海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > アメリカ/サンフランシスコ4特派員ブログ

アメリカ/サンフランシスコ4特派員ブログ Yukari

アメリカ・サンフランシスコ4特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


サンフランシスコという都市の魅力のひとつが、世界的な大都市にもかかわらず、大自然へのアクセスがとても良いところ。少し長めの旅行プランが可能なら、ぜひ旅の中で少し足をのばして、自然の美しさを味わってみてください。


サンフランシスコから行ける大自然ツアーとしては、ヨセミテをはじめとする国立公園が人気ですが、もっと気軽にドライブ感覚で行けてしまう場所もたくさんあります。


今回はそんなサンフランシスコ近郊で自然の美しさを味わうことができるスポットの中から、太平洋の絶景と海の幸を堪能できるハーフムーンベイ(Half Moon Bay)をご紹介します。


15_halfmoonbay_02.jpg

ハーフムーンベイとは?


ハーフムーンベイ(Half Moon Bay)は、サンフランシスコの南にある太平洋沿岸の都市です。サンフランシスコ市内から車で1時間前後という距離にありながら、美しい海岸の風景を楽しめるリゾート地として、地元の人にも人気の観光地です。海でサーフィンや釣りを楽しむことができるほか、美しい海岸線の景色を楽しみながら回ることができるゴルフコースも人気です。


ハーフムーンベイはシーフードも有名で、わざわざここまで足をのばして新鮮な海の幸を楽しむ人もたくさん。漁から戻った漁船から直接その日にとれた魚を購入できる場所もあり、近隣の街から新鮮な魚を求めて訪れる人もいます。


一番の見どころ!大自然で体感する絶景のサンセット


ハーフムーンベイ観光で絶対に外せないのが、太平洋に日が沈む瞬間。
浜辺で海風を感じながら眺めるサンセットは言葉にできないほど美しいので、ぜひ日没時間をチェックして訪れてみてください。


レストラン予約などの都合で日没は無理という人は、日が沈む前の時間帯に、太平洋沿いの道をドライブがおすすめです。


15_halfmoonbay_01.jpg


ランチタイムにイチオシのレストラン、Barabara’s Fishtrap



ハーフムーンベイのもう一つの魅力、シーフード。数あるレストランの中でも特に人気なのがこちら。


Barabara’s Fishtrap(バーバラズ・フィッシュトラップ)


15_halfmoonbay_04.jpg


とても人気のお店で、食事時に限らず、お店の前には常にウェイティングの人の姿が。旅の時間を無駄にしないおすすめの方法は、11:00のオープン少し前に並ぶこと。


先日、アメリカの3連休中日というタイミングで訪問しましたが、10:45頃到着したところ、駐車場にはまだ空きがあり、店の前の列も5組ほど。開店のタイミングで入店することができたので、時間のロスが少なかったです。(この後は店のウェイティングに加えて駐車場所を探す時間も必要というのも、開店時狙いがおすすめの理由です。)


ここの看板メニューのひとつが、クラムチャウダー
サワードゥブレッドボウルの他にも、カップ、ボウルも選ぶことができます。


15_halfmoonbay_05.jpg


個人的には、サンフランシスコエリアで食べたクラムチャウダーの中では、ここのが一番美味しかったです! ここのクラムチャウダーのポイントは、具がごろごろとたっぷりはいっていることと、セロリが効いていること。食べごたえがありシーフードのうまみたっぷりのクラムチャウダーは注文必須のメニューです。



そして、もうひとつの看板メニューが フィッシュ・アンド・チップス

15_halfmoonbay_06.jpg


メニューに “Award Winning!” の文字とともに紹介されているフィッシュ・アンド・チップスは、まずこのボリュームに驚き、一口食べてその美味しさに驚きます!


肉厚でふわふわのフィッシュは、揚げたてをとにかくほおばってください。こんなにたくさん食べれない、と思っていたのが嘘のように、すっとお腹に入ってしまうはず。(食べきれなかった場合も、パックに入れて持ち帰れるので大丈夫!)


