海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > アメリカ/サンノゼ特派員ブログ

アメリカ/サンノゼ特派員ブログ かん

アメリカ・サンノゼ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


こんにちは、かんです。少し前の話になりますが、旧正月の頃、ベトナム系アメリカ人の友人に誘われて、ベトナム街を散策してきました。


カリフォルニア南部のオレンジ郡出身のその友人曰く、サンノゼ市には全米で第二の規模のベトナム系人口があるそうです。当然、ベトナム街も存在します。サンフランシスコ市にもリトル・サイゴンというベトナム街がありますが、サンノゼ市のそれは更に規模が大きく、充実しているのだとか。


VT0.png
ベトナム街中心にあるGrand Century Shopping Mall(店頭)と弾ける爆竹


中国でも旧正月のお祝いに爆竹をならしますが、ベトナムでも同様なのだとか。
モール入り口の広場では、けたたましい、鼓膜が破れるような発火音を撒き散らしながら、煙をあげて何百本もの赤い爆竹が炸裂し、それを囲む人々の輪もかなりのものです。写真を撮る人、ビデオを回す人、ひたすら雰囲気を楽しむ人、旧正月の風物詩が、新年のお祝いムードを盛り上げていました。


旧正月のお祝い


旧正月にベトナムでは賭け事を遊ぶ風習があり、モールの外では、ボードゲームの賭け事を楽しむ人だかりも。運試しで新年を祝う気持ちもそこにはあるそうです。
Bầu Cua Tôm Cáという何種類かの動物が描かれたサイコロを、その動物が描かれたボードの上で振り、どの絵が出るかを賭けるゲームなどは、子供もこのときだけ参加を許されるのだとか。


VT1.png
旧正月の賭け事を楽しむ人々や新規開店レストラン


中国では紅包という赤い封筒に入れてお年玉やご祝儀を配る風習があります。その紅包がこちらのベトナム街でも大量に店頭に並んでいました。紅包のみならず、赤や豚(日本の猪年はアジア圏では豚年”Year of the Pig”と呼ばれます)をモチーフにした春聯などが並び、買われていきます。なんと、サンノゼ市では違法のはずの花火まで売られていました。


VT2.png
紅包や獅子など縁起物がたくさん。Bầu Cua Tôm Cáセットも販売中


旧正月用品は食文化にも現れています。Bánh tét というベトナム粽。もち米や緑豆、豚肉などをバナナのはで包み、12時間以上蒸してつくる旧正月には欠かせない料理なのだとか。確かに、北京留学時代、春節休みを利用してベトナムに行った友人が、”ベトナムの旬の食べ物”としてお土産に持ち帰ってきてくれました。四角い両手サイズのもので13ドル程度。これを1.5センチ巾くらいに切り、フライパンで両面を軽く焼いて食べるのがベトナム南部出身の友人のおすすめで、この晩の我が家の夕食になりました。


もち米はもちもち、豚肉なども味がしっかりと染み込んでいて、緑豆のさりげないお豆感がなんとも言えない味わいです。フライパンで温めずに、そのまま食べても美味。ちなみに、もち米のもちもちがすばらしいので、包丁で切り分けると包丁にくっつきます。友人のおすすめは、糸を使ってスライスすることでした。私は包丁で切り分けてしまいましたが、糸の使用も非常に便利そうです。


VT3.png
ベトナム粽(左上・右上)やお菓子(左下)・各種紅包(右下)

VT4.png
ベトナムのお菓子各種が店頭に並ぶ。旧正月の飾りつきなものも。


ベトナムのお菓子や魚介類の燻製(どうみてもさきいか系)、蒸し菓子は、日本人の口にも合いそうです。今回は見送りましたが、次回は是非購入したいものです。


レストラン&ストリート・フード


モール内に入る前に、新規開店のレストランに入ってみたところ、旧正月用の特別メニューになっていました。メニュー選びは友人にお願いしました。恥ずかしながら、ベトナムの食文化はPhở(ベトナム風湯麺?・フォー)やGỏi cuốn(生春巻)くらいしか知りません。


