海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > サン・ファン特派員ブログ > プエルトリカン料理 vol.1

プエルトリコ/サン・ファン特派員ブログ リベラ 藍子

プエルトリコ・サン・ファン特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年10月26日

プエルトリカン料理 vol.1


メール プリント もっと見る

プエルトリカン料理 vol.1

日本でプエルトリコに住んでいると言うと、聞かれる質問のひとつが「どんな食べ物?」です。


私の答えは...
「白いご飯と豆のシチューのようなものが主食。」
「味は辛くなく、マイルド。」
「プランテインという青バナナを使った料理が多い。」
「牛肉よりも、チキン、豚肉をよく食べる。」


この「白いご飯」と言っても、日本で言う「白いご飯」ではなく、もっとドライな感じ。
一粒、一粒、摘めるようなパラパラのご飯です。
日本のようにご飯を炊くと、「この女性は料理が苦手」と思われるとこちらの家族に聞きました。


さて、これから「プエルトリカン料理」については何度も記事をアップしていこうと思っていますが、今日はプエルトリカン料理に欠かせない調味料についてお話したいと思います。


まずは、「ソフリート」。
この名前は初めて聞いたときから、私にとって忘れられないエピソードがあります。
プエルトリコに来る前、ハワイに住んでいたとき、義理の母が私たちを訪ね、私たちの家に数週間滞在しました。
そのとき、一緒にスーパーに行った際、
義理の母 「藍子、ソフリートはどこ??」
私 (数秒間、何も言えず、頭の上に?が)「ソフリートって何?」
義理の母 「藍子、ソフリートはソフリート!ソフリートがないと今日のプエルトリカン料理は作れないのよ。」
そして、もしかしたらとインターナショナルフードセクションに母を連れて行き、そこで、ソフリートを発見!!!
そう、それくらい、プエルトリカン料理には欠かせない物なのです!


ソフリートとは、何の料理にでも加えられる、だしみたいなもの。
市販の物もたくさんのメーカーから出ていますが、家で作る人もたくさんいます。
玉ねぎ、にんにく、アヒー(小さいピーマンで、苦味がほとんど無い)、コリアンダー、赤ピーマンを細かく刻んで、ブレンダーにオリーブオイル、オレガノ、塩、こしょうと一緒にかけるだけ。
材料はこれに人によって、プラス、マイナスしています。
トマト、お酢、オリーブ、ケイパスなどを加えたりと。


市販の物はプエルトリコならどこでも手に入ります。
こちらはホテルの多く立ち並ぶコンダドの裏にある24時間OPENのスーパーマーケット、Super Maxです。


いろいろなホテルからでも徒歩で行ける距離です。

IMAG0504.jpg

どこのスーパーでも同じですが、野菜やフルーツの売り場の一角にソフリートのコーナーがあります。

こんなにたくさんの種類!!
IMAG0506.jpg

値段もとってもお手頃なので、自分の好きな味を探してみるのも楽しいです!
IMAG0505.jpg

ソフリートの側に必ず置いてある、にんにくをすりつぶした物の瓶詰めもいろいろな料理に使えてとっても便利です。


10月のお題"おすすめ調味料"

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2011年10月26日
« 前の記事「ディズニーフィーバー!!」へ
»次の記事「プエルトリコのコーヒー」 へ
おすすめ記事
    サン・ファン特派員 新着記事
    プエルトリコのエコ
    プエルトリコ産コーヒーが飲めるカフェ vol.1
    プエルトリコよりフェリス・アニョ・ヌエボー!
    WL参加、読売巨人軍4投手のインタビュー(後半)
    WL参加、読売巨人軍4投手のインタビュー(前半)
    Feliz Navidad!!
    ウィンターリーグ
    ファーマーズ・マーケット@コンダド

    中南米 航空券情報


    プエルトリコ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■プエルトリコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集