海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ローマ2特派員ブログ > トレヴィの泉でローマ再訪を願う

イタリア/ローマ2特派員ブログ 田澤 龍太郎

イタリア・ローマ2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年11月21日

トレヴィの泉でローマ再訪を願う


トレヴィの泉でローマ再訪を願う

永遠の都"ローマ"を旅する者にとって、訪れるべき観光地の一つにこのバロック様式の噴水の"トレヴィの泉"(伊語:Fontana di Trevi)が入っていることは間違いないだろう。また、1950年代のフェリーニの映画「甘い生活(伊語:La Dolce Vita)」の名場面にあるように「トレヴィの泉に背中を向けてコインを投げ入れれば、再びローマに戻ってくることができる」というおまじないでも多くの人々に知られています。


Fontana di Trevi_11.jpg


この荘厳なトレヴィの泉は、首都ローマでも最大の噴水であり、古代ローマ時代にアウグストゥス帝が作らせたもので、11本ある古代ローマ水道の一つであるヴィルゴ水道(伊語:Aqua Virgo)の終着地となっている。現在あるトレヴィの泉は、かつてあったヴィルゴ水道の放出口があった場所から移動したが、1732年に教皇クレメンス12世(伊語:Clemens XII)の命を受けたローマの建築家である二コラ・サルヴィ(伊語:Nicola Salvi)によって設計されたと言われています。彼はこのトレヴィの泉の完成を見ることなく、病によって世を去ったが、1762年にこの計画を引き継いだジュセッペ・パンニーニ(伊語:Giuseppe Pannini)という建築家によって完成されたのです。


fontana di Trevi_12.jpg


煌びやかな彫刻が訪れる者を印象強くさせてくれるトレヴィの泉は、海神ネプチューン(ローマ神話の神。ギリシャ神話ではポセイドンに相当)の馬車を2頭の海馬とギリシャ神話に登場する海神トリトーネが引いているのが分かる。左側の暴れ馬は、荒れた海を表し、右側の大人しい馬は、穏やかな海を表現しています。


Fontana di Trevi_2.jpg


そして、古代ローマ水道から引かれたトレヴィの泉の名称は、泉で合流していた「トレ・ヴィエ(Tre ・Vie)=3本の道」に由来しています。


Fontana di Trevi_13.jpg


1980年に世界遺産へ指定された「ローマ歴史地区」にあるこのトレヴィの泉は、やはりここローマでも人気のスポットであり、毎日のように観光客が途絶えることなく惹きつけられるが、人混みが少ない早朝のトレヴィの泉、そしてライトアップされたトレヴィの泉とそれぞれの趣きのある顔を覗かせてくれます。特に早朝のトレヴィの泉は、ゆっくりと写真を撮ることができ、場所を確保して願を込めてコイン投げをするのに最適な時間帯です。訪れる者にとってもはや定番とも言えるコイン投げにも様々な言い伝えがあり、1回目のコイン投げは「ローマ再訪」、2回目は「愛する人と恋に落ち」、3回目は、「その人と結婚する」と言われています。何とも言えないロマンチックな話だが、3回目には隠れた言い伝えも存在し、「嫌いな人と別れられる」という話もあります。


Fontana di Trevi_10.jpg


トレヴィの泉に投げ込まれたコインは、カトリック系の慈善団体に寄付されてきたが、現在は、慢性的な財政赤字のローマ市が実施するプロジェクトの財源となっていると言われています。カトリックの国として慈善団体に寄付するという人道的な支援が減るのはとても残念なことですが、町中の至るところで見かける落書きやゴミ問題等と様々な問題を抱えるローマ市が華やかなイタリアの首都らしく町が綺麗に整備されることを願うばかりです。


Fontana di Trevi_15.jpg


【アクセスについて】地下鉄A線 バルベリーニ駅(伊語:Barberini)下車 徒歩約8分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年11月21日
« 前の記事「パラティーノの丘で ローマ建国神話を訪ねて」へ
»次の記事「大都会ローマで自然派ピッツァを味わう」 へ
おすすめ記事
    ローマ2特派員 新着記事
    大都会ローマで自然派ピッツァを味わう
    トレヴィの泉でローマ再訪を願う
    パラティーノの丘で ローマ建国神話を訪ねて
    フェンシング大国"イタリア"に挑戦する一人の日本人
    ローマ近郊でもっとも美しい海に出会えるビーチリゾート"スペルロンガ"
    ローマの水瓶!ブラッチャーノ湖とブラッチャーノの町
    秋の夜長には夜のヴァチカン美術館で芸術の秋を極めよう!
    ローマ発!地上の楽園!?アルプスのおとぎの国へ

    イタリア ツアー最安値


    2018/12/10更新

    イタリア 航空券情報


    イタリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ローマ2特派員

      ローマ2特派員
      田澤 龍太郎
      2012年よりイタリアの協同組合の仕組みや障がい児教育の研修のため永遠の都ローマへ。ローマ娘のイタリア人と出会い、結婚をきっかけに勉学や仕事でイタリア各地を転々としながらも最終的に愛すべき街ローマへ戻る。現在は、現地でサッカーを中心にしたスポーツ留学サポートや旅行アシスタントやコーディネーター等と現地在住の強みを活かした仕事をしながらどっぷりと濃いローマライフを満喫中。ご連絡はこちらまで是非! DISQUS ID @disqus_gTeWNI2iMi

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集