海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ローマ3特派員ブログ > ワイン製造販売のお店へ行って来ました!(ラツィオ州...

イタリア/ローマ3特派員ブログ Ericaさん

イタリア・ローマ3特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年10月26日

ワイン製造販売のお店へ行って来ました!(ラツィオ州)


ワイン製造販売のお店へ行って来ました!(ラツィオ州)

イタリア、日常のワイン文化に触れる!

先日、義父とともにラツィオ州のチェッキーナ市という小さな町にある、ワインの製造販売をしているお店にお家の日常食卓に並ぶワインを購入しに行って来ました。
ブドウ畑に囲まれたこの一帯には大きい会社だけでなく、自宅の土地で自分たちが飲む為のワインのブドウを栽培しているところもたくさんあります。
実際、私たちのご近所さんもこの近くに大きな畑があり、もうすぐ収穫の時期を迎えるとのことです。
やはり、ワイン好きなイタリア人の生活らしいですね。


campo.jpg

新参者の私ですが旦那の実家のワインはいつもここで調達しています。
とても美味しい上に、値段も良心的です。
昼食、夕食ともにこのワインが並び、義父はコップ1杯ほどを注ぎ毎日飲む習慣があります。
料理によってはお水は合わないというのが理由だそうですが。


こんな大きいボトルにワインをいっぱい注ぎ込んでもらいます。
まずは、瓶の洗浄。
ワインを美味しいまま保存するには欠かせない工程です。

wash.jpg

この大きな樽に入っているワインをボトルに詰めてもらいます。

wine.jpg

私が日本人だと話をすると日本へも輸出していると京都のある会社さんの名前を教えてくれました。
こんな小さい町のワインが日本の京都にも行っているなんて少し驚きです。
そのおかげで、日本の私に色々とワインのことを話してくださりました。

お店には数種類のワインが販売されていてどれも比較的お手頃です。
常連さんもかなり多いようで、入ってくるお客さんはみんな顔見知りのようなアットホームの雰囲気でした。

store.jpg

ワインで作ったお菓子、チャンペリーニ(cambillini)も並んでいて、次回購入したいと密か計画を進行中です。

ciambellini.jpg

お店から外に出ると製造工程も見ることができます。
ここはブドウの身を絞り、果汁を出していることろだとのこと。

squeeze.jpg

そして近所でワインのブドウを育ててる方も、余分に収穫できたものなどを持って売りにくるようです。
これは糖分を計っている様子ですが、糖分が高ければ高いほど高価な値がつくというシステムのようです。
(もちろん、どんなワインを作っているかにもよると思いますが)
自分の家のために作ったブドウを余ったら買い取ってくれるという、両者にとってもいいシステムです。
無駄がないです!

msure.jpg

そして、その後トラックの荷台をひっくり返して中のブドウたちを一気に搬入。
おじさんのトラックの運転テクニックもすごかったです。
荷台の動きを全て読んだ上でも運転でした。

uva.jpg


ここだけではなく、イタリアにはこのような場所がたくさんあり、日々美味しい、新しいワインに出会えます。
知り合いも数人ワインにちなんだ仕事をしています。
ワインがイタリア人の生活にどれだけ密着しているかを感じることができます。
日本では基本ワインは購入したり、レストランで飲んだりというイメージですがイタリアでは家で作ったり、近所の人にもらったり、と
結構庶民的な一面を持つものでもあります。

こんなイタリアの生活の様子を見ることができ、とても有意義な1日が過ごせました。

日々の様子を綴った、ブログも是非ご覧ください!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2019年10月26日
« 前の記事「夏の終わりのお祭り。ローマ郊外にストリートアーティストが集結!」へ
»次の記事「ニンファ庭園 絵画の世界のような"世界で一番ロマンチックな庭園"」 へ
おすすめ記事
ローマ3特派員 新着記事
ローマの貴族が住んでいた、カエターニ城 in セルモネータ
ニンファ庭園 絵画の世界のような"世界で一番ロマンチックな庭園"
ワイン製造販売のお店へ行って来ました!(ラツィオ州)
夏の終わりのお祭り。ローマ郊外にストリートアーティストが集結!
「第二のバチカン」ローマ郊外の カステロ・ガンドルフォを散策
初めまして! 第69回目のアリッチャのポルケッタ祭り!

イタリア ツアー最安値


2019/11/14更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ローマ3特派員

    ローマ3特派員
    Ericaさん
    海外生活に憧れ、アメリカ、イタリア留学を経験。結婚を機に2019年3月にイタリア生活開始! 現在は、トラベルライターとして地道にイタリアの小さい町の魅力などの記事を執筆中。(イタリアの生活ブログも連載中) その傍で、着物を始め、日本文化・伝統工芸の良さを広げるための作戦を模索中。 「イタリア」に詳しいイタリア人の主人と旅行のコーディネートや、食材探しのお手伝いもしております。お気軽にご相談ください。
    Email
    Instagram
    Blog DISQUS ID @tkrome3

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集