海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ローマ2特派員ブログ > ローマの水瓶!ブラッチャーノ湖とブラッチャーノの町

イタリア/ローマ2特派員ブログ 田澤 龍太郎

イタリア・ローマ2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年10月 2日

ローマの水瓶!ブラッチャーノ湖とブラッチャーノの町


ローマの水瓶!ブラッチャーノ湖とブラッチャーノの町

今回は、ローマ特派員が都会の日常に疲れたときに心休める場所として、時々、訪れる湖畔の町ブラッチャーノ(伊語:Bracciano)をご紹介します。このブラッチャーノの町はローマより鉄道で1時間程度で、もっとも手軽にアクセスしやすいローマ郊外の一つですので、旅する皆さんもローマ市内を観光する日々にふとローマの喧騒から離れ、自然を欲する感情が湧き出たなら、迷わずこの場所を訪れることをお勧めします。


Bracciano_5.jpg


このブラッチャーノの町は、自然に囲まれた湖畔の町で知られ、町の名そのままにブラッチャーノ湖(伊語:Lago di Bracciano)という青くて美しい湖があります。ローマ市内から北へ約40kmのところに位置しているこの湖は、ローマの水瓶と言われ、何世紀もの間にローマの街へ水を届けています。


Lago Bracciano.jpg


石畳の町で知られるブラッチャーノの町は、中世から残る小さて素朴な町ですが、観光客で溢れるローマの街と違って観光客も極めて少なく、四季折々の湖の姿を高台から長閑に眺めることができます。


Bracciano_6.jpg


そして、このブラッチャーノでもっとも有名な見所は、俳優のトム・クルーズが挙式をあげた場所としても知られるようになったオルシーニ・オデスカルキ城(伊語:Castello Orsini-Odescalchi)です。この城は、1470年頃からブラッチオ・ダ・モントーネ(伊語:Braccio da Montone)が建設し、中世ローマの有力な貴族だったオルシーニ家が15世紀後半より、17世紀からはオデルスカルキ家が城主として現在も暮らしている。1952年からは一部が一般公開され、歓迎会等の宴や結婚式、個人的なイベントや文化的なイベントでも使用されている。


Castello Orsini-Odescalchi_1.jpg


一般公開されている22の見学ポイントがあるこの城は、寝室や武器庫、中庭、大広間等とほんの一部とは言え、改めてこの城が持つスケールの大きさを実感する。


Castello Orsini-Odescalchi_15.jpg


堅城を誇り、保存状態の良いこの城から眺めるブラッチャーノ湖は、壮快な気持ちにさせてくれ、優雅な貴族になった気分を思う存分味わうことができる。


Castello Orsini-Odescalchi_7.jpg


標高280mのブラッチャーノの町から湖までは、徒歩で約30分と距離はあるが、夏には泳げるこの湖は驚くほどに透明度が高いので、気持ちの良い湖水浴を楽しむことができる。また、人懐こく可愛らしい多くの白鳥たちに出会うこともできます。


Lago Bracciano_3.jpg


是非、ローマを訪れる旅人の皆さんも旅の疲れが出てきたなと感じたら、心と身体の避難地としてちょっと足を伸ばせる自然豊かな小さな郊外の町、ブラッチャーノでちょっとした平穏な時間を満喫してみてはいかがでしょうか。


Bracciano_1.jpg


【アクセス方法】
ローマ・オスティエンセ駅からヴィテルボ・ポルタ・ロマーナ駅までイタリア国鉄の普通列車にて約1時間。(ローマ市内でもローマ・トラステヴェレ駅/ローマ・サン・ピエトロ駅/ヴァッレ・アウレリア駅からも乗車可能)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2018年10月 2日
« 前の記事「秋の夜長には夜のヴァチカン美術館で芸術の秋を極めよう!」へ
»次の記事「ローマ近郊でもっとも美しい海に出会えるビーチリゾート"スペルロンガ"」 へ
おすすめ記事
    ローマ2特派員 新着記事
    大都会ローマで自然派ピッツァを味わう
    トレヴィの泉でローマ再訪を願う
    パラティーノの丘で ローマ建国神話を訪ねて
    フェンシング大国"イタリア"に挑戦する一人の日本人
    ローマ近郊でもっとも美しい海に出会えるビーチリゾート"スペルロンガ"
    ローマの水瓶!ブラッチャーノ湖とブラッチャーノの町
    秋の夜長には夜のヴァチカン美術館で芸術の秋を極めよう!
    ローマ発!地上の楽園!?アルプスのおとぎの国へ

    イタリア ツアー最安値


    2018/12/14更新

    イタリア 航空券情報


    イタリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ローマ2特派員

      ローマ2特派員
      田澤 龍太郎
      2012年よりイタリアの協同組合の仕組みや障がい児教育の研修のため永遠の都ローマへ。ローマ娘のイタリア人と出会い、結婚をきっかけに勉学や仕事でイタリア各地を転々としながらも最終的に愛すべき街ローマへ戻る。現在は、現地でサッカーを中心にしたスポーツ留学サポートや旅行アシスタントやコーディネーター等と現地在住の強みを活かした仕事をしながらどっぷりと濃いローマライフを満喫中。ご連絡はこちらまで是非! DISQUS ID @disqus_gTeWNI2iMi

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集