海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イタリア/ローマ3特派員ブログ

イタリア/ローマ3特派員ブログ Ericaさん

イタリア・ローマ3特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


少し前になりますが、2019年9月13,14,15日とローマ郊外のカステリ・ローマーニの町の一つ、アルバーノ・ラツィアーレ市(albano laziale)で開催された、ストリートアーティストが集結するお祭りに行って来ました!

当日は、今まで見たことがないほど、いつもは比較的静かな市内ですが、夜が近づくに連れ、人や車で賑やかでした。
ローマ郊外なので、ローマ市内からもたくさんの人が集まり、本通りはごった返していました。
初めて行ったのは、7年前の留学をしていた頃でした。
その頃はここまで人が多くなかったようなイメージですが、私の記憶は当てにならないので、おいておきます。

announce.pngのサムネイル画像

さて、どんなお祭りなのか。

ミュージックバンドなどありとあらゆるジャンルのアーティストたちが、この本通りのあちらこちらで演奏をしてくれます。
このような感じです。


artists.jpgのサムネイル画像


食事も楽しめるブースがあり、パニーノを始め簡単な料理が楽しめます!
もちろん、ビールやワインなども購入でき、友達や家族揃って、何か飲み物など片手に、この一帯をウロウロとしながら、
興味のあるブースで音楽を聴いたり、おしゃべりしたりと楽しい時間を共有できるようなお祭りです。


food.jpgのサムネイル画像

streetfood.jpgのサムネイル画像

またここぞとばかりに、普段は20時ぐらいには閉まるお店や、BARなどもほとんど営業していて、
普段ここにこないお客さんたちをターゲットにしっかりとお商売もしていました。
郊外で、すっかり静かになって来たと言われるこの街も、こんなに賑やかにみんなが楽しそうにしている姿をみると
自然と嬉しくなります!


火を巧みに操るこんなパフォーマンスもありました!

fire.jpgのサムネイル画像

また本通りの奥にある通りにはバンカレッラと呼ばれる露店が立ち並びます。
手作りのアクセサリーや中古のCDやDVD、レコードなどを扱うお店、洋服屋さん、古いおもちゃなどたくさんのタイプのお店が並びます。
私は個人的にこのバンカレッラが大好きでなので、とても真剣にこの通りを歩きました。
たまにとても素敵な出会いがあるからです!


通りの最後には、大人も子供に戻ってしまうような、積み木や知恵の輪のような知恵を試すようなおもちゃが設置されていて、
小さい子はもちろん、大人まで次第に真剣になって遊んでしまうようなブースがありました。


「お母さん、見て?」という問いかけにお母さんは、「本当だね」と一言を発し、自分の遊びに真剣になっている場面もあり、とても微笑ましく見えました。
たまにはそういう時間も必要ですよね。


toys.jpgのサムネイル画像

アルバーノに住んでいる地元の人もほぼほぼ参加しているため、いたるところで、「久しぶり、元気?」という会話が聞こえ、
日々忙しいのでなかなか会えない人に会えるなどのサプライズもあり、とても楽しい一夜となりました。
私が行ったのは3日のうち1日だけですが、とても楽しく過ごせました。


今回は9回目のようですが、毎年しているようですので、来年も参加できたらいいなと思います。
皆さんも、もし機会があれば、行って見てください。

アクセスは簡単です。


Roma TerminiからAlbano Laziale行きの電車へ乗車し、1本です。(所要時間:1時間ほど)
基本、夜に楽しむ祭のため、余裕があればホテルを近くで抑えておくことをお勧めします。
帰りの電車がなくなるかもしれませんので。



2019年10月14日

カステロ・ガンドルフォって聞いたことありますか?
Ciao!皆さん、こんにちは。
最近、ようやく涼しく感じられる日も出てきて、少しずつ外出をし始めました。

早速ですが、「カステロ・ガンドルフォ」って聞いたことありますか?
ローマ郊外にあるカステリ・ロマーニという地域にある町なのですが、ここは「第二のバチカン」として知られていて
世界中でも有名な場所なんです。


私はここの隣町に住んでおり、運動も兼ねてお散歩でここまで歩いて来ることがあります。


なぜなら、ここからの景色がとても素敵だからです。


ここから見えるアルバーノ湖は、毎日表情を変えて迎えてくれます。
先日のアルバーノ湖はエメラルドグリーンです。

s_albano lake1.jpgのサムネイル画像


また別の日はこんな感じでした。


s_albano lake2.jpgのサムネイル画像

ここは高台ですが、下に降りて湖の周りを散歩したり、夏にはレジャーや日光浴などが楽しめます。
周りにもたくさんレンストランやパブがあり、夏は地元の人はもちろん、ローマや各地からの観光客で賑わいます。


またここには、ローマ法皇の宮殿もあり、これまでの歴代のローマ法皇は夏の暑い時期になると暑さをしのぐため、この地にきていました。
現在のフランチェスコ法皇になり、訪問することが激減しましたが、この周辺の土地の多くはバチカン市国の所有地となっています。
ここがローマ法皇の宮殿です。
入場料を払って、入ることも可能です。


s_building.jpgのサムネイル画像

この噴水は、ベルニーニの作品で、町の中心のポンティフィチョ広場にあります。
市民の憩いの場です。
周辺には、地元の人も使用する郵便局もあり、絵葉書を購入して、記念にこのカステル・ガンドルフォ から発送することも可能です。



s_bellini.jpgのサムネイル画像




せっかくなので、こちらの教会にもお邪魔しました。
Chiesa di San Tommaso da Villanova(サン・トマッソ ダ ヴィッラノヴァ教会)です。
1661年に完成したとされる古い教会です。
地面にはバチカンのシンボルの2つの鍵などが描かれています。
中は光が入り、とても暖かい雰囲気でした。

s_church.jpgのサムネイル画像


s_church2.jpgのサムネイル画像




ローマ法皇の訪問が減少したとはいえ観光客の姿もチラホラ。
英語がBAR周辺から聞こえてきました、やっぱりイタリア 以外からも観光に来られているようです。
外で食べる料理はより一段と美味しそうです!
またアルバーノ湖を眺めながらの食事が楽しめるレストランもたくさんあります。

s_city.jpgのサムネイル画像

この街ではたくさんのモザイクを見かけることができます。




s_mosico.jpgのサムネイル画像

またモザイクの教室もありました。
行きたいけど、予算が合わないので、今回は断念することにします。

s_mosico2.jpgのサムネイル画像

ウロウロと見学しながら約2時間弱の散歩を楽しめました!


