海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > サンフランシスコ特派員ブログ > ゴールデンゲートブリッジの噂 検証に行ったら......

アメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ 美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年7月12日

ゴールデンゲートブリッジの噂 検証に行ったら......別の噂に遭遇、ドキッ!


ゴールデンゲートブリッジの噂 検証に行ったら......別の噂に遭遇、ドキッ!

GGbr - 1.jpeg


▲歴史的建造物ゴールデンゲートブリッジ


アメリカを代表する20世紀の最高傑作の橋「ゴールデンゲートブリッジ」。橋のデザインはアール・デコ、その作品としては世界一の大きさを誇る、一度は訪れてみたい世界のアイコンです。


その世界一の橋に先月から、ある出来事が起こっています。風が強い日になるとゴールデンゲートブリッジが歌い出すというのです。「ミステリアスなハミング(GGB is Mysteriously Humming)」とか「強風のなか歌うゴールデンゲートブリッジ(GGB 'sings' during high winds)」のタイトルで全米のネットワークニュースやYouTubeなどでその音を聴くことができます。Twitterでは「大きな管楽器(Largest Wind Instrument)」と言ってる人もいて、世界一大きな芸術作品と新たに世界一大きな楽器にもなってしまったようです。


秘密は5年ほどかけて自転車用の歩道の手すりを新しくしたことにあります。風の抵抗を抑えるためのデザインなんですが、強い風がその手すりの隙間を通るとき、何とも不思議なブォ〜ンブォ〜ンと音が発生するようになったのです。橋の下にいてもプレシディオからも聞こえるし、ランズエンド地区にも聴こえ、半径5kmほどの範囲で聴こえるそうです。設計担当者によれば精巧なモデルも作って実験済みなので、今回のハプニングはまったくの想定外だそうですが、ほかの担当者のコメントでは、そのモデルはたいへん精巧だったが材質がアルミニューム製で本来の材質ではなかったと言います......今の段階でデザインを変更する予定はないそうなので、"歌う橋ゴールデンゲートブリッジ"となったわけですね。


拝聴しようとゴールデンゲートトランジット(Golden Gate transit Bus)に乗って行ってきました。


ゴールデンゲートトランジットの乗り方


0942 - 1.jpeg


▲乗り場"Mission&Fremont"セールスフォースタワー前


ゴールデンゲートトランジットは、サンフランシスコとマリンカウンティーを行き来する路線バスで、市内中心部から公共交通機関でゴールデンゲートブリッジに行くには一本で行けるのでとても便利。#30・70・101は本数が多いので覚えておくといいですよ。料金はゾーン制でひとり$4.25です。ミュ二($3.00)に比べると少し高いですが、速度は速いですよ。


0944車内シート - 1.jpeg


▲シートはゴールデンゲートブリッジのデザイン


運転席からのみ乗降になるので、ドライバーさんとの間はビニールのカーテンで仕切られています。クリッパーカードの利用できます。座席はひと席空けて座ります。目的地は「ゴールデンゲート料金所(Golden Gate Bridge Toll Plaza)」


1005クリっシーフィールド風景 - 1.jpeg


▲バスの車窓から

ミッション通りから7TH/Market→シビックセンター→バンネス通り→ロンバート通り→101号線......という順路で、天気がいいと大きく橋も見えトンネル過ぎたらすぐ、シャッターチャンスですよ。


2時間のトランスファーチケットも発行してもらえるのでサウサリートなどマリンカウンティーに行く場合はチェックしてみてくださいね。


【Golden Gate Transit】

・URL: https://www.goldengate.org
・バス: https://www.goldengate.org/bus/schedules-maps/


ゴールデンゲートブリッジでのできごと


1006渋滞 - 1.jpeg


▲渋滞


夏休みで天気もいいです。週末は郊外に出かける人が多いのでしょうか? 橋の手前で渋滞発生。スマホでチェックしてみたら橋の真ん中くらいから渋滞の赤い線、ドライバーさんは無線でやり取りし始めています。


1014広場 - 1.jpeg


▲ウエルカムプラザ前


渋滞に巻き込まれたものの、20分くらいで到着しました。
広場には少し観光客の姿がありましたが、ウエルカムセンター・ギフトショップは閉鎖。トイレは開いていました。


パトカー - 1.jpeg


▲パトカー2台


観光客いないが、パトカー2台って何があったのかと思いましたが、音を聴くために橋の歩道に向かいました。


1036料金所バス待機 - 1.jpeg


▲降車したバス停


ゴールデンゲートブリッジ料金所のバス停には、バスが待機していました。郊外からのインバウンド車線はまったく渋滞なし、天気予報でも週末は暑くなるからと言っていたし、アウトバンドの渋滞は仕方ないかと思いながら、橋の音を聴くために橋の中心に行くことにしました。肝心の自転車道側の手すりは、自転車の人しか通れないし反対側からも聴こえるし、風は穏やかでしたが基本的に橋は風が強い場所なのでとにかく歩いてみました。


警察車両 - 1.jpeg


▲警察車両


バスを降りてから、いつもと雰囲気が違う感じはあったのですが、音を聴きに来た目的があるのですべての変化をスルー、パトカーの赤青ライトの点滅もスルー。しかし、10台ほどのパトカーにその下の海上にはコーストガードが待機。橋を歩いてる人は皆折り返してくるし、これはスルーできないので、戻ってきた人に何があったのか聞いてみたら「多分ホームレスだと思うだけど、欄干を越えてパティオ(?)に人がいるんだって、歩道は封鎖で先には行けないのよ」


