海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イタリア/ローマ3特派員ブログ

イタリア/ローマ3特派員ブログ Ericaさん

イタリア・ローマ3特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

Ciao, みなさんこんにちは。
イタリア旅行といえば、ローマの首都は外せないですよね?
ローマで一番大きな重要な駅、テルミニ(Termini)駅。
ローマにこられたら必ず一度は通るはずです。




このテルミニ駅で地下鉄メトロのA線B線が交わり、また各都市へ繋がる電車もここに発着します。
そのため構内は広く、たくさんの店が広がります。


今日は、ここ数年でできた駅のカフェエリアをご紹介します。


エスカレーターで1階(地上がイタリアでは0階とされるため、日本でいう2階になります)に上がると、広がるのはたくさんのカフェが軒を連ねるスペースです。


asccensore.jpgのサムネイル画像


cafe1.jpgのサムネイル画像


カフェだけではなく、パニーノなどの軽食類やスイーツ、お酒などもいろいろと販売されており、ゆっくりと座って楽しむことができます。


cafe2.jpgのサムネイル画像


イタリア人は、夕食前にアペリティーボという軽食を楽しむ文化があるのですが、仕事帰りに少し友人や同僚と話がしたいときなどにも便利な場所です。


chiaccheried.jpgのサムネイル画像


旅行中でも「レストランに行くほどお腹は空いていないけど‥‥‥」というときでも簡単なパニーノやハンバーガーを食べるのにも便利です。
写真はないのですが、お寿司屋さんもありました!


ずっと奥に進むとグランドピアノも設置されており、音楽に耳を傾けながらリラックスすることもできます。


駅の構内なので、もちろん電車の時間やホームを教えてくれる掲示板も設置されており、電車の待ち時間などにも使え便利です。
トイレもあるので安心です(有料です)。


trenied.jpgのサムネイル画像


営業時間は7:00から22:00です。

食事に迷ったときや、休憩などに使用されるといいかと思います。


また上からホームが見渡せるので、少し見学がてら歩いてみるのもいいかもしれません。


ちなみにテルミニ駅にはここのカフェエリアのほか、フードスペースがあり、いろんなお店が入っており酒や食事を楽しむスペースも充実しています。
この場所の詳細はまた別の機会にお伝えできればと思います。
駅も通過するだけでなく、いろいろな楽しみ方があるのもいいですね!


ではみなさん、良い旅を!



2020年2月 3日

Ciao みなさん!


1月ももう後半だなんて、時が過ぎるのは早いですね。


前回に続き、復路の関空→ローマ、ロンドン経由の飛行について記載します。
※前回同様、イタリア発のため、日本とは往路と復路が逆になっておりますので、ご了承ください。




復路もJALで予約していましたが、コードシェア便でブリティッシュエアウェイズ(British Airways)の飛行機での旅となりました。
関空からロンドンのヒースロー空港を経由し、イタリアのローマフィウミチーノ空港というルートです。
関空からロンドンまでは約12時間半の飛行時間です。
(関空発11:30、ロンドン着15:00)




機内ではエコノミーの最前列にしてもらえ、足をのばすことができ快適でした。
ただ、この席は離着陸の際、完全に全ての荷物を上の荷物棚にいれないといけないので注意が必要です。
(前列の座席下に収納ができないため)


british.jpg


またお手洗いも近いので、常に人が行き来します。
気になる方は、あらかじめ避けて座席を指定されるといいかと思います。



エンターテイメントは映画、日本の作品も含めなどもたくさんあり、時間を潰すことができました。


また食事が2回出たのですが、お腹が空いた人向けに機内後方に設置されていたスナックも用意されておりたいへん助かりました。
またそのスナックのひとつが、カップヌードル。
日本で食べ損なっていたので、私にとってはとてもうれしいサービスでした。


noodles.jpgのサムネイル画像


ロンドンに到着後、乗り継ぎまでの時間はわずか1時間5分です。
少し早めに着陸したので、助かりました。
EU国への入国手続きを、危険物チェックを済ませ、またもや急いでゲートへ向かいます。
(ロンドン発16:05、ローマ着19:40)


パブやお土産屋さんがたくさん立ち並び、たいへん魅力的だったのですが、今回も空港内を満喫する時間はありませんでした。。。


ゲートに到着すると間も無く、搭乗開始です。
ローマまでは約2時間半の飛行時間です。


幸運にも、空席もありゆったりとした機内でした。


ロンドン→ローマ間はエンターテイメントのスクリーンはありませんでした。
そして飲み物のサービスもなく、有料での提供のみでした。
メニュー表が設置されており、購入した方へのみのサービスでした(お水を含め一切)。
(喉が渇いていたので、水を購入しましたがレモンなどトッピングしてくださいました)




ロンドン、ローマ間でのドリンクサービスはなかったものの、CAの方々はみなさんとても感じがよく、いろいろと気がづいて助けてくれたりと大変満足のいくサービスで満足でした。


sky.jpgのサムネイル画像


また機会があれば、搭乗してみたいと思います。




みなさんの旅もよいものになりますように!


