海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > サンティアゴ特派員ブログ > 2015年からチリのサマータイムが廃止されます

チリ/サンティアゴ特派員ブログ Panchita

チリ・サンティアゴ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年2月 2日

2015年からチリのサマータイムが廃止されます


2015年からチリのサマータイムが廃止されます

2015年から、チリの夏時間/冬時間の変更が廃止され、現在の夏時間に一本化されることが1月28日にエネルギー大臣より発表されました。(ただし、2月1日現在、関連法の改正はまだ成立していません。)


今後は、一年間を通じて
【チリ本土の標準時間】グリニッジ標準時-3時間(GMT - 3)、日本との時差12時間
【イースター島の標準時間】グリニッジ標準時-5時間(GMT - 5)、日本との時差14時間
となります。
チリ海軍海洋情報局の標準時間ウェブサイト でも確認できます。
Reloj_EstacionCentral.jpg


ここまで聞いて「ん???」と思った方もいるはず。
ガイドブック等にはチリの標準時間はGMT - 4と書いてありますよね。
そうなのです、標準時間が1時間早まるのです。


もともと夏時間と冬時間は約6ヶ月ずつで、チリ人の中には標準時間が冬時間という意識があまりありません。更に、2010年のチリ地震以降、省エネ特例法で毎年夏時間が延長され、標準時間である冬時間のほうが短いという逆転現象が続いていました(ちなみに、夏時間の延長は省エネに有意義な効果はないということで今回の決定となりました)。その為、チリ人にとっては「サマータイムの廃止と標準時間の変更」ではなく「夏時間への一本化」「冬時間の廃止」といったほうがわかりやすいのです。


日本とは時間の感覚に常に2~3時間差があって、こんな感じになります。

Santiago-21hrs.jpg 12月(夏至の頃)のサンティアゴ
日が昇るのは6時半頃、日が沈むのは9時前で、夜遅くまで小さな子供たちが外で遊んでいます。右の写真の夕焼けになるのは9時を過ぎてからです。

LitoralCentral-1830hrs.JPG 6月(冬至の頃)のサンティアゴ
日が昇るのは8時半頃で通勤通学の時間帯は真っ暗、日が沈むのは7時頃です。サンティアゴから1時間半ほど西に行った海岸沿いでは、6時半頃から日没ショーが見られます。


特に冬は体内時計がくるってしまいそうですね。チリ国内でも学校が始まる8時に日が出ていないことを疑問視する声もあります。旅行者の皆様も「時差ボケが治らない」なんてことがないようお気を付け下さい。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 生活・習慣・マナー
2015年2月 2日
« 前の記事「2015年のイベント【後半編】~9月は独立記念日のお祭り」へ
»次の記事「これぞチリの食堂!"ラス・カブラス" 今回は豚足を食す」 へ
サンティアゴ特派員 新着記事
ローマ法王がチリ訪問(2018/1/15~18)特別祝日や訪問先の通行規制に注意!
チリでは選挙の投票日はお酒が買えません!
年に1回だけ!一般非公開の施設に入れる文化遺産の日
2016年のスキー&スノボシーズンはもうすぐ
2016年/2017年はチリのサマータイムが復活
2016年のイベント(チリ/サンティアゴ近郊)&祝祭日
サンティアゴでモアイを探せ!!チリのスタチュー/像
夏に向けてダイエット!公園でエクセサイズ

チリとその付近のエリア ツアー情報

該当するツアー情報がありません

中南米 航空券情報


チリ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■チリの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • サンティアゴ特派員

    サンティアゴ特派員
    Panchita
    何の因果かチリ人の夫に巡り合い、もうすぐチリ通算10年目。その間、北部都市アリカから南端プエルト・ウィリアムスまであちこちを旅してきましたが、チリは広く未達の地も多く残っています。現在はサンティアゴ在住で、調査や翻訳などの仕事で日々新聞やテレビのニュースと格闘中。たまに温泉に行くことを楽しみにし、どんどん発展していくサンティアゴを体感しながら毎日を過ごしています。 DISQUS ID @disqus_GCSP6HnaGR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集