*最初の写真、橋の支柱(南側タワー)の手前にゴンドラのような場所があります*
橋の補修作業用の左右に動くゴンドラなのですが、そこに人がいるんだそうです。実は、負の噂として飛び降りる人があとを立たないのがこの橋です。資料によれば橋ができてから1700人が飛び降りて亡くなり、300人はいまだ行方不明とのこと。また2011年から5年間の調査で飛び降りた人は184人(37人/年)、10日にひとりです。しかし、617人(123人/年)は、ブリッジパトロールや州警察の説得に応じて思いとどまっています。実際飛び降りる人より思いとどまる人が圧倒的に多いのです。

音を聴くどころではなくなってしまいました。作業用のゴンドラにいる人が無事に歩道に戻ってきてほしいと願いながら日を改めることにしました。


帰路


ジッパートラック出動 - 1.jpeg


▲ジッパートラック出動


帰りのバス待ちでゴールデンゲートブリッジの名物車両"ジッパートラック(Zipper Truck)"を見ました。ゴールデンゲートブリッジは3車線×2の6車線で、朝夕の渋滞解消に朝はインバウンドを4車線、夕方はアウトバウンド4車線に中央分離帯のブロックを移動させます。このとき警察車両で1車線使っていて渋滞になっているので車線変更の緊急出動です。*機会があればこの作業の様子見てみてくださいね、コンクリート製の重いブロックをスルスルとずらしていく様子は目が釘付けになっちゃいます*


1101パークプレシディオ渋滞 - 1.jpeg


▲渋滞


帰りのバスは渋滞とは関係なく順調に走ってますが、ゴールデンゲートブリッジに向かう車線はいまだ渋滞が続いてました。スマホの交通情報では、事故や工事の情報は出ますが、この場合の表示は特にありません。こんなときドライバーさんたちすごくイライラするだろうなと、やっぱり迷惑なことです。


風が穏やかだったことやそれどころではなく結局、その音は聴けずじまいですが、風の強い日をチェックして聴きに行こうと思います。橋の音で飛び降り志願者の気持ちが落ち着き、思いとどまらせるような作用があるといいのですがね。


コロナの状況はいまだ先行き不透明ですが、皆さんが安心してゴールデンゲートブリッジを眺めにいらしていただける日が1日も早く来ますように......(祈)



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2020年7月12日
« 前の記事「【ヨセミテ国立公園】最新情報今シーズン知っておくべき3つの事」へ
»次の記事「【ヨセミテ国立公園】最新情報今の観光地の様子」 へ
サンフランシスコ特派員 新着記事
【アメリカ入国PCR検査】調べてみました素朴な疑問
【パノラマ街道395号線】裏ヨセミテの町リーバイニングとモノ湖
【サンフランシスコ・カストロ地区】コロナ禍で生き残りをかけた飲食店
【コロナ禍サンフランシスコ】ミッション・バレンシア通りカーフリー始まる
【コロナ禍カリフォルニア州】全米最多の感染者数と数字から気がついた事
【ベイエリア・サンマテオ市】コロナ禍に官民一体で頑張る地元のレストラン
【ユナイテッド航空・ANA】安全と衛生対策ちょっと聞きました
コロナ禍のサンフランシスコ最新情報バート車内とアウトドアダイニング
1年前の同じ月に投稿された記事
ギルロイガーリックフェスティバルにて
インターリーグ 先発ダルビッシュで行ってきた
ベトナムレストラン Tu Lan 綺麗にパワーアップしたBグルメ
【ギラデリィ・サマーギフト】 ポップアートボックスとフローズンホットココア
チャイナタウン飲茶 景成ハイエンド風店構え値段はBグル
ミシュランレストラン密集地ヨントビルの町そぞろ歩き
アルカトラズ島 巣立ちまでの限定風景赤ちゃんいっぱい 
バークレーシティクラブJulia'sジュリアスは地元名士の社交場
ラ・カレンダ 全米1予約の取れないメキシカンになるのか?
ナパバレー独立記念日にワイナリーって開いてるのかな
独立記念日 フェアモントホテルの異変
トンカツ屋とんとん 感動の厚切りカットで涙10ドル以下

アメリカ 航空券情報


アメリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

北米特派員ブログ一覧

USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/オーランドアメリカ/サクラメントアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタバーバラアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/リバーサイドアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

北米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • サンフランシスコ特派員

    サンフランシスコ特派員
    美丸(Mimaru)
    バークレーに留学後サンフランシスコに引っ越し20年。現在現地下見から視察をもとに国内外からのインバウンドツアーの企画コーディネートや会議などの現地スタッフとして全米を飛び回っています。仕事の合間のブリュワリー巡りが出張の楽しみ。GEM-Stone『カリフォルニア・オーガニックトリップ』の野菜図鑑や料理アドバイス、メニューの翻訳。旅行書籍の現地情報の提供。他方、資格を生かしサンフランシスコで日本の伝統食品製造にも従事。 日本フードコーディネーター協会認定フードコーディネーター、栄養士、調理師、食品衛生資格者。
    趣味:アメリカンアンティーク収集。歴史社会探訪。スポーツ観戦 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集