海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > サンフランシスコ特派員ブログ > ボジョレー・ヌーボー解禁とナチュラルワイン (Vi...

アメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ 美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年11月16日

ボジョレー・ヌーボー解禁とナチュラルワイン (Vin Nature)


ボジョレー・ヌーボー解禁とナチュラルワイン (Vin Nature)

11月第三木曜日は、"ボジョレー・ヌーボー解禁"
日本のお酒メーカーの努力でいつの頃からワインラバーにとっては一種お祭り的恒例行事となった。今もそうなのか日付が変わる夜中12時に一斉に乾杯して毎年のように「今年は今までで最も素晴らしいできです〜」と必ずコメントで出る。 今年は夏場の気温が高かった為今世紀最高の出来を思わせるような出来栄えのようだ。


ナチュラルワイン

先日、日本からいらし方とワインを飲んでた、フランス・ロワール地方のカベルネフランを飲んだ時こう言った「これはナチュラルワインに近い...」初めて聞いた"ナチュラルワイン"と言う言葉。 「自然派ワイン」フランス語で「Vin Nature」「Vin Natural」と言うらしいです。 ワイン飲むのにえっ知らないの!!とびっくりしていた。 話を続ければオーガニックでもバイオダイナミックでもなく古来からの方法で作られたワインでヨーロッパでもごく限られたワインなのだそうだが、そんなありがたいワインを気軽に飲んでいいのだろうか?と思った。


とただの呑んべいがバレてしまったわけだが、どうしても気になったので行きつけ(でもないが)ワインショップで聞いてみた「Natural Wineありますか?」 品出しの手を止めて選んでくれたのが

イタリア・ロゼスパークリング(RADICE PALTRINIERI $21)
ソノマ・ロシアンリバー(TROUSSEAU GRIS 2016 $30)

vinnature2本 - 1.jpg  


「ナチュラルワインは赤ちゃんが泣いたら普通抱っこしたり触るでしょ、でもハンズフリーだから泣いたらそのまま泣き止むまで待つのよ、触んないの」 と赤ちゃんに例えてくれた。 ちなみにスパークリングが少し濁って見えるのはオリのようなものがあるからでそうなっちゃうんだって、勉強になった。


ニューカリフォルニアワイン

ナチュラルワインの次に出てきたのが「ニューカリフォルニアワイン」
これは、2013年に発行された元新聞社のワインライターさんジョン・ボネ(Jon Bonne)氏の「ザニューカリフォニアワイン(The New California Wine)」が発端とも言われてる。


カリフォルニアワインのイメージと言えば、重厚で複雑な味わいのあるワイン。 エレガントなヨーロピンスタイルとは異なった良さがある。 ナパのカルトワインなんか飲んじゃうと凝縮したフルーツの味わいとオーク樽の風味、口に含むと情熱的なアルコールが炎のごとき鼻腔を抜け、そしてカウンターパンチのタンニンでノックアウト! ワインラバーには少なからず経験がおありかと...


そして、カリフォルニアは食の宝庫。 手をかけずとも美味い物はふんだんにある。 素材重視、地産地消 "ファームトゥーテーブル(Farm to Table)" 新世代ワイン生産者諸君はその土地の良さを生かした本来のワインを造りを始めている。 60〜70年代のクラシカルな作り方を学びつつも生産者のポリシーを反映させたスタイルを目指し、新進気鋭のワインメーカーが台頭し始めている。 ロバート・パーカー氏によるパーカー・ポイントを意識したワインではく、土地と個々のスタイルでエレガント(私にとってはスゥ〜と飲みやすい)なワインがニューカリフォニアワイン。 まさに農作物、大地の恵みをいただく感じ。

2000年頃からの新しいワイナリーだけじゃなくて、老舗のワイナリーも含まれてる。 クラシカルなワイナリーがあったからこそ今のスタイルがあるので "カリフォルニアワイン温故知新" なのかも。


 

ボジョレー・ヌーボー


ボージョレーヌーボー - 1.jpg


解禁日ですよ!こちらも、レジ前に仕入れた分が並んでました。 日本ほど知られていないけど、知ってる人は知っている11月第三木曜日なのよ。 買わずにいられず一本購入。


ヌーボー1本 - 1.jpg


フランスボージョレー地方のガメイ種のブドウでお味見用?に造られた早飲みワイン。 「良いワインは私の人生にとって必需品」とトーマス・ジェファーソの名言が裏に書いてある。(1本$17.50)

【FERRY PLAZA WINE MERCHANT】

住所:One Ferry Bldg, Shop 23

電話番号:1-415-391-9400

営業時間:月11〜20,火10〜20,水〜金10〜21,土8〜20,日10〜19

URL:https://www.fpwm.com

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 夜遊び・クラブ・お酒
2017年11月16日
« 前の記事「リトルサイゴンLarkin STのゴミ箱観察」へ
»次の記事「DIVE BAR チャイナタウンの怪しげバー体験」 へ
おすすめ記事
    サンフランシスコ特派員 新着記事
    今年はゴールド! バンカメイルミネーションとフレンチ横丁
    【番外編シカゴ】自分町歩き 〜乗ってみた・見てみた〜
    シビックセンターの休憩場所 あのバイライトBi-Riteカフェオープン 
    ピア39 ライトニングショーとショップ観察
    【モデストModesto】鉄道の街は不動産会社注目の広域ベイエリアだった
    やっぱり美味しい Opus One 教科書に出て来るような2013の味わい
    【番外編シカゴ】やっぱり行ってきたトレダージョーズ
    山火事の事
    1年前の同じ月に投稿された記事
    感謝祭明け小雨のおかげ!ヨセミテ国立公園の絶景を眺望
    フィッシャーマンズワーフ行列のできるドーナッツ屋(感謝祭前日の様子)
    スタバご当地マグ・サンフランシスコ版 合わせてPeetsマグもご紹介
    『4代目ひのでや』日本町にオープン 郷愁の和風出汁
    【番外・ニューオリンズ編】スタバN.O.ご当地マグとPJ's
    【番外・ニューオリンズ編】世界最古の市電に乗ってみた
    【番外・ニューオリンズ編】初めてのNOLA空港から市内ホテルまで
    久しぶりに飛行機・ユナイテッドで NOLA(ニューオリンズ)
    一日観光の最終地点はここ "SO-摩天楼" をご覧あそばせ!
    忙しなくさせる?風景と見つけた "いいね" B+(Bplus)カフェ

    アメリカ ツアー最安値


    2018/12/9更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • サンフランシスコ特派員

      サンフランシスコ特派員
      美丸(Mimaru)
      サンフランシスコ市内小さなアパート在住。未だ修学旅行気分の生活で激変するベイエリアの旬のネタをアナログ的な視点でお届けします。認定フードコーディネーター。好きな事:見物。 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集