海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > アメリカ/サンノゼ特派員ブログ

アメリカ/サンノゼ特派員ブログ かん

アメリカ・サンノゼ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


Sweet Rose - Sense of Relaxation


日本のホテルや旅館には、体の疲れを癒やすマッサージ室がありますね。タイや中国に旅行されて、現地ならではのタイ式マッサージや中国式足つぼマッサージなどを試してみる方も少なくないと思います。サンノゼ近郊にもそんなマッサージサロンがあります。今回はロスガトスにあるスウェーディッシュマッサージを基本に、その方の体調にあったカスタムメイドのマッサージを体験できるサロンのご紹介です。 


サロンのお名前は『Sweet Rose - Sense of Relaxation』。
サロンオーナーであるShizukaさんは、日英バイリンガルで、笑顔のとても素敵な癒しの手をもたれるマッサージセラピストの方。 サロンは女性専用(男性の方ごめんなさい!)のサロン。日本語で体の調子や施術箇所の具合をお伝えしながらカリフォルニアならではのマッサージであるスウェーディッシュマッサージ、アロマセラピーマッサージ、リンパドレナージュなどを施術いただくことができます。


A4-P1.jpg

サロンはこちらのVediyaセンターの中にあり、表に看板は出ていないので、こちらを目印に中へお入りください。

A4-P2.jpg

最初の玄関を入るとすぐに階段があり、2階にあがって右手奥にあるのがSweet Rose - Sense of Relaxationのサロンです。


A4-P3.jpg

ShizukaさんはカリフォルニアのDe Anza大学でマッサージセラピー・プログラムを卒業され、カリフォルニア州認定マッサージセラピスト資格を保持されています。また、Dr. Vodderのマニュアルリンパドレナージュも学ばれた、安心して施術をお任せできるセラピストです。


A4-P4.jpg

施術の前にフットバスとフットマッサージを受けてリラックス。このフットバスマッサージは施術時間に含まれておらず、例えば、一時間のマッサージを申し込まれた場合、着替えやフットバスマッサージの時間+一時間のマッサージ+施術後のお茶、になります。とても贅沢なひとときです。


Sweet Rose - Sense of Relaxationの特徴


Sweet Rose - Sense of Relaxationで受けられる各種マッサージの特徴について伺ってみました。


< Signature Massage(シグネチャー・マッサージ)> 
長めのストロークをベースに、筋肉の流れに沿って血流と老廃物の流れを促し体全体のリラクゼーションにフォーカスするテクニックであるスウェディッシュマッサージを基本に、お客様のご希望とお身体の状態に合わせて、様々な手技(スポーツマッサージ、トリガーポイント、ディープティシューなど)を組み合わせ全体のトリートメントを組み立てていきます。


< Aromatherapy Massage(アロマセラピー・マッサージ)>
アロマセラピーマッサージは、上記シグネチャーを基に、精油を使用することで更なる筋肉のリリースとリラクゼーション効果を期待できます。


< Manual Lymph Drainage(リンパドレナージュ)>
マニュアルリンパドレナージュ(Dr. Vodeer’s Manual lymph drainage)は、皮膚のすぐ下を通る表層のリンパ管にフォーカスし、フェザータッチでリンパ管に働きかけ自身では動かないリンパ管を開かせ老廃物の吸収と排出を促すテクニックです。


(Shizukaさんから頂いたままの文言です)


Shizukaさんは血流と老廃物の流れを促すスウェーディッシュマッサージに、筋肉のコリ状態やハリ状態に合わせてその箇所をもみほぐすトリガーポイントやディープティシューなどを組み合わせて施術します。ですので、施術を受けたあとは体がすっきり。マッサージを受けて体が楽になった!」という実感を受けていただけます(施術の感想はあくまで筆者個人のモノであり、各個人の身体状況により感想は異なる場合があります)。


アロマセラピーマッサージに使用されている精油はフランス産のFlorihana(フロリハナ)のものです。


A4-P5.jpg


フロリハナは、創立以来厳しい国際基準に適応した無添加でオーガニックな精油を提供しており、瓶にはその品質を保証するエコサート認定やコントロールユニオンBV認定等のマークがついています。


