海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 様似・北海道特派員ブログ > 様似の海産物とそれを育む大自然

日本国内/様似・北海道特派員ブログ 北海道様似町役場企画調整課企画係 さん

日本国内・様似・北海道特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年6月22日

様似の海産物とそれを育む大自然


様似の海産物とそれを育む大自然

様似町地域おこし協力隊の徳重です。生まれは鹿児島ですがひょんなことから5年ほど前に様似町の隣の浦河町に流れ着きました。2年半ほど浦河町で生活したのち東京に戻ったのですが今春から縁あって様似町で活動させてもらうことになりました。様似町はまだ住んで2ヵ月の初心者ですが少しだけレポートさせていただきます。


日本全国でCOVID-19でさまざまな影響が出ています。外出自粛の影響で外食産業が大きなダメージを受けていることにともない農林水産業の生産物が売れなくなってしまい農林水産業の方が困っています。ここ様似町でも魚の出荷量が減ってしまい漁師さんたちが困っています。そこで今回は、漁師さんに代わって様似町の海産物を3つ紹介させていただこうと思います。


まずは「春ウニ」!


全国的にはウニは6月~8月が旬だとされていますが、ここ様似町では春が旬となっております。今年度はCOVID-19の影響で中止になってしまいましたが毎年5月にはウニ祭りが行われて多くの観光客が訪れBBQなどを楽しみます。様似町冬島地区の「冬島のウニ」といえば知る人ぞ知る高級食材で普段は高級料亭などでしか食べることができないそうです。今春は特別に春ウニファンクラブモニター会員さまに数量限定でお送りさせていただきましたが大好評でした。IMG_0645.jpg

作業を手伝ったあと漁師さんのご厚意でわけていただきました。役得です(^^)/
IMG_0653.jpg

うに丼にしていただきました(^^♪
IMG_0658.jpg


次に「ホッキ貝」!


様似町では今春ホッキ貝とつぶ貝と白貝をセットにして数量限定で販売しました。梱包作業や発送作業を手伝いましたがホッキ貝のデカさにたまげました。
IMG_0692.jpg


実はこのホッキ貝「抱卵ホッキ貝」という産卵期のホッキ貝で中には卵が詰まっています。
IMG_0697.jpg 「バターソテーにして食べるとうまい!」と地元の漁師さんが言っていたので食べてみましたが絶品でした。


最後に「白貝」!
IMG_0688.jpg


個人的にはこれが一番好きかもしれないです。先月、浦河町と共同でサクラマスと白貝をセットで販売したのですが「白貝がおいしかった」という声が非常に多かったのでホッキ貝を販売する際も白貝と一緒に貝づくしセットで販売しました。ホッキ貝の漁のついでにとれる貝のようで海に捨てることもあるらしいです。「酒蒸しにするといいよ」と漁師さんに教えてもらったのでやってみましたがこれまた絶品でした。浦河町のシェフも「内地の人には白貝評判いいんだわ」と言ってましたのでこちらに来る機会がありましたらぜひ食べていただきたいです。


今春はCOVID-19にともない市場が停滞し困っていた漁師さんへの支援の一環として普段はなかなかお届けできない殻付きウニや抱卵ホッキ貝などを産地直送で消費者さまへお送りすることができました。最近は一尾一尾の魚を船上でていねいに締めて食卓へ直売する漁師さんも少しずつですが増えてきています。様似町でも今後そのような取り組みを行う漁師さんが出てくるかもしれませんね。


そうそう。様似町といえば忘れてはいけないアポイ岳!

DSC_6796.JPG 様似町全域はアポイ岳世界ジオパークとしてUNESCOに認定されていて希少な高山植物などその豊かな自然は世界的にも有名なものとなっていますが地質学者さんたちの間では「カンラン岩」で有名となっているようです。アポイ岳を構成するカンラン岩は日本のような地震や火山活動が活発なプレートとプレートが接する地動帯でしばしば見られる岩石です。通常は地下深くのマントルから地表に上がってくる過程で水分と反応して「蛇紋岩」という別の岩石になってしまうことが多いのですがアポイ岳ではほとんど変質することなく地上に現れています(参考:アポイ岳ジオパーク公式サイト:https://www.apoi-geopark.jp/ )。このようなカンラン岩を地表で観察できる場所は世界的にも希少で、カンラン岩の研究者で様似町を知らない人はいないとまで言われています。


このカンラン岩ですが様似の豊かな海の幸にも関係があるのではないかと一部では言われています。アポイ岳ふもとの幌満川の下流は雨が降っても山からの泥水で濁ることは少ないらしいです。表面がカンラン岩に覆われたアポイ岳からの水が流れ込む幌満川では土砂の流入が少なく雨が降っても下流に泥水が流れ込むことが少ないようです。そのようなキレイな川からの水やカンラン岩から染み出た水に含まれる大量のミネラル分などが影響し様似の昆布は品質がよいといっている研究者もいるようです。昆布や昆布を食べる魚介類それを食べる大型の魚介類などの食物連鎖のサイクルのスタートはアポイ岳からの恵みなのかもしれませんね。



グランプリ(レルゾライトの渓谷)南健雄.jpg

海、山、川と豊かな自然に囲まれ、それらの恵みをいただくことができる様似町に一度お越しになってはいかかでしょうか?


様似町体験住宅近くの様似LABOでお待ちしております(^^)/

IMG_0858.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2020年6月22日
« 前の記事「~様似の食材を使って、どんぶりを作ってみました!~」へ
»次の記事「始まりました~秋鮭定置網漁~」 へ
様似・北海道特派員 新着記事
始まりました~秋鮭定置網漁~
様似の海産物とそれを育む大自然
~様似の食材を使って、どんぶりを作ってみました!~
~さまにの動植物~
~おいしいさまに~
移住体験住宅~ちょっと様似で暮らしてみよう~
~様似(さまに)散策~
【北海道様似町】地球の歩き方 特派員ブログを始めました。

北海道旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 様似・北海道特派員

    様似・北海道特派員
    北海道様似町役場企画調整課企画係 さん
    【北海道様似町】背面にアポイ岳と日高山脈、前面に紺碧に輝く太平洋をたたえる様似町。穏やかな海洋性の気候と豊かな大地の広がりの中で水産業・農畜産業が主産業。雄大な山容、奇岩・断崖の続く海岸線が四季折々に美しい表情をみせ、歴史と伝統が息づく町です。
    様似町HP http://www.samani.jp/
    ●令和2年2月末現在 人口 4,244人 世帯数 2,168世帯 DISQUS ID @disqus_UVEkbj92Eo

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集