この他にも、魚介の旨みたっぷりのパスタやロブスターの身がこれでもかとのっているロブスターロールなど、シーフード好きにはたまらないメニューが揃う、このレストラン。ぜひ、お腹をすかせてランチタイムに訪れてみてください。


また、このお店は支払いが現金のみ(Cash Only)なので、要注意!お財布の心配をせず、思う存分食べられるように、しっかり現金を持って行きましょう。



ディナーにおすすめ!オーシャンビューのテラス席もあるSam’s Chowder House


もうひとつのおすすめレストランが、料理はもちろんロケーションも最高なこちら。

Sam’s Chowder House(サムズ・チャウダーハウス) です。


15_halfmoonbay_07.jpg


こちらは、お料理の美味しさはもちろん、太平洋を一望できるテラス席も人気の理由です。できるならサンセットの時間に狙いを定め、ディナータイムのテラス席を予約しましょう。


15_halfmoonbay_08.jpg


お酒の種類も豊富で、お酒に合うお料理もたくさん。新鮮なオイスターとワインの組み合わせは最高です。


15_halfmoonbay_09.jpg


カリフォルニアの代表的なシーフード料理、チョッピーノ(魚介類を使った煮込み料理)もぜひ味わっていただきたい一品です。



サンフランシスコ観光の間に、ハーフムーンベイで大自然の美しさと美味しさを味わってみませんか?


<Barabara’s Fishtrap(バーバラズ・フィッシュトラップ)>

住所:281 Capistrano Rd, Half Moon Bay, CA 94019

TEL:(650) 728-7049

営業時間:日-木 11:00-20:30、金-土 11:00-21:00

URL:http://www.barbarasfishtrap.com/index.html



<Sam’s Chowder House(サムズ・チャウダーハウス)>
住所:4210 Cabrillo Hwy, Half Moon Bay, CA 94019
TEL:(650) 712-0245
営業時間:月-木 11:30-21:00、金:11:30-21:30、土:11:00-21:30、日 11:00-21:00
Website:http://www.samschowderhouse.com/index.php



生活密着型サンフランシスコ・ベイエリア情報は、
ブログ(Heathy Lifestyle in CA)で発信中です。
日々のリアルタイムな情報はTwitter(@ yukari_calife
よりぬきおすすめ情報は Instagram(@yukari_calife
をどうぞ!

2018年10月17日

10月に入るとアメリカのショップは一気にハロウィンカラー!
スーパーでもこの季節限定の商品があちこちに並びます。10月にアメリカを旅するならば、ハロウィンアイテムはお土産としてもチェックしておきたいところ。


今回は雑貨からお菓子まで様々なアイテムが揃い、お土産探しにぴったりなTarget(ターゲット)で、ハロウィンアイテムをチェックしました。



14_halloween target_14.jpg


まずはバラマキお土産の宝庫 1ドルコーナーをチェック!


Targetでお土産を探すなら、まずチェックしたいのが、入り口付近にあることの多い、通称 1ドルコーナー です。1ドルの商品だけではなく、3ドルや5ドルのものもありますが、季節のアイテムやアメリカらしい雑貨が安く手に入るので、バラマキお土産を探すにはぴったり!


14_halloween target_02.jpg


9月の半ば頃になると、このコーナーにもカボチャやゴーストなどハロウィンモチーフのアイテムが並びはじめ、10月に入ると商品も増えます。季節限定のお土産探しなら、ここを外すわけには行きません。


小さな消しゴムがぎっしり入ったこちらは、60個入った1袋で1ドル。何種類か買って、いろんな種類を混ぜて渡しても喜ばれそう。ミニサイズのリングノートも1ドルです。


14_halloween target_03.jpg


とにかく柄が豊富な靴下も1ドル! メンズ、レディース、子供用と全て揃っているのも嬉しいところ。
ハロウィン仕様のスタイ(3ドル)もとてもかわいいので、赤ちゃんがいる家族へのお土産にいかがですか?


14_halloween target_04.jpg


子供向けお土産といえば、ハロウィンを題材にした絵本(3ドル)やシールブック(1ドル)もあります。


14_halloween target_05.jpg


ハロウィンのデコレーションや、ホームパーティーで活躍しそうなアイテムも。
カラフルなプレート(1枚1ドル)、ジャック・オ・ランタンのガーランド(3ドル)など、ひとつあるとぐっと気分が盛り上がるグッツがたくさん!

14_halloween target_06.jpg


アメリカで感じたハロウィンのワクワク感を持ち帰り、日本で家族や友人と楽しんでみる。そんなお土産の選び方はいかがですか?


14_halloween target_07.jpg


カラフルなグッツはかわいいけどちょっと子供っぽいな、という人に、こんなシックなアイテムも揃っています。


14_halloween target_08.jpg


ちょっとした仮装アイテムが数ドルで買えるのも、本場アメリカならでは。スターウォーズのコスチュームマスク(3ドル)やバッドマンやスーパーマンのマント(3ドル)など、アメリカンムービーファンへのお土産にいかがですか?