アロマセラピーマッサージをご希望の場合、Shizukaさんは、カウンセリングを通じてその方の体調やお好みの香りの精油でブレンドをしたマッサージオイルを調合、心安らぐ香りに包まれながらの癒しのマッサージを受けることができます。


A4-P6.jpg


施術は完全個室で、とても落ち着いた雰囲気です。ちょっとした演出にShizukaさんの『皆さんにリラックスしていただきたい』という細やかなお心遣いが感じられます。


完全事前予約制ですので、ご興味がある方は日本から旅行に行く前にE-mailでのご予約をおすすめします。ご予約は、もちろん、日本語で大丈夫です。下記ホームページからお問い合わせメール(「Contact」よりメールが送れます)を発信頂けるほか、ホームページ経由での初回予約にはスペシャル価格があります。


旅行中に少しリフレッシュしたい、ちょっと体を緩めたい、カリフォルニアのマッサージを経験してみたいけれど英語ではちょっと敷居が高い、などという方、どうぞShizukaさんにお気軽にお問い合わせください。


A4-P7.jpg

ギフト券もお取り扱いがあるそうです。サンノゼ滞在中にお世話になった方へのお礼などにいかがでしょうか。


■Sweet Rose -Sense of Relaxation


15066 Los Gatos Almaden Rd #200, Los Gatos, CA 95032
(408) 507-9759 
http://www.sweetrosemassage.com/
https://www.facebook.com/sweetrose.massage/
支払いはクレジットカード不可。現金またはパーソナルチェック(個人小切手)のみ。


■最寄りのバス停(VTAバス)


27番 Los Gatos-Almaden & Union下車 徒歩4分
49番 Samaritan & Esther下車 徒歩20分


Shizukaさんのサロンに隣接するショッピングモールでお勧めなのが、Chocolate Dream Boxです。


A4-P8.jpg


地元の方々から愛され、ちょっと特別な機会のギフトによく利用されています。
店内は季節行事、例えば春のイースターや秋のハロウィーンを意識したデコレーションになり、季節感を楽しむこともできます。チョコレートは一粒から購入できる各種トリュフや箱入りギフト仕様など様々。箱入りギフトも、自分が選んだトリュフでオリジナルセットを作ってもらえます。もちろん、どのデザインのチョコレートがどんな味なのか、『お菓子のしおり』もご用意いただけます。日本へのお土産にピッタリ。ぜひ立ち寄ってみてください。


A4-P9.jpg


■Chocolate Dream Box


15557 Union Ave, Los Gatos, CA 94032
(408) 507-9759
http://www.chocolatedreambox.com/


■最寄りのバス停(VTAバス)


27番 Los Gatos-Almaden & Union下車 徒歩4分
49番 Samaritan & Esther下車 徒歩20分


ホテルからサロンに直行してマッサージで体を癒し、美味しいチョコレートを購入してから、【ロスガトス体験①】や【ロスガトス体験②】でご紹介したようにダウンタウン観光に足を伸ばす、というロスガトス満喫の一日も旅行にはオススメです。


Have a nice day♥



2018年9月20日
ダウンタウンからワイナリーへ


ロスガトスのダウンタウンから散策できる距離に、素敵なワイナリーがあります。


A3-P1.jpg

19世紀の創建当時そのままの煉瓦造りの建物内部。


Testarossa Winery (テスタロッサワイナリー)。1888年に建てられ 、サンタクルーズ山脈で最も古いワイナリーとされるNovitiate Wineryの施設を利用して運営されており、ワイン通の方にはおなじみの人気のあるワイナリーのようです。(筆者もワインを愛好していますが、ワイン通ではないので、推測での表記をお許しください。)


Novitiateとはカソリック教会の修道士の養成機関(神学校)を指し、日本では岐阜県多治見市に多治見修道院があります。多治見修道院も敷地内にぶどう畑を保有し、収穫したぶどうからワインを醸造し、修道院ワインとして販売をしています。修道院とワイン醸造の関係には、文化的・歴史的な背景がありますから、「お?」と思われた方はぜひ調べてみてくださいね。


Novitiate Wineryは、19世紀後半、当時のサンタクララ大学の司祭達がその運営資金を準備する術としてワイナリーを造り、販売したことから始まりました。 しかし、100年近い年月の後、その運営母体であったイエズス会はそのワイナリーの廃止を決断します。廃止後10年ほどの間、ワイナリー施設は他のブランドによって利用されていましたが、1997年にRob&Diana Jensen夫妻が、Novitiate Wineryの時代から続く全施設を、夫妻が1993年に自宅のガレージで醸造しはじめたワインの醸造施設として活用できることになりました。