VT5.png
友人がオーダーしてくれた魚の練り物をご飯をいっしょに揚げたもの。葉野菜で巻いていただく。


レストランの次に立ち寄った、手軽に色々な種類のメニューを楽しめるはずのモール内あるフード・コートで、友人が進めてくれたのがこの二品。


VT7.png
Bánh Nậm(右上・右下)とBánh bèo(左下)


Bánh bèoは日本の椀子そばに似て、好きなだけ、何皿食べてもいいのだそうです。お皿にくっついているタピオカベースの生地をスプーンでうまく削ぎ離し、ニョクマム系のタレを掛けていただきます。うるち米で作ったお餅がもう少し柔らかくなった食感で、お餅が好きな方なら満足しそうな一品。上にちょっとだけ置かれた青ネギやエビフレークもいい味で、焼き餅に伸ばす手が止まらないように、何皿でもいけてしまいそう。
友人もお母さんに子供の頃おやつ代わりによく作ってもらったとかで、その身近さは日本人が子供に作ってあげるおにぎりやホットケーキに近いところがあるでしょうか?


Bánh Nậmも非常に美味しい。やはり、お餅に似た食感です。タレを漬けていただきます。Bánh bèoより少し固めな食感ですが、上新粉が混ぜてあったりするのでしょうか。美味しいので、何であろうが構いません。


デザートにはChè Chuốiというココナッツミルクに小豆やタピオカゼリーを入れた温かいスープデザートや、Chè Khoaiという煮込んだタロ芋やタピオカゼリーにココナッツミルクを合わせたやはり温かいスープデザートをいただきました。心がホッとする甘さと温かさです。
里芋よりねっとり感が弱く、でも、さつまいもよりはしっとり系のタロ芋の食感がたまらず、ココナッツミルクの風味がよくあいます。ゼラチンのゼリーより歯ごたえがあり、しかし、こんにゃくゼリーのような弾力感も十二分にあるタピオカゼリーもなんとも言えません。


VT6.png
フード・コートのお店の壁にはメニューが写真と番号付き掲示してある


今回はベトナム通のベトナム系友人という強力ガイドに色々と紹介してもらったお上りさんなベトナム街訪問でした。次回は自力でお店をじっくりと開拓してみたいと思います。


Have a nice day♥


VT8.png
 
Grand Century Mallのお隣りにあるVietnam Town遠景


Grand Century Shopping Mall


Hours :
モール内のお店に依って異なる


1001 Story Rd, San Jose, CA 95122
East San Jose
408-298-5149
https://www.sanjose.org/listings/grand-century-mall
https://www.facebook.com/pages/Grand-Century-Shopping-Mall/134430359941774


Access:
Highway 280をMc Laughlin Avenue出口で降りてすぐ。
もしくは、VTAバスの25番のStory & McLaughlin下車すぐ




2019年2月25日

こんにちは、かんです。今日は買い物の合間に気軽に寄れるレストランのご紹介です。

サンノゼのショッピングセンターの一つにバリーフェア(Valley Fair)やサンタナ・ロウ(Santana Row)があります。大きい道路を挟んで並立しているので、お買い物で一日を満喫したい!というときにぴったりなショッピング・エリアとも言えますが、そのお買い物でちょっと軽く食事を、というときにおすすめです。

お値段も手軽ですし、場所も、歩けば200メートル位はあるであろうサンタナ・ロウの中でバリーフェア沿いに位置しています。我が家も、先のクリスマス・シーズンの外出時に立ち寄りました。


1601.png
Pizza Antica(店頭)とサンタナ・ロウ

Pizza Antica


Pizza Anticaはお手軽ピザからしっかりお肉のメイン料理まで、お好みで色々とお願いできます。スープ($5.95)やパスタ、ニョッキ、サラダもなかなかのもの。迷ったら、まずはブルシェッタ($9.95)にワインから始めてもいいですね。

