海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > サンティアゴ特派員ブログ > チリのお土産ベスト3

チリ/サンティアゴ特派員ブログ Panchita

チリ・サンティアゴ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年6月30日

チリのお土産ベスト3


チリのお土産ベスト3

こんにちは!今回はチリのお土産を紹介します。


第一位:ワイン
チリと言えばやはりワイン。

しかし種類が多すぎるし、何を選べばよいかわかりませんよね。私のおススメは、赤ワイン(tinto, ティント)であれば出来れば1万ペソ(約2000円)以上の高級ワインで、ブレンド(ensamblaje, エンサンブラへ)です。


何故かというと、1本1,000~2,000ペソ(200~400円)程度のワインは日本でも500円程度で大量に流通しているし、お味も値段なり。趣味や仕事で味や品質を比べたい訳でなければ、わざわざ重いものを日本まで持っていくほどの価値はないと思ってしまうのです。


そして、1本1万ペソ前後を境に2年以上寝かせたリザーブ(Gran Reserva, グラン・レセルバ)やプレミアム(Premium)となり味が確実に変わります。手摘み・有機栽培のブドウを原料に使い、樽も新しいものを使用するなど実際に手間とお金をかけて作っているのみならず、ワインメーカー(醸造家)の個性が出るのもこのクラスのワインならでは。特にブレンドはワインメーカーの個性が出て、年による味も違い、シングル・ビンヤード(単品種)のワインと比べるとまろやかな味わいが多いのも特徴の一つです。


ワイン専門店はもちろんの事、富裕層が比較的に多い地域のスーパーのプレミアム・ワイン・コーナーやガレージ・ワイン(小規模手作りワイン)コーナーでも買えますよ!
VinoChileno_1.jpg VinoChileno_2.jpg


VinoChileno_3.jpg プレミアムワインの場合は生産数量が限られており、日本に輸出されていたとしても流通が限られている(普通のスーパーや酒屋にはおいてありません)、という意味でも買っていく価値はあるでしょう!通常はワインメーカーの名前・サインとロットが入っているのでチェックしてみて下さい。

「ちょっと予算オーバーかな」という方には通常のリザーブ(Reserva, レセルバ)は3,000ペソ程度(約600円)から手に入るし、白ワインであれば高級ワインも5,000~10,000ペソ(1,000~2,000円)程度で美味しいものが手に入りますよ!


第二位:ピスコ
チリのもう一つのお酒では外せないものが、ピスコ。ブドウを使ったフルーティーな蒸留酒、いわゆるブドウの焼酎です。


通常は、ピスコ・サワー(ピスコ&レモン&砂糖+泡を作るための卵白)やピスコーラ(ピスコ+コーラ)として飲まれていて、チリ人はストレートやロックで飲むわけではないので超高級品の種類は非常に少なく、3,000ペソ(約600円)程度で通常の35度、5,000ペソ(約1,000円)も出せば40~45度のリザーブの美味しいピスコがスーパーで買えます。わざわざチリ風に飲まなくても、焼酎と同様に楽しんでいただいてもOK!


そして、ピスコと言えば外せないのがモアイ・ボトル。
PiscoMoai.jpg この写真は空港内・出発階にあるブリット・ショップ(Britt Shop)で、もし買い忘れた場合は荷物を預ける前に購入し、その場でトランクに入れてしまいましょう。
なお、ピスコ・ブランドNo.1と言えば赤いラベルのカペル(Capel)なのですが...私のチリ人の友人の間での評判は芳しくありません。モアイ・ボトルも茶色の箱でモアイの目が入っているトレス・エレス(Tres Erres)の方が美味しいと言われています。
更に、カペルは世界各地にピスコを輸出しており、日本でもドン・キホーテでモアイ・ボトルの目撃情報が...。


第三位:銅製品
お酒が二つ続いてしまいましたが、チリ人がお土産にあげたがるものといえば、やはり銅製品。私も銅のレリーフやキーホルダー等をたくさん貰いました。しかし、飾る場所も使う用途もなく困ってしまったのが正直なところです。


お土産屋さんをいろいろ見るだけでも楽しいですが、自分用・お土産用に良い銅グッズが見つからなかった場合は、以前紹介した銅繊維入りソックス がありますよ!
Monarch-Cobre_3.jpg Monarch-Cobre_5.jpg


他にも、食べ物・民芸品等色々あるのですが、日本で安く手に入ったり、デザインや質のレベルが高いと言えなかったり、割高と感じたり、ペルー製品だったり...日本に帰国するたびに試行錯誤しています。そんな中から選び抜かれた食品お土産、民芸品お土産などをこれからも紹介したいと思っています。

(6月お題"お土産")

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 ショッピング・雑貨・お土産
2015年6月30日
« 前の記事「チリ代表MFビダル(ユベントス所属)が飲酒運転で交通事故」へ
»次の記事「待望の雨でついにサンティアゴ近郊のスキー場オープン!」 へ
サンティアゴ特派員 新着記事
ローマ法王がチリ訪問(2018/1/15~18)特別祝日や訪問先の通行規制に注意!
チリでは選挙の投票日はお酒が買えません!
年に1回だけ!一般非公開の施設に入れる文化遺産の日
2016年のスキー&スノボシーズンはもうすぐ
2016年/2017年はチリのサマータイムが復活
2016年のイベント(チリ/サンティアゴ近郊)&祝祭日
サンティアゴでモアイを探せ!!チリのスタチュー/像
夏に向けてダイエット!公園でエクセサイズ
1年前の同じ月に投稿された記事
地元の人が通うフェリアへ行ってみよう!

中南米 航空券情報


チリ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■チリの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • サンティアゴ特派員

    サンティアゴ特派員
    Panchita
    何の因果かチリ人の夫に巡り合い、もうすぐチリ通算10年目。その間、北部都市アリカから南端プエルト・ウィリアムスまであちこちを旅してきましたが、チリは広く未達の地も多く残っています。現在はサンティアゴ在住で、調査や翻訳などの仕事で日々新聞やテレビのニュースと格闘中。たまに温泉に行くことを楽しみにし、どんどん発展していくサンティアゴを体感しながら毎日を過ごしています。 DISQUS ID @disqus_GCSP6HnaGR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集