海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > トルコ/サカリヤ特派員ブログ

トルコ/サカリヤ特派員ブログ 竹沢 友希

トルコ・サカリヤ特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

こんにちは!

今回はセルジューク時代の大都市の1つであったトルコ東部の都市、SIVAS(シィヴァス)のご紹介をしたいと思います。

ヌーリ・デミラー飛行場から車で10分のこの都市には、
シィヴァス チフテミナーレ、ギョク メディレセ、ブルジエ メディレシシィ、シィヴァス ウルジャーミー、シィヴァス カレシィ、テッケジャーミーなど、セルジューク時代とオスマン帝国時代の美しい建造物が今尚見学できる姿で残っており、歴史の深さを重みを感じる素晴らしい街並み都市です。


466F2700-8750-42AF-A386-692D5C9D71B2.jpeg


『キュリエ』と言って、昔は、ジャーミー、モスク、
病院=ヘルスセンターや学校が1つの場所に集まって近くにあるのが一般的でした。そのため、ここシィヴァスの街の中心部には、
昔から変わらないまま整然とした街づくりの跡がしっかり残っています。

C50B3304-28F9-45E6-9BE0-6E5FE62A65F5.jpeg


チフテミナーレは、セルジューク時代の建造物で、
トルコでもたった2つしか存在しない2本のミナレットをもつジャーミーで
(これ以外のジャーミーは全てミナレットが1本)
石彫りの美しい芸術が今尚残る見応えのある建築物です。

E04C42DA-3665-45B9-A9FC-AE49DD52DC84.jpeg


美しい石造りの門もくぐると、建物の中にはお土産やさんを初めとして、
トルココーヒーやチャイを楽しめるオープンカフェになっています。
キリムや絨毯を扱うお店では、シヴァス地方の美しい手作り絨毯やキリムがあり、見るだけでも楽しいひと時を過ごせます。
銅製のトルコチャイのヤカンも飾るだけでもトルコの気分になる一品です。

DE322C2F-269D-43D8-A136-6FF7A5C281F3.jpeg

石造りのブルジエ メディレシシィもとっても重厚感のある建造物で、
中にはテラス風のカフェになっており、人々の憩いの場になっています。

777577A5-1142-4A10-9D35-2D500286FFC0.jpeg


イスタンブール アタチュルク空港から、飛行機で1時間35分で
シィヴァスのヌーリ デミラー空港に着きます。
ヌーリーデミラー空港から街の中心地まで車で10分です。
アクセスが良く、清潔で今尚歴史の跡がしっかりと残る美しい都市、
シィヴァス(Sivas)へぜひ訪れてみてください。

次回はシィヴァスの美味しい料理をご紹介したいと思います!


✳︎シィヴァス
トルコ東部の都市。人口は約312,587人。標高1,285mで、中部アナトリアでもっとも高地にあります。


2017年11月18日

こんにちは!
今回は、いまのトルコではなかなか手にはいらない『幻の食べ物』をご紹介したいと思います。


トルコ人の中でも知らない人が多く、知る人ぞ知る食べ物ともされています。
とても作るのが難しく、気候と場所が合う一部の地域でしか作ることが出来ないため、
生産量はとても少なく、なかなか一般的に食することができないのが特徴です。


その食材とは、『クルカイマック(乾燥カイマック)』という食べ物です。
簡単に言うと、カイマックを乾燥させたものです。
(これだけじゃ分かりにくいですよね。。。)(カイマックの説明は下にあります。)


6B70DB92-C73B-47A0-AEA5-3696898422C0.jpeg


食感は、パリッとしていて一口含むと濃厚なミルクの味とともに、ほんのりした甘さと香ばしさが
なんとも言えない絶妙なバランスで口の中に広がります。
食べ方は、朝ごはんにパンにはさんで食べたり、デザートと一緒に食べたり、
小腹が空いた際に一口サイズで口に含んだりして、その濃厚さを味わって食べるようです。


3DAE4CAA-C10F-4312-AC49-8E465CD1FD34.jpeg

41CF9A6D-53C0-4D65-852B-49B58455F782.jpeg

??そもそもカイマックとは??
クロテッドクリームのような濃厚でほんのり甘みがある口当たりが優しいクリームのことで、
パンにつけて食べたりデザートの上にのけて食べたりします。
口に広がる柔らかな口溶け感は病みつきになります。
個人的には日本ではなかなか巡り会えない味なので、とっても好きなトルコ食材のひとつです。
どこもスーパーマーケットでも手にはいります。(日本円約250円)


