海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > サンフランシスコ3特派員ブログ > サル痘ワクチンの接種が始まったサンフランシスコ。8...

アメリカ/サンフランシスコ3特派員ブログ KatieM

アメリカ・サンフランシスコ3特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2022年8月 5日

サル痘ワクチンの接種が始まったサンフランシスコ。8月上旬の様子をレポート


サル痘ワクチンの接種が始まったサンフランシスコ。8月上旬の様子をレポート

IMG_2382.jpg
先週7月28日に地域公衆衛生緊急事態を宣言したサンフランシスコ。数に限りがあるものの、市内ではワクチン接種が始まりました。一方オミクロン変異種の流行が続くベイエリア、感染症状が徐々に変わりつつあることをスタンフォード大学の博士が指摘しています。今週のサンフランシスコの様子をレポートします。

サル痘のワクチン接種が開始
IMG_2404.jpg

サンフランシスコ市内では、今週月曜日(8月1日)からサル痘のワクチン接種がザッカーバーグ市営総合病院で始まりました、サンフランシスコ公共保健局によると、ワクチンの数は1日350本程度と数に限りがあるため、現在は予約が必須です。現在1万本のワクチン待ちの状態で、こちらが入荷され次第、さらなる情報が提供されるとのこと。ワクチン接種に関する詳しい情報はこちら から。


また先週お伝えした地域公衆衛生緊急事態の宣言ですが、今週ニューサム知事より公式に宣言されています。


変化する変異種の症状について
IMG_2384.jpg

今週スタンフォードヘルスケアのネハ・ナルラ博士がCBSニュースのインタビューで、変異種の症状が初期の症状と変わってきていることを伝えました。初期の症状でおもに話題となったのが味覚の変化ですが、現在流行している変異種は喉の痛みや違和感・熱・倦怠感・気管支の異常が症状となって現れ、のちに咳が出る症状が多くなっているとのこと。


また以前は感染したら3〜4ヵ月ほど体内に免疫が残るとの認識でしたが、オミクロンは感染力が強く変異しやすいため、免疫期間はわずか20日程度まで短縮されているそう。これからさらに変わっていく情報ですが、現在の症状はインフルエンザと見分けがつきにくいのが特徴です。


カリフォルニア州の感染状況
IMG_2412 (1).jpg
今週のカリフォルニア州全体の感染状況。州の公式ウェブサイト によると、州全体の過去7日の1日あたりの平均新規感染者数は1万4701人。先週の1万6418人と比べると多少増加していますがほぼ同じ数を維持しています。


5月30日から7月24日までの感染者数はのべ998万3370人。先週の987万1930人と比べるとこちらもわずかに増加傾向。ここ2ヵ月の平均陽性率は14.5%、10万人における感染者数は40.7人。こちらも急激な変化はみられません。


現在のワクチン接種状況

IMG_2415.jpg
6月から5歳以上のワクチン接種が始まったサンフランシスコ。市の公式ウェブサイト によると、今週の5歳以上を対象とした接種率は1回目は90%、2回目の接種率は89%。しばらくこの数に変化はなさそうです。


州の公式サイト によると今週の段階で、カリフォルニア州の郡でワクチン接種率が高い郡は、


1. インペリアル郡 92.5%
2. マリン郡 88.8%
3. サンマテオ郡 84.7%


サンフランシスコ郡は、今週もサンタクララ郡の84.4%に続いて5位の83.5%です。


最後に


この記事を書いている2022年8月4日現在、LA timesの統計 によると、サンフランシスコの感染者数は18万2038人・感染による死者数は939人。先週の17万9939人と比べると今週の増加数は2099人・1日の平均感染数は200人。今週は多少減少していますが、あまり大きな変化はありません。


過去1週間の陽性率平均は 12.6%・10万人における感染者数 は35.6人。陽性率は7月10日をピークに減少傾向にあります。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 治安・渡航安全情報 生活・習慣・マナー
2022年8月 5日
« 前の記事「サル痘の地域公衆衛生緊急事態を宣言したサンフランシスコ。7月下旬の様子」へ
»次の記事「サル痘の公衆衛生・緊急事態宣言が発令されたアメリカ。8月中旬のサンフランシスコ」 へ
サンフランシスコ3特派員 新着記事
サル痘の公衆衛生・緊急事態宣言が発令されたアメリカ。8月中旬のサンフランシスコ
サル痘ワクチンの接種が始まったサンフランシスコ。8月上旬の様子をレポート
サル痘の地域公衆衛生緊急事態を宣言したサンフランシスコ。7月下旬の様子
下水調査から推測されるおおよその感染者数。サンフランシスコ・7月3週目の様子
変異種の感染拡大が続くサンフランシスコ。7月中旬の様子
変異種BA.5の感染が広まるベイエリア。サンフランシスコ・7月上旬の様子
プライドパレードが開催されたサンフランシスコ。6月最終週の様子
ウォリアーズの祝賀パレードが開催されたサンフランシスコ。今週の様子
1年前の同じ月に投稿された記事
新規感染者数の減少がはじまったサンフランシスコ。8月下旬の様子
ワクチンパスポートの実施がはじまるサンフランシスコ。8月中旬の様子
ワクチン接種証明の提示が必要となるサンフランシスコ。8月上旬の様子
屋内でのマスク着用が必須となったサンフランシスコ。8月上旬の様子

アメリカ 航空券情報


北米特派員ブログ一覧

USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/オーランドアメリカ/サクラメントアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタバーバラアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/ツーソンアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ボルチモアアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/リバーサイドアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

北米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • サンフランシスコ3特派員

    サンフランシスコ3特派員
    KatieM
    18歳での留学をきっかけに渡米。ワシントン州、ボストン、ニューヨーク、サンフランシスコ、サンタバーバラに滞在経験あり。2018年から2019年7月までサンフランシスコ3Web特派員、2019年8月から12月までサンタバーバラWeb特派員として活動。 サンフランシスコのローカル情報に加え、現地で役立つ西海岸のライフスタイルやトレンドなどを紹介します。 DISQUS ID @disqus_U7VJBq4z0h

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集

AIG