海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > サンフランシスコ特派員ブログ > BIG4 Lounge まぁまぁお召し上がりくだ...

アメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ 美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年12月27日

BIG4 Lounge まぁまぁお召し上がりくださいまし 棚ぼたワイン


BIG4 Lounge まぁまぁお召し上がりくださいまし 棚ぼたワイン

b ig4 - 1.jpg


クリスマスの翌日、ノブヒルにある老舗ホテル、スカーレット・ハンティントン(The Scarlet HuntinGton)のラウンジ『ビッグ4(THE BIG 4 BAR & LOUNGE)』でピアノ演奏を聴きながら軽く一杯となった。


ビッグ4とは、大陸横断鉄道の建設に携わった4人。 雑貨商のスタンフォード、金物商のハンティントンとホプキンス、建設業者のクロッカーだ。

テーブル - 1.jpg


ラウンジは古き良きサンフランシスコ、紳士淑女たちが集っていた頃を忍ばせる。
丘に上がってこれる人はそうスノ〜〜ビッシュ(snoooobbish)^ ^
スノッブ(snob お高くとまった)なNob Hillなのだ。(サクラメントのミュージアムではKnob Hillて書いてあったが)


ウエッジサラダ2 - 1.jpg


『ウエッジサラダ(Little Gem Wedge)$17』を分けて持ってきてくれた。


BLT - 1.jpg


何もここで『サンドイッチ(Club Sandwich$21)』頼まなくてもと思うが、腹が減っては...。 レストランのメニューも頼めるようなので見せてもらってもいい。 

イングル - 1.jpg


ワインリストを見せてもらったらやっぱり頼んでしまった。 『イングルヌック・ラザフォード(Inglenook Rutherford Cab 2013)』 ワインリスト価格$125


リストを見ていた時、隣の紳士が「カベルネソーベニオンを探しているならボルドーの欄を見るといい、ちょっとここのは変わった分け方しているようだ」 と教えてくれた。 ここら辺のワインリストの一般的な分け方としては、スパークリング・白・赤・ロゼ(色もだいたいこの順番)とぶどう品種で分けている場合がある。 色別は分かりやすいけど、ぶどう品種だとそれが白ブドウか黒(赤ワイン)か知ってないと違った色がきちゃって笑い話になる。 そしてフランスのワインの場合ブルゴーニュ・ボルドーなど地域の名前、その地域で栽培生産されているワインが決まっている。 ブルゴーニュの赤ワインはピノ・ノワール、白はシャルドネというように"どこどこエリア=何々ワイン"となる。 イタリア、スペイン辺りも同じく。 ボルドーはカベルネ・メルローを主体にしたブレンドとなるのでボルドーを見るように言ってくれたのだ。 


イングルヌックのカベルネって聞いただけでお高い〜イメージがあるのでそれが125ドルで飲めるんだからクリスマスだし奮発した。 そしたら隣の紳士がまた「それはグットチョイスだ(なかなかお目が高い)」とすごく褒めてくれた。


奮発した甲斐があった Cheers!
そして隣の紳士が頼んでいたのは 『ケイマス(Caymus Vineyards 2013 Cab)』

ケイマス - 1.jpg

紳士曰く、「セレクションじゃない普通の方だ」 ってちょっとはにかんだ表情だったので、サーバーの方にワイングラスをもらってイングルヌックをちょっとおすそ分け、褒めてもらったお礼。 ケイマスは幾らかとリストをコソ見したらなんと180ドルもするではないか!! そっちの方が高いじゃんあげたワイン返してくれ〜〜とちょっと思った。


ブレッドプティング - 1.jpg


『ブレッドプディング(Bread Pudding$14)』 を食べながら...。


デザートメニューを見ていたら "シグネチャー(signature)" と書いている当店ご自慢のブレッドプディング。 当然試してみた。 甘すぎず美味しかった。


さて、ケイマスの紳士からはそのすぐ後、イングルヌックの3倍の量のワインを頂いた。 袖すり合うも多少の縁、ボトルで頼んじゃって一種類しか飲めなかったところを物々交換で楽しめた、結果オーライの棚ぼたワイン、ピアノ演奏もなかなか良くって、ちょっと社交場に来た感じがした。 


たまには重厚な調度品に囲まれいいワインを飲むのもいいもんだ、ありがとうケイマスの紳士。


バーメニューはカクテル・グラスワインのみですが「ワインリストプリーズ」ってみて見てください。 老舗らしいラインナップです。


【The Big 4 Bar & Lounge】

The Scarlet Huntington Hotel
住所:1075 California ST San Francisco, CA 94108
電話番号:415-771-1140
営業時間:毎日 6:30〜14:00 18:00〜22:00
URL:http://www.big4restaurant.com
bar menu:http://www.big4restaurant.com/wp-content/uploads/2017/04/050117-BAR.pdf


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 夜遊び・クラブ・お酒
2017年12月27日
« 前の記事「こりゃ大胆バイライトにみるHACHIYA(蜂屋柿)の売り方 」へ
»次の記事「季節外れの霧の街サンフランシスコ」 へ
おすすめ記事
サンフランシスコ特派員 新着記事
せめてアイスクリームミュージアムのギフトショップ
シルク・ド・ソレイユVOLTA 感動のダブルダッチとBMX
ビジター・インフォメーション・センターがソーマ地区に引っ越し
初日の出は逃すも "ありがたや" な元旦の朝
明けましておめでとうございます 〜桑港寺〜
今年も一年お付き合いくだり感謝感謝です
今年見たクリスマスツリー 南国はポインセチアのツリー?
穏やかなクリスマス・ノブヒルの風景
1年前の同じ月に投稿された記事
大晦日の風景 "悲喜" 明日から高くなる料金・安くなるTAX
スマホ決済アプリSquareでその通り、お〜高っ!
自分サンタ!買ぅたでぇ〜Mac
Merry Christmas!
【番外・ニューオリンズ編】お土産&買った物
あらケールでスーパーフード "甘酒" "タヒニ" "スーパーシード"
今年も登場ミステリーパック$2.99 @トレーダージョズ(TJ's)
Xmasイルミネーション 繁華街vs郊外 あなたはどっち?
【番外・ニューオリンズ編】心温まる人々ローカルスーパー Rouses
お一人様ディナーOK!House Of Prime Rib
【番外・ニューオリンズ編】Emeril's 侮れない美食都市NOLA

アメリカ 航空券情報


アメリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

北米特派員ブログ一覧

USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サクラメントアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

北米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • サンフランシスコ特派員

    サンフランシスコ特派員
    美丸(Mimaru)
    サンフランシスコ市内小さなアパート在住。未だ修学旅行気分の生活で激変するベイエリアの旬のネタをアナログ的な視点でお届けします。認定フードコーディネーター。好きな事:見物。 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集