海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ローマ2特派員ブログ > テヴェレ川にある小さな有人島とトラステヴェレの隠れ...

イタリア/ローマ2特派員ブログ 田澤 龍太郎

イタリア・ローマ2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年6月24日

テヴェレ川にある小さな有人島とトラステヴェレの隠れ家的レストラン


テヴェレ川にある小さな有人島とトラステヴェレの隠れ家的レストラン

ローマの中心を流れるテヴェレ川には世界でも小さな有人島であるティベリーナ島(伊語:Isola Tiberina)がある。全長で270mと最大幅が67mのこの島は、歴史的にも見所が多く、トラステヴェレ地区とユダヤ人居住区(伊語:Getto)に挟まれたテヴェレ川の中州に位置している。


Isola Tiberina_1.jpg


現在の医学でも象徴的な存在として位置づけられ、ギリシャ神話に登場する名医アスクレーピオスをローマの神として捉え、この島に神殿を建立した紀元前3世紀以来、現在もファテベネフラテッリ病院(伊語:Ospedale Fatebenefratelli)があり、医療関係と深い関係がある場所でも知られている。


Isola Tiberina.jpg


かつて神殿があった場所は、サン・バルトロメオ教会(伊語:Chiesa di San Bartolomeo)が10世紀頃から建てられ、ロマネスク様式の鐘楼と大理石を使った井戸は、神殿で使われた癒しの泉があったと言われている。


Chiesa di San Bartolomeo_1.jpg


テヴェレ川の中州にある最小の有人島であるティベリーナ島に渡るには現存する橋としてはローマでもっとも古く、紀元前62年頃に建てられたアーチ形の石橋のファブリチオ橋(伊語:Ponte Fabricio)がユダヤ人居住区及びローマ旧市街から架橋されており、紀元前46年頃に建造され、19世紀末には改築されたとされるチェスティオ橋(Ponte Cestio)がトラステヴェレ地区(伊語:Trastevere)より渡ることができる。


Ponte Cestio.jpg


現役としてローマ最古の橋として知られるファブリチオ橋は、全長で62mしかない小さな橋だが、アーチの間にある小さくてくぼんだ穴に一つの知恵がある。それは橋の重さを軽くするだけではなく、洪水時にこのくぼんだ穴を通じて水圧を逃すという工夫がなされているようだ。


Ponte Fabricio_1.jpg


そして、島の南には、古代ローマに架けられた橋としてはローマ最古とされている"アエミリウス橋(伊語:Ponte Emilio)の遺構がある。アーチ橋の一部しか残ってない現在は、イタリア語で"壊れた橋"を意味するポンテ・ロット(伊語:Ponte Rotto)と呼ばれている。紀元前142年に施工されたこの橋こそが、商業の中心だったローマの旧市街地区とトラステヴェレ地区を結んでいたと言われている。


Ponte Rotto.jpg


数多くあるローマの遺跡の中でもここでもまた悠久の歴史を感じられるティベリーナ島に立ち寄りつつ、チェスティオ橋を渡り切れば、思わずワクワク感が止まらない"トラステヴェレ(伊語:Trastevere)に辿り着ける。前回の特派員ブログでもご紹介させて頂いたようにトラステヴェレ地区(前回の記事はこちら )は、かつては日の銭を稼ぐだけで精一杯の労働者の方が暮らす地区だったが、現在は、多くのバーやレストラン、トラットリア、カフェがあり、下町雰囲気そのままに醸し出すお洒落なエリアになっています。


Trastevere12.jpg


そんなローマでも美味しいレストランやトラットリアが集まるトラステヴェレ地区でローマ2特派員から直にお勧めするレストランを一つここでご紹介させて頂きます。


Dar Sor Olimpio al Drago.jpg


トラステヴェレ地区の雰囲気とリンクしているかのようなムードたっぷりのこのレストラン"Dar Sor Olimpio al Drago"は、このお店ならではのオリジナリティ溢れたイタリア料理を提供しています。


Dar Sor Olimpio al Drago_2.jpg


オレンジソースにサーモンをかけるというように組み合わせ自体から意外性に溢れる料理が楽しめ、新しい味の発見となること間違いなしです。


Dar Sor Olimpio al Drago_3.jpg


シェフによって魚や肉をメインとする工夫された数々の料理から味の冒険ができ、オーガニッワインも出揃えているイタリアの各州のワインリストから自分好みのワインを傾けながら楽しいローマ時間を堪能してみてください。


Dar Sor Olimpio al Drago_4.jpg


【レストラン情報】※事前予約をお勧めいたします。
Dar Sor Olimpio al Drago
Piazza del Drago, 2 00513 Roma

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 見所・観光・定番スポット
2018年6月24日
« 前の記事「素朴で着飾らない街"ローマ"で味わう伝統的なローマ料理」へ
»次の記事「中世の町への誘い!教皇にも愛された石造りの町"ヴィテルボ"」 へ
おすすめ記事
    ローマ2特派員 新着記事
    ローマ発!地上の楽園!?アルプスのおとぎの国へ
    ローマ発!興味深い国境の町トリエステを訪れて
    避暑地"カステッリ・ロマーニ"地方で気ままなローマ郊外散歩
    イタリアの夏の風物詩の一つ!ローマ近郊の海水浴場
    中世の町への誘い!教皇にも愛された石造りの町"ヴィテルボ"
    テヴェレ川にある小さな有人島とトラステヴェレの隠れ家的レストラン
    素朴で着飾らない街"ローマ"で味わう伝統的なローマ料理
    ローマを流れるテヴェレ川に架かるミルヴィオ橋

    イタリア ツアー最安値


    2018/9/22更新

    イタリア 航空券情報


    イタリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ローマ2特派員

      ローマ2特派員
      田澤 龍太郎
      2012年よりイタリアの協同組合の仕組みや障がい児教育の研修のため永遠の都ローマへ。ローマ娘のイタリア人と出会い、結婚をきっかけに勉学や仕事でイタリア各地を転々としながらも最終的に愛すべき街ローマへ戻る。現在は、現地でサッカーを中心にしたスポーツ留学サポートや旅行アシスタントやコーディネーター等と現地在住の強みを活かした仕事をしながらどっぷりと濃いローマライフを満喫中。ご連絡はこちらまで是非! DISQUS ID @disqus_gTeWNI2iMi

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集