詳しいあらましや歴史は、ぜひテスタロッサワイナリーのホームページやこちらのビデオで御覧ください。ワイナリー内にも当時の説明や写真が掲示されています。


地元のロスガトスでも、テスタロッサワイナリーは歴史のあるワイナリーとして、 Novitiate Historic Wineryと呼ばれています。


A3-P2.jpg

ロスガトスのダウンタウンにたつ道標。Novitiate Historic Wineryと記載されています。


テスタロッサワイナリー


ロスガトスのダウンタウンから歩いてテスタロッサワイナリーに行ってみましょう。ロスガトス街広場公園へ突き当たったところでMain St.を左折して少し歩くと、前方にPurple Onionというカフェが見え、その手前にこの道標が立つ右折道路にたどり着きます。その道路を右折すると坂道に続きます。


A3-P3.jpg

その坂道を道なりに沿ってそのまま歩き続けましょう。先程の道標から0.8キロ先ですから、しばらく散策を続けます。そうすると、十字架のある石門にたどり着きます。テスタロッサワイナリーの入り口です。


A3-P4.jpg


そこから更に歩き続けると、駐車場に着きます。


A3-P5.jpg

週末に訪問された場合、Welcome Centerが開設されていますので、そちらでどのようなワイン試飲がしたいかを選び、チケットを購入します。現金・クレジットカード、どちらも大丈夫です。 このWelcome Centerは、週末の来訪者のあまりの多さと混雑のために最近三ヶ月ほどの間に週末のためだけに開設されたそうです。(過去何回か訪問したときに存在していなかった施設のため、ワイナリーの方に伺ってみました。)


ワイナリーの会員でない場合(ワイナリーには定期的にワインを購入する会員制度があり、普段のワイナリー訪問でも特典が利用できます)、$10と$20(2018年8月末現在)どちらかの試飲コースを選びます。ワインの試飲体験をしたい方は$10のコースを、ワインの味を堪能したい方は$20のコースをおすすめします。$20のコースのワインは今で試飲した中ではどれも美味しく、ワインの味を心ゆくまで楽しめます。(あくまで筆者個人の感想ですので、必ずしも万人の方に当てはまるわけではないことをご了承ください。)


試飲チケットを入手したら、いよいよワイナリー施設を訪問です。『Tasting Room』の矢印に従って、左側の道を選んで進んでください。


A3-P6.jpg

前方にピクニックテーブルや建物が広がっていきます。


A3-P7.jpg


そのまま歩みを進めると、左手に『Tasting Room』の看板のある建物があります。ドアを開けましょう。Welcome Centerで購入したチケットの裏側は屋内の地図になっていますから、地図をみながら迷わずに試飲コーナーや洗面所など、目的の場所へ 。


A3-P8.jpg

正面玄関。左側にこのワイナリーに歴史的価値があることを示す額が掲げられています。


A3-P9.jpg

試飲コーナー。空いているカウンターを見つけ、チケットを提示して試飲を始めます。


A3-P10.jpg

試飲は白のワインから始まります。同じぶどうであっても、その産地や醸造方法の違いで色や風味、香りまでまったく違うワインに仕上がります。産地などの違いやそのぶどうの特徴をワインサーバーの方から伺いながら、ワインだけでなく、その会話を楽しむのも試飲の愉しみです。


試飲できるワインは訪問するときのワイナリーのワイン・リリース状況によって変わります。ですが、シャルドネやピノ・ノワールなどは定番で、大抵試飲コースのメニューにあると思います。実際に自分の舌や目、鼻でお気に入りの一品を見つけてください。


ワインやお土産の購入


気に入ったワインをボトルで購入する場合、チケット購入時にもらうテスタロッサキャッシュ($20)をそのワイン代から引いてもらうことができます。$20のコースで試飲できるワインは一本$40以上のものがほとんどですが、気に入ったワインが見つかったら、躊躇せず、一本をお土産に購入していきましょう。


