海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ローマ2特派員ブログ > ローマ市民から不評を買う!?最高裁判所

イタリア/ローマ2特派員ブログ 田澤 龍太郎

イタリア・ローマ2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年3月18日

ローマ市民から不評を買う!?最高裁判所


メール プリント もっと見る

ローマ市民から不評を買う!?最高裁判所

イタリアでは3番目に長い川でローマ市内を流れることで知られるテベレ川沿いには、ローマの人たちにとって不評の建造物として知られる最高裁判所(伊語:Palazzo di Giustizia)があります。通常、イタリアでは司法訴訟に関わる最高裁判所を破棄院と解釈され、イタリア語では"Corte di Cassazione"となるが、今回は建造物としての"Palazzo di Giustizia"をご紹介させて頂きます。


Palazzo di Giustizia_9.jpg


この建造物は一見、厳粛な雰囲気があり、とても圧倒されるのですが、彼らの感覚の中では、この建物のごちゃごちゃしている装飾が悪評を生んでいるようなのです。その証拠に「醜悪の建物(伊語:Palazzaccio)」という別名でローマの人たちに広く知られています。


Palazzo di Giustizia.jpg


ローマにある美しい建造物の中でこの不名誉な評価を受けているこの最高裁判所は、1888年~1910年の間に建築され、1911年より開所されました。古代ローマという果てしない歴史と比較しても100年ほどしかありませんが、私たちにとっては十分に感銘を受けることができる見事な建造物です。そして、この場所は司法関係に関わる図書館の機能を持ち、弁護士を登録し管理する場所でもあり、日本の最高裁判所と同じようにイタリアでは司法権を担当する国の最高機関という位置づけになっています。


Palazzo di Giustizia_14.jpg


まるで美術館のような威厳があり重々しく気高い荘厳なこの建物は、正面にある両手にそれぞれ剣と法典を持ち、正義を司るローマ神話の女神(ユースティティア/伊語:Justitia)の銅像が印象強く感じさせられます。司法・裁判の公正さを表すとされる女神像も現在は、左手に天秤と右手に剣を持ち目隠しをする女神像が一般的とされるが、ここでは法典(法律の本)を持ち、目隠しがない銅像になっているのが特徴でもあります。その銅像の下にはラテン語で"IUSTITIA"と記されているが、その意味はイタリア語では"Giustizia"となり、日本語では正義又は司法と解釈されるため、法の下の平等という理念が強調されているようだ。


Palazzo di Giustizia_6.jpg


この最高裁判所は残念ながら観光客がその中を見学することはできません。


Palazzo di Giustizia_13.jpg


裁判所の前部には裁判所広場(伊語:Piazza dei Tribunali)という小さな広場があり、裁判所への道を照らすかのようなウンベルト一世橋(伊語:Ponte Umberto I)からテベレ川を渡ることができるが、その橋の上からバチカン市国のサンピエトロ大聖堂とテベレ川がちょうど合わさった美しい景観を眺めることができます。


Palazzo di Giustizia_7.jpg


そして、裁判所の裏側にはカヴール広場(伊語:Piazza Cavour)があり、この場に相応しくない異国情緒たっぷりの公園の中心にはトリノを州都とするピエモンテ州のピエモンテ人である初代イタリア王国の首相のカルミネ・ベンソ・カヴール伯爵の銅像が建てられています。その広場には毎日のように犬の散歩やベンチでくつろいでいる人たちで溢れ、裁判所があるのかを忘れてしまうような平和な雰囲気があります。


Piazza Cavour_3.jpg


また、比較的新しいこの広場も様々な路線の公共バスやローマの国際空港であるフィウミチーノ空港まで行くシャトルバスの停留所があり、交通の要の一つとなっているようだ。


Piazza Cavour_2.jpg


現在、イタリア旅行を計画されている方には、ローマで最長3泊のストップオーバーの計画をするのも一つの案です。2018年12月31日までにご旅行される方には、ローマと組み合わせて欧州等の他都市を訪問する計画も立てられるアリタリア航空さんの提案も参考になりますので、興味のある方は是非ご覧ください。(注意:アリタリア航空の回し者ではありませんが、お得にローマを訪問する一つ方法として提案しています)


詳細はこちら → 永遠の都ローマでストップオーバー


この永遠の都ローマには、古代ローマ時代からの様々な歴史が埋もれていますが、今回ご紹介した最高裁判所のように観光客はともかく、ローマの人たちにとって悪評を受けている場所があります。それらを通じて、彼らの価値観に触れるのもまた一つの旅の楽しみでもあります。


Palazzo di Giustizia_13.jpgのサムネイル画像

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年3月18日
« 前の記事「ローマ人の台所事情!?ローマ地区NO.1の市場で新鮮な食材を求める」へ
»次の記事「ローマで活気溢れる下町"トラステヴェレ"を歩く」 へ
おすすめ記事
    ローマ2特派員 新着記事
    大砲が響くジャニコロの丘でローマの眺望を眺める
    趣のあるローマ散歩!意外なローマの風情が溢れるガルバテッラ地区
    ローマでサッカー観戦!トップリーグ"セリエA"とオリンピックスタジアム
    古代ローマ時代の保養地。そして、現在のローマの行楽地"ティヴォリ"を訪ねて
    ローマ発!豊かな自然に恵まれた風光明媚な国"スロベニア共和国"
    永遠の都"ローマ"で味わう本格的な日本のラーメン!?
    ローマよりお届けする桜便り~EUR(エウル)地区で小さな花見散歩
    ローマで活気溢れる下町"トラステヴェレ"を歩く

    イタリア ツアー最安値


    2018/5/25更新

    イタリア 航空券情報


    イタリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ローマ2特派員

      ローマ2特派員
      田澤 龍太郎
      2012年よりイタリアの協同組合の仕組みや障がい児教育の研修のため永遠の都ローマへ。ローマ娘のイタリア人と出会い、結婚をきっかけに勉学や仕事でイタリア各地を転々としながらも最終的に愛すべき街ローマへ戻る。現在は、現地でサッカーを中心にしたスポーツ留学サポートや旅行アシスタントやコーディネーター等と現地在住の強みを活かした仕事をしながらどっぷりと濃いローマライフを満喫中。ご連絡はこちらまで是非! DISQUS ID @disqus_gTeWNI2iMi

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集