私の家族は大抵ピザ、私はスープやニョッキを頼みます。ですが、この日は、私はあまり空腹でなかったので、家族のピザをつまむことにしました。


1602.png
ピザの大きさは大体こんな感じ。右上より時計回りで、子供用Cheese Pizza・Spicy Calabrese Sausage, Onions, Peppers And Parsley(Small・$11) ・Three Cheeses, Shaved Broccoli, Caramelized Onion And Pancetta(Small・$10.25)


ピザは生地が薄くて、小麦の味がしっかりしていて、楽しめます。具材も生ハム系やイタリアン系ソーセージなどの本格派。写真はSサイズですが、2,3名でしっかりいただける大きさのLサイズもあります。もちろん、お子様用メニューも揃えられています。美味しいピザがお好みなら、Pizza Anticaはまず期待を裏切らないでしょう。


ワインも、グラスワインからデカンタ、ボトルまで、選ぶのに迷うコレクションがメニューに並んでいます。


サンタナ・ロウにもバリーフェアにも素敵なレストランはたくさんありますが、小さいお子様連れのご家族であっても、カップルであっても、気軽に美味しくお食事をする場所で迷われたら、Pizza Anticaをお試しください。


Have a nice day♥


1603.jpg
 
サンタナ・ロウの遠景


Pizza Antica

Menu : http://places.singleplatform.com/pizza-antica-2/menu?ref=google


Hours :
Sun - Thurs 11:30 am - 10 pm
Fri/Sat 11:30 am - 11 pm


334 Santana Row, San Jose, CA 95128
 (408) 557-8373
http://www.pizzaantica.com/


Access:
Highway 17をStevens Creek出口で降りてすぐ。
もしくは、VTAバスの60番のWinchester & Stevens Creek下車 徒歩3分




2019年2月 1日

こんにちは、かんです。ここしばらくワイナリーやカフェの記事が続きました。今回は、サンノゼにあるシリコンバレーならではの観光名所、Intel Museum(インテル博物館)のご紹介です。コンピュータに関わったことのある大人には懐かしく、子供には新しい博物館ではないでしょうか。


1501.jpg


体験型展示もある企業博物館 Intel


1500.jpg

Intel Headquarter


その名の示すとおり、ここは、Intel(インテルアメリカ本社に併設されている企業博物館兼インテルグッズ・ミュージアム・ショップです。


私の今回のインテル博物館訪問は、90年代後半・2000年代後半に続けて、ほぼ8年ぶり3回目。中国から出張でベイエリアに滞在していた友人を案内したのですが、印象に残っていた展示がほぼなくなっていました!
同じ展示もあったでしょうが、全体的に、展示を常時リニューアルしている印象を受けました。
実際、企業や時代の大きな変化に合わせ、展示内容も当然ながら、随時アップデートされているのでしょう。


1510.jpg

インテル共同創業者の一人であり、”シリコンバレーの主”と呼称されたロバート・ノートン・ノイス

1511.jpg


インテル・ミュージアムをのぞいてみよう


インテル博物館には、子供から大人まで幅広い年代が楽しめる、読んでよし、手で触って良し、体験型展示が数多くあります。地元の小学校や学術団体にも学校遠足や研修で利用されています。長男が小四のときの遠足先でしたし、次男も今度遠足で来る予定です。ウェブサイトによれば、インテル博物館では小二〜高校を対象にした博物館ツアーを無償で提供している模様。 来訪する学年に合わせ、二時間程度でハンズ・オンクラスやインテルの業績、テクノロジー、シリコンチップのデザイン・生産などを網羅したツアーを提供してくれるそうです。流石ですね。私が友人と訪問しているときも、大学生か高校生らしい日本人団体が、日本語の通訳付きで、博物館のスタッフから英語で展示の説明を受けていました。


1502.jpg

1505.jpg

1503.jpg

1504.jpg


博物館内には、日本語の地図兼展示説明のチラシがありますから、そちらを片手に自由に展示を楽しむことができます。事前予約なしでも、スタッフに余裕があれば、当日、閲覧ガイド(英語)をお願いすることもできるようです。閲覧ガイドを確保したい場合は、事前予約が推奨されています。


