てられていたことから、共和制ローマ時代の聖域(伊語:Area Sacra)だったとされます。また、当時の世界最大級を誇ったポンペイウス劇場(伊語:Teatro di Pompeo)の一部でもありました。


LDTA_7.jpg


このポンペイウス劇場は、古代ローマの建築物で完成まで7年の年月を要しましたが、完全に自立した石造りの構造で古代ローマの歴史が残るいくつかの場所でも見られるローマ劇場の原形とも言われています。現在、劇場の大部分は地下に眠っているが、その一部となるトッレ・アルジェンティーナ広場には大型の公衆トイレの跡があります。


LDTA_8_Foricae.jpg
※古代ローマ時代のトイレ(長い溝のような部分がトイレの排水溝のような役割を果たしたとされています)


そして、共和制ローマ末期の政治家のひとりで最大の野心家でもあったユリウス・カエサル(伊語:Gaio Giulio Cesare)が暗殺された場所はそのポンペイウス劇場の敷地内とされていましたが、近年になってトッレ・アルジェンティーナ広場内にある当時、元老院として使われた「ポンペイのクーリア(伊語:Curia Pompeia)」で刺されたのではと特定されています。


LDTA_3.jpg
※3本の大きな円柱の部分の後がポンペイのクーリアと呼ばれる場所です。


このトッレ・アルジェンティーナ広場は、1909年のイタリア統一運動後には取り壊される運命だったが、ムッソリーニによる都市計画プロジェクトで女神フォルトゥーナの巨大な頭部や手足と銅像の一部が発見されたことにより、この共和制ローマの聖域が発掘されたとされています。現在、これらの銅像の一部はローマ市内のカピトリーニ美術館に保蔵されています。


LDTA_4.jpg


神殿には、紀元前241年のカルタゴの戦いで勝利したことを記念して建てられたユートゥルナ神殿、発見された4つの神殿の中で最も古く紀元前4世紀~3世紀の間に建てられたとされる豊作の神様を祀るフェーロニア神殿、航海の神様ラレースを祀るラレース神殿、この聖域の発見のきっかけとなった幸運の女神のフォルトゥーナ神殿とまさに聖域という名に相応しい場所です。


LDTA_6.jpg


⇒続きを読む"ローマ市街に眠る猫の天国"トッレ・アルジェンティーナ広場""

2021年8月18日

2021年3月15日より新型コロナウィルスの新規感染者でも英国型の変異種が猛威を振るい、第3波の煽りを受け、ローマを州都とするラツィオ州は、レッドゾーン(伊語:Zona Rossa)に入ることになり、事実上の再ロックダウン状態となります。この措置は、パスクワ(伊語:Pasqua)明け(2021年4月6日)までとなり、とても厳しいものとなりました。


Villa Doria Pamphilj.jpg


そんな今日のローマですが、この新たな措置が発令される前にヴィラ・ドーリア・パンフィーリ邸(伊語:Villa Doria Pamphilj)と呼ばれるローマ最大規模の市民公園を訪れてみました。ここでも、マスクを着用している人が多いですが、新型コロナを少しでも忘れさせてくれる緑豊かで心を落ち着かせてくれる場所です。


Villa Doria Pamphilj_1.jpg


ローマ市の3大公園のひとつ、ヴィラ・ドーリア・パンフィーリ邸は、この東京ディズニーランドの約3倍の広さで約184ヘクタールの面積を持つ広大な市民公園ですが、ピクニックやエクササイズを楽しむローマ人たちが太陽を浴びながら緑を堪能できる癒やしの空間です。この広大な公園の一角がヴィラ・ドーリア・パンフィーリ邸となっており、教皇が絶大な力を持つ時代で昔ながらの貴族たちが、経済活動によって得た富によって別荘として郊外に建てたもののひとつです。


Villa Doria Pamphilj_2.jpg


また、ヴィラ・ドーリア・パンフィーリ邸のあるエリアには、ローマ帝国の第13代皇帝トラヤヌスが2世紀頃に完成させたトライアーナ水道(伊語:Acquedotto Traiano)があり、歴史建造物、噴水と見どころが詰まっています。何よりも驚くべきなのは、復旧された歴史があるとは言え、現在でもローマ北西約40㎞先のブラッシャーノ湖周辺の地域よりこのトライアーナ水道を通して、ローマの下町のトラステヴェレ地区(伊語:Trastevere)に水を供給していることです。


Villa Doria Pamphilj_4.jpg


さらにイタリア式の庭園が見事なヴィラ・ドーリア・パンフィーリ邸のあるエリアには、ローマ2特派員が特に感銘を受けた印象的な建物として、とても雅やかな礼拝堂(伊語:La Cappella)があります。


Villa Doria Pamphilj_6.jpg


⇒続きを読む"休日は、ローマ最大規模を誇る市民公園で心休ませる"

2021年3月14日
2021年3月 7日
2020年10月 7日
2020年9月27日
2020年8月 3日
⇒すべての記事を見る

イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ローマ2特派員

    ローマ2特派員
    田澤 龍太郎
    2012年よりイタリアの協同組合の仕組みや障がい児教育の研修のため永遠の都ローマへ。ローマ娘のイタリア人と出会い、結婚をきっかけに勉学や仕事でイタリア各地を転々としながらも最終的に愛すべき街ローマへ戻る。現在は、現地でサッカーを中心にしたスポーツ留学サポートや旅行アシスタントやコーディネーター等と現地在住の強みを活かした仕事をしながらどっぷりと濃いローマライフを満喫中。ご連絡はこちらまで是非! DISQUS ID @disqus_gTeWNI2iMi

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集