海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イタリア/ローマ3特派員ブログ

イタリア/ローマ3特派員ブログ Ericaさん

イタリア・ローマ3特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

チャオ、皆さん!


5月も後半に差しかかり、少し汗ばむ日も徐々に増えてきました。
先日は28度を超えた日があり、春の終わりを感じます。


皆さんは、いかがお過ごしでしょうか?




今週の2020年5月18日(月)より移動制限が解除され、多くのお店も営業が再開できるようになりました。


〈5月18日から認められる活動〉
 ・公園、ヴィッラ、公共庭園へのアクセス
 ・小売商業活動、対人サービス業
 ・飲食業サービス活動(バール、パブ、レストラン、ジェラート屋、菓子店を含む)


どれも対人距離を1m以上空けることが条件です。


またそのような配置が難しいお店などでもテイクアウトのみで営業を再開しているお店もあります。



さっそく営業を再開したパプにビールを飲みに行ってきました。
普段からたまに行くお店です。


混雑を避けるために事前に予約をしておきました。


入店すると、すぐさま消毒除菌ジェルです。
今やほとんどのお店、スーパーなどの入口に設置されています。


私たちも消毒をして席に着きます。


pubclean.jpg

席は、いつもよりテーブルや椅子の数がやはり少なめです。
店員さんに聞いてみると、対人距離を確保するためにやむを得ない措置とのこと。
受け入れ客数は減るけど、ゼロよりもはるかにいいとのこと。営業再開ができるようになったことを喜んでおられました。


また普段ならあるメニュー表がありません。
こちらもやはり使い捨てのメニュー表を作るまでにいたらず、お店のフェイスブックページにメニュー表を載せてそこから選んでもらうという方法を採用しているとのこと。


いずれは、QRコードなどでより簡単かつ衛星的、低コストのメニュー表を設置したいとおっしゃっていました。


店が再開できたとはいえ、お店などを経営されている方々は、新型コロナウイルス対策にかなりの労力をかけておられ、本当にたいへんな時期だと思います。





pubtable.jpg

ひとつのテーブルでおさまらないぐらいの人数が来店した場合は、できるだけ隣のテーブルに案内するようにして、お客さんが安全に楽しめるように配慮し、営業をこれからも続けるとのことでした。

久しぶりのお店で味わうビールはとてもおいしく、通常の生活に少し戻ったことを実感しました。


pubreserved.jpg


この日はフェーズ2がはじまった初日だったためか、客数はそれほどは多くありませんでした。
しかし、若者は久しぶりの友人との再会に盛り上がっていました。
どうか、はしゃぎ過ぎず距離を保ってもらいたいと思います。




下記は、テイクアウトのみで営業しているバールです。
この窓口から注文し、支払い、商品を受け取ります。
中に入るための入口は完全に封鎖されている状態です。


bartakeout.jpg


でもおいしいコルネット(イタリアのクロワッサンのこと)は健在です。


takeoutmorning.jpg


イタリアのバールの朝ごはんは日常の楽しみのひとつです。


これから第2波が来ないように願いつつ、日常を楽しみます。



2020年5月20日

チャオ、皆さん!



5月4日以降より移動制限が少し緩和され、少しではありますが元気を取り戻しつつイタリアです。


レストランや美容院はいまだ営業が許可されていませんが、バール(BAR)ではテイクアウトでのみ営業をしてもいいことになりました。


最低限の距離を保ち、カウンターに置かれたカフェを店員が離れたのを見計らって受け取る、そんな状況ですがBARのカフェを愛してやまないイタリア人にとってはうれしい進歩です。


また散歩などのアクティビティも同じ家の人同士なら距離を保って一緒にしてもいいことになりました。
以前はひとりぼっちでの外出のみ許されていたので、少し寂しい気分でしたが今は主人と少し散歩に出れるようになって心も少し晴れてきました。


散歩中に見つけた雑草ですが、きれいに花が咲いていて春を感じました。


雑草.jpg


たまに知り合いに会って、以前より離れた距離で少し立ち話も今のイタリア人にとっては大きな楽しみのひとつになっています(みんなおしゃべりが大好きなんです!)。




そして私にとって一番大きな変化は、家族に会えるようになったことです。


完全に他人との接触を制限されていたこの2ヵ月、ほぼ毎日会っていた義理の両親にも会えずに過ごしていましたが
ようやく会いに行くことが許されました。
早速、久しぶりにケーキを焼いて家族に義理の両親へ持って行き一緒に食べました。


