海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > サンタモニカ特派員ブログ > 米国乱射事件と銃規制

アメリカ/サンタモニカ特派員ブログ 金子 ゆかり

アメリカ・サンタモニカ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年10月 9日

米国乱射事件と銃規制


メール プリント もっと見る

米国乱射事件と銃規制

10月1日の夜、米国ネバダ州のラスベガスで乱射事件がありました。犯人はたった一人で10分の間に50人以上の死者と500人近くの負傷者を残して自殺したのです。ラスベガスのホテル、マンダレーベイリゾートアンドカジノでコンサート会場に向かってホテルの32階の部屋から乱射し続けたとのことです。

このような悲惨な乱射事件が起こるたびに米国ではガンコントロール(銃規制)が話題に上りますが、結局は銃を持つ権利は法律で定められているとして変化はほぼありません。
記憶に残っている悲惨な乱射事件を挙げると、2012年にコネチカット州の小学校で20歳の男性が乱射し6歳から7歳の子供を20人と6人のスタッフを殺し、自殺したというものがあります。
また記憶に新しいものだと、2016年、フロリダ州オーランドのナイトクラブで、29歳の男性が乱射し49人の死者と58人の負傷者を残し、犯人は警官に撃ち殺されました。
銃が手軽に購入できる米国では、さまざまな銃が乱射事件だけではなく犯罪にもよく使われます。観光客として最も気を付けたいのは、こういった発砲事件や銃を使った強盗に巻き込まれないということではないかと思います。強盗などの銃犯罪や発砲事件に巻き込まれないようにするには、深夜の出歩きを避けること、犯罪率の高い近所を避けること、夜は街灯のある道を通るようにするなどが挙げられます。
しかし、気を付けていても、今回のラスベガスで行われたコンサートのような人が多く集まる会場での乱射だと防ぎようがありません。短時間で単独でこれほど多くの人を殺せる合法の手段は銃しかないのです。しかしながら銃規制には及びません。日本人としては想像もできない矛盾ですが、一般人の銃の保持は米国の法律として守られているのです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 治安・渡航安全情報
2017年10月 9日
« 前の記事「ランが好きならこのお店!Road Runner Sports」へ
»次の記事「謎の螺旋を発見:秋晴れのハイキング」 へ
おすすめ記事
    サンタモニカ特派員 新着記事
    謎の螺旋を発見:秋晴れのハイキング
    米国乱射事件と銃規制
    ランが好きならこのお店!Road Runner Sports
    ウェストハリウッドのトレンディーなお店:Rosaline
    おぼろ雲の日曜日とシーフード
    アメリカ人向けの居酒屋?MTN
    暑い日は続く:ビーチの楽しみ方
    太陽が欠ける日。日食観測の仕方あれこれ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ハロウィンの予定がなければとりあえずウェストハリウッドへ
    利用しないと損!ハッピーアワー
    かぼちゃ味のビール?その味は。。。
    おしゃれなラウンジでちょっと一杯:The Bazaar

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • サンタモニカ特派員

      サンタモニカ特派員
      金子 ゆかり
      ロサンゼルス在住暦20年。カリフォルニア州立大学ノースリッジ校を卒業して以来アーティストとして様々なゲーム制作に参加。参加した作品には、コールオブデューティーやスカイランダーズなどの大ヒット作が含まれます。多忙な制作スケジュールの合間には旅行が趣味。アメリカ国内旅行やヨーロッパ旅行は経験豊富です。地元ロサンゼルスではいつも新しい発見を探し続けています。 DISQUS ID @disqus_qHGdM64Igf

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集