14_halloween target_09.jpg



ステーショナリーコーナーではカードとシールをチェック!


グリーティングカードを送り合う文化のアメリカでは、この時期になるとカードコーナーもハロウィンカラーに染まります。お土産として持ち帰るのはもちろん、家族や友人にアメリカからカードを送るというお土産も素敵ですよ。



14_halloween target_01.jpg


かさばらないシールは、少し多めに買っておくと、「お土産が足りない!」という時に助かります。ひとつ3ドル前後と手に取りやすい価格なので、気になったものはとりあえず買っておき、余ったら自分へのお土産に、というのはいかがでしょう。


14_halloween target_11.jpg





意外にかわいい? ハロウィンTシャツ


最後にチェックしておきたいのが、ファッションコーナー。
オレンジ色のパンプキン柄など、仮装でしか着られなさそうなものも多いのですが、よくよく見てみると、かわいいオバケ柄のタンクトップやスケルトンミッキーのTシャツなど、かわいいデザインのものもあり、しかもお値段は12~15ドル程度。もしかしたら、好みのデザインが見つかるかも?


14_halloween target_13.jpg




他にも、ハロゥイン仕様のお菓子などもたくさんありますが、今回はTargetだから手に入る商品を中心にご紹介しました。イベントアイテムは入れ替わりも激しく、人気の商品はすぐに無くなってしまうことも。気になったものは迷わずゲットしてください!



14_halloween target_15.jpg


Target(ターゲット)
Website:https://www.target.com/
店舗検索:https://www.target.com/store-locator/find-stores
<滞在先最寄り店舗の検索方法>
・ 上記URLをクリックして”Find a store” を開く
・ 検索画面( enter zip or city, states)に、滞在先の都市名、またはホテル住所の郵便番号(Zip Code)を入力して検索



生活密着型サンフランシスコ・ベイエリア情報は、
ブログ(Heathy Lifestyle in CA)で発信中です。
日々のリアルタイムな情報はTwitter(@ yukari_calife)、
よりぬきおすすめ情報は Instagram(@yukari_calife)をどうぞ!




2018年10月 8日


健康志向やエコへの意識の高さが全米屈指と言われるサンフランシスコ・ベイエリア。 オーガニック、ローカル、サスティナビリティというキーワードは、レストランやショップ、スーパーなど、様々な場所で目にします。


そんなサンフランシスコ・ベイエリアには、当然のようにオーガニックスーパーがたくさんあります。オーガニック系スーパーといえば、全米に展開するWHOLE FOODS MARKET(ホールフーズ)Trader Joe’s’(トレーダー・ジョーズ)が有名ですが、サンフランシスコ周辺にはローカルのオーガニックスーパーがたくさんあります。例えば、ミッション地区のRainbow Grocery(レインボー・グローサリー)は、サンフランシスコ・ローカルのオーガニックスーパーの代表として、ガイドなどにも取り上げられるほど。


他にもサンフランシスコ市内には、ローカルのオーガニックスーパーがいくつかありますが、今回はサンフランシスコの北側、ノースベイにあるオーガニックスーパー、Good Earth Natural Foods(グッド・アース・ナチュラル・フーズ)をご紹介します。



13_good earth__01.jpg



Good Earth Ntural Foodsの特徴と魅力


サンフランシスコ随一の観光名所であるレインボーブリッジを渡った先は、マリン・カウンティと言われる高級住宅地です。のどかで落ち着いたこのエリアに、ローカルスーパーとしてあるのが、今回ご紹介するGood Earth natural Foods (グッド・アース・ナチュラル・フード)


ノースベイに2店舗あるうちのひとつ、Mill Valleyの店舗は、サンフランシスコ市内からレインボーブリッジを渡って、15分ほどの距離。ワインカントリーに向かうルートの途中にあるので、ワイナリーめぐりの途中にも立ち寄りやすいスーパーです。


13_good earth_03.jpg


Good Earthの最大の特徴は、オーガニックに対する徹底したこだわり。オーガニックスーパーは数多くありますが、扱う商品すべてがオーガニックであるというわけではなく、店内の商品の何割かがオーガニックであるというのが現状です。例えば、ホールフーズの野菜・果物売り場では、「organic(オーガニック)」、「Conventional(農薬や化学肥料を使用した従来の農法、という意味)」が明示されており、オーガニックではない商品もまだまだ多く扱っていることがわかります。


ですが、このGood Earthは、扱う商品のほとんどがオーガニックです。(ウェブサイトによると、食料品の95%以上、その他の調理済食品やベーカリー、カフェの商品の99%以上がオーガニック) オーガニックが当たり前のサンフランシスコ・ベイエリアの中でも、「真の」オーガニックスーパーと言えるのではないでしょうか。



