海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ローマ2特派員ブログ > 秋の夜長には夜のヴァチカン美術館で芸術の秋を極めよ...

イタリア/ローマ2特派員ブログ 田澤 龍太郎

イタリア・ローマ2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年9月23日

秋の夜長には夜のヴァチカン美術館で芸術の秋を極めよう!


秋の夜長には夜のヴァチカン美術館で芸術の秋を極めよう!

世界最小国家で知られ、教皇の影響力を世界に向けて発信するヴァチカン市国(伊語:Città del Vaticano)内にあるヴァチカン美術館(伊語:Musei Vaticani)は、歴代ローマ教皇の膨大な収集品を展示している世界最大級の美術館として知られていますが、今回は秋の夜長に相応しい夜のヴァチカン美術館をご紹介したいと思います。


Musei Vaticani_uscita_1.jpg


ローマでも必見の観光スポットとしても名高いこの巨大な美術館は、日中のみならず、10月末までの毎週金曜日限定で夜間開放されています。時間帯は19時~23時の間で最終入場は、21時30分となっています。もし、旅人のあなたがちょうど金曜日にローマに滞在するなら日中は、日中しか観光できないものを見て回り、夜はヴァチカン美術館へとふらりと足を運ぶというのも見所がたくさん溢れるローマの町を合理的に観光できる一つの方法です。


Musei Vaticani_1.jpg


世界中からの旅人たちが絶えることなく訪れるこのヴァチカン美術館は、日中は人混みいっぱいでうんざりするぐらいに単に鑑賞するだけでも必死ですが、夜は比較的空いており、ゆっくり歩きながら芸術鑑賞ができるという大きなメリットがあります。さらに数ある見事な芸術作品も昼間だと人混みに流れてなかなか収められない写真もゆっくりと気ままに写真に収めることができます。


Museo Gregoriano Egizio_2.jpg


たださえ、広大なヴァチカン美術館は、1回だけですべてを見て回るのも難しく、主なところを見て回るだけでも数時間はかかるとも言われています。そのためヴァチカン美術館では、スムーズに見学できるように入場券を受け取る際に館内の案内図が配布され、それぞれの鑑賞コースが紹介されています。また、夜間開放時のヴァチカン美術館は、残念ながらルネッサンス盛期の巨匠であるラファエロの最後の作品である「キリストの変容(伊語:La Trasfigurazione)」等を鑑賞できる絵画館(伊語:Pinacoteca)やキアラモンティ博物館(伊語:Museo Chiaramonti)等の一部は閉館されるが、エジプト・グレコリウス博物館(伊語:Museo Gregoriano Egizio)やピオ・クレメンティーノ博物館(伊語:Museo Pio-Clementino)、ミューズの間(伊語:Sala delle Muse)、ラファエロの間(伊語:Stanze di Raffaello)、システィーナ礼拝堂(Cappella Sistina)等は昼間と同様に従来通りに鑑賞することができます。


Sala delle Muse.jpg


夜間開放時のヴァチカン美術館は窓から差し込む光が太陽ではなく、月明かりのみになるので、雰囲気も昼間とは全く違う雰囲気があり、改めて息を呑むような芸術作品に酔いしれることができます。特に昼間でさえも美しい地図のギャラリー(伊語:galleria delle Carte Geografiche)は圧倒されること間違いないだろう。


Galleria delle Carte Geografiche.jpg


また、夜のヴァチカン美術館ならではの特権として、オレンジ色に染まるローマの夜景やライトアップされるサンピエトロ大聖堂も威厳さと気高さの意味を持つ"荘厳"という言葉がまさにこの大聖堂のためにあるかのような感動を受ける。


Basilica di San Pietro_1.jpg


芸術の秋の今だからこそ、ゆっくり鑑賞できる夜のヴァチカン美術館に眠る数々の美術品をじっくり眺めながら、見聞を広めてはいかがでしょうか?


Musei Vaticani_scala.jpg


【夜のヴァチカン美術館のご予約方法】(2018年9月22日現在)
ヴァチカン美術館のチケット予約サイトにて こちら
"Aperture Notturne 2018"からご予約が可能です。(10月26日が最終日)
"ヴァチカン美術館とシスティーナ礼拝堂"入場料 :17ユーロ+4ユーロ(予約手数料)
時間帯:19時~23時まで(最終入場は21時30分)

【アクセス方法】
地下鉄A線オッタヴィアーノ駅(伊語:Ottaviano)下車 徒歩約7分


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2018年9月23日
« 前の記事「ローマ発!地上の楽園!?アルプスのおとぎの国へ」へ
»次の記事「ローマの水瓶!ブラッチャーノ湖とブラッチャーノの町」 へ
おすすめ記事
    ローマ2特派員 新着記事
    ローマの水瓶!ブラッチャーノ湖とブラッチャーノの町
    秋の夜長には夜のヴァチカン美術館で芸術の秋を極めよう!
    ローマ発!地上の楽園!?アルプスのおとぎの国へ
    ローマ発!興味深い国境の町トリエステを訪れて
    避暑地"カステッリ・ロマーニ"地方で気ままなローマ郊外散歩
    イタリアの夏の風物詩の一つ!ローマ近郊の海水浴場
    中世の町への誘い!教皇にも愛された石造りの町"ヴィテルボ"
    テヴェレ川にある小さな有人島とトラステヴェレの隠れ家的レストラン

    イタリア ツアー最安値


    2018/10/16更新

    イタリア 航空券情報


    イタリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ローマ2特派員

      ローマ2特派員
      田澤 龍太郎
      2012年よりイタリアの協同組合の仕組みや障がい児教育の研修のため永遠の都ローマへ。ローマ娘のイタリア人と出会い、結婚をきっかけに勉学や仕事でイタリア各地を転々としながらも最終的に愛すべき街ローマへ戻る。現在は、現地でサッカーを中心にしたスポーツ留学サポートや旅行アシスタントやコーディネーター等と現地在住の強みを活かした仕事をしながらどっぷりと濃いローマライフを満喫中。ご連絡はこちらまで是非! DISQUS ID @disqus_gTeWNI2iMi

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集