海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > アメリカ/サンフランシスコ4特派員ブログ

アメリカ/サンフランシスコ4特派員ブログ Yukari

アメリカ・サンフランシスコ4特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


地球の歩き方トラベルライター事務局です。
いつも地球の歩き方「特派員ブログ」をご愛読いただきありがとうございます。


現在、サンフランシスコ4特派員を募集しております。


サンフランシスコ4に在住の方で、
「我こそ!」という方、
「やってみたいが詳細を知りたい」という方、
まずは以下のトラベルライター詳細をご確認の上、応募フォームからご連絡ください。
追ってこちらからご連絡いたします。
また、他の都市の特派員も随時募集しております。


ご応募、お待ちしております!
⇒トラベルライター詳細


2019年7月31日

こんにちは。
地球の歩き方 サンフランシスコ4特派員の Yukari です。


2017年4月に米国カリフォルニア州サンフランシスコ近郊の街にやってきて、2018年7月から特派員として活動をさせていただきましたが、今月半ば、日本に本帰国となりました。約半年間続けてきました特派員としての活動も、このブログで最後となります。


2年間という短い期間ではありましたが、何もかもが目新しくおのぼりさん状態だった1年目を経て、2年目は現地での暮らしやイベントの楽しみ方がわかるようになりました。その経験を生かして、特派員として発信していくことはとても楽しく、充実した時間でした。

そして、サンフランシスコ・ベイエリアという土地は、サンフランシスコという大都市やシリコンバレーという最先端の技術や知識が集まる場所を持ちながらも、自然が豊かで、人々の健康意識が高く、多国籍な人々が集まっていることで多様性に富み、どんな人でもどんな考えでも受け入れてくれるような懐の深い場所であったと思います。


日本から来たばかりの頃は不安ばかりでしたが、住んでいるうちにどんどんとこの土地の魅力にはまっていき、もっと知ってもらいたいと思ったことが特派員に応募したきっかけだったと、今改めて思い出しています。


32_SF_last_01.jpg


私たちがアメリカにくるきっかけとなった場所。夫の留学先であるスタンフォード大学。
緑いっぱいのキャンパスが青空に映え、ただそこにいるだけでとても気持ちのいい場所でした。ロダンの有名な作品がたくさんあり、芸術鑑賞する場所としても見所はたくさん。大学だけれど観光地としても素晴らしい!と思い、特派員ブログの最初の記事に選んだのがここでした。スタンフォード大学を効率的に回るために欠かせない、学内を走る無料シャトルバスについてもご紹介しました。
  ↓
シリコンバレーの名門、スタンフォード大学のおすすめ観光スポット
スタンフォード大学の無料シャトルバス Marguerite Shuttle ガイド


スタンフォード大学と同じ敷地にある、スタンフォードショッピングセンターはお土産探しにぴったり。日本帰国前にもとてもお世話になりました。
  ↓
お土産探しはココだけでOK! Stanford Shopping Center


32_SF_last_02.jpg


アメリカ生活の中で、一番行った場所と言っても過言ではない、大好きなオーガニック系スーパーの ホールフーズ (Whole Foods Market)


カラフルな野菜やフルーツで季節を楽しみ、シリアルやナッツなどのバリエーションの多さに驚き、ナチュラル系のスキンケアアイテムを探し、毎日の生活のかなりの部分はホールフーズの商品でできていました。今も一番恋しい場所です。


季節ごとに登場する限定アイテムを探すのも楽しかったです。お土産探しの際は、ぜひホールフーズの季節限定アイテムをチェックしてみてください。
   ↓
期間限定アイテムを探そう! ホールフーズで秋のお土産