アクセス→
カステル・ガンドルフォ までのアクセスはローマから電車1本です!

ここ、カステル・ガンドルフォ へは電車でもローマテルミにからアクセスが可能です。
Roma Termini駅からAlbano Laziale行きの電車へ乗車。
窓から湖が見えるCastel Gandolfo駅で下車。
約1時間の乗車です。

また毎週土曜日には、バチカン市国からここまでの直行の電車が出ており、1日かけて見て回れるツアーがあります。
一度機会があれば乗車して見てください!


2019年10月 4日

初めまして!

皆さんこんにちは。ローマの郊外で暮らしているErikaです。
この度、7年ほど前にイタリアに語学留学で1年ほど生活をしていましたが、惜しくも仕事がなく帰国をし日本で主に国際物流に従事していました。
しかしこの度、イタリア人の彼と結婚のため、ローマ郊外のカステリ・ローマーニという地域で暮らすことになりました。
郊外にいるからか、イタリアの小さな町が大好きで、時間を見つけ色々と小さい町を探検しています。
イタリアには小さな素敵な街がたくさんあり、色々ご紹介させてもらえたらと思います!
日本文化も大好きで、着付けを勉強していたので、イタリアでもぜひ日本文化の普及に務められたらと現在計画中です!

よろしくお願いします!

第一回目は近くで行われた、ポルケッタ祭り(Sagra della Porchetta di Ariccia)についてご紹介します!
先日、私の住んでいローマ郊外の地域、9月6,7,8日とカステリ・ローマーニ(Casteli Romani)のうちの一つの街、アリッチャ(Arrica)にて69回目のポルケッタ祭りが開催されました。

ポルケッタ祭りの始まり
ローマ帝国のころ、何か災いや災害が起こるのは神が怒っているからだと信じていた時代がありました。
多くの集落などでそれぞれのものを神に捧げ、怒りを鎮めていました。
その際に、このアリッチャの地域にあった寺院(ギリシャ神話の神、デーメーテールを崇めていた)は、神の怒りを治めるために子豚を奉納していました。
しかしこの寺院は長い歴史の中に、随分と葬られていましたが、1927年に発見され、その後アリッチャの人々はこの歴史にちなんで、
子豚を使ったポルケッタの祭りするようになったとされています。


ポルケッタとは?
簡単にいうと、「豚の丸焼き」です。
ローズマリーなどの香辛料を使い、豚を丸焼きにし、スライスしたものを、パンに挟んでパニーノにして食べます。
地域によって違う製法で作られるポルケッタですが、ここアリッチャのポルケッタはイタリアでも有名です。

porchetta.jpg

これが、ポルケッタのパニーノです。
パンとポルケッタというシンプルな料理ですが、ボリューム満点です。

panino.jpg

ポルケッタ祭りの様子です。

festa_2.jpg

たくさんのお店のポルケッタが楽しめます。


他にも、たくさんのオミニューズメントもあり、大人から子供までみんなが楽しめる小さな遊園地のような場所となります。

amusement_2.jpg


また、塩味を食べたら、もちろん甘いものも欲しくなるので、たくさんのドルチェ(甘いもの)を売っているお店もたくさんあります。

dolce.jpg

最終日には、ポルケッタのパニーノ3000個をステージから投げるという無料で食べることができる催しもあり、我先にとたくさんの人々がこの時間には広場に集まり、手を高々にあげて、自分のところへ落ちてくることを願っています!
残念ながら私のところには届かず。。。(今回は若者が投げるから遠くまでくると言っていたのですが・・・)

panini event.jpg

帰りにお土産も忘れずに!
私たちは、店前で作っているところを披露していたナッツの蜂蜜で和えたお菓子を購入しました。
家族が無類のナッツ好きなため大変喜んでもらえました。

souvenir.jpg


初めて行きましたが、楽しい雰囲気でとてもワクワクするお祭りです。

毎年開催されるので、少し違う観光を楽しむことができるので、是非行ってみてください。

■アリッチャへの行き方
Roma Termini駅よりAlbano Laziale行きの電車に乗車し、終点Albano Laziale駅で下車。(乗車時間は約1時間)
そこから徒歩20分ほどです。


2019年10月 1日
⇒すべての記事を見る

イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ローマ3特派員

    ローマ3特派員
    Ericaさん
    海外生活に憧れ、アメリカ、イタリア留学を経験。結婚を機に2019年3月にイタリア生活開始! 現在は、トラベルライターとして地道にイタリアの小さい町の魅力などの記事を執筆中。(イタリアの生活ブログも連載中) その傍で、着物を始め、日本文化・伝統工芸の良さを広げるための作戦を模索中。 「イタリア」に詳しいイタリア人の主人と旅行のコーディネートや、食材探しのお手伝いもしております。お気軽にご相談ください。
    Email
    Instagram
    Blog DISQUS ID @tkrome3

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集