海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > アメリカ/サンタアナ特派員ブログ

アメリカ/サンタアナ特派員ブログ こば ゆみ

アメリカ・サンタアナ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


カリフォルニアではワイナリーと言えばナパバレー&ソノマカウンティ、カジノと言えば隣州のラスベガスがまず筆頭に上がりますが、実はその二つを一緒に楽しめる場所があるんです。その名もテメキュラ。
6272D93B-26F4-4B3B-9774-498A6F77A5FC.jpeg

1970年代からワインの生産が始まったこの土地はロサンゼルスやサンディエゴから車で一時間半ほどの所にあり、地元の人々の小旅行先として人気のスポットです。今回は二つのワイナリーをご紹介します。


まずは最初に訪れたポンテ・ワイナリー(PONTE WINERY)
5C33A90E-E654-42DE-B427-35A599CF5B82.jpeg
庭園を散歩していると野ウサギに遭遇しました。まるでピーターラビットの世界!自然豊かな土地であることを感じられます。レストランも併設され、とても賑わっていました。テイスティングルームは満員だったため断念し、移動することに。


ウィエンズ・ファミリー・セラーズ(WIENS Family Cellars)にやって来ました。
DA69EBD9-9A9D-4D40-9FAF-001E33515574.jpeg
こちらはこぢんまりしていて落ち着いた雰囲気。
テイスティングしたいことを伝えると、担当の方がついてくれます。
6F138BA9-360D-412C-9DEA-4B67455809A2.jpeg
渋さや辛さなどを教えてもらいながら飲み比べ。一番葡萄の味がすると勧めていただいたグラスは口一杯に葡萄畑が広がるような爽やかな味わいでした。
担当してくれたお姉様は気さくな方で話しやすく、リラックスして楽しむことができました。6杯15ドルとお得感も凄まじい。特に気に入った二本を購入しました。


ワイナリーを後にし、向かった先はオールドタウン。こちらは西部開拓時代にトリップしたような雰囲気を感じられる場所で、レストランやスーベニアショップなどが立ち並んでいます。
AF4DAF42-C494-4F04-A276-5A92C07FF631.jpeg
IMG_7363.jpg
散策をしていると、道端で一人トランプを切る男性からゲームに参加しないかと話しかけられました。賭け事に誘われているのだろうと推測しお断りしましたが、この時の男性を思い返すと、カウボーイの格好で再生される不思議です。西部映画の観すぎでしょうか‥。


外観につられ、一息つくのに使ったスターバックス。
D756F8D3-BCD7-46F9-BCEC-35DD03B380A3.jpeg


時期としてはオフシーズンでしたが、それゆえ落ち着いた時間を過ごす事ができました。ヨーロッパの田舎街のような風景をアメリカで見られたのも新鮮で良かったです。道沿いにいくつものワイナリーが立ち並んでいるので、気の赴くままにドライブを楽しみながら是非お気に入りのワイナリーを見つけてみてください♪
6B27341A-CEF7-4BE5-BDD1-9A4AFF5A6246_20190225171222.jpeg


2019年2月24日

カリフォルニアでは色々な国の料理を楽しむことが出来ますが、普段つい慣れ親しんだアジアに偏りがち。少し刺激がほしくなり、キューバ料理を食べに行ってきました。

574142D1-0992-431B-9C9E-4A68ABF66168.jpeg
ちょっと不思議なエントランス。
扉を開けると耳に飛び込むラテン音楽。陽気なサウンドに誘われ、否応なしに気持ちが高まります。


