海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ローマ2特派員ブログ > ローマ発!豊かな自然に恵まれた風光明媚な国&quo...

イタリア/ローマ2特派員ブログ 田澤 龍太郎

イタリア・ローマ2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年4月23日

ローマ発!豊かな自然に恵まれた風光明媚な国"スロベニア共和国"


ローマ発!豊かな自然に恵まれた風光明媚な国"スロベニア共和国"

今回は、イタリアの隣国であるスロベニアへ週末を利用して旅行してきたので、ローマ(イタリア)からでも行ける身近な国の一つ"スロベニア共和国"をご紹介させて頂きます。日本からの視点で見れば一般的に馴染みが薄いスロベニアは、季節運航チャーター便等を除き直行便がまだ就航されてないこともあり、イメージが湧きにくい国の一つとされるかもしれません。それでも人口が約200万人程度で欧州でも優等生的な存在を持つ小さな国は、イタリア、クロアチア、ハンガリー、オーストリアに囲まれ、水が豊かな欧州の国の一つとされるようにアルプスの真珠とも言われるほどで特に自然の魅力が満載の国です。


Slovenia_map.png
(by Cartographer of the United Nations [Public domain], via Wikimedia Commons)


ここローマからは、列車でもスロベニア共和国へ行くことができますが、今回は飛行機を利用しました。ここローマからはまず、約1時間20分のフライトでイタリア北東部に位置するアドリア海に面した湾岸都市のトリエステまで向かいます。スロベニアとの国境を隣接するこの都市からは車で欧州最大規模を誇る鍾乳洞で知られるポストイナまで高速道路を利用して、約1時間で向かうことができます。


Slovenia_1.jpg
※今回の旅行では、スロベニア入りが夜中のためスロベニアの国境を超える瞬間をうまく写真に収められませんでした。その代わりにイタリアに戻る時の様子を掲載させていただいております。


わずか1時間の間にイタリアの国境を越え、スロベニアに入国できるというのは陸続きの欧州大陸を旅するものとして、島国の日本では感じられない"国境超え"の旅という旅の醍醐味の一つを感じられるのではないでしょうか。ここポストイナでは、鍾乳洞と岩山と一体化した壮大な洞窟城で知られるプレジャマ城もまた観光名所として知られています。今回は、時間の都合上、鍾乳洞ではなく神秘的な雰囲気が漂うプレジャマ城(洞窟城)を訪れました。


Slovenia_2.jpg


高さ約120mで断崖絶壁のプレジャマ城は現在、博物館となっているためこの城の歴史を学ぶことができますが、城内に入るとまさに難攻不落の城で長期の籠城が可能な構造になっていることを強く実感できます。城内のさらに内部の奥は夏季シーズン限定のツアーとして限定公開される鍾乳洞があり、数多くのコウモリに出会えることができるようだ。


slovenia_3.jpg


そして、ポストイナから東側寄りに北上するとスロベニアの首都"リュブリャナ"に1時間ぐらいで辿り着くことができます。常に外部からの圧政者に支配され苦しめられた受難の歴史を持つスロベニアは、そうした負の歴史を乗り越えてこそ今があるようにリュブリャナ旧市街を始めとした中世の雰囲気残る美しい景観を見つけることができます。


Slovenia_4.jpg


何よりも地理学的にもオーストリア等の国々から影響を受けた建築物がとても印象的で、その落ち着いた感じを受ける景観を活かしながらコンパクトにこの国の首都を形成しているようだ。


Slovenia_5.jpg


人口が約27万人規模のこの都市は、リュブリャナドラゴンがシンボルとなっており、力や勇気、大きさの象徴とされ、リュブリャナ川に架かる竜の橋やリュブリャナ城の紋章にも描かれている。一国の首都に関わらず、小規模な都市の旧市街はゆっくりと気ままに街歩くだけでも平和的な雰囲気に包まれ静かに時が流れるような時間を味わうことができます。


Sloveni_6.jpg


2004年に東欧諸国として初めてEUに加盟したスロベニアは、隣国イタリアとも歴史的にも関わりが深くムッソリーニによる「外国人排斥」の方針の下、言語弾圧など激しい迫害を受けていた。また、第2次世界大戦中にはこの美しい首都リュブリャナもイタリア王国に占領され、その一部となった。現在は、1991年に旧ユーゴスラビア連邦から独立し、21世紀近くになってようやく独自の文化を歩み始めた発展途上中の国の一つと数えられている。


Slovenia_6.jpg


実際にこの国を訪れたのは2回目だが、1回目の訪問当時はネームバリューの差でスロベニアを起点にクロアチアの都市を訪れたため、スロベニアという国を軽視していた感があった。今回、初めてスロベニアをゆっくり訪れることで"スロベニア"という国を見直すきっかけとなり、この国が持つ緑豊かな自然やその産物や景観を探求し、その国の歴史や文化をもっと学んでみたいと気付かせてくれる旅となった。


Slovenia_7.jpg


イタリアの隣国の一つであるスロベニアは、永遠の都"ローマ"から手軽に列車や飛行機等で訪れることができるだけはなく、スロベニアが誇る自然を最大限に活かしたマイナスイオンたっぷりのネイチャーリゾートと中世から続く受難の歴史や文化が共存している国なので、世界中を旅する皆さんも是非、訪れてみたい国の一つとして候補に入れてはいかがでしょうか?


Slovenia_8.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2018年4月23日
« 前の記事「永遠の都"ローマ"で味わう本格的な日本のラーメン!?」へ
»次の記事「古代ローマ時代の保養地。そして、現在のローマの行楽地"ティヴォリ"を訪ねて」 へ
おすすめ記事
    ローマ2特派員 新着記事
    ローマ発!地上の楽園!?アルプスのおとぎの国へ
    ローマ発!興味深い国境の町トリエステを訪れて
    避暑地"カステッリ・ロマーニ"地方で気ままなローマ郊外散歩
    イタリアの夏の風物詩の一つ!ローマ近郊の海水浴場
    中世の町への誘い!教皇にも愛された石造りの町"ヴィテルボ"
    テヴェレ川にある小さな有人島とトラステヴェレの隠れ家的レストラン
    素朴で着飾らない街"ローマ"で味わう伝統的なローマ料理
    ローマを流れるテヴェレ川に架かるミルヴィオ橋

    イタリア ツアー最安値


    2018/9/20更新

    イタリア 航空券情報


    イタリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ローマ2特派員

      ローマ2特派員
      田澤 龍太郎
      2012年よりイタリアの協同組合の仕組みや障がい児教育の研修のため永遠の都ローマへ。ローマ娘のイタリア人と出会い、結婚をきっかけに勉学や仕事でイタリア各地を転々としながらも最終的に愛すべき街ローマへ戻る。現在は、現地でサッカーを中心にしたスポーツ留学サポートや旅行アシスタントやコーディネーター等と現地在住の強みを活かした仕事をしながらどっぷりと濃いローマライフを満喫中。ご連絡はこちらまで是非! DISQUS ID @disqus_gTeWNI2iMi

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集