海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > サント・ドミンゴ特派員ブログ > ドミニカ人の好む車

ドミニカ共和国/サント・ドミンゴ特派員ブログ monalisita

ドミニカ共和国・サント・ドミンゴ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年6月26日

ドミニカ人の好む車


メール プリント もっと見る

ドミニカ人の好む車

ここ、ドミニカ共和国は車社会。自家用車がないとちょっと不便な国である。もちろん、公共のバスや乗り合いタクシー、それから最近はメトロ(地下鉄)が首都を走り始めたが、サービスは不親切で慣れないと使いにくい。おまけに、ちょっと危険でもある。だから、みんな車を持ちたがる。


2007年の統計によると、120万の家族が少なくとも1台の車を持っている。人口が1,000万弱なので、総人口の約11.7%が車を持っていると言うことになる。途上国にしては多いのではないか。しかも、この内訳は3.9%がPick-up、3.3%がSUVとなっている。つまり、ドミニカ人の好みは高額な大きな車(通称ジペータ)なのである。

%92%93%8E%D4%8F%EA%82%C5.JPG %93%B9%98H%82%A9%82%E7.JPG

なぜ、日本より小さい国でしかも燃費の悪く、環境にも悪い大型な車を好むのか。ドミニカ人の平均月給が2万5千円以下という現状で、どうしてウン百万円とする大型車が購入できるのか、と私は疑問に思わずにはいられないが、ここにいくつかその理由を挙げてみよう。


まず、一つ目として「道路がガタガタであること」。穴ぼこがそこいらにあったり、舗装されていない道路だったりと、道路の状態はさほどよくない。(というか、日本が良すぎるのかもしれない) だから、タフな車を選びたがる。


二つ目に「雨季は雨がしょっちゅうで、雨が降ると洪水になりやすいこと」。1,2時間のスコールであっても、雨が容易に排水されないため、20cmぐらい浸水することがしょっちゅうある。そして、最近は気候変動の影響もあってか、集中豪雨が雨季以外にも良く降る。そうすると、車高の高い車がダメージを受けにくい。


三つ目に「ドミニカ人は見栄っ張り」であること。燃費や小回りのしやすさを気にする日本人とは違い、ドミニカ人にとっては「大きい=美しい=お金持ち」。実際お金は持っていなくても、お金持ちだと思われたいがゆえに、大きい車を乗り回して自慢したいのである。20〜30%もの高利子のローンで買う人が多いけれど、ローン地獄に陥る人が少なくない。クレジットカードの魔法にかかって、返済することを考えていない。返済できないから、リスク回避のため、ローンの利子がどんどん高くなっていくといった悪循環。


そして、最後に「大きい=強い=優先という法則が交通ルールの暗黙の了解」であること。信号のない交差点でランクルとヴィッツが出合ったら、車道の広さに関わらず、ランクルに道を譲るのが普通。ランクルは頑丈だから、少しぐらいぶつかってもヘッチャラさと言った傲慢さ。逆に小型車は車を損傷させたくないから、止まらざるを得ない。


交通ルールだけでなく、大型の車には全ての優先権が与えられる。駐車するにしても、買い物するにしても、大型の車というだけで、優先的に駐車スペースを確保してくれたり、より良いサービスを受けられたりするもんだから、みんな大型を買いたくなると言うわけだ。


ま、これらの解析はちょっと誇張も含まれているが、ある程度本当である。と言っても、やはり月2.5万円の給料の人は、そんな大型車を買える訳がない。一部の高額所得者、そして無理して高額所得者と装いたい人が、このような車を持っていると言うことになる。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2009年6月26日
« 前の記事「豚フル続報」へ
»次の記事「ハルディン・ボタニコ」 へ
おすすめ記事
    サント・ドミンゴ特派員 新着記事
    ハイチの通貨
    ハイチの首都の幹線道路にソーラーパネル外灯
    こんなサービスありですか?
    三つの国番号を持つ国
    カカオツアーでカカオ博士になろう!
    ドミニカにおける三大騒音
    航空ショーの光と影
    カーニバルのシーズンです!

    中南米 航空券情報


    ドミニカ共和国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。

    現在登録されているスケジュールはありません。

    ■ドミニカ共和国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集