62C34922-3A2F-469C-A4A8-C119A2110F9E.jpeg


403F8B86-33C6-4450-9067-2D7AF7C4C6C0.jpeg


レストランでも朝食メニューを注文すると、蜂蜜に添えてでてきます。単品でも注文可能です。

11BE1AC3-8F07-44CA-88E3-FAA7882A8E32.jpeg

??カイマックはどうやって作るの???
一般家庭ではなかなか作れませんが、羊や牛を飼っている農家や工場ではもちろん作ることができます。
羊や牛のミルクを沸騰させた後、平たい浅い鍋にミルクを移し、そのまま数時間弱火でじっくり沸騰させ続けます。
長時間弱火で沸騰させ続けると、ミルクの脂肪分がどんどん上に溜まってきます。
日常的なことで例えると分かりやすいのは、ミルクを温めると上に薄い膜ができると思いますが、
その膜を厚めにしたのがカイマックのことです。

そして、その水分を含んでいる状態のカイマックを、2、3日乾燥させるとクルカイマックになります。
クルカイマックを作れる場所は乾燥した地域で、なおかつ日照条件の良い所に限られています。
トルコではアナトリア東部がとても適していると言われています。
アナトリア東部では、まだクルカイマックを作っている村々があると言われています。

クルイカッマクは昔からとても貴重な食材とされて来たので、
金=クルカイマック(!!)と言われたこともこともあったそうです。(ビックリですね!)

トルコへいらした方も絶品のカイマックをぜひ試して欲しいと思いますが、
もし超ラッキーなチャンスがあったらクルカイマックもぜひ試して頂けたらと思います。


2017年10月26日

昨日、10月17日(火)19時から3時間スペシャルにて
【世界の村で発見!こんなとこに日本人!】
に出させて頂きました!!


わずか22世帯の小さな私達の農村に多岐川裕美さんが、
日本を出発して50時間ほどかけてトラクター事故にも遭遇しながらも、
はるばる我が家を訪ねて来てくださいました。

なぜか撮影日以外は涼しくて過ごしやすかったのにも関わらず、撮影日の数日は38度が続くの熱さの中での撮影だったので、スタッフ全員汗だくになりながら坂を登ったり下ったりで汗が止まりませんでした。
そんな状況の中、懸命に羊の様子や牧場の様子、そして私達のことを撮影して下さって感謝です。

IMG_0064.JPG


私が住んでいるトルコ/サカリヤはとても自然豊かなところで、
ヘーゼルナッツをはじめとるす木の実や野菜、果物が豊富に採れる
場所としてトルコの中でも土地が肥沃な場所として有名です。
サカリヤで採れるカボチャもとても有名で、カボチャの料理が多いもの
特徴です。


穏やかな気候と過ごしやすい土地が気に入ってイスタンブールや
数々の街から引っ越してくるのも多いのが特徴です。


もし皆さんもトルコへいらっしゃる機会があれば、
ぜひここサカリヤにも足を運んでみてください。美味しい食事と
穏やかな気候でぜひ癒されて下さい。
もちろん私達が住んでいる村、ホジョオール村にも大歓迎です!!


IMG_0065.JPG

*Instagramでも毎日、村やトルコのこと載せています!
インスタグラム名:yukiyy_t
ぜひご覧ください♩

*サカリヤ県
トルコ北西部 マルマラ地方の県。
人口 :720,967
気候 :温暖湿潤気候


*Web:【 世界の村で発見!こんなところに日本人!】
https://www.asahi.co.jp/konnatokoroni/



2017年10月18日
2017年10月12日
2017年9月16日
2017年9月 2日
2017年9月 1日
⇒すべての記事を見る

トルコ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■トルコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中東にもどる

  • 特派員プロフィール
  • サカリヤ特派員

    サカリヤ特派員
    竹沢 友希
    長く住み慣れた東京の都会を離れ、トルコのサカリヤ県の村で人生初の田舎暮らしを開始。 トルコ人の夫と二人の子供と羊や鶏か駆け回る自然豊かな牧場で、心身ともに鍛えられなから暮らしています。 食べること+作ることの特技を生かし、近い将来トルコ料理レシピ本を発行予定。日本にはなかなか届かない魅力溢れるトルコの暮らしを探りながら、 「時間があったらトルコへ行きたい!」と思ってもらえるような情報を、皆さまにお届けしたいと思います!

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集