*イタリア在住の生活ブログ*
イタリアでの生活の様子や、観光スポットの紹介、オススメな商品やレストランなどについて記載しています。
ご興味があれば、のぞいていただけると励みになります!
イタリアローマ生活日記


2020年1月25日

Ciaoみなさん、こんにちは。
年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか?
私は去年の3月にイタリアへ移住してからの初めての帰省をしておりました。
投稿が少し遅れてしまい申し訳ございません。
引き続き、よろしくお願いします。




本日は帰省時にに使用した航空会社とその様子を2回に分けて記載します。
旅のご参考になればと思います。
※ただイタリア発のため、日本とは往路と復路が逆になっておりますので、ご了承ください。


この度、予約はJALのホームページでしました。
コードシェア便だったため、行きはフィンエアー(Finnair)の飛行機でローマフューミチーノ空港からヘルシンキ空港、ヘルシンキで乗り換え、関空着というルートでした。
ローマから、ヘルシンキまでは約3時間半の飛行です。
(11:05分発、15:40着)


partire.jpgのサムネイル画像


機内にはエンターテイメントのスクリーンはなく、座席のみです。
短距離飛行なので、仕方がありません。


また食事もなく飲み物のみ提供でした。


小腹が減った時のために、手持ち荷物にスナックを用意しておいたのですが、正解でした。
11:05分発となるとちょうど昼食時間が飛行中にくるため、何か軽いものでも機内にお持ち込みされるといいかと思います。


また映画などの鑑賞もできないため、本などをお持ち込みされると時間つぶしになるかと思います。




ヘルシンキ到着後は、トランジットの標識に従って進み、出国手続きをします(EU国からの出国)。
乗り継ぎ時間は1時間55分です。
決してゆとりがあるわけではないので、大阪行きのゲートをひたすら目指します
急ぎ足で指定のゲートまで行くとボーディング時間の約15分ほど前でした。


マリメッコやムーミンのお店もたくさんあり、立ち寄りたかったのですが遅れるのが怖かったためゲートを目指しました。
場所を確認後、少しでしたらお店を見に戻れたかもしれませんが、あまり時間もなかったので、今回は断念しました。


搭乗の案内が流れたので、順番に機内へ進みました。
今回はスクリーンもあり、映画などを見ながら過ごすことができます。
screen.jpgのサムネイル画像
機内食も夕食と朝食が出ました。


ヘルシンキ発17:35、関西国際空港へは翌日の10:00着です。
約9時間半の飛行です。


フィンランドのビールをいただきました!
かわいいデザインの缶です。

beer.jpgのサムネイル画像


夕食はビーフのハンバーグです。
dinner.jpgのサムネイル画像
朝食は卵の料理でした。

bfast.jpgのサムネイル画像
機内でのスタッフの方もみなさん感じがよく、快適に過ごせました。

ただ、上記で述べたように、フィンエアーを利用される際は、
ローマ→ヘルシンキは下記をおすすめします。
1. 食事がないので、軽食を持参
2. エンターテイメントがないので、本などを持参


次回は復路の内容を記載します。(ブリティッシュエアー)

イタリアの生活ブログを記載しています。
イタリアでの生活の様子や、訪問した場所、レストランや、レシピ、ショッピングなどについて記載しています。
ご興味があれば、ぜひお立ち寄りください。→イタリアローマ生活日記


2020年1月21日
2020年1月 1日
2019年12月15日
2019年12月 9日
2019年12月 2日
⇒すべての記事を見る

イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ローマ3特派員

    ローマ3特派員
    Ericaさん
    海外生活に憧れ、アメリカ、イタリア留学を経験。結婚を機に2019年3月にイタリア生活開始! 現在は、トラベルライターとして地道にイタリアの小さい町の魅力などの記事を執筆中。(イタリアの生活ブログも連載中) その傍で、着物を始め、日本文化・伝統工芸の良さを広げるための作戦を模索中。 「イタリア」に詳しいイタリア人の主人と旅行のコーディネートや、食材探しのお手伝いもしております。お気軽にご相談ください。
    Email
    Instagram
    Blog DISQUS ID @tkrome3

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集