キューバと言えばラム酒の製造で有名な国。原材料となるサトウキビの栽培が盛んなことが理由で、その歴史は長く、遡って16世紀中頃にスペイン人の入植者によって始められたのがきっかけです。ラムコーク=キューバリブレの前知識を元にオーダー。F267AF4D-7508-4342-BBD4-D0243D1E0979.jpeg
いつも日本で出されるラムコークの味とはかけ離れていてほとんどラムの味。「キューバ万歳」の名を持つこのカクテルは、スペインからの独立戦争時の合言葉が由来です。そんな歴史的背景を持っているのも頷ける、ドライで力強い味わい。添えられたライムの香りが爽やかに仕上げています。
60C94C98-F167-451C-803D-5DA00AB08180.jpeg
カラマリ。イカの唐揚げです。以前ギリシャで食べて以来、お気に入りの一品です。
B60E12EB-3192-4F5B-A84C-9159A00F287F.jpeg
焼きバナナにトウモロコシ、黒いんげん豆のスープ。サイドディッシュにキューバらしさがギュッと詰まったワンプレート料理。串に刺さったステーキ、しっかり焼いた玉ねぎが合います。お米と食べられるのが嬉しい‥。


美味しさとともに小旅行気分も味わうことが出来、楽しい夜でした。次回は今回見送ったラム酒のカクテル、モヒートやダイキリなどにもチャレンジしていきたいです。キューバ料理、お友達と賑やかに過ごしたい時などにぴったりだと思います。是非一度お試しください♪


2019年1月27日

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
アメリカにお正月の文化は無く、お休みは元旦のみ。明けてしまえばあっさりと2日から通常営業、バタバタするうちにここまできてしまいました。
正月の無い新年を過ごすのは初めてでしたが、自分で思っていた以上に正月熱が湧き起こったのには驚きました。困ったのは初詣。毎年の習慣になっているものがぽっかり抜けてしまうと、やはり調子が狂うというか。何とか正月らしさを演出できないものかと頭を捻らせ、ホエールウォッチングに行くことにしました。
きっと毎回見れるものでも無いと思うので、おみくじ感覚で楽しめるかもと半ば強引なこじつけです。


向かった先はニューポートビーチ。海外ドラマ『The O.C』の舞台と聞いてピンとくる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ほど良く地元感ある、のんびりした空気漂う海で気に入ってる場所です。年は明けてもクリスマスの飾りはそのままに。少し間抜けな印象は否めませんが、一風変わった正月の風景と思って見ればそれらしく見えてこないでも‥?
2B284E49-8F1D-4991-8244-0D629F4445C8.jpeg
50人ぐらいで一斉に船に乗りこみ、いざ出発。
あっという間に街は遠退き、辺り一面穏やかな海に包まれました。水面はより青みを帯びた深い色に変わっています。
これからの一年を思い、静かな航海を楽しみました。
9D07671F-300E-4130-AB32-BE7200623EB0.jpeg
さて航海の結果ですが、残念ながら鯨には会えませんでした。
とはいえイルカの群れに遭遇できたので吉といったところでしょうか。
目で追いきれないほどの数のイルカがあっちこっちでジャンプをしている光景に大興奮でした。
ジャンプは一瞬のことなので写真に収めるのは諦めていましたが、ちゃんと写りこんでくれていました。
A95748EB-0A65-4559-8271-ECB48E384F5C.jpeg

イルカのおかげで、めでたく新年を迎えることが出来ました。
改めて、お正月って素晴らしい。そんなことを思った年の初めでした。


2019年1月13日
2018年12月28日
2018年12月11日
⇒すべての記事を見る

アメリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

北米特派員ブログ一覧

USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サクラメントアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

北米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • サンタアナ特派員

    サンタアナ特派員
    こば ゆみ
    はじめまして。2017年に結婚し、主人の転勤により2018年11月からカリフォルニア州オレンジ郡タスティンにて夫婦で暮らしています。学生時代は旅程管理主任者と国内旅行業務取扱管理者の資格を取得し、関東近郊のツアーの添乗員を務めました。食べることと旅行が好きです。こちらに越してきてからは、スーパーマーケット巡りも楽しみの一つになりました。観光地としての魅力はもちろん、アメリカならではの生活が想像できるような情報もお届けしていきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_Fmhc9y4wB7

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集