1507.jpg

1509.jpg


体験型展示としては、二進法を使って自分の名前(アルファベット)を打つゲームや、手をかざしてインテルのロゴマークやキャラクターを3D的に自在に動かす様子をビデオに撮るゲームなどが面白かったですし、閲覧型展示では、シリコンウエハーや工場で実際に使われている防護服などの展示、インテルのCPUの歴史・変遷が印象深いです。50周年記念の企画展示も歴史を感じさせましたね。


1512.jpg

1506.jpg

1508.jpg


インテル・ミュージアム・ショップ


展示コーナーに隣接されてインテル・グッズのミュージアム・ショップもあります。50周年記念の品も多々ありました。お値段はミュージアム・グッズらしく、少し高めなものが多いですが、吟味をすれば、お土産に買えそうなお値段のものもあります。現地で、お好みで選ばれると楽しいと思います。


1515.jpg


1514.jpg


1513.jpg


インテル・ミュージアムの魅力


インテル博物館の規模はそう大きくなく、ゆっくりでも2時間ほど、急げば30分ほどで展示は見てしまえるでしょう。ですが、とてもよく工夫され、考えられ、作り込まれている博物館だと思います。ご訪問の際には、ぜひ、各展示をじっくりと読み込んでください。シリコンバレーの発展の息吹を感じられることでしょう。


「シリコンバレーには行けないけれど、展示を見てみたい!」という方には、インテルのウェブサイトにExplore other online exhibitsが設けられています。そちらでインテル博物館のプチ体験を楽しまれてみてはいかがでしょうか?


企業博物館は面白い


企業博物館には多種多様な形があるのですが、インテル博物館は、企業が自社の企業・生産活動や技術・専門知識を一般に公開し、伝達・保存する意図で設置された博物館の類です。会社敷地内に足を踏み入れて、その会社の活動について自由に学べるなんて贅沢だな、と思いませんか?


日本の企業は、明治もしくはそれ以前から事業を開始・継続している企業が少なくないため、 企業博物館は少なくないように思います。最近は、遊びココロに溢れた企業博物館も増えているようです。


ぜひ、あちらこちらの博物館・工場見学にお出かけいただいて、日本の産業や企業活動を学び、体感していただきたいものです。


私は日本に帰国したときに、息子たちをできる限り博物館に連れて行くようにしています。工場見学も少なくないのですが、ここ数年、体験型の企業博物館で特に面白かったのは、長浜市のヤンマー・ミュージアム(2018年9月よりリニューアルのため約一年間休館中)や、東海地方・半田市のミツカン・ミュージアムでした。ご家族やカップルにオススメです。機会があったら、こちらもどうぞお出かけくださいませ。


Have a nice day♥


The Intel Museum and Intel Museum Store


Hours :
Mon - Fri 9 am - 6 pm
Sat 10 am - 5 pm


Robert Noyce Building
2200 Mission College Boulevard
Santa Clara, CA 95054
408-765-5050
https://www.intel.com/content/www/us/en/history/museum-visiting-intel.html


Fee : 無料


Access:
Highway 101をMontague Expressway出口で降りてすぐ。
もしくは、VTAバスの60番・321番・330番・827番のMisson Collage&Burton下車 徒歩1分



2018年12月 2日
2018年12月 1日
2018年11月30日
2018年11月29日
2018年11月28日
⇒すべての記事を見る

アメリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

北米特派員ブログ一覧

USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サクラメントアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

北米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • サンノゼ特派員

    サンノゼ特派員
    かん
    中国留学をきっかけに、異文化間交流に興味を持ちはじめました。 ヨーロッパ系アメリカ人の夫・子供と一緒に、カリフォルニア州サンノゼ市で仲良く暮らしています。サンノゼ近郊を中心に、心がワクワクする観光名所や美味しい場所、カップルでも家族でも、また仲間とででも楽しい経験ができる情報をお届けします。 DISQUS ID @disqus_IMeUERd8FP

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集