海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ローマ2特派員ブログ > ローマでサッカー観戦!トップリーグ"セリ...

イタリア/ローマ2特派員ブログ 田澤 龍太郎

イタリア・ローマ2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年5月13日

ローマでサッカー観戦!トップリーグ"セリエA"とオリンピックスタジアム


メール プリント もっと見る

ローマでサッカー観戦!トップリーグ"セリエA"とオリンピックスタジアム

ローマの中心街から北西に位置し、地元ローマっ子のデートスポットの一つモンテ・マリオ(伊語:Monte Mario)の麓には、オリンピックスタジアム(伊語:Stadio Olimpico)を擁するフォロ・イタリコ(Foro Italico)と呼ばれる複合スポーツ施設があります。


stadio_Olimpico.jpg


この複合スポーツ施設として広大な敷地を持つフォロ・イタリコは、1932年当時はフォロ・ムッソリーニ(伊語:Foro Mussolini)と呼ばれ、ファシスト政権の代表的な建築物としても知られています。実際に神殿などに建てられる記念碑のオベリスクやスタジアムへ向かう道のモザイク画にはドーチェ(伊語:Duce)と呼ばれる称号があり、イタリア語で国家指導者を意味し、当時、イタリア王国の国家指導者だったムッソリーニと直接的な関わりがあることが確認できる。


Stadio_Olmpico.jpg


そして、このフォロ・イタリコには、メインスタジアムのオリンピックスタジアムの傍には、圧倒的な60体の大理石像がスタジアムを囲むように並んでいる大理石スタジアム(伊語:Stadio dei Marmi)があります。オリンピックスタジアムを訪れる度にこの特異な風景に毎回、驚かされるが、この大理石スタジアムは5,280人収容で1936年に完成したとされています。


Stadio dei Marmi.jpg


メインスタジアムであり、約7万人収容の規模を持つオリンピックスタジアムは、1960年のローマオリンピックや1990年のイタリアワールドカップでも使用されただけではなく、ラグビーの代表戦や世界陸上など様々なスポーツイベントやコンサート等でも使用される由緒あるスタジアムであります。また、ローマをホームとしたトップリーグに所属する2つのチーム(ASローマとS.Sラツィオ)が共同で利用しており、ダービーとなる日はローマの街がもっとも熱狂に包まれる場所でもあります。


Calcio_italiano_10.jpg


"セリエA(伊語:Serie A)は、欧州でもサッカー文化が深く根付いたサッカー先進国のイタリアが誇るトップリーグの一つです。そのため、強くて高いレベルの試合を求め、地元の人たちだけではなく、多くの観光客が観戦に訪れています。また、近年は日本だけではなく、中国や韓国等とアジア各国から実に多くの方々が観戦に訪れています。


Calcio_italiano_11.jpg


イタリア全国で5番目ぐらいの規模でファンを持つローマの地元クラブであるASローマは、1927年に創立され、当時のファシスト党によってライバルである北の強豪クラブに対抗するためにローマ市内の3クラブを合併させた歴史を持つクラブです。このように歴史を遡れば、ローマと共に育ち、ローマに密着したクラブであることが分かるだけではなく、その証拠にローマ市内を歩けばチームカラーである黄色と赤をメインにしたえんじ色のユニフォームをこの街で良く見かけることでしょう。


Calcio_italoano_12.jpg


そのASローマの試合開始前には、地元の熱狂的なファンたちによってスタジアム全体に響き渡るぐらいに力強く歌われる歌があります。それはローマで生まれローマで育ったイタリアでも有名な歌手"アントネッロ・ヴェンディッティ"(伊語:Antonello Venditti)による"La Roma non si discute, si ama"(ローマは疑いなく愛されるべき)というローマへの深い愛を込めた歌であり、まさにイタリア人の郷土愛の強さが感じられる瞬間でもあります。


Calcio_italiano_13.jpg


旅する皆さんもローマ旅行の最中、特に週末にローマに滞在する機会があれば、サッカーの試合のスケジュールをチェックしてみて、イタリア人たちが熱狂するスタジアムで思い切り「ローマ、ローマ、ローマ」と歌いながら叫んでみませんか?


Calcio_italiano_14.jpg


【チケット予約方法】
一般的にはASローマのオフィシャルサイトでオンライン予約するのが一番無難な方法です。指定のメールアドレスに送られてくるチケットはご自宅でプリントアウトして、パスポート(身分証明書)とご一緒に持参下さい。

オフィシャルサイト:AS Roma


【オリンピックスタジアムまでのアクセス方法】
地下鉄A線"フラミニオ(伊語:Flaminio)駅下車、2番トラムに乗り換えて終点の"Mancini"まで。マンチーニ広場(伊語:Piazza Mancini)からテベレ川を渡り、徒歩約10分。


Roma store.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー スポーツ・観戦
2018年5月13日
« 前の記事「古代ローマ時代の保養地。そして、現在のローマの行楽地"ティヴォリ"を訪ねて」へ
»次の記事「趣のあるローマ散歩!意外なローマの風情が溢れるガルバテッラ地区」 へ
おすすめ記事
    ローマ2特派員 新着記事
    中世の町への誘い!教皇にも愛された石造りの町"ヴィテルボ"
    テヴェレ川にある小さな有人島とトラステヴェレの隠れ家的レストラン
    素朴で着飾らない街"ローマ"で味わう伝統的なローマ料理
    ローマを流れるテヴェレ川に架かるミルヴィオ橋
    大砲が響くジャニコロの丘でローマの眺望を眺める
    趣のあるローマ散歩!意外なローマの風情が溢れるガルバテッラ地区
    ローマでサッカー観戦!トップリーグ"セリエA"とオリンピックスタジアム
    古代ローマ時代の保養地。そして、現在のローマの行楽地"ティヴォリ"を訪ねて

    イタリア ツアー最安値


    2018/7/16更新

    イタリア 航空券情報


    イタリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ローマ2特派員

      ローマ2特派員
      田澤 龍太郎
      2012年よりイタリアの協同組合の仕組みや障がい児教育の研修のため永遠の都ローマへ。ローマ娘のイタリア人と出会い、結婚をきっかけに勉学や仕事でイタリア各地を転々としながらも最終的に愛すべき街ローマへ戻る。現在は、現地でサッカーを中心にしたスポーツ留学サポートや旅行アシスタントやコーディネーター等と現地在住の強みを活かした仕事をしながらどっぷりと濃いローマライフを満喫中。ご連絡はこちらまで是非! DISQUS ID @disqus_gTeWNI2iMi

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集