海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > サント・ドミンゴ特派員ブログ > 携帯は必須アイテム?

ドミニカ共和国/サント・ドミンゴ特派員ブログ monalisita

ドミニカ共和国・サント・ドミンゴ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年5月25日

携帯は必須アイテム?


携帯は必須アイテム?

日本やアメリカなどの先進国では、携帯電話の普及が広がり、携帯電話が一種の必需品となっているが、ここドミ共でも同じ。「途上国は貧しくて携帯なんか持てないんじゃないの?」と思っている人、これは大間違い。貧しくても携帯は一つのステータスのようなもので、「君が持っているなら私も買わなきゃ」という心理が働くのか、都市から遠く離れた農村に行っても、携帯を持っている人は非常に多いし、実際つながる。2008年の統計によるとドミ共では7.2百万もの携帯番号が使われていると言う。一人2台、3台持つ人がいるので、単純に7.2百万人の使用者がいるとはいえないが、人口が1,000万弱と言われる中、これだけの携帯が使われているのだから、驚いてしまう。

途上国だと携帯(電話機)は安いの?というと、そうではなく、諸外国で売られている値段と同じ。使用者の80%が選んでいるプリペイド方式のプランの場合、2〜3万円する携帯もザラある。携帯でインターネットができたり、音楽、ラジオが聞けたり、写真、ビデオが録画できたりと最新版の機種も売られている。一番人気はモトローラ。逆にお手頃の中古品やジャンク品はお金に余裕のない人に人気。

DSCF2506.JPG

一方、通話料は1分20円と日本よりもかなり高い。100ペソのプリペイドカードでたった5分しか話せない。そんなもんだから、金欠気味の人は受信専用の携帯を持っている人が多い。つまり、プリペイドカードを買うお金がないので、電話をかけることができず、ファッションとして持っている人が多いのだ。
プリペイドカードではなく後払い形式のプランを選択すれば、機種も安く、さらに通話料を安くすることができるが、多くの人はプリペイド形式を選んでいる。なぜか。理由はシンプル。収入が少なく不安定で、毎月定額あるいは通話した分の料金を払える自信がないから。ちなみに、携帯会社も利用者の支払い不能によるロスがでないように、最初の1か月分を先に徴収する形で契約を交わしている(使用終了時に前徴収した分が返金される仕組み)。

携帯ネットワークの利便性は中南米でもトップクラスのドミ共であるが、なけなしのお金をはたいて高い通話料を支払っている人が多いのだ。そこまでしても会話をしたいのか。おしゃべり好きのドミニカ人らしい行動である。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2009年5月25日
« 前の記事「超大型ショッピングセンター次々オープン」へ
»次の記事「雨、雨、雨」 へ
おすすめ記事
    サント・ドミンゴ特派員 新着記事
    ハイチの通貨
    ハイチの首都の幹線道路にソーラーパネル外灯
    こんなサービスありですか?
    三つの国番号を持つ国
    カカオツアーでカカオ博士になろう!
    ドミニカにおける三大騒音
    航空ショーの光と影
    カーニバルのシーズンです!

    中南米 航空券情報


    ドミニカ共和国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。

    現在登録されているスケジュールはありません。

    ■ドミニカ共和国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集