ワイン以外にも、ワインと一緒にいただく食事に使えるようなオイルやジャム、来訪記念になりそうなテスタロッサのロゴ入りのグラスやTシャツ、エコバッグなども販売されています。訪問されたときはぜひご自身の目で確かめてみてください。


試飲やお買い物を満喫して建物を出たら、その前にある古めかしい巨木を確認することをお忘れなく。コルクの木です。『Cork Oak』と名札がついています。樹皮からはコルクとわかりにくいですが、めくれている部分が見つけられたら、その部分はコルクそのものですから、感動しますよ。


A3-P11.jpg

Have a nice day♥


■Testarossa Winery - Los Gatos Winery and Tasting Room


300 College Avenue, Los Gatos, CA 95030
408-354-6150
http://www.testarossa.com/



2018年9月15日
カルトレインでロスガトスへ


今日は、Caltrain(カルトレイン・鉄道)のSan Jose Diridon (サンノゼ駅)から隣街のロスガトス観光に行くことにしましょう。まずは、カルトレインのサンノゼ駅からLightrail(ライトレール・路面電車)のサンノゼ駅へ移動します。ホームに着いたら、切符販売機を探し、ライトレールに乗る前に切符を購入します。車内で切符の購入はできません。そして、乗車中に切符拝見があることは滅多にありませんが、無賃乗車が発覚した場合、百ドル以上の罰金が課せられます。


A2-P1.jpg

ライトレールのホームにある切符販売機。現金のほか、クレジットカードも使用できます。(写真はMoffett Park駅の切符券売機)


切符販売機の黒い画面で、目的にあった切符を購入します。今日は一日観光でライトレールに乗ることになるので、8時間ライトレールが乗り放題になる切符の『Excursion Pass 』を選びましょう。この切符でバスに乗ることはできませんので、ご注意ください。


サンノゼ駅では二方向へライトレールが走っています。Mountain View行きとWinchester行きです。Winchester行きを選び、終点のWinchester駅まで移動します。


乗り放題の切符を買っているので、 車内から寄り道したい場所を見つけた場合、途中下車もOKです。ライトレールは各駅電車ですが、乗客のリクエストがない限り、駅に停車しません。停車したい駅がわかっている場合、その駅に到着する前に、車内のバーを押して「次の駅で降ります」を運転手に伝えなければいけません。


A2-P2.jpg

A2-P3.jpg

車中に座っている乗客の左手側窓の上に横の棒が、昇降口脇に縦の棒があるのが見えますか? 停車リクエストには、この棒を押します。


Winchester駅に着きました。


A2-P4.jpg

Winchester駅。

A2-P5.jpg


ライトレールを下車すると、前方にVTAのバス停があります。
バス停には時刻表が着いていますから、それで待ち時間を計算します。48番49番のバスに乗車すると、ロスガトスのダウンタウンまで乗り換えなしで直行できます。バスの乗車賃は$2(2018年8月末現在)。お釣りがないように小銭を用意しましょう。


A2-P6.jpg

細字は午前、太字は午後のスケジュールです。


バスは一時間に一本程度なので、待ち時間がかなり長い場合、すぐお隣のSummer Winds Nurseryでカリフォルニアの美しい植物を眺めたり、道路を渡った向こう側にあるショッピングモールでスーパーマーケットなどを散策しながらバスを待つのも楽しいですね。


A2-P7.jpg

A2-P8.jpg


48番のバスを利用する場合、ロスガトスのダウンタウンへ行くには、Santa Cruz & NicholsonかMain & Santa Cruzのバス停で降ります。49番のバスを利用する場合、終点のバス停で降ります。バスに乗るときに運転手さんにそれらのバス停で降車したいことを伝えておけば、運転手さんも気をつけて教えてくれます。


ロスガトスを散策


48番のバスを利用し、ダウンタウンのお店が並ぶ真ん中あたりにあるSanta Cruz & Nicholsonのバス停で降りてみましょう。


A2-P9.jpg

バス停を降りてバスの進行方向から少し逆行すると、ジェラートのお店、Dolce Spazio Gelatoがあります。


A2-P10.jpg

Dolce Spazio Gelatoに背を向けて、バスの進行方向へ足を進めると、左前方にWilliams-Sonomaが見えてきます。道の両側に、各国料理のレストラン、ブティック、家具店やおもちゃ屋さんなどが並びます。


A2-P11.jpg

A2-P12.jpg

A2-P13.jpg

A2-P14.jpg


ダウンタウンを眺めながら南下していくうちに、48番のMain & Santa Cruzのバス停のあるダウンタウンの端っこ、The Los Gatos Town Plaza Park(ロスガトス街広場公園)にたどり着きました。バス停が写真左側に小さく写っているのが見えますか?


