海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ローマ2特派員ブログ > 今と昔のコントラスト!地下鉄から永遠の都ローマを垣...

イタリア/ローマ2特派員ブログ 田澤 龍太郎

イタリア・ローマ2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年2月22日

今と昔のコントラスト!地下鉄から永遠の都ローマを垣間見る


今と昔のコントラスト!地下鉄から永遠の都ローマを垣間見る

皆さん、初めまして!このたび「地球の歩き方」イタリア/ローマ特派員ブログを担当することになりました"田澤 龍太郎(たざわ りゅうたろう)"と申します。


ここイタリアの首都であり、永遠の都として知られるローマには、2012年より住み始めましたのですが、最初のローマ滞在1年を経て、仕事や勉学の関係でイタリア各地を転々と暮らしながら、最終的に2年前ぐらいから再び、ローマに戻ってきました。これも1960年に公開されたフェデリコ・フェリーニ監督の映画「甘い生活 (La Dolce Vita)」のワンシーンにもあるように、あの有名なトレビの泉でコインを投げたお陰なのかもしれません。

fontana_di_trevi_3.jpg

数々の歴史を積み重ねた建造物が街の中で今でも誇らしげに凛々と構えているイタリアの首都ローマは、そんな儚い歴史とそこに住む人々が共存している街です。そんなローマには、路線が蜘蛛の巣のようにあちこちへ散らばる複雑な東京の地下鉄という程ではありませんが、旅行者の足としてもちょっとした便利な地下鉄があります。今回は、この地下鉄を通して、ローマという街の魅力とも言える一部分を解剖させて頂きたいと思います。

Roma_metro.png (by ArbaleteCC BY-SA 4.0 , Link


たったの3路線と首都にしてはとてもシンプルです。
ローマを走る地下鉄は1955年に開通され、現在はA線(赤)とB線(青)、C線(緑)があります。2014年になってようやく開通したC線も路線を拡大中です。(注意:上記写真でC線の緑の白抜きライン部分が現在拡張中の路線になります。)そもそもC線は2007年から工事が開始されましたが、予算もなく、工事が何度も中断する等、思うように拡大されていません。その上、ローマは数々の貴重な遺跡がまだ地下に眠る街ですから遺跡が見つかる度に考古学調査が始まることからそう簡単に工事できない複雑な事情もあります。

closseo_metroc.jpg

もし、C線の路線が拡大されれば、主な観光施設へのアクセスがスムーズになるだけではなく、A線やB線への乗り換えがスムーズになることであちこちへ移動するのもこれまで以上に容易になることから一気にインフラが進み、地元の人たちだけではなく、旅行者にとってもかなり便利になることは間違いないのです。もう1本路線が加わるだけでインフラが一気に進むのもローマという街ならではで、それは大きな意味を持つのですが、やはり経済力を持つ国々の首都を走る地下鉄と比較すればここローマは地下鉄ができてから半世紀以上の歴史を経ているにも関わらず、極めて少ない路線数です。

metroc.jpg

ローマは地下鉄の路線が少ないこともあって逆に路線が非常に複雑なバスが細かくカバーしていますが、バスと比較しても渋滞や遅延のストレスが少ない地下鉄はやはり、旅行者には分かりやすく、地元ローマっ子にとってもフットワークがとても快適です。


ただ、残念なことにここ首都ローマの地下鉄にはスリが良く出没します。
イタリアのテレビ番組でも毎回、取材者が身体を張って掏られる瞬間を見つけてはその手口をクローズアップしています。もちろん、テレビ番組では警察も呼ぶので、その撮影した様子を見せることで現行逮捕ということになります。特にラッシュの時間帯等、人混みのある地下鉄はスリにとって格好のターゲットが存在しており、実際に多くの旅行者が被害に遭われています。普段と違う景色に遭遇できる年に何回かの旅行で羽を伸ばす気分に浸かるのも分かりますが、ただいつもより常に注意深く堂々と歩いていれば、スリのターゲットとなる可能性は少なくなるので、そこをしっかり身構えて行動すれば良いでしょう。


永遠の都と呼ばれるローマ。やはり、地下鉄を作るのも困難なのも地上だけではなく、地下にもまだ3000年以上の貴重な歴史がいくつも眠っているからで、そこに永遠の都と呼ばれるゆえんの歴史的ロマンの一部を感じられます。


ローマを訪れる際には、地下鉄(メトロ/Metro)を意味する"M"の案内文字を探しながら、地元の人の足である地下鉄を利用して、悠久の歴史と共に時を過ごすローマっ子の気分に乗りかかって、効率よくローマ市内を観光してはいかがでしょうか?

metro_repubblica.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空
2018年2月22日
»次の記事「ローマでちょっと手軽にカルチョ(サッカー)を体験」 へ
おすすめ記事
    ローマ2特派員 新着記事
    ローマの水瓶!ブラッチャーノ湖とブラッチャーノの町
    秋の夜長には夜のヴァチカン美術館で芸術の秋を極めよう!
    ローマ発!地上の楽園!?アルプスのおとぎの国へ
    ローマ発!興味深い国境の町トリエステを訪れて
    避暑地"カステッリ・ロマーニ"地方で気ままなローマ郊外散歩
    イタリアの夏の風物詩の一つ!ローマ近郊の海水浴場
    中世の町への誘い!教皇にも愛された石造りの町"ヴィテルボ"
    テヴェレ川にある小さな有人島とトラステヴェレの隠れ家的レストラン

    イタリア ツアー最安値


    2018/10/23更新

    イタリア 航空券情報


    イタリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ローマ2特派員

      ローマ2特派員
      田澤 龍太郎
      2012年よりイタリアの協同組合の仕組みや障がい児教育の研修のため永遠の都ローマへ。ローマ娘のイタリア人と出会い、結婚をきっかけに勉学や仕事でイタリア各地を転々としながらも最終的に愛すべき街ローマへ戻る。現在は、現地でサッカーを中心にしたスポーツ留学サポートや旅行アシスタントやコーディネーター等と現地在住の強みを活かした仕事をしながらどっぷりと濃いローマライフを満喫中。ご連絡はこちらまで是非! DISQUS ID @disqus_gTeWNI2iMi

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集