海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ローマ2特派員ブログ > ローマで活気溢れる下町"トラステヴェレ"を歩く

イタリア/ローマ2特派員ブログ 田澤 龍太郎

イタリア・ローマ2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年3月29日

ローマで活気溢れる下町"トラステヴェレ"を歩く


ローマで活気溢れる下町"トラステヴェレ"を歩く

長らく厳しく寒い日々が続いたここ永遠の都"ローマ"も暖かい日々が続き、ようやく春の到来を感じられます。そこでここローマへ旅行する際に絶対に訪れて欲しい場所として"トラステヴェベレ(伊語:Trastevere)"地区があります。今回は本格的な春到来間際ということでローマの気まま散策に最適でかつ魅力的な場所をご紹介します。


Trastevere_1.jpg


ローマ市内を流れるテベレ川の向こう側に位置しているこの古い地区は、"庶民的な下町"という言葉が非常にしっくりくる場所です。日本に置き換えると恐らく東京で言えば浅草で、大阪で言えば谷町や千林周辺のような位置づけになるかもしれませんが、観光地化された下町とはどこか違う味があります。実際にはこの地区にも多くの旅行者が訪れるので、観光地化されつつありますが、昔からある古い建物をそのままに残すローマの中でももっとも賑わい、夜遅くまで営業しているピッツェリア(ピザ屋)やトラットリア、PUB(居酒屋)が軒を連ねて、エネルギッシュな若者たちで溢れ、情熱的な雰囲気を持ち、古い教会もあちこちにあり、昔ながらのローマに出会える場所でもあります。


Trastevere_2.jpg


ローマの中でも最古の教会とされるのではないかと考えられるサンタ・マリア・イン・トラステヴェレ教会(伊語:Basilica di Santa Maria in Trastevere)はこの地区の中心の広場にあり、その起源が西暦221年と悠久の歴史を誇っています。今回、残念ながらこの教会の外観はちょうど修繕の最中でその美しい姿を写真に収めることができませんでしたが、内部は荘厳な雰囲気を持ち、神聖的な気持ちにさせられます。


S.Maria_in_Trastevere.jpg


地元ローマの人たちからはこの地区の界隈をぶらりと散歩することがこの永遠の都での楽しみ方の一つとして親しまれていますが、手頃な価格で美味しいローマ料理のレストランに出会える場所として知られているので、週末は特に賑わいます。そして、即席のコンサートやストリートアート、大道芸に出会えるのもこの地区がもたらす雰囲気そのものではと感じさせてくれます。


Trastevere_Band.jpg


ちょっとした冒険心をすぐられるこの地区の細い路地は、もしかしたら宝物に出会えるのではないかと期待感でいっぱいになります。やはりそこにはそこにしかないようなオリジナルの品物が豊富なセレクトショップや個性的でかわいらしい手作りの雑貨屋さんとバリエーション豊かなシャツや小物たちと巡り合わせてくれます。


Trastevere_18.jpg

そして、ここトラステヴェレ地区のレストランはローマの人たちの胃袋を満たすだけではなく、その味に外れが少ないことでも知られます。それだけ美味しくて庶民的でかつ老舗のレストランがこの地区に集中していると言っても過言ではありません。


Trastevere_6.jpg

さらにこの地区にもサッカーを意味するカルチョ(伊語:Calcio)のチームがあり、1909年創立と何と110年近くの歴史があります。現在はセリエD(県リーグ相応)という下位のカテゴリーに位置するにも関わらず、地域に密着したチームであると同時に地元の人たちに愛され、その地区の中に立派なオフィシャルショップまで揃っているのだからスポーツを通じてこの地を発信していることが強く感じられます。


Trastevere_calcio.jpg


この魅力的なトラステヴェレ地区へのアクセスとしては、旅行者が良く滞在されているローマのテルミニ駅より番号として"H"の表示がついたバスで行くのが一番便利です。このバスを利用してテベレ川に架かる橋を渡った後にすぐ下車すれば、トラステヴェレ地区に到着となります。所要時間は渋滞に遭わなければという条件付きではありますが、約15分と行きやすさがあります。


Trastevere_tevere.jpg


着飾らない素朴なローマに出会いたいのならこのトラステヴェレ地区を自由気ままにぶらりと歩いてみるのが一番です。是非、ローマ滞在中にこのトラステヴェレ散策をスケジュールに組み入れて、旅人のあなたもよりもっとローマっ子の気分に近づけてみませんか。きっとこれまで以上にこの永遠の都"ローマ"に恋すること間違いないです。


Trastevere_5.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年3月29日
« 前の記事「ローマ市民から不評を買う!?最高裁判所」へ
»次の記事「ローマよりお届けする桜便り~EUR(エウル)地区で小さな花見散歩」 へ
おすすめ記事
    ローマ2特派員 新着記事
    パラティーノの丘で ローマ建国神話を訪ねて
    フェンシング大国"イタリア"に挑戦する一人の日本人
    ローマ近郊でもっとも美しい海に出会えるビーチリゾート"スペルロンガ"
    ローマの水瓶!ブラッチャーノ湖とブラッチャーノの町
    秋の夜長には夜のヴァチカン美術館で芸術の秋を極めよう!
    ローマ発!地上の楽園!?アルプスのおとぎの国へ
    ローマ発!興味深い国境の町トリエステを訪れて
    避暑地"カステッリ・ロマーニ"地方で気ままなローマ郊外散歩

    イタリア ツアー最安値


    2018/11/18更新

    イタリア 航空券情報


    イタリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ローマ2特派員

      ローマ2特派員
      田澤 龍太郎
      2012年よりイタリアの協同組合の仕組みや障がい児教育の研修のため永遠の都ローマへ。ローマ娘のイタリア人と出会い、結婚をきっかけに勉学や仕事でイタリア各地を転々としながらも最終的に愛すべき街ローマへ戻る。現在は、現地でサッカーを中心にしたスポーツ留学サポートや旅行アシスタントやコーディネーター等と現地在住の強みを活かした仕事をしながらどっぷりと濃いローマライフを満喫中。ご連絡はこちらまで是非! DISQUS ID @disqus_gTeWNI2iMi

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集