A2-P16.jpg


信号を渡って公園の方へ。そして、ダウンタウンを振り返ってみると、こんな風景です。


A2-P17.jpg


ロスガトス街広場公園の隣には喫茶コーナーのあるパン屋のLa Boulangerや地元のコーヒー屋さんのLos Gatos Roasting Companyがあります。


Town Hall(ロスガトス市役所)の矢印にそってそちらの方へ歩いていくと、49番のバス停に行き当たります。48番のMain & Santa Cruzのバス停から目と鼻の先です。ですから、49番のバスを利用した場合は、そこからダウンタウンに向かって歩くことで、ロスガトスのダウンタウンに着くことができます。


48番のバス停が隣接しているロスガトス街広場公園では、毎週日曜日にファーマーズマーケット(朝9時〜午後1時まで)が開催されます。ファーマーズマーケットは日本の朝市のようなもの。地元の農家やレストラン、食品生産者が出店し、新鮮で美味しく、ユニークな地産食品を試食し、購入することができる縁日のようなマーケットです。
ですから、日曜朝にロスガトスのダウンタウンに出かける場合は、48番のバスのMain & Santa Cruzか49番の終点でのバス降車が◎です。
ファーマーズマーケットでは、旬の野菜や果物、地元のクラフト作家さんの手作り石鹸や手作りアクセサリーの出店もあります。サンノゼ近郊では各地で土日にファーマーズマーケットが開催されます。ファーマーズマーケットについても、写真でご紹介した各お店についても、いずれまた紹介させていただきますね。


ダウンタウンでちょっとしたお土産選びにオススメなのは、Williams-SonomaWe Oliveです。


Williams-Sonomaはアメリカでも通の日本人の間でも有名なキッチン用品点。キッチンタオルやお菓子道具、お菓子の材料や箱詰めされたお菓子そのものを購入することができます。スターウォーズやハリー・ポッターデザインのエプロンやクッキー型などの小物もあることが。秋になると、秋の収穫やハロウィーンにちなんだ可愛いデザインのキッチン小物が出てきます。Williams-Sonomaのキッチンタオルは大きくて使いやすく、デザインも普段遣い用からおしゃれなデザインのものまで様々なので、人気がとても高いです。


A2-P18.jpg

Williams-Sonomaから数軒挟んで並びにあるのが、We Olive。


A2-P19.jpg

We Oliveでは、地元カリフォルニア産のオリーブ油やバルザミコ酢、オリーブのおつまみやスプレッドなどが並んでいます。各種オリーブ油やバルザミコ酢は試飲もでき、味を確かめてからの購入が可能です。ワインバーも併設されていますから、ちょっとしたワインにおつまみを楽しむこともできます。(注:カリフォルニアではアルコール摂取は21歳以上からと規定されていますので、年齢が達しない方は利用できません。)


そう、カリフォルニアといえばワインも有名ですね。次回はいよいよロスガトスにある歴史的ワイナリーを訪問しましょう。


Have a nice day♥


■Downtown Los Gatos(ダウンタウン・ロスガトス)


ライトレールのWinchester駅からVTAバス48番(Santa Cruz & NicholsonかMain & Santa Cruz)・49番(終点)にて。



2018年9月10日
2018年9月 5日
2018年1月29日
2018年1月29日
2017年11月12日
⇒すべての記事を見る

アメリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

北米特派員ブログ一覧

USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

北米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • サンノゼ特派員

    サンノゼ特派員
    かん
    中国留学をきっかけに、異文化間交流に興味を持ちはじめました。 ヨーロッパ系アメリカ人の夫・子供と一緒に、カリフォルニア州サンノゼ市で仲良く暮らしています。サンノゼ近郊を中心に、心がワクワクする観光名所や美味しい場所、カップルでも家族でも、また仲間とででも楽しい経験ができる情報をお届けします。 DISQUS ID @disqus_IMeUERd8FP

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集