32_SF_last_03.jpg


特派員ブログではご紹介できなかったのですが、ファーマーズマーケットも大好きな場所でした。青空の下、季節の野菜やフルーツがゴロゴロと並ぶ通りを歩くだけでワクワクしたものです。フルーツなどは試食もできるので、カリフォルニアならではの豊富な柑橘系を食べ比べてみたり、見たことのない桃やアプリコットを味見してみたりと、その土地だからこその恵みを堪能しました。お土産探しには向きませんが、暮らすように旅してみたいという人には、ぜひ訪れてみて欲しい場所です。


有名なサンフランシスコ市内フェリーターミナルのファーマーズマーケットはもちろん、カリフォルニアアベニュー、マウンテンビューなど、シリコンバレーエリアのいくつかのカルトレイン駅前では、週末にファーマーズマーケットが開催されています。


32_SF_last_06.jpg


サンフランシスコご近所トリップの中でもイチオシなのが、ソノマにあるオートキャンプ! 特派員ブログでも、夏と冬の2回紹介してしまうくらい、お気に入りの場所でした。
   ↓
カリフォルニアのワインカントリーでグランピング体験!

冬でも快適!ワインカントリーのグランピング施設「オートキャンプ」


この他にもまだまだ思い出の場所、ご紹介したい場所がたくさんあったサンフランシスコ・ベイエリアでの生活。
食、自然、ショッピングと、その人にあった楽しみ方も見つかる場所なので、ぜひ、あなただからこそ見つけられる魅力を感じに来てみてください!
私も次は、旅行者として訪れたいと思います!



2019年2月27日

こんにちは。サンフランシスコ4特派員のYukariです。
2018年7月から約半年間、特派員として活動をしてきましたが、このたび日本に本帰国しました。現地在住ではなくなってしまったのですが、最後のご挨拶の前に、もう1記事だけ書かせていただければと思います。
帰国という状況になったからこそかける、お土産のお話です。


お土産の定番といえば、チョコレート。甘いものが大好きなので、アメリカ生活中は「お土産のための試食♪」を言い訳に、きになるチョコレートはとにかく試してきました。そんな私が、日本帰国に際して選んだチョコレートメーカーを3つご紹介します。


31_CA chocolate_01.jpg


チョコレートはカカオの量やフレーバーの有無など、人によって好みがまちまちな嗜好品です。私の場合、
・ カカオ率高めのものはちょっと苦手
・ フレーバーに特徴があったり、いろんなものが混ざっているのが好き
というタイプで、
お土産なので珍しさ、という点も重視しています。
そのため、ちょっと珍しいフレーバーや、日本ではあまり見かけなさそうなタイプを中心に選びました。参考にしていただけたら嬉しいです。


私のイチオシ! 楽しくて美味しい チュアオ(chuao)


サンフランシスコ4特派員としては、サンフランシスコローカル、または北カリフォルニアローカルのチョコレートメーカーから選びたいとは思っているのですが、これはどうしても外せませんでした。

南カリフォルニアのチョコレートメーカー、チュアオ(chuao)です。


南カリフォルニアのメーカーではありますが、サンフランシスコ・ベイエリアでも、セーフウェイ(Safeway)やターゲット(Target), ホールフーズ(Whole Foods)といったスーパーなどにいけば、普通にチョコレートコーナーに並んでいます。


31_CA chocolate_02.jpg


チュアオのチョコレートは、「えっ?」と驚くようなフレーバーがたくさん。
中でも、唐辛子入りな上に口の中でパチパチと弾けるキャンディーが入った「firecracker」は、ちょっとびっくりする味です。

美味しさ重視なら、アメリカのキャンプの定番「スモア」を再現した「Oh my S’mores!」や、キャラメルとリンゴの食感が美味しく楽しい「caramel apple crush」がオススメです。


31_CA chocolate_04.jpg
中はタブレット型。このストロベリーワッフルも美味しいです。


31_CA chocolate_05.JPG
アメリカのアイスの定番「ロッキーロード」フレーバーは、マシュマロとアーモンドが表面にゴロゴロと乗っていてインパクト大!


カラフルなパッケージも可愛いので、お土産にはぴったりです!




