海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > サンフランシスコ特派員ブログ > なるほど、オーパスワン (Opus One) がう...

アメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ 美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年1月16日

なるほど、オーパスワン (Opus One) がうける訳


なるほど、オーパスワン (Opus One) がうける訳

opus2014 - 1.jpg


昨日、オーパスワン (Opus One)に行ってきた。
兼ねてからご一緒したいと願っていたワインのエキスパートEX氏の案内。
何故Opusなのか? なるほど〜あらためてオーパスワンが受ける訳の見聞き話。


opusプライス - 1.jpg


の前に先ずは、一杯。

2014 Opus One by the Glass $50 Bottle $320
2012 Opus One by the Glass $65
Overture by the Glass $25 Bottle $130


テイスティングは完全予約制。 先にテイスティング料金を払い、だいたいは屋上部分で風景を眺めながら堪能する。


opus抜いた苗の跡 - 1.jpg


29号線の方の写真ばかりじゃいつもと同じなので、北側の畑。 畑の途中に引っこ抜かれたブドウの木が綺麗に積み重ねられていた。 「畑の間の緑の草が生えてる部分にブドウの木だけど、木の寿命で引き抜かれたのか?それとも病気なのか? 寿命だったらいいですけどね」とあった。 実は4年ほど前にごく一部の畑で病気が発生し、木を全て引き抜き草や豆の種を植えたりを繰り返し、土壌回復に4年を費やし昨年新しい苗木を植えた畑がある。 見るとまだ本当に赤ちゃんみたい心許ないヒョロヒョロだった。


opus新しいテイスティングルーム - 1.jpg


おっと〜何やら工事中。 新しいティスティングルームになるそうで、完成までに多分一年くらいかかるだろうとの事。


Opusグラス横 - 1.jpg


「ちょっと待った!!」 と真面目に$$$$が浮かんでしまった。 ちょっとでもこぼれちゃったらそれ何ドルよ。  冷静になり色を見るとまだ若々しいティーンエイジャーカラーこれからの成長が楽しみな年頃2014。 グラスをくるりと360度回転させグラスを立ててワインの流れをみる(涙というらしい)それと合わせて香りを確認。 軽〜く青い香り(ピーマンって言うんですかね)一口飲んでみる。


グラスから生き生きした香り、まるでシルクがサラッと喉を通っていった、美味絶賛。


たかがOpusされどOpus、ナパに来たらやはり立ち寄りたいワイナリーだ。 しかし、なんでOpusなんや? なんで皆こぞって買っていくんや? と言うのが疑問。  有名だからもわかる、有名人がOpusの話をしたら人気が出たとか、中には投資目的の人もいるけど、基本 "有名" で "美味しい" からが人気の秘密。 美味しい...どんなに高くてもザラザラ渋くて雑味ばかりで口に合わなければ買わないよね。 


このOpus Oneは、 ボルドー5品種 カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カベルネ・フラン、プチ・ベルド、マルベックからなるボルドースタイルのブレンドワイン。 この5品種から毎年60通りのブレンドを作りティスティングを何度も繰り返す。 最も良いものがその年のOpus Oneとなる。 つまり毎年ブレンド比率が違い味も当然違ってくる。 日本は、香りが良くスッと入り込む "喉越し" の良いのが好まれるとか、実はOpusもこのス〜っと鼻腔に香りが通り抜けしかしかすかに香りが残り、舌の付け根にタンニン分が残らないのが特徴のようで、日本人が美味しいと感じるテイストにマッチしていると言う。 確かに有名だけど美味しく飲め、誰に贈っても決して滑らない一本が、このオーパスワン・交響曲第1番だ。


opus畑 - 1.jpg


ワイナリー、畑を見てどれだけ手入れされているか観察してみよう。 微妙な違いだけど、生産者がどれだけブドウに気を使っているか手入れされてるか、畑をみると想像できる。   


日照時間に恵まれているカリフォルニアワインカントリーは比較的安定供給ができるのは幸いだ。 でも2011年は天候は雨が多く市場に出回っている量がすごく少ないと言う話もある。 投資目的ならレアな2011年が狙い目なのかと勝手に目論んでしまった。


【Opus One】

住所:7900 ST Helena HWY Oakville, CA 94562
電話番号:707-944-9442
ティスティング時間:毎日10:00〜16:00
日本語オフィシャルサイト:https://jp.opusonewinery.com

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 夜遊び・クラブ・お酒
2018年1月16日
« 前の記事「母強し!ピープルズマーケットの普段着のお母さん達」へ
»次の記事「えっ明日は我が身か? "トラベルの語源はトラブル"」 へ
おすすめ記事
    サンフランシスコ特派員 新着記事
    今年はゴールド! バンカメイルミネーションとフレンチ横丁
    【番外編シカゴ】自分町歩き 〜乗ってみた・見てみた〜
    シビックセンターの休憩場所 あのバイライトBi-Riteカフェオープン 
    ピア39 ライトニングショーとショップ観察
    【モデストModesto】鉄道の街は不動産会社注目の広域ベイエリアだった
    やっぱり美味しい Opus One 教科書に出て来るような2013の味わい
    【番外編シカゴ】やっぱり行ってきたトレダージョーズ
    山火事の事
    1年前の同じ月に投稿された記事
    "Kung Hei Fat Choy"  天気好日 フェリープラザ
    今年もWinter Fancy Food Showに参加してみた
    驚きのディナー40ドル旅の予算節約もできちゃう10日間
    就任式の朝 連邦ビル前&ゴールデンゲートブリッジ
    行かない手はない"レストランウィーク"思い切ってミシュランレストランに挑戦
    天気の話:ハワイから来てる "パイナップルエクスプレス"
    ファーマーズマーケットで小さな新春みっけ
    MacBookで思う4年前 ガシェット話
    2017年初日の出@ツインピークス

    アメリカ ツアー最安値


    2018/12/10更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • サンフランシスコ特派員

      サンフランシスコ特派員
      美丸(Mimaru)
      サンフランシスコ市内小さなアパート在住。未だ修学旅行気分の生活で激変するベイエリアの旬のネタをアナログ的な視点でお届けします。認定フードコーディネーター。好きな事:見物。 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集