見かけは微妙ですが、スフレチーズケーキです……。



cheesecake-2.jpg

これまで当たり前だった「家族で食事ができる」ということがこんなに楽しみになるなんて。


ほかの人の家からにぎやかな声も聞こえるようになりました。
なんだかホッとします。

小さなことでも今までのように「普通」に過ごせることが大切なんだと思えるようになりました。


少しずつ新たな感染者の増加は治まってきていますが、まだまだ油断はできません。
しかし今まで外出できなかった分、少し外出ができるようになった、少しアクティビティが許されるようになったのを機に人が集まりやすくなってしまっている地域もあるとニュースで耳にします。

完全に感染者がゼロになるまでには時間がかかりそうですが、それぞれがルールを遵守して早く元の元気でにぎやかなイタリアに戻ればいいなと思う今日この頃です。



日本の皆さんもたいへんな時期だと思います。
自粛自粛でストレスもたまるかと思いますが、頑張りましょう!





2020年5月 9日

チャオ、皆さんこんにちわ。

日本でも新型コロナウイルスの影響で生活に支障が出てたいへんだと思いますが、元気でいるために最大限の努力をしましょう。
ここイタリアは現在5月3日まで外出規制がかかっています。
おそらくそのあと少しずつ、指定されたジャンルのお店から営業を再開する可能性が高いといわれています。
まだまだ油断はできませんが、少しずつ光が見えてきた、そんな状況です。


さて、久しぶりの投稿になってしましましたが、本日はイタリア料理のレシピをひとつご紹介します。

簡単、ヘルシーかつ栄養満点な「ミニストローネスープ」です。


材料(約4皿分)
・ひと口サイズにカットした野菜(人参、セロリ、キャベツ、ズッキーネ、人参、玉ねぎ じゃがいも、豆など……)
・トマトソース スプーン2杯程度(約1.5〜2Lの水に対し)
※トマトソースがなければプチトマト(5、6粒)もしくはカットトマト少々
・オリーブオイル スプーン1杯程度
・塩 少々

いつもだいたいの分量で作っているので、味見しながら整えてください。


手順
①約1.5L程度の水を沸騰させ、野菜、トマトソースを入れる(トマトとトマトソースを両方入れても大丈夫です)。

〈ポイント〉
トマトソースは入れすぎに注意です。ほんのり全体が赤っぽくなる程度の量で十分です。
入れすぎてドロドロにならないように注しましょう。

pomodoro.jpgのサムネイル画像

②野菜がだいたい煮立ってきたら、オリーブオイルをスプーン1杯程度入れる。
※オリーブオイルは必須ではないですが、入れるとコクが出てよりおいしくなります。

olioed.jpgのサムネイル画像

③そのあと、塩で味を整える


完成です。

zuppa.jpgのサムネイル画像

運動不足になりがちで、消費エネルギーが減ってしまっている人も多いと思いますが、この野菜がたくさん取れ、かつヘルシーなスープで少し体調を調整するのもいいかと思います。

ちなみに私はここに、一味をかけて食べるのにハマっています。
興味があれば一度試してみてください。


皆さん、力を合わせて乗り切りましょう。


2020年4月26日
2020年4月 6日
2020年3月16日
2020年3月 4日
2020年2月25日
⇒すべての記事を見る

イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ローマ3特派員

    ローマ3特派員
    Ericaさん
    海外生活に憧れ、アメリカ、イタリア留学を経験。結婚を機に2019年3月にイタリア生活開始! 現在は、トラベルライターとして地道にイタリアの小さい町の魅力などの記事を執筆中。(イタリアの生活ブログも連載中) その傍で、着物を始め、日本文化・伝統工芸の良さを広げるための作戦を模索中。 「イタリア」に詳しいイタリア人の主人と旅行のコーディネートや、食材探しのお手伝いもしております。お気軽にご相談ください。
    Email
    Instagram
    Blog DISQUS ID @tkrome3

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集