Good Earth Ntural Foods おすすめコーナー


店内に入ってまず目に留まるのが、棚いっぱいにビンが並ぶワインコーナー。このワインももちろんオーガニックなので、他のスーパーにはないラインナップを楽しむことができます。



13_good earth_04.jpg


スパイス、ハーブは量り売りで販売されており、ずらっと並んだビンも、他にはない充実度です。日本ではなかなか目にしない珍しいスパイスやハーブもあり、しかも全部オーガニック。こちらは、自分や家族へのお土産にいかがでしょう。


13_good earth_05.jpg


さらに圧巻なのが、バルクのコーナー。 小麦はもちろん、キヌアなどの雑穀や、レンズ豆、ひよこ豆といった豆類、グラノーラ、ナッツやドライフルーツなどが約300種類揃っています。


13_good earth_06.jpg


こちらも友人へのお土産というよりは、自分や家族向きにはなりますが、めずらしい豆や雑穀が安心の品質で手に入るので、料理好きな人はぜひチェックをしてみてください。


自分以外の人へのお土産であれば、スキンケア、ボディケアアイテムコーナーをチェックしましょう。コスメはもちろん、どんな人にもお土産にしやすい石鹸やソープ類、ボディクリームなどが充実しています。オーガニックかどうかをチェックする手間もなく、しかも他店と比べて種類も豊富!


13_good earth_07.jpg


これからワイナリーを巡る予定の人は、デリコーナーにもぜひお立ち寄りを!


ワイナリーでは持参したサンドイッチやデリなどと一緒に、ワイナリーで購入したワインを飲める屋外スペースのあるところがあり、ワイナリーを訪れる人の中には、スーパーなどでフードを購入して、ワイナリーでピクニック、という楽しみ方をしているグループも多いのです。
注)ピクニックエリアがなかったり、持ち込みを禁止していたりするワイナリーもあるので、事前にチェックしてから行きましょう。



13_good earth_08.jpg


キヌアなどの雑穀や豆類、ケールなど、アメリカらしい素材が詰まったサラダは、ジャー入りのかわいさが目を引きます。この他にもサンドイッチのコーナーなどもあるので、ワインを飲みながらピクニックランチを楽しみたい人は、ぜひチェックしてみてくださいね。



数は多くありませんが、オリジナルの雑貨もあります。 名前の通り、地球のマークが目印の、GOOD EARTHオリジナルのアイテムのなかで、やはりイチオシは帆布製のエコバッグ。たっぷり入る大きさとシンプルなデザインは、旅行中はもちろん、帰国後も活躍しそうです。


13_good earth_09.jpgのサムネイル画像


サンフランシスコ市内からちょっと足をのばす必要はありますが、ぜひゴールデンゲートブリッジを渡って訪れてほしい、そんなオーガニックスーパーです。



13_good earth_10.jpgのサムネイル画像


Good Earth Natural Foods(グッド・アース・ナチュラル・フーズ)
Website:https://www.genatural.com/


<Fairfax>
住所:720 Center Blvd.,Fairfax CA 94930
TEL:(415)454-0123
営業時間:月-日 8:00-21:00



<Mill Valley>
住所:201 Flamingo Rd, Mill Valley, CA 94941
TEL:(415) 383-0123
営業時間:月-日 8:00-21:00




生活密着型サンフランシスコ・ベイエリア情報は、ブログ(Heathy Lifestyle in CA)で発信中です。 日々のリアルタイムな情報はTwitter(@ yukari_calife)、よりぬきおすすめ情報は Instagram(@yukari_calife)をどうぞ!




2018年9月29日
2018年9月26日
2018年9月18日
2018年9月10日
2018年8月29日
⇒すべての記事を見る

アメリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

北米特派員ブログ一覧

USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

北米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • サンフランシスコ4特派員

    サンフランシスコ4特派員
    Yukari
    米国カリフォルニア州サンフランシスコ・ベイエリア在住のライター。「シリコンバレー」の名で、ビジネス面から語られることの多い地域で暮らしていますが、世界中から集まる人々によって作られる多様な文化と、健康や環境に対する意識の高さも、この土地の魅力だと感じています。シリコンバレーはもちろん、近郊の都市やワインカントリーの紹介も交えながら、多様な食文化やヘルシーなアイテムについてもご紹介をしていきます。 DISQUS ID @disqus_w7wIt4uisJ

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集