サンフランシスコ・ローカルで選ぶなら TCHO(チョー)がおすすめ!


サンフランシスコ旅行のお土産にするなら、やっぱりサンフランシスコらしいものを…. という方へおすすめなのが、TCHO(チョー)のチョコレートです。


31_CA chocolate_03.JPG


TCHOはサンフランシスコのチョコレートメーカーで、「地球の歩き方」にもオススメのお土産として載っているくらい定番の商品です。中でもイチオシなのが、MILK CHOCOLATE “MOKACCINO” + BLUE BOTTLE COFFEE (ミルクチョコレート「モカチーノ」+ブルーボトルコーヒー)です。その名の通り、サンフランシスコ発のサードウェーブコーヒーの代表で、日本でも人気のブルーボトルコーヒーとコラボしたもの。定番ではありますが、可愛いパッケージとブルーボトルコラボという限定感で、お土産として渡すと喜ばれるアイテムです。


* 以前は下の写真にあるようにブルーボトルのマークがついていたのですが、最近購入したものにはマークがなくなっていました。公式サイトを見る限り、オラボ商品であることには間違いなさそうなのですが、ちょっと残念です。


31_CA chocolate_06.JPG


モカチーノ以外にも、定番のミルクチョコレートやダークチョコレート、ミントやフルーツ系など、様々な種類があります。ホールフーズなどのスーパーで手に入りますが、店舗によって扱っている商品は異なるので、こまめにチェックしてみてください。




サンフランシスコのチョコといえばのギラデリは、定番以外を狙おう!


サンフランシスコ土産の定番中の定番といえば、GHIRARDELL(ギラデリ)のチョコレート。空港にもショップがあり、街中のおみやげ物屋さんやスーパーなど、どこでもパッと買えてしまうのが良いところですが、せっかくならば一捻りあるものを探したいものです。


ミルク、ダーク、ペパーミント、シーソルトキャラメルなど定番商品の他にも、季節限定のフレーバーやイベント用のアイテムが発売されています。ホリデーシーズンであればペパーミントバーク、バレンタインシーズンであればハート型やストロベリーやクリームブリュレなど、その時期だからこそ手に入るアイテムがあります。
これからのシーズンはイースター! イースターバニーやイースターエッグの形をしたチョコレートが発売されているはずなので、スーパーなどでチェックしてみてください。


30_ghiradelli_07.jpg


また、以前 「サンフランシスコ土産の定番、ギラデリのチョコレートをアウトレットで!」 の記事でご紹介した、ギラデリのアウトレットであれば、終わってしまったシーズンの限定チョコレートも量り売りのコーナーで見つかるかもしれません。こちらでのお土産探しもおすすめです!


私の個人的な好みで、おすすめのカリフォルニアチョコレートを3つ、選んでみました。 美味しさはもちろん、フレーバーの珍しさやパッケージの可愛さ、その土地らしさや限定感など、お土産として買う時に大切にしたいポイントは、すべて押さえているチョコレートです。お土産選びの参考にしてみてくださいね。



2019年2月27日
2019年2月22日
2019年2月 9日
2019年1月31日
2019年1月26日
⇒すべての記事を見る

アメリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

北米特派員ブログ一覧

USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/オーランドアメリカ/サクラメントアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタバーバラアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/リバーサイドアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

北米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • サンフランシスコ4特派員

    サンフランシスコ4特派員
    Yukari
    米国カリフォルニア州サンフランシスコ・ベイエリア在住のライター。「シリコンバレー」の名で、ビジネス面から語られることの多い地域で暮らしていますが、世界中から集まる人々によって作られる多様な文化と、健康や環境に対する意識の高さも、この土地の魅力だと感じています。シリコンバレーはもちろん、近郊の都市やワインカントリーの紹介も交えながら、多様な食文化やヘルシーなアイテムについてもご紹介をしていきます。 DISQUS ID @disqus_w7wIt4uisJ

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集