海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ローマ2特派員ブログ > 素朴で着飾らない街"ローマ"で...

イタリア/ローマ2特派員ブログ 田澤 龍太郎

イタリア・ローマ2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年6月17日

素朴で着飾らない街"ローマ"で味わう伝統的なローマ料理


素朴で着飾らない街"ローマ"で味わう伝統的なローマ料理

美味しい料理を食べたり飲んだりするのはその国の人々の暮らしの中心であるようにここ美食の国の一つであるイタリアでは、イタリア料理そのものが存在しないと言われています。長い歴史の中で都市国家として都市ごとに文化が築かれてきたこの国では、 "ナポリを訪れるならナポリを州都とするカンパーニャ料理"、"シチリアを食べ歩くならシチリア料理"、"ローマならばローマ料理"と謳われるようにその地ならではの料理が存在しています。


Pasta alla norma.jpg
画像提供:Rifugio Romano

このようにイタリアでは地形や歴史的な背景から培われた風土や文化を持ったそれぞれの地域特有の料理が存在します。今回は、ローマ2特派員としてローマ在住の特派員ならではの伝統的なローマ料理をご紹介します。


soutè di vongole.jpg
画像提供:Rifugio Romano


ラツィオ州を州都とするローマの料理は重たい料理が多いと言われているが、その美味しさは損なわれることなく、癖になる味が多いことからも、世界中からの観光客にとってもその料理に魅入られる人も多いようだ。


Carbonara.jpg
画像提供:Rifugio Romano


その代表的なローマ料理の一つに卵黄と羊の乳から作られたペコリーノチーズ、ベーコンを使ったパスタで日本でも良く知られる"カルボナーラ(伊語:Carbonara)"がある。それ以外にもバターや生クリーム、パルミジャーノチーズを用いた"アルフレード(伊語:Alfredo)"やトマトソースとベーコンのパスタである"アマトリチャーナ(伊語:Amatriciana)、ペコリーノチーズと胡椒だけのシンプルパスタのカーチョ・エ・ペペ(伊語:Cacio e pepe)が代表的なローマのパスタとされています。


amatriciana.jpg
画像提供:Rifugio Romano


労働者向けに作られたと言われるスタミナ満点の"カルボナーラ"やローマを訪れたアメリカ人の観光客に人気だったと言われる"アルフレード"、ローマの北東約100kmの村アマトリーチェ(伊語:Amatrice)が起源の"アマトリチャーナ"、羊飼いが簡単な昼食として思いついた"カーチョ・エ・ペペ"とそれぞれの料理の由来や歴史的背景を探れば、その料理の魅力をより一層感じられる。


cacio e pepe.jpg
画像提供:Rifugio Romano


また、ローマでは動物の内臓を使った料理が多いとされる。このような食文化が生まれた歴史的な背景には、昔のローマには食肉を提供する屠殺場があり、精肉した後の売れない部分を労働者たちが日当の一部として受け取って、レストランで料理してもらっていたことから内臓等をふんだんに使った独自の料理が発展したと言われています。その代表的な一例が、牛の胃袋を煮込んだ"トリッパ・アッラ・ロマーナ(伊語:Trippa alla Romana)"とトマトとセロリ、玉葱等を赤ワインと絡めて牛の尾を煮込んだコーダ・アッラ・ヴァッチナーラ(伊語:Coda alla Vaccinara)です。


coda alla vaccinara.jpg


そして、ローマには野菜の一種として若いつぼみを食用とするアーティチョーク(伊語:Carciofo)が人気のある食材の一つで、この地域のカルチョーフォ・ロマネスコ(伊語:Carcifo Romanesco)は、イタリアの中では一番丸っこく、肉厚で味も美味しいとされています。春先にしか味わうことができない癖のある味が魅力的なカルチョーフィ・アッラ・ロマーナ(伊語:Carciofi alla Romana)は旅行するタイミングが合えば、是非とも味わって頂きたいローマ料理の一つです。


carciofi alla romana_3.jpg
画像提供:Rifugio Romano


さらにローマ料理のお惣菜類の中にあるスップリ(Supplì)と呼ばれるライスコロッケは、ローマの人たちのソウルフードの一つとして老若男女問わず人気がある。そして、自分好みの量で売る"切り売りピザ"もローマならではで、揚げ物類として干し鱈のフリットやズッチーニの花のフリットもまたローマの街を歩きながら味わってみるのも楽しい食の旅を演じてくれる。


filetti di baccalà alla romana.JPG


皇帝の存在から考えても華やかなローマ帝国時代といった優雅なイメージのある永遠の都"ローマ"ですが、それとは裏腹に労働階級に位置する人たちすなわち貧乏人の発想から生まれたローマ料理は、今や世界でももっとも知られる料理の一つとなり、多くの人たちに受け入られています。まさにここでも素朴で着飾らないローマ人の気質を感じることでしょう。


Supplì.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2018年6月17日
« 前の記事「ローマを流れるテヴェレ川に架かるミルヴィオ橋」へ
»次の記事「テヴェレ川にある小さな有人島とトラステヴェレの隠れ家的レストラン」 へ
おすすめ記事
    ローマ2特派員 新着記事
    中世の町への誘い!教皇にも愛された石造りの町"ヴィテルボ"
    テヴェレ川にある小さな有人島とトラステヴェレの隠れ家的レストラン
    素朴で着飾らない街"ローマ"で味わう伝統的なローマ料理
    ローマを流れるテヴェレ川に架かるミルヴィオ橋
    大砲が響くジャニコロの丘でローマの眺望を眺める
    趣のあるローマ散歩!意外なローマの風情が溢れるガルバテッラ地区
    ローマでサッカー観戦!トップリーグ"セリエA"とオリンピックスタジアム
    古代ローマ時代の保養地。そして、現在のローマの行楽地"ティヴォリ"を訪ねて

    イタリア ツアー最安値


    2018/7/19更新

    イタリア 航空券情報


    イタリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ローマ2特派員

      ローマ2特派員
      田澤 龍太郎
      2012年よりイタリアの協同組合の仕組みや障がい児教育の研修のため永遠の都ローマへ。ローマ娘のイタリア人と出会い、結婚をきっかけに勉学や仕事でイタリア各地を転々としながらも最終的に愛すべき街ローマへ戻る。現在は、現地でサッカーを中心にしたスポーツ留学サポートや旅行アシスタントやコーディネーター等と現地在住の強みを活かした仕事をしながらどっぷりと濃いローマライフを満喫中。ご連絡はこちらまで是非! DISQUS ID @disqus_gTeWNI2iMi

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集